iphoneやスマホの生活をもっとhappyにしたい人に! ドコモやauなど機種変更やお得情報などを紹介

Happy iphone

【実はお得】ドコモのスマホお返しプログラム返却しないもできる解説まとめ

更新日:

スマホお返しプログラム
ドコモが6月1日から新料金プランがはじまり機種購入の割引(月々サポート・端末購入サポート)も無くなり新しく『スマホおかえしプログラム』がスタートしました。

『スマホおかえしプログラム』ですが、返却の言葉から『スマホお返しプログラム』という漢字表記で使っている人が多いです。
正式名称はひらがなの『おかえし』です。

ひらがなと感じ表記も混同しやすい『スマホおかえしプログラム』は損をするや間違った情報が多く流れています。

実はお得です!

また、誰でも加入できるのではなく、返却条件もあります。

スマホおかえしプログラムの何がお得なのかや加入しようと思ったらできなかった、加入して『お返し』の時こんなはずじゃなかった。ということにならないために

ココでは、ドコモのスマホおかえしプログラムについて申込み前に知っておきたい条件や注意点を解説します。

返却する時に損をしないためにも最後までお読みください。

速報


10月1日からスマホおかえしプログラム対象機種が拡大!
iPhone11

『iPhone11・iPhone 11 Pro・ Pro Max』

『Xperia 5 SO-01M』『Galaxy Note10+ SC-01M』『AQUOS zero2 SH-01M』

新型iPhone11シリーズだけでなく、Galaxy Note10+もXperia 5も対象へ

Galaxy Note10+は在庫切れが多発中、確実に手にいてたい方は
ドコモのGalaxy Note10在庫・入荷状況を確認して確実に手に入れる方法

スマホお返しプログラムとは


スマホおかえしプログラムの何がお得なのか細かいことを解説する前に、まずは簡単にドコモのスマホおかえしプログラムとは何かを解説します。

スマホおかえしプログラムとは、分割36回払いで購入した対象機種を返却した場合に、その翌々月請求分以降の最大12回分の分割支払金の支払いをしなくてもいいというプログラムです。

簡単に言うと、このプログラムを加入して36回払いで購入した場合、分割支払中に機種変更をすると最大12回分の支払いが免除になります。
返すのが1か月ごとに遅れてしまうごとに支払い免除の金額少なくなってしまいます。

なので、24ヵ月目で機種変更をすれば、残りの12ヵ月分の支払いをしなくてよくお得です。

加入・適用条件

スマホおかえしプログラム 適用条件

①対象の機種を分割36回で購入する。
②「スマホおかえしプログラム」を利用して次の機種を購入する際に、今まで利用していた機種を返却する。

加入・適用条件は、たったこの2つです。

まず①は、分割購入できない人は対象外になります。

分割購入したくない人も中にはいますよね、分割できないわけではないけど一括払いは事情があってしたくないという、一括支払いも対象外です。

つぎに②は、手元に今まで使っていた機種を残しておきたい人、家族に譲りたいなどという人は、条件が「スマホを返却」なので適用できないですね。

分割払いができるかどうか気になるという方は簡易的ですが確認する方法ががあります。分割が組めなかった時の対処方法もあるのでもしも落ちた時はこちらを参考にして下さい。
ドコモの分割審査が通るか確認方法!分割が組めなかった時の対処法
ココからはスマホおかえしプログラムのお得な理由を解説します。

スマホおかえしプログラムがお得な理由

2年後返却しない・するが選べる

スマホおかえしプログラム 返却しない 返却する
とりあえずプログラムに加入して、2年後状況によって返却する・しないを考えることができます。

返却すれば2年後機種端末が安く購入したことになる

例えば

①Xperia 1の場合


Xperia 1 スマホおかえしプログラム
総額103,032円 分割36回 月額2,862円

24ヵ月目でプログラムを利用した場合
103,032(2,862円×36回)-2,862円×12回=負担額68,688円

34,344円支払いが免除されます。

②iPhone XS 64GBの場合の場合


iPhone XS スマホお返しプログラム
総額128,304 円 分割36回  月額3,564 円

24ヵ月目でプログラムを利用した場合
128,304 (3,564円×36回)-3,564円×12回=負担額85,536円

42,768円支払いが免除されます。

①Xperia 1:103,032円の機種が返却を条件に68,688円。
②iPhone XS 64GB:128,304 円の機種が返却を条件に85,536円。

2年で返却という条件の計算ですが、かなり安く購入できますよね。

2年後返さないで使い続けることもできる

機種購入時は2年後機種変更をするつもりでスマホおかえしプログラムを契約したけど、

・2年後のタイミングで欲しい機種が無い
・機種変更しないで使い続けたい

という場合。

返却しないで、そのまま機種を使い続けることができます。

返却しない場合は、そのまま分割で機種代金を支払うこともできるし、ドコモショップに行って残りの分割金を支払ってしまうこともできます。

分割残金の支払いはその場で、現金かクレジットカードで支払うことが出来ます。

スマホおかえしプログラムを契約するために分割36回で購入したという人は、スマホおかえしプログラムを利用しないと決めた時点で分割残金を支払ってしまった方がスッキリするのでおすすめです。

