※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

iPhone15ではTouch ID(指紋認証)復活なしの理由は?Touch IDが使える機種も紹介

iPhoneのナンバリングシリーズでは、2017年に発売されたiPhone 8が最後にTouch ID(指紋認証)を搭載したモデルでした。

その後、多くのiPhoneユーザーがTouch IDの復活を望んでいますが、iPhone 15シリーズでもTouch IDの復活は見られませんでした。

この記事では、なぜiPhone 15シリーズでTouch IDが復活しなかったのか、そして今後のiPhoneシリーズでTouch IDが復活する可能性があるのかについて解説します。

さらに、Touch IDが廃止された理由や、Touch IDを搭載しているiPhoneモデル、他のロック解除方法についても触れています。

また、Face IDに不便を感じる場合の他の解除方法や、指紋認証を提供するAndroidスマートフォンへの移行についても考えてみましょう。

iPhoneを使い続けたいけれど、指紋認証の便利さを求める方々にとって、これらの情報が役立つでしょう。

目次

iPhone15においてTouch ID(指紋認証)は復活なしだった

iPhone15シリーズでは、多くのユーザーが期待していたTouch ID(指紋認証)の復活はありませんでした。

代わりに、Appleは引き続きFace ID(顔認証)を採用しています。

では、なぜiPhone15シリーズでもTouch IDは搭載されなかったのでしょうか。

この記事では、その具体的な理由を詳しく見ていきます。

ディスプレイ内蔵であるTouch IDは開発自体を中止

海外のニュースサイトiDROPNEWSが報じたところによると、Appleはもうディスプレイ内蔵型の指紋センサーを開発していないそうです。

以前には、画面に触れるだけで指紋認証ができる技術が導入されるかもしれないという話もありましたが、この情報が本当ならば、そのような技術がiPhoneに搭載されることは当面ないかもしれません。

さらに、2022年1月にはAppleがTouch IDの開発を行っていたチームのリソースを全てFace IDの開発チームへと移管したとも伝えられています。

これは、Appleが今後Face IDの技術の向上にさらに力を入れていくことを意味していると考えられます。

この動きからも、Appleが顔認証技術に更に注力していることがうかがえます。

Face IDが優秀なのでTouch IDを入れる目的がない

有名な情報リーカーであるMing-Chi Kuo氏が、自身のTwitterアカウントで「2023年と2024年に発売される新型iPhoneでは、ディスプレイ内蔵型の指紋認証システムであるアンダーディスプレイTouch IDの採用が見送られる可能性がある」と投稿しました。

以前、Kuo氏は「2023年の新型モデルからディスプレイ内蔵型の指紋認証が導入されるかもしれない」と予想していたため、この新しい情報は方針転換を示している可能性があります。

この背景には、AppleがFace IDの機能を大幅に向上させたことが関係しているかもしれません。

特に、iPhone12以降のモデルではiOS 15.4以降のオペレーティングシステムを使用することで、マスクを着用していてもFace IDによる生体認証が可能になりました。

この大きな改善により、Face IDの以前の弱点が克服され、Touch IDに戻る必要性が低減されたと考えられます。

したがって、Appleは今後もFace IDの技術を中心に進化させる方向で進む可能性が高く、指紋認証の復活は当面見込まれない状況です。

iPhone16モデル以降でもTouch ID(指紋認証)復活の可能性は低め

海外のニュースサイト、9TO5Macは最近、アメリカの有名な情報サービス会社、Bloombergの記者、マーク・ガーマン氏にインタビューした記事を公開しました。

記事によると、マーク・ガーマン氏は「これから数年の間に、AppleのMacやiPhone、iPadといった大切なデバイスにはすべてFace ID(顔認証機能)がつくようになるだろう」と予想しています。

さらに、ディスプレイに詳しい専門家、Ross Young氏も、Twitterで「iPhone16には画面の下に隠れたFace IDはつけられるけれど、Touch ID(指紋認証機能)はつけないだろう」と投稿しました。

これらの情報から判断すると、これから先のiPhone16以降でTouch IDが戻ってくる可能性はとても低いと考えられます。

また、Ross Young氏と別の有名な情報提供者、Ming-Chi Kuo氏は、2024年に発売される予定のiPhone 16 Proには、画面の下にFace IDが搭載されると予測しています。

これにより、スマホの前面にあるカメラの穴が少なくなるかもしれません。

これはデバイスのデザインをさらにスッキリさせる効果があると期待されています。

なぜiPhoneはTouch ID(指紋認証)をやめてしまったの?

