iPhone12とiPhone12 Pro違いを比較!買うならどっちがいい?スペック・性能を徹底解説

日本時間の10月14日にiPhone12シリーズの発表があり、今年はiPhone12は4種類発売されるためどれがいいか悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

その中でも、今回は通常版と上位版のiPhone12とiPhone12 Proどっちを買ったらいいか迷っている人に、iPhone12とiPhone12 Proとの違いを比較しておすすめはどっちなのかについて解説します。

先に結果をお伝えすると、iPhone12とiPhone12 Proの違いから買うべきおすすめの人はこちらになります。

iPhone12と12Pro違いおすすめな人は

  • 安く買いたいならiPhone12(12miniもあり)
  • 軽さで選ぶならiPhone12(12miniもあり)
  • カメラ性能で選択:iPhone12 Pro(12 Pro MAXもあり)
  • ストレージ容量大きさで選択:iPhone12Pro
  • 色で選ぶならiPhone12・12Pro
  • 素材の仕上げ高級感で選ぶならiPhone 12Pro

iPhone12シリーズは4種類になり、もっとこだわって買いたい方には選択肢も広げられるように12miniや12Pro MAXについても解説するので、iPhone12とiPhone12 Pro買う時の参考にしてください。

 

各キャリアでiPhone12シリーズをチェックする方は

ドコモオンラインショップ

auオンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップクーポン発行サイト

iPhone12・12Proどっちを買うかラインナップを紹介

2020年発売のiPhone12iPhone12Proは通常版と・上位版2機種ずつ4種類が発売されます。

4種類もあるので間違えないようにラインナップについて紹介します。

iPhone12シリーズ種類

  • iPhone12(5.4インチ)
  • iPhone12 mini(6.1インチ)
  • iPhone12 Pro(6.1インチ)
  • iPhone12 Pro Max(6.7インチ)

iPhone 12・12 miniは通常版(ミドルレンジ・無印モデル)、iPhone 12 Pro・12 Pro Maxは上位版(ハイエンドモデル)です。

2019年発売のiPhone11シリーズは、iPhone11(6.1インチ)は通常版で、iPhone 11 Pro(5.8インチ)・11 Pro Max(6.5インチ)が上位版の合計3モデルでした。

通常版が1機種増えて、iPhone11とディスプレイサイズのバリエーションが変わっているため選択肢が多いです。

また、通常版と上位版が2機種ずつあり、無印版のiPhone12と12miniの場合性能的にほぼ同じだけど一部スペックが違うというのもあるので、もっとこだわって買いたい方には選択肢も広げられるように12miniや12Pro MAXについても解説します。

最後までご覧になって、iPhone12シリーズを購入の手助けをできたらうれしいです。

画像出展元:Apple

iPhone12とiPhone12 Pro違いは6種類

iPhone12とiPhone12 Proの違いは下記の6種類になります

iPhone12・12Pro違い

  1. 価格
  2. 重さ
  3. カメラ性能
  4. カラーバリエーション
  5. ストレージ容量
  6. 材質・素材の仕上げ
iPhone12・12Proの違いはカメラ機能だけと思われてた方が多いのではないでしょうか。

有名なアナリストや、ニュースサイトCult of Macから「iPhone12とiPhone12 Proとの違いはカメラだけ」と発言されるくらいiPhone12と12Proのカメラ機能については、昨年発売のiPhone11と比較しても開発の進化がわかります。

ただ、この発言を見ての通り過去のiPhoneシリーズは無印版というと、Proモデルの廉価版という立ち位置が多かったですが、今年のiPhone12無印版は廉価版ではありません

