iPhone 12 miniの発売日・予約開始日はいつ?価格・性能・特徴など最新情報まとめ

iPhone12 mini発売日・予約開始日はいつ?価格・性能・特徴など最新情報まとめ
日本時間10月14日午前2時からAppleイベントでiPhone 12 miniの発売が発表されました。

最新の情報をもとに、iPhone 12 miniの発売日・予約開始日はいつか・価格・サイズ・カメラ・指紋認証・5G対応などのスペックについて解説。

日本で発売が決定している各キャリア ドコモauソフトバンクの発売日・予約日についてもまとめました。

iPhone12シリーズはサイズや性能の異なる4機種が登場中でも注目なのが、「iPhone 12 mini」です。

これまでにもiPhone SEなど、小型軽量モデルを求めるユーザー向けのiPhoneはありましたが、よりコンパクトさを強調した「mini」サイズになっているので小型サイズを待っていた方にって発売が待ち遠しいですね。

iPhone 12 miniの発売日・予約開始日・価格など最新情報を紹介します。

2020年11月4日、ソフトバンクから未発表だった端末価格が発表されました。

iPhone 12 miniに関する補足・追加情報については最後にまとめてあります

 

 

iPhone 12 mini コンパクトなのがわかる実機比較動画が公開

iPhone 12 miniのコンパクトサイズになったというのがわかる動画がルーマニアのYouTuber、George Buhniciから配信されています。

動画の中でiPhone 12などの実機と比較しているのでiPhone 12 miniが小ささがどれくらいかがわかります。

なぜまだ発売されていないiPhone12 miniを持っているのかというとAppleでは、、限られた一部メディアやYouTuberが先行レビューをするために渡してApple側から渡されているようです。なので動画で配信されているiPhone12miniは本物のようです。

なので、本当はiPhone 12 mini発売日後に流す予定だったのが誤って先に流れてしまったのではという情報もあります。

何にしても、iPhone 12 miniはまだ家電量販店やショップやAppleストアでは実機が置いてないので動画を見るとiPhone 11 Proなどの過去発売されたiPhoneの実機と比較をしていいるのでサイズ感がわかりやすいです。

iPhone 11 Pro比較、iPhone 12 miniと比較。コンパクトサイズになっているのがわかります。

動画の中ではiPhone 12と端末のサイズ・ディスプレイサイズの大きさがわかる箇所もあります。
iPhone 12 miniは手が小さい女性でも持ちやすいという前情報がありますが、実際はどうなのかなというのが動画を見ると本当にサイズが小型化しているのがわかりますよ。

 

iPhone 12 mini Apple simフリー発売日・予約開始日

iPhone 12 mini のApple simフリー発売日・予約開始日は下記のとおりです。

  • 発売日:2020年11月13日(金)
  • 予約開始日:2020年11月6日(金)

10月13日オンラインで開催されたAppleイベントで、新作iPhone12シリーズの登場が発表されました。

iPhone 12・12 Proが10月23日・iPhone 12 mini・Pro Maxが11月13日発売。

iPhone12 miniは、iPhone12、12 Proから遅れること3週間後に予約開始となります。

Appleストアで予約はこちら

iPhone 12 mini ドコモ・au・ソフトバンク発売日・予約開始日

ドコモ・au・ソフトバンクからiPhone12 miniの発売日・予約開始日が発表され、3キャリアとも同日でそろえてAppleと同じ日になりました。

ただし、予約開始時間、キャリアによってはオンラインショップとショップ(店頭)で違います。

ドコモのiPhone 12 mini発売日・予約日

  • 発売日:11月13日(金)
  • 予約開始日:11月6日(金)午後22時から
  • 発表日:10月14日(水)

auのiPhone 12 mini発売日・予約日

  • 発売日:11月13日(金)
  • 予約開始日:11月6日(金)午後22時から
  • 発表日:10月14日(水)

ソフトバンクのiPhone 12 mini発売日・予約日

  • 予約開始日:11月6日(金)22時から(ソフトバンクオンラインショップ)
    11月7日(土)開店時間(ソフトバンクショップ)
  • 発売日:11月13日(金)
  • 発表日:10月14日(水)