2017年に発売されたiPhone Xから、iPhoneのナンバリングシリーズではTouch ID(指紋認証)がなくなりました。

これにはいくつかの理由がありますが、主に以下の3つが考えられます。

Face IDのセキュリティ性能が高いため、Touch IDの技術的な制約、そしてFace IDの使いやすさです。

これらの理由から、AppleはTouch IDを段階的に廃止し、Face IDを主要な生体認証技術として採用し続けています。

Face IDはよりセキュリティ性能が高い

Apple社はユーザーのプライバシー保護をとても大切にしています。そのため、iPhoneのセキュリティ機能もとても高度です。

特に、Appleの公式サイトによると、顔認証システムであるFace IDは指紋認証システムのTouch IDと比べて、そのセキュリティ性能が20倍以上も高いとされています。

これは、他人があなたのiPhoneをロック解除する確率が、Touch IDの場合5万分の1であるのに対し、Face IDでは100万分の1未満であることからも明らかです。

この確率は、指紋や顔の情報をそれぞれ一つ登録した場合の数値です。

Face IDの技術では、TrueDepthカメラが目に見えない数千のドットを用いて顔のデータを収集します。

その後、このデータは「数学的データ」に変換され、これを使って本人かどうかを判断します。

もしAppleが将来Touch IDを再導入する場合でも、そのセキュリティ性能のさらなる向上が求められるでしょう。

このような高いセキュリティは、ユーザーの情報を安全に保つために非常に重要です。

Touch IDは技術の開発に時間がかかる

Touch IDはすでにiPhone 8やiPhone SEシリーズなどで採用されていますが、この技術をディスプレイ内蔵型にアップデートするには、新しい技術開発が必要になります。

ハードウェアの設計変更は通常、数年の時間を要するプロセスです。

AppleがナンバリングシリーズでTouch IDの搭載をやめたのは、技術が間に合わなかったからかもしれません。

実際に、海外のメディア「British GQ」のインタビューでApple社の幹部が語ったところによると、「iPhone 13のカメラの開発には3年がかかった」とのことです。

このことからも、ディスプレイ内蔵型の指紋認証システムが市場に登場するとしても、それが実現されるのはまだ数年先のことになるでしょう。

このように、テクノロジーの進化は時間がかかるものですが、その結果としてより便利で安全な製品が提供されることに期待が持てます。

Face IDはより操作しやすい

iPhone12以降の機種で、iOS 15.4以上のバージョンを使っている場合、マスクをしていても顔認証システム「Face ID」で簡単に認証ができるようになりました。

これはとても便利で、メガネをかけている時や、メイクをしている、していない時、または髪型が変わっていても認証が可能です。

外出中や家の中でも、カメラに顔を向けるだけでサッと認証できます。

一方で、指紋認証システム「Touch ID」は、顔の見た目に左右されないものの、指が濡れていたり汚れていたりすると認証がうまくいかないことがあります。

また、指に傷があると認証エラーが起こりやすいというデメリットもあります。

このように見比べてみると、あらゆる場面で使いやすい「Face ID」は、利便性の面で「Touch ID」よりも優れていると言えるでしょう。

新型iPhoneに入る生体認証の確定は最速で新作発表のイベント時

毎年、新しいiPhoneのモデルが発売される前に、Apple社は特別な新作発表イベントを開催します。

このイベントでは、新型iPhoneに使われる生体認証システムや他の技術仕様が初めて公開されますから、最新情報をいち早く知りたい方には、このイベントを見ることをおすすめします。