カメラ以外のiPhone12シリーズもスペック・性能が高いという発言です。

次の項目では比較表iPhone12・12Proでスペックをまとめました。

iPhone12とiPhone12 Pro違いスペック比較表まとめ

iPhone12とiPhone12Proの違いは何か、スペックを比較できるように表にまとめました。

※表が切れている場合横にスクロールできます

iPhone 12 miniiPhone12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro MAX
ディスプレイ5.4インチ6.1インチ6.1インチ6.7インチ
サイズ高さ:131.5mm高さ:146.7mm高さ:146.7mm高さ:160.8mm
幅:64.2mm幅:71.5mm幅:71.5mm幅:78.1mm
厚さ:7.4mm厚さ:7.4mm厚さ:7.4mm厚さ:7.4mm
重さ133g162g187g226g
アウトカメラデュアルルレンズ
12MP
(超広角・広角)
トリプルレンズ
12MP
(超広角・広角・望遠)
インカメラ12MP12MP12MP12MP
ストレージ容量64/128/256GB64/128/256GB128/256/512GB128/256/512GB
生体認証Face IDFace IDFace IDFace ID
素材アルミニウムアルミニウムステンレススチールステンレススチール
カラーブルー
グリーン
レッド
ホワイト
ブラック
パシフィックブルー
ゴールド
グラファイト
シルバー
価格64GB :74,800円
128GB :79,800円
256GB:90,800円
64GB:85,800円
128GB:90,800円
256GB:101,800円
128GB:106,800円
256GB:117,800円
512GB:139,800円
128GB:117,800円
256GB:128,800円
512GB:150,800円

iPhone12と12Pro違いがわかるように4モデルのスペックを表にまとめました。

4機種を比較すると、価格では2万円~4万円の開きがあり、今年は端末の大きさや重さなど4機種あるとバリエーションが多いのを感じます。

 

iPhone12とiPhone12 Pro:価格の違い比較

iPhone12とiPhone12 Proの販売価格の違いです。

64GB128GB256GB512GB
iPhone12 mini74,800円79,800円90,800円
iPhone 1285,800円90,800円101,800円
iPhone 12 Pro106,800円117,800円139,800円
iPhone12 Pro Max117,800円128,800円150,800円

(Appleでの税別販売価格)

iPhone12シリーズの全体の価格は、約7万円~15万円となっています。iPhone12は容量によって10万円以上してくるものもあります。iPhone12 Proはどの容量でも10万円超えますね。

機種代金をなるべく安く抑えたい、分割審査の関係で10万円以上の分割が組めないから10万円未満のものが良いなどということであればiPhone12が購入しやすい価格だと思います。

スペックよりも価格重視と言うことであればiPhone12 miniが一番低価格なモデルなのでiPhone12 miniをおすすめします。

 

 

 

iPhone12とiPhone12 Pro:サイズ重さの違い

iPhone12とiPhone12 Proの本体の大きさはほぼ同じで重さが違います

iPhone12とiPhone12 Pro:大きさサイズの違い比較

※表が横に切れている場合はスクロールしてください。

iPhone12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone12 Pro Max
ディスプレイ5.4インチ6.1インチ6.1インチ6.7インチ
サイズ高さ:131.5mm

幅:64.2mm

厚さ:7.4mm

高さ:146.7mm

幅:71.5mm

厚さ:7.4mm

高さ:146.7mm

幅:71.5mm

厚さ:7.4mm

高さ:160.8mm

幅:78.1mm

厚さ:7.4mm

重さ重さ:133g重さ:162g重さ:187g重さ:226g

今回比較するiPhone12とiPhone12 Proは、ディスプレイサイズも本体サイズも全く同じです。違うのは重さだけで、25gの違いになります。25gでも長時間手に持って使用していると負担も大きいですよね。電車やバスの移動中によく使う人にとっては少しでも軽い方が良いという人も多いと思います。

