スマホお返しプログラム
ドコモが6月1日から新料金プランがはじまります。
機種購入の割引(月々サポート・端末購入サポート)も無くなります。変わりにドコモから発表になったのが『スマホおかえしプログラム』です。

いろいろニュースで流れているので、知っている方も多いと思います。

6月1日から、スマホおかえしプログラムに加入して『返せば』誰でも高いスマホがお得に機種変更ができるという間違った情報が流れています!

スマホおかえしプログラムは誰でも加入できるのではなく、返却条件もあります。

加入しようと思ったらできなかった、加入して『お返し』の時こんなはずじゃなかった。ということにならないために

ココでは、スマホお返しプログラムについて申込み前に知っておきたい注意点を解説しますので間違わないためにも最後までお読みください。

スマホおかえしプログラムについて

スマホおかえしプログラム解説画像
スマホおかえしプログラムの条件について解説する前に、まずは簡単にドコモのスマホおかえしプログラムについて解説します。

スマホおかえしプログラムに加入し、分割36回払いで購入した対象機種を返却した場合に、その翌々月請求分以降の最大12回分の分割支払金の支払いをしなくてもいいというプログラムです。

簡単に言うと、このプログラムを加入して36回払いで購入した場合、分割支払中に機種変更をすると最大12回分の支払いが免除になります。
返すのが1か月ごとに遅れてしまうごとに支払い免除の金額少なくなってしまいます。

なので、24ヵ月目で機種変更をすれば、残りの12ヵ月分の支払いをしなくて良いので一番おトクですね。

適用条件

スマホおかえしプログラム 適用条件
①対象の機種を分割36回で購入する。
②「スマホおかえしプログラム」を利用して次の機種を購入する際に、今まで利用していた機種を返却する。
適用条件は、たったこの2つです。

まず①は、分割購入できない人は対象外になります。分割購入したくない人も中にはいますよね、分割できないわけではないけど一括払いは事情があってしたくないという、一括支払も対象外です。

つぎに②は、手元に今まで使っていた機種を残しておきたい人、家族に譲りたいなどという人は、条件が「スマホを返却」なので適用できないですね。

このプログラムは、対象機種購入時のみ加入可能です。

【対象機種】
・iPhone XS
・iPhone XR
・Google Pixel 3
・Galaxy S10 SC-03L
・Xperia 1 SO-03L
・AQUOS R3 SH-04L
・Galaxy Note9 SC-01L

など
対象機種は多く随時変わってくるため公式サイトで確認して下さい。
スマホおかえしプログラム対象機種確認はこちらから

購入手続き完了後に加入することはできません。

返却にもドコモの基準があるので、通らなければ適用できません。
返却については次の項目で詳しく説明します。

スマホおかえしプログラム返す時の条件

・正規店で購入し、不備や不正がない対象端末であること。
・返却時に、分割支払金・回線利用料金の未払いがないこと。
・返却機種のデータが消去できること。(返却時に自分自身で初期化操作をすることになります。)
・機種を改造していないこと。(本体に接着剤などでラインストーンなどを貼り付けている場合、改造と見なされる場合があります。)
・査定条件を満たすこと。

査定条件

・返却機種に故障、水濡れ、外観破損、画面割れがないこと。
・ドコモが定める査定基準を満たしていること。(店頭で確認してもらえます。)

ドコモの査定基準に満たしていない場合、査定条件を満たすために税抜20,000円もしくは、ケータイ補償サービス加入している場合は税抜2,000円の故障時利用料が必要です。

機種代金が高いのでほとんどの人が「ケータイ補償サービス」の加入はしていると思うので、税抜2,000円で良いとは思いますが、「スマホおかえしプログラム」を利用するつもりであれば破損、水濡れのないように使うことを心がけないといけないですね。

返却時プログラム適用できる・できない場合

プログラム加入してスマホをおかえしの時にプログラムが適用できる場合と適用できない場合があります。

イメージしやすいようにおかえしプログラムを実行した時で説明します。

①Xperia Ace

Xperia Ace
機種端末総額:48,600円
分割36回:月額1,350円

24ヵ月目でプログラムを利用した場合
48,600(1,350円×36回)-1,350円×12回=負担額32,400円
16,200円おトクになります。

Xperia Aceで、24ヵ月目で機種変更をする場合に、査定条件を満たしていないと判断され、「故障時利用料」を支払って、プログラムを利用しようとすると、24ヵ月目時点での分割残金が16,200円なので、「故障時利用料」が20,000円だとプログラムは利用できません

ケータイ補償サービスを加入していれば「故障時利用料」は2,000円なので、プログラム利用ができます

②Xperia 1

Xperia 1
機種端末総額:103,032円
分割36回:月額2,862円

24ヵ月目でプログラムを利用した場合
103,032(2,862円×36回)-2,862円×12回=負担額68,688円
34,344円おトクになります。

Xperia 1で、24ヵ月目で機種変更をする場合に、査定条件を満たしていないと判断され、「故障時利用料」を支払って、プログラムを利用しようとすると、24ヵ月目時点での分割残金が34,344円なので、「故障時利用料」が20,000円でも2,000円でもプログラムは利用できます