予約受付はソフトバンクオンラインショップとソフトバンクショップで違います。

11月6日(金)22時からがソフトバンクオンラインショップ、11月7日(土)ソフトバンクショップです。

 

また、予約は各キャリアのショップ・オンラインショップからできます。

オンラインショップであれば予約開始時間から予約ができますが、営業時間外のショップは翌日11月7日(土)の営業開始からの予約開始となるので注意が必要です。

予約をするなら、24時間いつでもできるオンラインショップがおすすめです。

ドコモ・au・ソフトバンクオンラインショップの予約方法についてわからない方はこちら
iPhone12 予約方法 ドコモ・au・ソフトバンク

iPhone12オンラインショップで予約する方は

ドコモオンラインショップはこちら

※24時間待ち時間なしで予約・購入

iPhone12オンラインショップで予約する方は

auオンラインショップはこちら

※24時間いつでも待ち時間なしで購入

iPhone12オンラインショップで予約する方は

ソフトバンクオンラインショップはこちら

※自宅にお届け待ち時間なしで購入

iPhone 12 mini Appleの販売価格

iPhone 12 miniのAppleのsimフリー販売価格ついて発表されました。
価格は下記の通りになります。

  • 64GB:74,800円
  • 128GB:79,800円
  • 256GB:90,800円

Appleでは全て税抜価格表示になります。

税込でも、5G対応になるので高くなると予想されましたが、全容量が10万円以下なので比較的購入しやすい価格帯のモデルです。

iPhone 12 mini ドコモ・au・ソフトバンク価格

iPhone12 miniのドコモからは発表されていませんが、ソフトバンクから価格の発表がありました。

iPhone 12 miniドコモ販売価格

64GB87,912円
128GB95,832円
256GB110,088円

・MNP(他社からドコモへののりえ);端末価格から22,000円割引

iPhone 12 mini au販売価格

64GB90,065円
128GB95,240円
256GB109,305円

MNP(他社からauへののりえ):「au Online Shopお得割」キャンペーンで端末価格から22,000円割引

新規契約:「au Online Shopお得割」キャンペーンで11,000円の割引

機種変更:「5G秋トクキャンペーン」でauオンラインショプで購入で5,500円がau PAY残高にキャッシュバック(au店頭購入なら端末価格から5,500円値引き)

※「au Online Shopお得割」はauオンラインショップ限定キャンペーンのため、ショップや量販店で購入した場合は割引されないので注意してください。

⇒auオンラインショップチェックする方はこちら

iPhone 12 miniソフトバンク販売価格

64GB110,880円
128GB116,640円
256GB131,040円

 

Appleと比較するとキャリアのほうが価格差が3万円くらい高くなっています。

キャリアによってキャンペーンをしているので、キャンペーンの割引価格で購入することもできるのでお得にiPhone 12 miniを購入してください。

また、キャリアでスマホを購入する場合、分割購入であれば端末購入サポートプログラムがあります。ドコモはスマホおかえしプログラム・auはかえトクプログラム・ソフトバンクはトクするサポートプログラム適用が利用できます。

端末購入サポートプログラムは、端末の返却が必須となりますが、最大約半額で実質購入することができます。

端末購入サポートについて確認したい方はこちらをご覧ください

 

iPhone12 mini各キャリアで予約・価格確認する方はこちら

iPhone12オンラインショップで予約する方は

ドコモオンラインショップはこちら

※24時間待ち時間なしで予約・購入

iPhone12オンラインショップで予約する方は

auオンラインショップはこちら

※24時間いつでも待ち時間なしで購入

iPhone12オンラインショップで予約する方は

ソフトバンクオンラインショップはこちら

※自宅にお届け待ち時間なしで購入

 

iPhone12 mini5.4インチサイズ感はSEとSE2の間

iPhone12 miniは5.4インチサイズで登場、サイズ感はiPhone SE(初代)とiPhone SE(第2世代)の中間のサイズです。

iPhone 12 miniサイズ

  • 高さ:131.5mm
  • 幅:64.2mm
  • 厚さ:7.4mm
  • 重さ:133g

iPhone SE(初代)までは小型化しませんが持ちやすいコンパクトサイズになります。

上記の画像は、iPhone12を購入しようか迷っている人に今自分が使っているiPhoneとのサイズの違いがわかる画像をMacRumorsが公開しているのを引用しました。

