iphoneやスマホの生活をもっとhappyにしたい人に! ドコモやauなど機種変更やお得情報などを紹介

Happy iphone life

新型iphon11(Ⅺ)発売日はいつ?2019年は安い価格〇〇が復活!最新スペック情報まとめ

更新日:

iphone11 Ⅺ
気温が熱くなると共に盛り上がってくるのは新型iPhoneの話題です。

これまでと同じく秋に発売が予想されている2019年モデルの新型iPhone11(アイフォンイレブン)について、最新のリーク情報を踏まえて「発売日」・「新機能」・「価格」・「2019年は安い値段のiphone〇〇が復活」という噂まで2019年発売される信憑性が高いリーク情報についてお伝えします。

2019年iPhone発売を心待ちにされている方は最後まで読んで9月の発表・発売を心待ちにして下さい。

2019年新型iphone予想機種・モデル名称

2019年新型iPhoneの名称は、2018年発売がiPhone XS(アイフォン テス)・XS Max(テスマックス)・XR(テンアール)だったため。

iPhone Ⅺ(11・イレブン)・ Ⅺ Max(イレブンマックス)・ Ⅺ R(イレブンアール)の3種類の名称になると予想されます。

さらに、『でるでる詐欺』とリーク情報が多かったiphone SEの後継機iphone SE2(アイフォンエスイーツー)の販売が高いです。

その理由は、2018年にiPhone XRと値段がほとんど変わらない「Google Pixcel 3」が発売されました。カメラ性能こそ高い評価をPixcel 3は得たものの、価格が高すぎたため売れ行きが良くなく、発売から半年も経たずに値下げ販売が行われていました。

その、Pixcel 3の後継機で廉価版として2019年6月にGoogle pixel3aが発売されました。
端末価格が手がでやすい48,000円、Pixcel 3の半分の価格なのです。

そのPixcel 3aは発売と同時に売れ行きが好調で、Apple側でも売り上げの動向は見ているはずなため2019年はiPhoneSE2の販売が高いです。

iPhoneSE2の名称ではなくても、手軽な値段で購入うできる廉価版は発売されるのではないでしょうか。

iphone SE2についてまとめました
新型iPhone SE2発売日・価格・スペック最新情報まとめ

2019年新型モデル予想発売日

2019年モデルの名称はAppleからの公式発表直前まで議論され続けることでしょうが、大方の予想としては「iPhone Ⅺ / Ⅺ Max / Ⅺ R」の3機種と見られています。

発売日については、これまでの新モデルの発売が9月に集中しているため、9月に発売されるであろうという予想が大方を占めています。

9月の何日になるかも気になるところですが、iphoneのリーク情報で有名なエヴァン・ブラス氏が、アメリカの大手通信事業者「Verizon」の社内向けカレンダーと思われる画像をTwitter上に公開しています。

カレンダーには9月の後半にiPhoneが発売されることが示されており、これまでの発売日「iPhone 7 / 7 Plus(2016年9月16日)」「iPhone 8 / 8 Plus / X(2017年9月22日)」「iPhone Xs / Xs Max(2018年9月21日)」を踏まえ、9月20日前後になるだろうと見られています。

予約開始はいつから?

では、ここ最近の新モデル発売日と予約開始日から、2019年モデルの予約開始日を予想してみましょう。

  予約開始日 発売日
iPhone 7 / 7 Plus 2016年9月9日(金) 2016年9月16日(金)
iPhone 8 / 8 Plus / Ⅹ 2017年9月15日(金) 2017年9月22日(金)
iPhone Ⅹs / Ⅹs Max 2018年9月14日(金) 2018年9月21日(金)
iPhone Ⅺ / Ⅺ Max / Ⅺ R 2019年9月13日(金) 2019年9月20日(金)

表を見てわかるように、ここ最近の新モデルの予約開始日と発売日は金曜日が続いています。

ちなみに予約開始が10月に遅れた「iPhone ⅩR」も予約開始日は2018年10月19日(金)、発売日は10月26日(金)です。

予約開始から1週間後に販売が開始されるこれまでの流れを踏まえ、9月13日(金)が予約開始日、9月20日(金)が発売日と予想されます。

 2019年新型iPhone11(Ⅺ)の価格

iPhoneはこれまで新モデル登場の度に価格を上げ続けてきました。昨年の2018年モデルの端末代はAppleのノートPCに並ぶほどの高価格となり、手が出ないiPhoneファンも多くいました。

さらに、大手キャリアでは2019年より端末購入時のサポートを廃止する傾向にあり、2018年モデルを超える価格では買い控えがより加速するのではという見方がされています。そのため、2018年モデルをピークとして、やや値下がりするのではと予想されます。