そのような人はiPhone12の方がオススメですね。

さらに持ちやすさ、軽さを重視するのであればiPhone12 miniという選択肢もあります

出典元:Apple

iPhone12・12mini・12 Pro・iPhone12 Pro Maxの大きさ・サイズ・重さ比較

iPhone12とiPhone12Proディスプレイの違い比較

iPhone12とiPhone12Proのディスプレイ性能は同じです。

iPhone12 iPhone12Proディスプレイ

 

iPhone 12iPhone 12 Pro
ディスプレイ6.1インチ

Super Retina XDRディスプレイ

6.1インチ

Super Retina XDRディスプレイ

ディスプレイサイズも搭載されているディスプレイの種類も同じです。

iPhone11シリーズまでは、エントリーモデルとハイエンドモデルではディスプレイの種類が異なり、液晶ディスプレイと有機ELディスプレイで区別されていました。

しかし、今回のモデルからは4モデル全て有機ELディスプレイで統一されました。有機ELディスプレイの方が発色が良いので、エントリーモデルを購入したいと考えている人は嬉しいですよね。

iPhone12とiPhone12Pro:カメラ性能違い比較

iPhone12とiPhone12Proでは、カメラの性能差に一番違いがあります。

iPhone12はデュアルカメラ、iPhone 12 Proはトリプルカメラ+LiDARスキャナ搭載です。

iPhone12カメラ性能

【アウトカメラ】

  • 超広角:12MP f/2.4絞り値
  • 広角:12MP f/1.6絞り値

【アウトカメラ】
・12MP f/2.2絞り値

iPhone12Proカメラ性能

【アウトカメラ】

  • 超広角:12MP f/2.4絞り値
  • 広角:12MP f/1.6絞り値
  • 値望遠:12MP f/2.0絞り値
  • LiDARスキャナ

【アウトカメラ】
・12MP f/2.2絞り値

iPhone12とiPhone12 Proではカメラレンズの数が違います。

iPhone12は広角レンズと超広角レンズのデュアルレンズカメラ搭載、iPhone12 Proは広角レンズと超広角レンズと望遠レンズのトリプルレンズカメラ搭載です。iPhone12 Proには望遠レンズがあることによってより遠くのものを撮影することが可能です。

iPhone12ナイトモード

暗い場所での撮影もキレイにできるナイトモードはiPhone12、12 miniにも搭載しており、iPhone11シリーズでは広角レンズにしかナイトモードが搭載されていませんでしたが、iPhone12シリーズでは全てのカメラレンズに搭載されています。

iPhone12 Proと12 Pro MaxにはLiDARスキャナが搭載

iPhone12 Proと12 Pro MaxにはLiDARスキャナが搭載されています。

LiDARスキャナとは赤外線を利用した深度測定システムです。空間や人間のサイズが認識できるので、家具を購入する時に部屋にどのサイズが置けるか分からない際にARで置いてみたり、体をスキャンして太りすぎてないか痩せすぎてないかの健康状態がわかります。

言葉で説明するのは難しいのでiPhone12Proを購入して使った人の動画があります。


実際に測るのが難しい場所でも空間のサイズがココまでわかります。

明るい場所ですが、可視光を利用しないためデュアルカメラ、デュアルピクセルを用いた深度測定とは異なり暗いところでも利用が可能です。

暗いところでも正確で高速な深度測定ができることを活用することで、ナイトモードを利用している時にも被写体の背景をぼかすことのできるポートレートモードが利用できるようになりました。明るい場所でポートレートモード利用した場合の精度の向上や高速オートフォーカスにも対応しています。

iPhone12 Proシリーズの方が、カメラ機能がいいと言うことが分かったと思いますが、さらにiPhone12 Pro Maxにしか搭載されていない機能もあります。

iPhone12 Pro Maxには、大きいイメージセンサーが搭載

iPhone12 Pro Max カメラ違い

iPhone12 Pro Maxには、大きいイメージセンサーが搭載されています。これによって、細かい部分とたくさんの色を捉えることができます。さらに、イメージセンサーがあることでナイトモードもより強化されキレイに撮影することができます。

iPhone12 ProMaxにしかない機能としては。

  • レンズの高性能化と高速化でナイトモードの画質が向上
  • 大型化したイメージセンサー
  • Apple ProRaw
  • 望遠レンズのズーム倍率が2.5倍に拡大
  • 手ブレ補正機能

iPhone12とiPhone12 Proをカメラ機能で比較すると、iPhone12 Proの方が性能は良いです。さらに、カメラ機能の良い物が欲しいというのであればiPhone12 Pro Maxがおすすめです。