この新作発表イベントは、Appleの公式サイトで動画を通じて視聴することができます。

新型iPhoneの予約が始まる数日前に行われるので、毎年9月の初めから中旬にかけてサイトをチェックしておくと良いでしょう。

たとえば、2023年には9月13日の午前2時(日本時間)にイベントが行われ、その時にiPhone15シリーズが指紋認証システム「Touch ID」を搭載することが発表されました。

このように、イベントを見ることで、新しいiPhoneの詳しい情報をすぐに知ることができますよ。

iPhoneの中でTouch ID(指紋認証)が使える機種

iPhoneで指紋認証システム「Touch ID」を使いたい方に向けて、その機能が搭載されているモデルを紹介しますね。

Touch IDは、指で触れるだけで簡単にiPhoneをロック解除できる便利な機能です。

【iPhone SE2/SE3】

iPhone SEシリーズは、iPhoneのお手頃なモデルとして人気があります。

このシリーズには現在、第1世代から第3世代までの3つのモデルが登場しています。

すべてのiPhone SEモデルの特徴の一つとして、画面下部にホームボタンがあります。

このホームボタンには指紋認証システム「Touch ID」が組み込まれており、指一本で簡単にロック解除ができる便利な機能を持っています。

最新の第3世代iPhone SEは、iPhone 13シリーズと同じ「A15 Bionic」チップを搭載しており、非常に高い処理性能を誇ります。

これにより、アプリの使用やゲーム、写真の編集などがスムーズに行えます。

第1世代のiPhone SEはすでにOSのサポートが終了していますが、第2世代と第3世代は最新のiOS 17に対応しており、現在でも快適に使うことができます。

このため、価格を抑えつつも高性能なiPhoneを求める方には、特に第2世代や第3世代のiPhone SEがおすすめです。

【iPhone 8・Plus以前のモデル】

ナンバリングシリーズのiPhoneで、iPhone 8/Plus以前のモデルには指紋認証システム「Touch ID」が搭載されていました。

しかし、iPhone XからはFace IDと呼ばれる顔認証システムが導入され、Touch IDを持つ新しいナンバリングモデルは登場していません。

iPhone X以前のモデルは、最新のiOS 17には対応しておらず、これらのモデルのサポートも終了しているため、現在使えるTouch ID搭載のiPhoneとしては適していません。

さらに、iPhone 8/Plusを含むこれらの古いモデルは、5Gネットワークに対応していない点も注意が必要です。

5Gに対応しているTouch ID搭載のiPhoneは、iPhone SE(第3世代)だけです。

このモデルは最新のiOSにも対応しており、現代の通信速度とセキュリティ要件を満たしているため、Touch IDが必要で最新技術も楽しみたい方におすすめです。

おすすめは「iPhone SE 第3世代」

Touch ID(指紋認証)を搭載しているiPhoneをお探しの方には、iPhone SE(第3世代)が特におすすめです。

このモデルは2022年に発売されたもので、価格が手頃ながらも、高性能な「A15 Bionic」チップを備えています。

画面サイズは4.7インチと少し小さめですが、それでも高グラフィックのゲームもスムーズに楽しむことができます。

バッテリーの持ちは、ナンバリングシリーズと比べると少し劣りますが、最大15時間のビデオ再生が可能で、一日中使うことができます。

ワイヤレス充電や急速充電もサポートしているため、忙しい日でもすぐに充電できます。

カメラは1,200万画素のシングルレンズで、超広角や望遠レンズは搭載されておらず、ナイトモードもありません。

そのため、カメラ機能を重視する方には向かないかもしれませんが、普段あまり写真を撮らない方なら問題なく使用できるでしょう。

このように、iPhone SE(第3世代)はいくつかの面でナンバリングシリーズに劣るかもしれませんが、指紋認証を重視する方やコストパフォーマンスを最優先に考える方には最適な選択です。