スマホおかえしプログラム注意が必要な条件たち

対象機種が決まっている

発売中の機種全てがスマホおかえしプログラムの対象機種ではありません。

現在発売中、発売予定の機種でスマホおかえしプログラム対象機種はこれだけあります。

iPhone

・iPhone11・Pro・Pro Max
・iPhoneX・XS・ XS Max・XR
・iPhone 8

ドコモスマートフォン

・Xperia 1
・Xperia XZ1・XZ3
・AQUOS ・R3
・V30+ L-01K
・Galaxy S10 SC-03L
・Galaxy S10+ SC-04L
・Galaxy S10+ (Olympic Games Edition) SC-05L
・AQUOS R3 SH-04L
・HUAWEI P30 Pro HW-02L
・Galaxy Note9 SC-01L
・HUAWEI P20 Pro HW-01K
・arrows NX F-01K
・M Z-01K

この機種を見ると、最新機種でなくてもスペックが高めな機種が対象なことが分かりますね。

Galaxy 9やGoogle Pixel 3などが9月5日からプログラム対象から外れました、対象機種は、値下げなどによって変わるため欲しい機種が対象機種になっているかどうかは必ず公式サイトで確認して下さい。

契約できるのは購入時の時のみ

スマホおかえしプログラムに加入できるのは、機種購入時のみです。購入後に「やっぱり契約したい」と言っても、購入手続きが完了してしまっていたら契約できません。

もし迷っているなら、36回分割払いができるなら2年後に返却するかどうかを決めることができるのでとりあえず入るということもできます。

スマホおかえしプログラム返す時の条件

・正規店で購入し、不備や不正がない対象端末であること。
・返却時に、分割支払金・回線利用料金の未払いがないこと。
・返却機種のデータが消去できること。(返却時に自分自身で初期化操作をすることになります。)
・機種を改造していないこと。(本体に接着剤などでラインストーンなどを貼り付けている場合、改造と見なされる場合があります。)
・査定条件を満たすこと。

損をしてしまう注意点

スマホおかえしプログラム損をするから注意点について説明している女性

ポイント支払いが損じゃなくなった


引用元:スマホおかえしプログラムご利用時のポイント充当方法の変更について

9月5日からはスマホおかえしプログラム加入時にdポイントを使っても損をしない形になりました。
上記の図のようにポイントから、月々の分割支払い金を相殺してくれるため、dポイントが無駄になることが無くなったのです。

4日まではどうだったのかというと

スマホおかえしプログラム ポイント使った場合

上記の図のように、機種購入時のポイントは36回分に分割されて機種代金から割引されます。10,800p÷36回=300円/月で、毎月300円割引される計算になります。

しかし、スマホおかえしプログラム適用し24ヵ月目で機種変更をして、残りの12ヵ月分の機種代金支払いを免除された場合、300円×12回=3,600円つまり3,600円分の充当されるはずだったポイントがなくなってしまいます。

無くなってしまうという謎の利用プログラムが解消されたのです。

これでdポイントで支払っても損しないことになったのです。

5日からのため、4日までは損してしまうのでお気を付けください。

下取りプログラムと比べると損?

ドコモ下取りプログラム
下取りプログラムとスマホおかえしプログラムどちらが得か損をするかというのは、実際に返却をする時にならないと誰もわかりません

2年後下取り価格がいくらかになっているかによって、下取りプログラムが良いのかスマホおかえしプログラムどちらが良いのかわからないからです。

機種によって下取り価格は違うため、個人差もあります。

ドコモの下取り価格は、毎月見直しが入るため価格は公式サイトで確認して下さい。

ちなみに、新しい端末でスマホおかえしプログラム加入の時に古い端末を下取りプログラムと併用することはできます。

毎月下取り価格や対象機種は見直されているため、最新版はドコモ公式サイトで確認してください。

返却の査定を満たしていないと20,000円支払い

スマホおかえしプログラム 査定
返却の時に査定基準に満たしていない場合、査定条件を満たすために税抜20,000円もしくは、ケータイ補償サービス加入している場合は税抜2,000円の故障時利用料が必要です。

ただ、返却機種が査定条件を満たしていない場合、返却時点の分割残金が「故障時利用料」以下だと「スマホおかえしプログラム」の利用ができません。

返却時の条件とは

・返却機種に故障、水濡れ、外観破損、画面割れがないこと。
・ドコモが定める査定基準を満たしていること。(店頭で確認してもらえます。)

ドコモの査定基準に満たしていない場合、査定条件を満たすために税抜20,000円もしくは、ケータイ補償サービス加入している場合は税抜2,000円の故障時利用料が必要です。

機種代金が高いのでほとんどの人が「ケータイ補償サービス」の加入はしていると思うので、税抜2,000円で良いとは思いますが、「スマホおかえしプログラム」を利用するつもりであれば破損、水濡れのないように使うことを心がけないといけないですね。