画像の一番左のグレートブラック色の端末が、iPhone SE(初代)、その隣がiPhone12mini、その隣赤い端末がiPhone SE(第2世代)です。

ディスプレイサイズが5.4インチはiPhoneシリーズ初めてのサイズです。

なので、iPhone SE(初代)とiPhone11 Proの中間で、iPhone8よりも小さいサイズになります。

iPhone小型サイズ比較表

名称画面サイズ高さ厚さ重さ
iPhoneSE(初代)4.0インチ123.8 mm58.6 mm7.6 mm113 g
iPhone12 mini5.4インチ131.5mm64.2mm7.4mm133g
iPhone 74.7インチ138.3 mm67.1 mm7.1 mm138 g
iPhone SE(第2世代)4.7インチ138.4mm67.3mm7.3mm148g
Phone 84.7インチ138.4 mm67.3 mm7.3 mm148 g
iPhone 11 Pro5.8インチ144.0 mm71.4 mm8.1 mm188 g

【iPhone12シリーズの大きさをもっと知りたい方は】
iPhone12・12mini・12 Pro・iPhone12 Pro Max大きさ・サイズ・重さ

iPhone 12 miniの外観・デザイン・カラー

iPhone12 mini 外観 デザイン
iPhone 12 miniのデザインは昨年のiPhone11とは異なり、iPhone4・5・5sの頃のような角張ったデザインになりました。

スティーブ・ジョブズ氏の頃のデザインに回帰することに、昔からのファンやiPhone4・5・5sのデザインが好きだった人にとってはさらに5.4インチの小型なので嬉しいのではないでしょうか。

iPhone 12 miniの仕上げは、前面はCeramic Shield(セラミック・シールド)・背面はガラス・フレームはアルミニウム素材です。

ガラスコーティングも施される予想がありましたがではなくCeramic Shield(セラミック・シールド)が搭載

Appleの落下テストではCeramic Shieldを搭載していないiPhone 11より4倍頑丈と報告されています、割れにくくなったということでポケットに入れても画面割れの心配が減りそうですね。

出展元:Apple

iPhone 12 miniカラー展開5種類

iPhone12 mini
iPhone 12 miniのカラーバリエーション5色、ブラック・ホワイト・レッド・グリーン・ブルーです。

ライトブルー・パープル・ライトオレンジが予想されていましたが、登場しませんでした。

iPhone12 miniのデザインはiPhone11と変わって四角いフォルムで、サイズが5.4インチ。

iPhone11の時もポップで若々しいカラーバリエーションでしたが、iPhone12とはバリエーションが変わっています。

iPhone11シリーズのカラー

・ホワイト
・ブラック
・PRODUCTレッド
・グリーン
・イエロー
・パープル

iPhone11シリーズと比べると、iPhone11 色 人気iPhone11 色 人気のグリーンが、iPhone12でも発売。11Proのミッドナイトグリーンは廃止されましたが、無印版のグリーン継続販売 iPhone12 人気色になりそうです。

また、iPhone11のイエローがなくなり、iPhone12 miniの新色はブルーです。

手の小さい女性が持ちやすく使いやすいサイズのためコンパクトでかわいらしいポップで明るいカラーリングのバリエーションがiPhone12miniではお目見えしそうですね。

iPhone12のカラーについてもっと知りたい方は
iPhone12・mini・ pro max 色・カラー・カラバリ新色情報まとめ

iPhone 12 miniスペック

iPhone 12 miniのスペックを表にまとめました。

ディスプレイ5.4インチ Super Retina XDRディスプレイ
サイズ高さ:131.5mm

幅:64.2mm

厚さ:7.4mm

重さ133g
CPUA14
RAM容量4GB
ストレージ容量64GB・128GB・256GB
バッテリー容量2227mAh
アウトカメラ12MP(広角)

12MP(超広角)