指紋認証が優先ならAndroidに乗り換えるのもアリ

Androidスマートフォンでは、たくさんの機種で指紋認証が採用されています。

2023年に発売されたいくつかの主な機種を挙げてみましょう。

  • Google Pixel 7a
  • Google Pixel Fold
  • Galaxy S23
  • Galaxy S23 Ultra
  • Galaxy A54 5G
  • AQUOS R8 pro
  • AQUOS R8
  • Xperia 1 V
  • Xperia 10 V

これらの機種は、Google Pixel シリーズや Galaxy シリーズなど、人気のあるシリーズに属しており、指紋認証に対応しています。

また、2022年以前に発売された機種でも、Google Pixel 7/Pro や Galaxy Z Flip/Fold4 などが指紋認証を利用できます。

一方、iPhoneでは現在、実際にTouch ID(指紋認証)が使えるのはiPhone SE(第3世代)とiPhone SE(第2世代)のみです。

もし、より高性能な機種を求めている場合は、Androidに乗り換えるという選択もあります。

これにより、指紋認証機能を備えた最新のスマートフォンを手に入れることができるでしょう。

Touch ID(指紋認証)の他の方法でロック解除するには

もし現在お使いのスマートフォンにTouch ID(指紋認証)が搭載されていない場合、マスクを着用しているときのロック解除が少し面倒に感じることがあるかもしれません。