 

引用元:Apple

iPhone12とiPhone12Pro:バッテリー容量比較

毎回iPhoneのバッテリー容量は公表されません。
今回も公表されていないので、再生時間で比較してみると、iPhone12もiPhone 12 Proもバッテリー容量は同じでした。

iPhone 12iPhone 12 Pro
バッテリービデオ再生:最大17時間

ビデオ再生(ストリーミング):最大11時間

オーディオ再生:最大65時間

ビデオ再生:最大17時間

ビデオ再生(ストリーミング):最大11時間

オーディオ再生:最大65時間

※利用環境などによっては最大再生時間までの利用はできない可能性があるので注意してください。。

iPhone12とiPhone12 Proカラーバリエーション・色違い

続いて、iPhone 12と12Proのカラーバリエーションの違いについて比較していきます。

 

iPhone12カラー

iPhone12 のカラーバリエーション

  • ブラック
  • ホワイト
  • レッド
  • グリーン
  • ブルー

iPhone12proカラー

iPhone12 Proのカラーバリエーション

  • ゴールド
  • シルバー
  • グラファイト
  • パシフィックブルー

 

 

iPhone12は5色展開、iPhone12 Proは4色展開です。

どちらのモデルにも新色のブルー系のカラーがありますが、iPhone12 Proのパシフィックブルーの方が濃いブルーになっています。

どのモデルを購入するか決まっても、カラーを選ぶのにも迷いそうですね。

 

iPhone 12に比べて落ちついたカラーバリエーションとなりそうです。

画像引用元:Apple

iPhone12カラーについてもっと知りたい方は

iPhone12デザイン色カラバリエーションブルーグラファイント情報まとめ

iPhone12とiPhone12 Pro:材質・素材で比較

iPhone12 miniアルミニウム
iPhone12 mini
iPhone 12 Proステンレススチール
iPhone12 Pro Max

iPhone12、12 miniはアルミニウム素材、iPhone12 Pro、12 Pro Maxは側面にステンレススチール素材、背面にはテクスチャードマッドガラスを使用しています。テクスチャードマッドガラスは磨りガラスのような質感なので、指紋がつきにくくなっています。

光沢があるとキレイには見えますがカラーによっては指紋が目立つので、指紋が気になる人にとってはテクスチャードマッドガラスという素材は嬉しいですね。

色だけでなく、使われている素材が違うことで見た目の印象も変わってきます。

iPhone12シリーズのディスプレイ部分のガラスは、いずれもセラミックシールドで保護されているので、今までよりも落とした際に割れる可能性が低くなっています。

ガラスセラミック素材といって、ガラスにナノセラミッククリスタルを組み込んで作られていて、透明度が高くクリスタルによって頑丈な構造が作り出されて割れにくくなっているようです。セラミックとガラスのいいとこ取りをしている素材と言えそうですね。

iPhone12とiPhone12 Pro:ストレージ容量で比較

iPhone12 mini64・128・256GB
iPhone12 mini64・128・256GB
iPhone 12 Pro128・256・512GB
iPhone12 Pro Max128・256・512GB

 

iPhone12、12 miniのストレージ容量は64GB、128GB、256GBの3種類、iPhone12 Pro、12 Pro Maxのストレージ容量は128GB、256GB、512GBの3種類です。

容量が大きければ大きいほど写真や動画、アプリの保存などがたくさんできます。なので、特に容量の大きい動画などをたくさん撮影し保存したいという場合には大容量のものを選ぶと安心だと思います。こまめに不要なものを削除する人やPCに保存するという場合には容量は少なめでも問題ないと思います。