インカメラ12MP
おサイフケータイ
ワイヤレス充電
防水IP68等級

iPhone12シリーズの中で最も小さいモデルとなっており、重量も133gとかなり軽量化されています。

CPUには最新A14プロセッサを搭載し、スペック面はしっかりとパワーアップしています。

Proモデルと比べるとカメラ性能、バッテリー性能は劣っていますが、5G対応、Super Retina XDRディスプレイ(有機EL)搭載など性能面高く毎日の生活で困ることは無いスペックを搭載しています、

iPhone 12 miniはA14プロセッサ

iPhone12 mini A14プロセッサ

Appleは、毎年新しいモデルに新しいプロセッサを搭載。なので、iPhone12にはA14プロセッサになりました。

iPhone12シリーズで搭載されているA14 Bionicチップは以前のチップよりも大幅にパフォーマンスが向上しています。高い処理能力があるので、4Kビデオの編集やアート作品の製作、動きの速いゲームプレイなどを簡単に行うことができます。

A14 Bionicチップというのは、人間で言う「脳」の部分なので、簡単に言うと前回のチップよりも頭が良くなり、頭の回転が速くなったということになります。動画編集や動きの速いゲームをする人は多くいると思うので、今使っているiPhoneで不満を感じているようであれば買い換えると快適な操作感を実感できそうですね。

電力効率も向上しているので、電池持ちの部分も良くなります。

参考に今までのiPhoneシリーズのプロセッサを紹介します。
モデルプロセッサ
iPhone11・11 Pro・11 Pro MaxA13
iPhone XR・XS・XS MaxA12
iPhone8・8 Plus・XA11
iPhone7・7PlusA10
iPhone6s・6s Plus・SEA9
iPhone6・6PlusA8
iPhone5sA7

このように2013年から数字を変えてプロセッサを最新のプロセッサに更新、iPhone12miniは小型モデルで最新のプロセッサになります。

iPhone 12 miniストレージ容量64GB・128GB・256GBの3種類

iPhone12 miniの保存容量は、64GB、128GB、256GB の3種類から選ぶことができます。容量によって価格は変わりますので自分が必要だと思う容量を選択しましょう。

容量の選び方は、現在64GBの旧型iPhoneを使っていて、容量が半分以上余っているのであれば今回も64GBで問題ないと思います。

動画をたくさん撮影して、音楽もたくさん保存してという使い方をする人は大容量が必要になるかもしれませんが、動画は撮らずにほとんど写真だけで音楽も取り込まないという一般的な使い方であれば基本的に64GBで十分です。

iPhone 12 miniディスプレイ性能Super Retina XDR


今までのiPhoneではエントリーモデルには液晶ディスプレイを搭載されることが多かったのですが、iPhone12シリーズでは4モデル一律でSuper Retina XDR(有機ELディスプレイ)が搭載されました。Super Retina XDRはiPhone11 Pro、11 Pro Maxにも搭載されていたディスプレイになります。

iPhone XS、XS Maxに搭載されていたSuper Retina HDと比べると、コントラスト比は2倍、最大輝度は約30%向上しているようです。ディスプレイに映し出されるものはキレイなのに、エネルギー効率は15%改善されているので、キレイで省電力なディスプレイといえます。

iPhone 12 mini指紋認証ではなく顔認証

iPhone12miniは顔認証(Face ID)のみ。

iPhone 12シリーズの発売で注目はAppleが生体認証として指紋認証と顔認証の搭載をどうするかでした。

新型コロナウィルスの影響が深刻になってきた2020年4月に登場したiPhone SE(第2世代)は指紋認証システムを内蔵したホームボタンを搭載していました。そのため、マスクが外せない状況でも簡単にロック解除ができ、世界中の人々のニーズに応えたスマホでした。

まだしばらくは新型コロナウィルスの影響が続くことが予想されるため、Appleの判断に注目が集まっていたのですが、結果は顔認証(Face ID)のみ。搭載でした。

リーク情報では、BOEやGIS、Qualcommといったメーカーが、ホームボタンが無くても指紋認証を可能にするディスプレイ内蔵型指紋センサー搭載に向け、Appleに協力。