 

スマホお返しプログラムよくある質問

docomo with(ドコモウィズ)で使える

ドコモさんに聞きました!

docomo with端末購入ではスマホお返しプログラム使えません。

6月1日以降、スマホお返しプログラムで購入して引き続きdocomo with対象回線として使うことができます。

Twitterなどで間違った情報が流れているため、正しい情報をドコモのお問い合わせセンターに確認しました。

そもそも、docomo withは2019年5月31日で新規購入が終了です。

スマホお返しプログラムは2019年6月1日から開始です。

docomo with新規購入とスマホお返しプログラムは日にちが重なっていません。

次回新規機種を購入した時に、docomo with回線をもっていると新しい端末をdocomo with回線として使うことができます。

6月以降新しい機種をドコモでスマホお返しプログラムで購入

新しい料金プランにしないでdocomo with回線として料金プランを引き続き同じと選択する。

この場合、docomo with対象回線として続けることができます

なので、docomo with対象回線を持っている人は新しい機種を購入しても引き続き毎月-1,500円割引きがされます。

この先もし、ドコモからもっとお得な新料金プランがでた場合docomo withを辞めて新料金プランを選ぶこともできます。

機種のお返しのデータ消去やロック解除はショップでしてくれるの?

返却機種のデータ消去、ロックの解除などは自己責任でしないといけません。

また、消去だけでなくこの後新しい端末を購入する方はデータのバックアップをしないといけません。
返却したスマホは戻ってきません。

なので、新しい端末を購入した後に古い端末から新しい端末へのデータ移行をしようと思ってもできないためバックアップは必ず取って下さい。

SDカードに簡単にデータのバックアップができたり、クラウド上にデータのバックアップができます。

またドコモのスマホなら移行前にドコモデータコピーなどのサービスで簡単にデータの移行をすることができます。

データ消去とバックアップどちらも忘れずにして下さい。

返却した端末はキャンセルして返却してもらえる?

「スマホおかえしプログラム」利用後、本体やSDカード、ストラップなどのアクセサリー類はドコモから返却してもらうことはできません。(プログラム利用のキャンセルは不可ということです。さらに、外し忘れた付属品・アクセサリーも戻ってこないので、返却する前にしっかり確認が必要です。)

返却機種が査定条件を満たしていない場合どうなるの?

返却機種が査定条件を満たしていない場合、返却時点の分割残金が「故障時利用料」以下だと「スマホおかえしプログラム」の利用ができません。
なので、そのまま分割払いを続けます。

まとめ

スマホおかえしプログラムは、適用条件が、「分割36回払い+スマホを返却する」なので

・分割払い組めない
・分割払いしたくない
・36回も分割払いをしたくない
・スマホを絶対手元に残しておきたい

という方たちは、加入することができません

ただし、

使っていて気に入ってしまった場合分割払いの支払いを全部すれば使っているスマホは返却しないで手元に残すことができます。

なので、悩んでいるなら入ってしまって2年後に返却するか新しい端末に機種変更をするかを選ぶことができます。

また、36回分割払いとスマホ返却の適用条件を満たしていても、最終的に機種を故障させてしまうと機種によって金額が異なりますが、「故障時利用料」を支払ってまでプログラムを利用してもおトクにならない場合があります。

なので、スマホおかえしプログラムを加入する時は何かあったら後悔する可能性があるので『ケータイ補償サービスの加入』をおすすめします。

6月1日から新しい『ケータイ補償サービス』がはじまりました
新ケータイ補償サービスについて公式サイトで確認する方はこちら

また、スマホお返しプログラムだけではお得感が足りないという人はドコモオンラインショップがおすすめです。

お得に購入できるドコモオンラインショップとは

スマホおかえしプログラム お得に契約できる
ドコモオンラインショップとは

ドコモが直営で運営しているネットショップです。

ドコモオンラインショップは運営期間も長く2019年で11年を迎えています。

ドコモオンライショップできること

・機種変更
・新規契約
・ドコモ二台目追加契約
・他社からの乗り換え(MNP)
・ケースや保護フィルムのオプション品の購入

などです。

ショップや家電量販店まで行かなくってもネットでできるんです。

スマホの機種変更はどこでやっても同じではないのです。
スマホ機種変更でショップと量販店の違いはどこで買うのがいいのか

そのため

①時間が節約

・24時間全国どこからでも利用可能
・長時間の待ち時間
・来店不要
・自宅、ショップ受け取り場所が選べる

②お金も節約

・頭金、事務手数料不要
・送料無料

です。

時間もお金も節約できるドコモオンラインショップ使ってみませんか?

使ってみたら、ショップよりも簡単にできるという感想をいう人が多いです。

お得にできるドコモオンラインショップチェックする方は
ドコモオンラインショップはこちら

-ドコモ(docomo)
-, , ,

Copyright© Happy iphone , 2019 All Rights Reserved.