スマホお返しプログラムよくある質問

購入時にポイントを使うとどうなるの

購入する時にドコモのdポイントを使うと、1ポイント=1円のため割引き額で購入することができます。

ただし、スマホおかえしプログラムの場合は注意が必要です。

ドコモの公式サイトよくある質問にわかりやすい図があります。

指立て女性

ポイントを使わなかった場合

スマホおかえしプログラム ポイント使わなかった場合

指立て女性

ポイントを使った場合

スマホおかえしプログラム ポイント使った場合
ポイントを使うと、端末総額ーポイント=残額 になります。

ポイントを引いた残額から36回均等分割払いとして計算をされるため、返却した後の支払い不要となる期間分のポイントが切り捨てられてしまいます。

ポイントを使ったほうがお得か、お得ではないかは最初に支払う金額が変わってくるのでお財布事情によるため一概に言えませんが、ポイントで割引きをして、端末返却で実際に支払ってない額もという両得はできません

docomo with(ドコモウィズ)で使える

指立て女性

ドコモさんに聞きました!


docomo with端末購入ではスマホお返しプログラム使えません。

6月1日以降、スマホお返しプログラムで購入して引き続きdocomo with対象回線として使うことができます。

Twitterなどで間違った情報が流れているため、正しい情報をドコモのお問い合わせセンターに確認しました。

そもそも、docomo withは2019年5月31日で新規購入が終了です。

スマホお返しプログラムは2019年6月1日から開始です。

docomo with新規購入とスマホお返しプログラムは日にちが重なっていません。

次回新規機種を購入した時に、docomo with回線をもっていると新しい端末をdocomo with回線として使うことができます。

6月以降新しい機種をドコモでスマホお返しプログラムで購入

新しい料金プランにしないでdocomo with回線として料金プランを引き続き同じと選択する。

この場合、docomo with対象回線として続けることができます

なので、docomo with対象回線を持っている人は新しい機種を購入しても引き続き毎月-1,500円割引きがされます。

この先もし、ドコモからもっとお得な新料金プランがでた場合docomo withを辞めて新料金プランを選ぶこともできます。

機種のお返しのデータ消去やロック解除はショップでしてくれるの?

返却機種のデータ消去、ロックの解除などは自己責任でしないといけません。

また、消去だけでなくこの後新しい端末を購入する方はデータのバックアップをしないといけません。
返却したスマホは戻ってきません。

なので、新しい端末を購入した後に古い端末から新しい端末へのデータ移行をしようと思ってもできないためバックアップは必ず取って下さい。

SDカードに簡単にデータのバックアップができたり、クラウド上にデータのバックアップができます。

またドコモのスマホなら移行前にドコモデータコピーなどのサービスで簡単にデータの移行をすることができます。

データ消去とバックアップどちらも忘れずにして下さい。

返却した端末はキャンセルして返却してもらえる?

「スマホおかえしプログラム」利用後、本体やSDカード、ストラップなどのアクセサリー類はドコモから返却してもらうことはできません。(プログラム利用のキャンセルは不可ということです。さらに、外し忘れた付属品・アクセサリーも戻ってこないので、返却する前にしっかり確認が必要です。)

返却機種が査定条件を満たしていない場合どうなるの?

返却機種が査定条件を満たしていない場合、返却時点の分割残金が「故障時利用料」以下だと「スマホおかえしプログラム」の利用ができません。
なので、そのまま分割払いを続けます。

まとめ

スマホおかえしプログラムは、適用条件が、「分割36回払い+スマホを返却する」なので

・分割払い組めない
・分割払いしたくない
・36回も分割払いをしたくない
・スマホを手元に残しておきたい

という方たちは、加入することができません

また、36回分割払いとスマホ返却の適用条件を満たしていても、最終的に機種を故障させてしまうと機種によって金額が異なりますが、「故障時利用料」を支払ってまでプログラムを利用してもおトクにならない場合があります。

なので、スマホおかえしプログラムを加入する時は何かあったら後悔する可能性があるので『ケータイ補償サービスの加入』をおすすめします。

6月1日から新しい『ケータイ補償サービス』がはじまります
新ケータイ補償サービスについて公式サイトで確認する方はこちら

また、スマホお返しプログラムだけではお得感が足りないという人はドコモオンラインショップがおすすめです。

お得に購入できるドコモオンラインショップとは

オンラインショップ
ドコモオンラインショップとは

ドコモが直営で運営しているネットショップです。

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップは運営期間も長く2019年で11年を迎えています。

できることは
・機種変更
・新規契約
・ドコモ二台目追加契約
・他社からの乗り換え(MNP)
・ケースや保護フィルムのオプション品の購入
などです。

ショップや家電量販店まで行かなくってもネットでできるんです。

スマホの機種変更はどこでやっても同じではないのです。
スマホ機種変更でショップと量販店の違いはどこで買うのがいいのか

そのため

①時間が節約

・24時間全国どこからでも利用可能
・長時間の待ち時間
・来店不要
・自宅、ショップ受け取り場所が選べる

②お金も節約

・頭金、事務手数料不要
・送料無料

です。

時間もお金も節約できるドコモオンラインショップ使ってみませんか?

指立て女性

使ってみたら、ショップよりも簡単にできるという感想をいう人が多いです。

お得にできるドコモオンラインショップチェックする方は
ドコモオンラインショップ