ただ、写真も動画もそれほど撮影、保存しないのに大容量を選ぶのはもったいないので、今利用しているスマホやiPhoneのデータ保存状況を確認してから容量を選択するといいと思います。

大容量のものが欲しいというのであればiPhone12 Proの方が大容量のものがあるのでオススメですね。

iPhone12とiPhone12Pro顔認証・指紋認証の違い

iPhone 12・12 Proの生体認証は、どちらもFace ID(顔認証)を搭載です。

iPhone 12iPhone 12 Pro
生体認証Face IDFace ID

一時、予想ではTouch IDに戻るのではと言われていましたが、Face IDになりましたね。

Face IDとは顔認証機能のことで、ディスプレイに顔をかざすだけでロック解除ができます。

コロナウィルス拡大防止の関係でマスクの着用をしての生活がほとんどなので、Face IDの利用が不便に感じるかと思います。ただ、Touch ID搭載のモデルは現在iPhone SEのみです。

 

iPhone12・12PRO 5Gミリ波対応・非対応

iPhone12は発売される4機種全てに5G対応のモデムチップが内蔵されます。

iPhone 12iPhone 12 Pro
5GSub6:対応

ミリ波:非対応

Sub6:対応

ミリ波:非対応

iPhone12シリーズは全て5G対応ですが、日本モデルは5G電波のsub6という電波のみの対応ということになりました。

海外モデルのiPhoneはミリ波も対応しているようですが、日本はミリ波エリアがまだ広がっていないのでsub6のみの対応となったのでしょうか。

今回はsub6のみ対応のiPhoneということになります。

 

国内のauでは、「全機種5Gへ」ということで、今後発売される機種は5G対応機種になるようです。ただ、auも5G対応エリアは一部なので5G機種を利用しているからといって高速通信ができるわけではないので注意しましょう。

KDDIの執行役員の吉村和幸氏が、2020年6月に行われたKDDIの株主総会で「来年度末には約5万局のエリア展開を掲げています。2023年度には、(5Gを)現在の4Gと遜色のないネットワークにできればと考えています。」と述べていました。

sub6の電波は、今まで利用していた4G電波の技術を転用できるので、sub6対応エリアは比較的早く整う可能性が考えられるのでiPhone12の通常モデルはミリ派に非対応ですが、sub6に対応しているので通信に関しては問題ないようです。

ドコモも同じですが、5Gに対応している地域なら確実に対応しているので対応エリアで確認してください。

ドコモ・auの5G対応エリア

ドコモ・auの5G対応エリアについてはこちらで確認ができます。
ドコモの5Gエリア対応はこちら

auの5Gエリア対応はこちら

iPhone12とiPhone12pro買うならどっちがいいのか?

iPhone 12と12 Proどっちが良いのかは、こだわりや求めているもの、ゆずれないものによって買うべきものが違います。

iPhone12と12Proの違いから買うべきおすすめな人の特徴はこちらになります。

ポイント

  • 安く買いたいならiPhone12(12miniもあり)
  • 軽さで選ぶならiPhone12(12miniもあり)
  • カメラ性能で選択:iPhone12 Pro(12 Pro MAXもあり)
  • ストレージ容量大きさで選択:iPhone12Pro
  • 色で選ぶならiPhone12・12Pro
  • 素材の仕上げ高級感で選ぶならiPhone 12Pro

iPhone12シリーズは4種類になり、もっとこだわって買いたい方は12と12Proの特徴から12miniや12Pro MAXも検討すると後悔しないで買うことができますよ。

 

iPhone 12がおすすめな人

  • 最新のiPhoneをなるべく安く購入したい
  • 小型で軽いiPhoneが欲しい
  • カメラ性能にこだわりはない
  • 本体カラーは明るめな色が欲しい
  • ブルー・グリーン・ブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED絶対欲しいカラーがある

iPhone 12 Proがおすすめな人

  • カメラ性能にこだわりたい
  • 高級感のある落ちついたカラーのiPhoneが欲しい
  • ストレージ容量が多いものが欲しい
  • グラファイト・シルバー・ゴールド・パシフィックブルー絶対欲しいカラーがある