ディスプレイ内蔵型指紋センサーを搭載は、ハイエンドモデル2機種(iPhone 12 Pro/Pro Max)に限られ。iPhone 12とiPhone 12 miniは従来の顔認証(Face ID)ともあったのでiPhone12 miniはリーク情報の頃から指紋認証は搭載されない予想だったようです。

iPhone 12 miniバッテリー容量2,227mAh

iPhone12mini バッテリー容量
iPhone 12miniのバッテリー容量は2,277mAhです。韓国の認証機関が、公開した資料から電池容量が判明しました。

iPhone12シリーズバッテリー容量

  • iPhone 12 mini:2,227mAh
  • iPhone 12 Max:2,775mAh
  • iPhone 12 Pro:2,775mAh
  • iPhone 12 Pro Max:3,687mAh

iPhone12のバッテリー容量は10%増加すると予想されていましたが、iPhone11よりも減るようです。

iPhone11シリーズのバッテリー容量は、3,00mAh以上でしたがiPhone12 miniは10%以上も減る2,227mAhです。

バッテリー容量が減る原因は、コスト削減とのためと予想されています。iPhone12は5G対応のため開発費がかかってしまうのですが
本体価格を手軽な値段にするためバッテリー容量が減ってしまったと。

iPhone12 miniは5G対応のため、5Gの電波で動画などを見ると電池の減り早くなります。日本では5G対応の地域がまだまだ少ないとはいえ
購入したら長く愛用をすることを考えるとバッテリー容量はちょっと心配な所もあります。

まだ、Appleから正式な発表が無くリーク情報のためバッテリー容量に関して変わる可能性もあるので増えることを期待して待ちましょう。

出典元:MacRumomysmartprice

iPhone 12 miniカメラ機能

iPhone 12 miniのカメラ機能はiPhone 11と同じデュアル(2眼)カメラです

iPhone12miniカメラ性能

【アウトカメラ】

  • 超広角:12MP f/2.4絞り値
  • 広角:12MP f/1.6絞り値

【インカメラ】
・12MP f/2.2絞り値

 

一眼レフカメラで撮影したような背景をぼかした写真ももちろん撮れます。iPhone11シリーズから採用されているナイトモードも搭載されているので、暗い場所での撮影もキレイにできます。

iPhone11シリーズからさらに進化したのは、ナイトモードが広角レンズだけでなく、超広角レンズやインカメラにも搭載されたことです。

新しい広角レンズは光を27%も多く取り込めるようになりました。このことにより、どんな写真でもナイトモードが使うことができ、暗い場所の写真が鮮やかでキレイに撮影できるようになります。

残念ながら、ナイトモードを利用しての背景をぼかす撮影機能はiPhone12 miniには無いので、このような撮影機能を希望するのであればiPhone12 ProまたはiPhone12 Pro Maxを選ぶと良いと思います。

 

iPhone12シリーズのカメラ機能は、標準版と上位版で違っています。

iPhone12カメラ機能

  • iPhone 12mini/12 Max
    :デュアル(2眼)カメラ
  • iPhone 12 Pro/12 Pro Max
    :トリプル(3眼)カメラ

iPhone 12miniと比べて、カメラのレンズなどiPhone 12 Pro/12 Pro Maxはカメラ性能のスペックが高いです。

2020年のiPhone12Pro/12 Pro Maxでは、『ToF(距離測定)センサー』と『LiDAR』搭載!

iPhone 12ではiPad Proに搭載されているLiDARスキャナとToFセンサーで被写体の立体情報を計測することで、より正確にフォーカスを合わせることが可能になり、また、ボケなどをより自然に表現することができるようになります。

iPhone12 miniよりも、iPhone 12 Pro・12 Pro Maxのカメラ性能がアップしています。

カメラ性能、iPhone 12 Pro・12 Pro Maxさらに知りたい方はこちらをご覧ください
iphone12 と iphone12pro の違い

iPhone 12 mini5G対応だがSub6のみ

Jon Prosser氏は先に述べたiPhone 12シリーズの価格予測だけでなく、5Gについても情報を発信しています。その情報によると、iPhone 12シリーズ4機種では、フラッグシップモデルの上位2機種はSub6とミリ波(mmWAVE)のどちらにも対応し、iPhone12 miniを含む標準モデル2機種はSub6のみ対応とのことです。

Sub6とは比較的低い周波数帯を利用した5G通信で、安定性が高く、カバーできるがエリア広いため、当面は5G通信で一般的に使用される通信方式です。一方、ミリ波(mmWAVE)は高い周波数帯を利用し、Sub6よりも高速通信を可能にします。ただ、不安定性やカバーできるエリアが狭いなどのデメリットがあります。