指紋認証対応の機種に変更するのが難しい場合は、他のロック解除方法を試してみるのが良いでしょう。

Face IDでマスク着用時も解除できる設定をON

iPhone12以降のモデルをお使いで、iOS 15.4以降がインストールされている場合は、マスクを着用していてもFace IDでの認証が可能です。

これにより、公共の場所や外出時にも便利にiPhoneを使うことができます。

マスク着用時にFace IDを使うための設定方法は、まず、iPhoneの「設定」アプリを開きます。

メニューリストから「Face IDとパスコード」を選び、タップします。

画面に表示されるオプションの中から「マスク着用時のFace ID」を見つけて、それをオンにします。

この機能を有効にすると、マスクをしていてもiPhoneが顔を認識し、ロックを解除できるようになります。

また、Face IDの使用範囲をカスタマイズすることもできます。

たとえば、「iTunesやApp Storeで使用する」や「ウォレットやApple Payでは使用しない」といった設定が可能です。

これにより、使用環境に応じてセキュリティと利便性をバランス良く管理できます。

Apple Watchを活用する

もしiPhone 12よりも前のモデルを使っている場合、Apple Watchを使ってiPhoneのロックを解除する方法があります。

これは特にマスクをしていてFace IDで認証が難しい時に便利です。

Apple Watchを使ってiPhoneのロックを解除するには、まずiPhoneで「設定」アプリを開きます。

「Face IDとパスコード」を選択し、タップします。

「Apple Watchでロック解除」のオプションを見つけて、それをオンにします。

Apple Watchにパスコードを設定します(もしすでに設定されていれば、そのままで大丈夫です)。

この設定を有効にすると、Apple Watchを着用している間、iPhoneのロックを手軽に解除できます。

ただし、この方法ではロック解除のみ可能で、Apple Payの支払い認証やパスワードの自動入力などには使えないことに注意が必要です。

また、この機能を使うためには、Apple Watchが手首にしっかりと装着されている必要があります。

手首から外すと機能は使えなくなるので、その点も覚えておくと良いでしょう。

音声コントロールを使う

iPhoneの音声コントロール機能を使うと、声だけで様々な操作ができるようになります。

例えば、「Unlock」という音声コマンドを使ってiPhoneのロックを解除することが可能です。

設定方法はまず、iPhoneの「設定」アプリを開きます。

「Face IDとパスワード」を選んでタップし、パスワードを入力します。

「パスコードを変更」をタップして、新しいパスコードに変更します。

次に、「設定」に戻り、「アクセシビリティ」をタップします。

「音声コントロール」を選び、次に「言語」で「英語(アメリカ合衆国)」を選択してダウンロードします。

「コマンドをカスタマイズ」をタップし、「新規コマンドを作成」を選びます。

コマンド名に「Unlock」と入力し、「アクション」をタップしてカスタムジェスチャを登録します。

すべての設定が完了したら、音声コントロールをオンにします。

これで設定は完了です。ロック画面で「Unlock」と声に出すと、iPhoneのロックが解除されます。

ただし、この機能は音声認識に依存するため、周囲の騒音や発音の明瞭さが影響することがあります。

また、セキュリティ上の理由から、音声コントロールでのロック解除は一部の状況や設定で制限されることがある点に注意が必要です。

iPhone15のTouch ID(指紋認証)に関するよくある質問7選

iPhone15に関するTouch ID(指紋認証)のよくある質問とその回答を以下にまとめました。

iPhone15で指紋認証は搭載される?

iPhone15シリーズには、Touch IDが搭載されていません。

また、ディスプレイ内蔵型の指紋センサーの開発も現在は中止されているという情報があります。

iPhone15を待つべき?

Touch IDが重要な要素である場合、iPhone15の購入を待つ必要はありません。

Touch IDが搭載される可能性があるのは、2024年以降に予想されるiPhone SE(第4世代)です。

iPhoneで指紋認証が復活するのはいつ?

指紋認証の復活は当面予定されていません。

もし復活するとしても、2025年のiPhone17以降の可能性があります。

ただし、iPhone SEシリーズでは2024年以降の第4世代で引き続きTouch IDが搭載される見込みです。

iPhoneで指紋認証がなくなったのはいつから?

指紋認証は2017年11月3日に発売されたiPhone Xから廃止され、顔認証のFace IDに移行しました。

Touch IDが搭載された最後のナンバリングシリーズは、2017年9月22日に発売されたiPhone 8/Plusです。

iPhoneで指紋認証が使える最新機種は?

Touch IDが使える最新のiPhoneは、2022年3月18日に発売されたiPhone SE(第3世代)です。

ナンバリングシリーズではiPhone 8/Plusが最新です。

iPhoneで指紋認証が使えるおすすめの機種は?

iPhone SE(第3世代)がおすすめです。

これは価格が比較的手頃で、iPhone13シリーズと同じA15 Bionicチップを搭載しているため、性能も優れています。

iPhoneの指紋認証はなぜやめた?

指紋認証を廃止した主な理由は次の3つです。

Face IDの方がセキュリティ性能が高い、Touch IDの技術開発が難航していた、そしてFace IDの方がユーザーにとって使いやすいと判断されたためです。

iPhone15で指紋認証が復活しなかった理由まとめ

iPhone15シリーズでは、Touch ID(指紋認証)の搭載はなく、代わりにFace ID(顔認証)が採用されています。

また、2024年に予定されているiPhone16シリーズにおいても、Touch IDの復活は期待薄とされています。

これは、AppleがiPhoneやMac、iPadなどの主要デバイスでFace IDを主流とする方向性を固めているためです。

現在のFace ID技術は、マスクを着用していても、またメガネをかけていたり、メイクや髪型が変わっていても認証できるように進化しています。

これらの進歩により、Face IDの以前の弱点はかなり克服されており、わざわざTouch IDに戻す必要性は低くなっています。

それでも指紋認証を使いたい場合は、iPhone SE(第3世代)やiPhone SE(第2世代)の購入を検討するか、指紋認証に対応しているAndroidスマートフォンへの乗り換えも一つの選択肢です。

さらに、Face ID以外にも、Apple Watchを使ってのロック解除や音声コントロールを活用する方法があります。

これらの代替方法も使い勝手に合わせて試してみると良いでしょう。

関連情報

iPhone何がいいのかわからない・Android派は後悔するって本当?

iPhoneの長く使える機種5選!買い替えの目安と寿命を伸ばす方法

iPhoneコスパ最強の機種はどれ?予算別に解説【2024年6月】

【2024年6月】iPhone買うならどれ?おすすめ機種・おすすめしない機種を紹介

-iPhone/iPad

Copyright© Happy iPhone , 2024 All Rights Reserved.