 

iPhone 12がおすすめな人

iPhone12は、最新のiPhoneをできるだけ安く手に入れたい人におすすめです。

iPhone 12と12 Proのパフォーマンス性能にほとんど違いはなく、A14Bionicを搭載した高性能スマホであることは同じです。

カメラ性能やディスプレイの解像度など、iPhone 12 Proに劣る点はありますが、だからといってスマホ自体のスペックが悪いということではありません。

カメラ性能にそこまでこだわらなければ、iPhone 12でも十分すぎるほどの性能を持っています。

iPhone 12 Proよりも価格も安いので、コスパで選ぶならiPhone 12がおすすめですよ。

本体のカラーバリエーションもiPhone 11のように豊富なカラーが登場、明るくポップなカラーのiPhoneが欲しい方は、ぜひiPhone 12の購入を検討してみてください。

もっと小型で軽いのが欲しい方はiPhone12 miniの検討もしてくださいね。

iPhone 12Proがおすすめな人

iPhone12 Pro

iPhone 12 Proがおすすめなのは、最新のiPhoneを最高のスペックで使いたい人です。

カメラ性能など、iPhone 12にはない機能・素材が使われています。

また、iPhone 12のストレージ容量は、256GBまでしかありませんが、Proは512GBがあるため容量の大きいのが必要な方は、iPhone 12 Proを選ぶ必要があります。

本体のカラーバリエーションについても、iPhone 12 Proはこれまでの高級感があるiPhoneのカラーバリエーションを受け継いでいます。

2020年、iPhone 12 Proの進化している機能はカメラ機能ですが、さらに12Pro MAXはワンランク上の機能が搭載されています。

最高のカメラ機能を使いたい方は、iPhone 12Pro MAXも検討してください。

 

iPhone12・12 Proの違いについてまとめ

iPhone 12と12 Proの違いまとめ

どちらもA14Bionic搭載

内蔵メモリはiPhone 12 Proの方が多い

iPhone 12の本体価格は約85,800円~、iPhone 12Proは約106,800円~

どちらも6.1インチのディスプレイを搭載

ディスプレイはiPhone 12 Proの方が解像度は高い

iPhone 12は2眼カメラ、iPhone 12 Proは3眼カメラ+LiDARセンサー搭載

iPhone 12のカラーバリエーションはポップなカラーが中心。iPhone 12 Proは素材とカラーから高級感ある外観

生体認証はどちらもFace ID

iPhone 12と12Proはどちらを購入するべきか、価格、本体サイズ、スペックについて詳しく解説してきました。

どちらを選んでも、iPhone史上最高スペックであることは間違いありません

最新のA14Bionicを搭載していることは変わりないですし、本体サイズもほぼ同じです。

カメラ性能に違いがあるので、カメラ性能にこだわりたい人はiPhone 12 Proを選ぶべきではあります。

何の性能を重視するかでどちらを購入するべきか変わってきます。

iPhone 12の購入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ドコモオンラインショップ

auオンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップはこちら

 

iPhone12 関連情報

iPhone 12 画面サイズ 比較

iPhone12・12 Pro発売日・予約日はいつ?ドコモ・au・ソフトバンク価格・スペック最新情報まとめ

iPhone12・12Pro色 人気・新色・カラー情報まとめ

iPhone 12・mini・Pro・Pro Max在庫 入荷状況 ドコモ・au・ソフトバンク アップルストア

iPhone12 mini 発売日・価格 ドコモ au ソフトバンク

キッズケータイ dアカウント

新機種関連情報

エクスペリア5マーク2 発売日 価格 ドコモ ソフトバンク au

Galaxy note20 ultra 発売日 予約 価格 ドコモ 楽天モバイル au 

-iPhone(アイフォン)
-, , , , ,

Copyright© Happy iPhone , 2020 All Rights Reserved.