現在、5Gに対応した国内メーカーのスマホでは、Sub6のみに対応したモデルが多く、また、キャリアによる5G通信サービスも発展途上であるため、しばらくはSub6のみでも十分と言えます。ミリ波対応はスマホ本体のコストアップにもつながるので、今の段階では現実的とは言えません。

Mag Safeに対応ワイヤレス充電・新ケース・アクセサリ

Mag Safe
Mag SafeはAppleから新しく発表されたワイヤレスの充電パッドのことです。

マグネットを使って正しい位置にデバイスを置くことができます。今までのiPhoneが対応していたワイヤレス充電器はQi規格で最大7.5Wでしたが、Mag Safeは最大15W出力での充電が可能なので、今までの倍速で充電が可能です。ただし、iPhone11以前のワイヤレス充電対応のiPhoneをMag Safeに乗せても15Wで充電はできないようなので注意してくださいね。

Mag Safeはマグネットを使っているので、マグネットが内蔵されているケースやアクセサリーも発表されています。

Mag Safe対応ケースにMag Safe対応レザーウォレットを合わせることができます。もちろんそれぞれを単品でiPhoneに付けることもできます。これはマグネットでくっつけることができるので簡単に装着することができます。ケースやレザーウォレットはカラーバリエーションも豊富なので組合せによって色々と楽しむことができそうですね。

iPhone 12 mini待つべきかiPhone SEとの違い

小型で軽量なiPhoneを持ちたいという方には、iPhone 12 mini発売を待つべきか、今iPhone SE(第2世代)を購入すべきかと迷っている方もいるのではないでしょうか。両者の違いを分かりやすいように、スペック表にまとめました。

iPhone 12 miniiPhone SE(第2世代)
高さ131.5mm138.4mm
64.2mm67.3mm
厚さ7.4mm7.3mm
重さ133g148g
ストレージ容量64GB / 128GB / 256GB64GB / 128GB / 256GB
カラーブルー/グリーン/ブラック/ホワイト/(PRODUCT)REDブラック / PRODUCT RED / ホワイト
チップA14 BionicA13 Bionic
メモリ4GB3GB
ディスプレイ5.4インチ4.7インチ
Super Retina XDRディスプレイLCD
リフレッシュレート60Hz60Hz
アウトカメラデュアルカメラシングルカメラ
広角:1,200万画素広角:1200万画素
超広角:1,200万画素ポートレートモード搭載
ポートレートモード搭載
2倍の光学ズームアウト
ナイトモード
インカメラ1,200万画素700万画素
バッテリー容量2,277mAh1,821mAh
生体認証顔認証(Face ID)指紋認証(ホームボタン)
5GSub6非対応

まず2機種の大きな違いは、外観です。ホームボタンを搭載した広いベゼルのあるiPhone SEに対し、iPhone 12 miniはベゼルレスのため、サイズがiPhone SEに比べて一回り小さいにも関わらず、より大きなディスプレイサイズを実現しています。また、iPhone 12 miniのディスプレイは高精細で、色彩表現豊かな有機ELパネルを採用しています。

カメラ性能も大きく異なり、iPhone 12 miniはデュアルカメラを搭載し、使い勝手の良いナイトモードを広角・超広角の両方に搭載するのではと期待されています。

生体認証については、好みの分かれるところでしょう。マスクを外せない場面では、指紋認証に対応したiPhone SEの方が使い勝手が良いと感じる方は多くいることでしょう。

価格は2万円ほど開きが出そうです。ただ、iPhone 12 miniは価格の違いに見合う高性能モデルと言えます。

iPhone 12 miniは2020年モデルの中でも特に人気モデルになることが予想されます。

iPhone 12 miniに関するよくある質問(Q&A)

Phone 12 miniの発売日・予約・値段に関して、当サイトに送られてくる質問をいくつかまとめました。

Q【質問】iPhone 12 miniの発売日・予約開始日はいつ?