【最近のiPhoneモデルの発売価格(税別)と2019年モデルの予想発売価格】

  32GB 64GB 128GB 256GB 512GB
iPhone 7 72,800円   83,800円 94,800円  
iPhone 7 Plus 85,800円   96,800円 107,800円  
iPhone 8   78,800円   95,800円  
iPhone 8 Plus   89,800円   106,800円  
iPhone X   112,800円   129,800円  
iPhone XS   112,800円   129,800円 152,800円
iPhone XS Max   124,800円   141,800円 164,800円
iPhone XR   84,800円 90,800円 101,800円  
iPhone Ⅺ 11   11万円   12万円 14万円
iPhone Ⅺ Max   12万円   13万円 15万円
iPhone ⅪR   8万円 9万円 10万円  

3. 2019年新型iPhone11(Ⅺ)の気になるスペック

やはり注目されているのが新機能です。2018年モデルから1年でどれほどの機能性の飛躍が見られるか現時点での予想を紹介していきます。

トリプルカメラを搭載

「iPhone Xsシリーズ」で既に期待されていたトリプルカメラがようやく2019年モデルに搭載されるのではと見られています。スマホのリーク情報の正確さで知られるOnleaks氏からのリーク情報であるため信憑性が高いと考えられます。

「iPhone 7 Plus」で初めてiPhoneシリーズにデュアルカメラが搭載され、広角と望遠でカメラを使い分けることにより、スマホカメラの弱点であるズーム時の画質の劣化を抑えることが可能になりました。

トリプルカメラでは広角と望遠に加え、オートフォーカスを補正する3つ目のカメラの搭載が予想されています。これまでよりもキレイな画質で、より早くフォーカスが合うことが可能になり、シャッターチャンスを逃さない撮影が可能になるのではと考えられます。

ディスプレイ内蔵の指紋認証センサー

「iPhone Ⅹ」以降にホームボタンと共に廃止された指紋認証センサーが復活するのではと見られています。スマホに搭載されている一般的な生体認証といえば、顔認証と瞳でユーザーを特定する虹彩認証、指紋認証の3つですが、中でもセキュリティ性能が最も高いのは顔認証と言われています。

ただ顔認証はロック解除や電子マネーによる決済時にいつも顔をスマホの正面に向ける必要があり不便という声も多くあります。

指紋認証であればロック解除が楽になります。さらにディスプレイ内蔵型であれば画面の表示領域を邪魔しませんのでデメリットは見当たりません。

ちなみにAppleはディスプレイ内蔵の指紋認証センサーの特許申請を2016年に既に行なっています。

先に発売されている、Galaxy S10シリーズは超音波指紋認証センサーで、スマホを持ち上げるとロック画面と指紋認証マークが自動点灯のため、iPhone8や7の指紋認証のためのボタンが必要ありません。

なので、iPhone11もホームボタンは無さそうです。

バッテリーの容量増加と双方向のワイヤレス充電

これからのスマホの1つの主流として、双方向ワイヤレス充電機能を搭載したスマホが登場してきています。

上記の画像もGalaxy S10です。

これは自らを充電させるだけでなく、他のデバイスに供給することも可能となります。そのため「Air Pods」を利用しているユーザーであれば別にチャージャーを持ち歩く必要なく、スマホから給電を受けることが可能になります。

Galaxy S10 ワイヤレス充電
Galaxy S10は、ワイヤレスイヤホンが充電できます。

他のデバイスへの供給が可能になっているため、バッテリーの容量も大幅な増加が期待されています。

iPhoneの場合、AppleのイヤホンAirPodsやApple繋がりでiPadを一緒に持っている方も多いためアップルペンシルまで充電できたら便利度がアップしますね。

「iPhone XSシリーズ」から比べて20%から30%ほど容量が増加されるのではと予想されている方が多いです。

通信性能の向上

期待されている5Gへの対応ですが、残念ながら2020年モデル以降ではないかと見られています。5G通信が各キャリアから開始され、5Gに対応したスマホを利用していれば、現在の数十倍の通信スピードを利用できます。

ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアから5G通信の提供が開始されるのは早くても2020年からであるため、2019年モデルは期待小です。

ただ、通信性能で向上する点として「Wi-Fi6(802.11ax)」への対応が期待できます。
現在の「Wi-Fi5(802.11ac)」に比べ、倍以上の通信速度が可能になります。

 iPhone XSシリーズからあまり変化はなし

これまで最新のリーク情報などをもとにiPhoneの2019年モデルの予想について紹介してきましたが、トリプルカメラや双方向のワイヤレス充電といった新機能の多くは既に他社製のスマホに搭載されているため、目新しい点はあまり無く、「iPhone XSシリーズ」から大きな変化は見られないと予想されます。

 

 

-iPhone(アイフォン)
-, , ,

Copyright© Happy iphone life , 2019 All Rights Reserved.