A【回答】iPhone 12 miniの発売日は、2020年11月13日・予約各キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)オンラインショップは11月6日22時から。
各キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)ショップ店頭は11月7日開店時間から予約が開始になります。Appleと国内で発売されるキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)発売日・予約開始日は同じ日程で始まります。ただし、各キャリアショップ開始時間が営業時間
ではないため、次の日になります。iPhone 12 miniは、10月23日に先行発売されたiPhone 12・iPhone 12 Proよりも3週間遅れでの発売になるので
発売日が違うため注意してください。

Q【質問】iPhone 12 miniの予約開始時間は何時から?

A【回答】iPhone 12 miniの予約開始時間・日にちは大手3キャリアオンラインショップとショップ(店頭)と違います。
キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のオンラインショップは11月6日22時~、各キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)ショップ店頭は11月7日の営業開始時間です。

ショップはお店が始まる時間のためショップによって開始時間が違います。ショップの営業時間は各ショップ違うため営業時間を調べてください。

Q【質問】iPhone 12 miniの価格は

A【回答】iPhone 12 miniの端末価格はAppleと発売される価格キャリアで価格が違います。Appleの販売価格は、64GBモデル:74,800円・128GBモデル:79,800円・256GB:90,800円。ドコモの販売価格は、64GBモデル:87,912円・128GBモデル:95,832円・256GB:110,080円。auの販売価格は、64GBモデル:90,065円・128GBモデル:95,240円・256GB:109,305円。

ソフトバンクの販売価格は、64GBモデル:110,880円・128GBモデル:116,640円・256GB:131,040円です。各キャリアAppleのSIMフリーに比べると高いのですが割引きキャンペーンや端末購入サポートプログラムがあるため
少しでも安く買いたいという方は各キャリアのキャンペーン情報などチェックするといいですよ。

iPhone12mini お得に機種変更するならオンラインショップ

最後にiphone12 の購入をお得にしたい!
という方におすすめ機種変更の方法を紹介します。

機種変更をする時、ショップや家電量販店でしていませんか?

私もどこでするのがお得なのかいろいろ調べました

iPhone家電量販店どこでするのがお得なのか

在庫が無くって他のお店に行くという時間を無駄に過ごしていませんか?

今は、お店に行かないでネットで買って待つ時代です!

ネットで購入できるからって怪しいお店ではありません。

ネットのほうがむしろ安全!?
ネットで購入できるのは各キャリアのオンラインショップです。

★ドコモ
ドコモオンラインショップ

★au
auオンラインショップはこちら

★ソフトバンク
ソフトバンクオンラインショップはこちら

安心して購入できるだけでなく各キャリアがオンラインショップに力を入れているため経済的にお得だったりメリットが多いです。

オンラインショップで機種変更をするとどんなメリットがあるかというと

オンラインショップメリット


①頭金・事務手数料がなし
②待ち時間・24時間いつでも購入できる
③自宅・ショップお届けを好きな所にできる
④困ったらチャットですぐに解決できる

頭金や事務手数料をあわせると、5,000円~15,000円くらい機種変更の料金が変わってきます。

5,000円~15,000円くらい変わってきます。

機種変更をオンラインショップでやってみるとあっけなく簡単にできると驚いてしまいますよ。

お金も時間も節約できるオンラインショップ使ってみて下さいね。

ドコモ
★ドコモオンラインショップでiPhone 12購入する方は
ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップの機種変更の流れとやり方

au
★auオンラインショップでiphone 12を購入する方は
auオンラインショップはこちら

auオンラインショップで機種変更の流れ・データ移行の手順

ソフトバンク
★ソフトバンクオンラインショップでiphone 12購入する方は
ソフトバンクオンラインショップはこちら

★ソフトバンクオンラインショップのメリットやデメリットをもっと知りたい方は
ソフトバンク機種変更はオンラインショップが実店舗よりおすすめ6選

iPhone 12 mini発売日・予約開始日いつ?


Appleでは新型のiPhoneが毎年9月中旬から下旬にかけて発売されているため、例年通りならiPhone12発売日は、9月中旬~下旬に発売と予想されていました。

しかし、今年は7月Appleの2020年第3四半期(4月〜6月)の業績発表会で、Appleの最高責任者のルカ・マエストリ氏が『今年の新型iPhoneのモデルは数週間遅れて販売開始になる』と報告があり

10月6日、Appleから発表イベントが現地時間の10月13日10時(日本時間14日午前2時)から開催と公式発表がありました

2019年のiPhone11シリーズの発表日は9月11日、予約開始日は9月13日、発売日は9月20日、そこから数週間遅れて発売となるとiPhone12 miniは10月に発表会、予約開始と発売日は10月~11月になりそうです。

iPhone 12miniが発売された場合、ドコモ・au・ソフトバンク・Appleから発売され、過去を見ると発売日・予約開始日は発売されるキャリア全部同じ日になりそうです。

また、iPhone12は同じ日に発売されるのではなく発売時期がずれるとの予想もあります。

・iPhone 12 mini ・12 Maxが10月発売

・Phone 12 Pro・12 Pro Maxが11月

Appleからは発売時期をずらすとは公式から発表がされていませんが、数週間遅れる原因は、新型コロナウィルスの感染拡大の影響に開発の遅れのためこれ以上遅れる場合はまた報告がありそうです。

歴代iPhone発表日・発売日
名称発表日発売日
2014年iPhone 69月10日(水)9月19日(金)
2015年Phone 6s/6s Plus9月10日(水)9月19日(金)
2016年iPhone SE(第1世代)3月26日(土)3月31日(木)
2016年iPhone 79月8日(木)9月17日(日)
2017年iPhone 89月13日(水)9月22日(土)
2017年iPhone X9月13日(水)11月3日(金)
2018年iPhone XS9月13日(水)9月21日(金)
2018年iPhone XR9月13日(水)10月26日(金)
2019年iPhone11/Pro/ProMAX9月11日(水)9月20日(金)
2020年iPhone SE(第2世代)4月16日(木)5月11日(月)

iPhone SEは、第1世代・第2世代どちらも春発売のイレギュラーの扱いです、例年の発売考えるとiPhone12シリーズは秋発売の可能性が高いです。

iPhone12・12 Pro発売日・予約日はいつ?価格・スペック・最新情報まとめ

iPhone 12 miniの販売価格

iPhone12 miniの価格は、649ドル(約69,800円)とApple製品のリーク情報で有名なJon Prosser氏の予測されています。

miniだけでなく、iPhone 12シリーズの価格は649ドル(約69,800円)~1,099ドル(約118,100円)になるとのことです。

Jon Prosser氏の予測はこれまでに数多く的中しているため、信憑性が高い情報です。

ちなみに、2019年モデルでコスパの良さから高い人気を誇ったiPhone 11の最安モデル(64GB)は74,800円でした。

iPhone 12 miniはサイズのコンパクトさと、価格の安さから大人気モデルになることは間違いなさそうです。

iPhone 12関連情報

iphone12と11の違い 値段

iPhone12・12Pro・Pro Max在庫切れ・あり予約・入荷状況!ドコモ・au・ソフトバンク・Appleストア

iPhone 12 予約方法 ドコモ・au・ソフトバンク・Appleオンラインショップ

iPhone 12 miniの発売日・予約開始日 価格 ドコモ au ソフトバンク

iPhone13 待つべき・iPhone12 買わない

iPhone12 Pro・Pro MAX 発売日・予約開始日 ドコモ・au・ソフトバンク

iPhone12・Max・Pro・Pro Max ドコモ 安く買う方法・キャンペーン

当サイト人気記事

iPhone 12 mini 12pro いつ届くドコモ au ソフトバンク

aquos sense4・4 plus 発売日・予約・価格ドコモ・au・楽天モバイル

ドコモオンラインショップクーポン発行サイト

au 機種変更クーポン 郵送 電話 2020

ドコモショップ 予約なし 故障

Galaxy note20・20Ultra ドコモ・au発売日・予約開始日・価格・スペックリーク最新情報まとめ

Xperia 5 II 発売日・予約 価格 ドコモ・au・ソフトバンク イヤホンジャック ワイヤレス充電

Galaxy A51 5G ドコモ・au発売日・予約開始日・価格・サイズ・カラー・スペック最新情報まとめ

-iPhone(アイフォン)
-, , , , , ,

Copyright© Happy iPhone , 2021 All Rights Reserved.