ドコモ2020-2021年秋冬モデル発売日・予約開始日はいつ?おすすめ新機種・スペック・価格予想最新情報まとめ

ドコモの2020年春夏モデルが続々発売されて、そろそろ2020-2021年秋冬に発売される新機種が気になっている方は多いのではないでしょうか。

ドコモの2020-2021年の秋冬モデルの発売日・予約開始日はいつか、どんな機種が発売される予定なのか、おすすめ機種のスペックや価格情報についてまとめたので秋冬にドコモの新機種スマホ購入を考えている方は参考にしてください。

ドコモ2020年秋冬モデル発表日・発売日・予約開始日予想

予想発表日:2020年10月9日(金)頃
予約開始日:2020年10月9日(金)以降
予想発売日:2020年10月中旬以降

ドコモの2020-2021秋冬モデルの発表・発売・予約開始日について予想してみました。

発売日は、10月の2週目の週ころに発売されることが予想されています。

2019-2020秋冬モデル発表・発売・予約開始日

発表日2019年10月11日(金)
予約開始日2019年10月11日(金)正午
発売日2019年10月18日(金)以降順次

前回の2019-2020秋冬モデルの発表~発売までのスケジュールがこちらです。

発表は10月の2週目の金曜日に行われ、発表と同時に一部の機種の予約受付も開始しました。

発売日は、Galaxy Note 10+ SC-01Mが最も早く、2019年10月18日(金)に発売され、2020年1月30日(木)にAQUOS zero2が発売されるまで順次発売されていきました。

毎年ドコモでは同じ時期に発表会を開催し、似たようなスケジュールで発売されているので、2020-2021の秋冬モデルについても同じようなスケジュールで発表~発売まで進んでいくことが考えられます。

ドコモ秋冬モデル新機種発売予想一覧

機種名発売時期予想価格
Galaxy Note20/20+2020年10月中旬約12万円~
AQUOS sense42020年11月上旬約2万円~
Xperia 5Ⅱ2020年11月上旬約10万円~
らくらくホン2021年2月中旬約4万円~
AQUOS ZERO32021年3月上旬約5万円~
Galaxy Fold22020年10月下旬約24万円~
iPad mini62020年10月下旬約10万8千円~
iPhone122020年9月下旬mini:約7万円

スタンダード:約8万円

Pro:約11万円

Pro Max:約12万円

ドコモの2020-2021秋冬モデルで発売が予想されている機種をまとめました。

ドコモ秋冬モデル予想機種スペック・特徴紹介

Galaxy Note20/20+ スペック・特徴

Galaxy note20 note20plusu
画像引用元:Ben Geskin氏がTwitterで公開したGalaxy Note20予想図

4,000mAhを超える大容量バッテリー

パンチホールなしの完全ベゼルレスディスプレイの可能性

リフレッシュレート120Hzに対応

1億800万画素の超高解像度カメラ搭載のトリプルカメラ

5G対応

パソコン並みの高いパフォーマンス性能

Galaxy Noteシリーズの2020年モデルGalaxy Note 20/20+は、高解像度のカメラを加えたトリプルカメラを搭載する可能性のあるハイエンドモデルです。

Galaxy Note 10よりもさらにディスプレイが大きくなり、インカメラのパンチホールすらない完全ベゼルレスディスプレイになるかもしれないという噂もあります。

ディスプレイのリフレッシュレートも高速120Hzに対応する予定のようです。

5Gにももちろん対応し、SoCは最新のSDM865を搭載、RAM容量はパソコン並みの12GBの大容量メモリを搭載することで、パフォーマンス性能も非常に高いモデルになる見込みです。

AQUOS sense4スペック・特徴

大容量バッテリー搭載

省エネ効果の高いIGZOディスプレイ

複数のカメラ搭載

5G対応

AQUOS senseシリーズの後継機として、AQUOS sense4が発売される可能性が高いです。

AQUOS senseシリーズは、省エネ効果が高く、耐久性に優れた本体を持ったミドルレンジモデルとして発売されています。

AQUOS sense4は、前モデルAQUOS sense3のスペックを全体的に底上げしたようなスペックを搭載したモデルになると考えられます。

4,000mAhを超える大容量のバッテリーや、省エネ効果の高いIGZOディスプレイは継続して搭載され、SoCがもう少し性能が高いものが搭載される可能性があります。

AQUOS sense3のカメラはデュアルカメラが搭載されていましたので、AQUOS sense4でも複数のカメラを搭載するものと考えられます。

4Gではなく5G対応を望むこえが多いのでもしかしたら、もしかしたらがありそうです。

Xperia 5Ⅱスペック・特徴

Xperiaの2020年秋冬モデルで発売が予想されるXperia 5Ⅱはドコモでも秋冬モデルで発売の可能性が高いです。

SDM865搭載のハイエンドモデル

5G対応

クァッドカメラ搭載

バッテリー容量は増加

Xperia 5の後継機Xperia 5Ⅱについても発売の噂が多いです。

Xperia 1よりもサイズがコンパクトになっているのがXperia 5。

パフォーマンス性能はXperia 1と同じくハイエンドモデルとして登場しました。

したがって、Xperia 5ⅡもXperia 1 IIとほぼ同じスペックで登場することが予想できます。

SoCは最新のSDM865を搭載し、Xperia 1Ⅱと同様に5Gにも対応する見込みとなります。

カメラ機能については、Xperia 1Ⅱよりも若干機能が劣る点があるかもしれませんが、Xperia 1Ⅱと同様に広角・望遠・超広角・ToFセンサーのクァッドカメラが搭載される可能性が高くなっています。

バッテリー容量については、Xperia 5では3,000mAhでしたが、5G通信でも快適に利用するために、バッテリー容量はXperia5 Ⅱでは増量するという情報があります。

らくらくホンスペック・特徴

5G非対応

変わらない操作機能

高い耐久力を持った本体

カメラ機能の向上

バッテリー容量の増量

らくらくスマホ meの後継機にあたるらくらくスマホがさらに使いやすくなって登場する可能性があります。

らくらくスマホ特有のホーム画面やタッチパネルはそのままに、文字の大型化や、通話品質が向上したスマホに。

スマホ操作が不向きな高齢者向けのスマホなので、5G対応よりも使いやすさにこだわって開発されると思われるため5Gではなく4G対応で発売されそうです。

らくらくスマホ meはMIL規格に23項目で準拠している頑丈な本体も特徴でしたが、新しいらくらくスマホでも、同じように高い耐久性のある本体になると予想しています。

カメラ機能については、1,310万画素から解像度が高くなり、より明るく美しい写真が撮れるようになると思います。

背景をぼかして撮影できるポートレートモードも搭載されるはずです。

バッテリー容量については、2,110mAhからもっと容量が大きくなると予想されます。

AQUOS ZERO3スペック・特徴



5G対応のハイパフォーマンス性能

ゲーミングスマホとしてゲームプレイに特化した機能

RAM容量の増量

カメラはトリプルカメラ

ゲーミングスマホとして高いパフォーマンス性能を持ったAQUOS zero2の後継機AQUOS zero3も秋冬モデルで登場する可能性があります。

AQUOSシリーズでは、すでにAQUOS R5Gが5G対応モデルとして登場していますが、zeroシリーズもRシリーズと同様にハイエンドモデルとして発売されてきましたので、AQUOS zero3からは5G対応になって登場することになると思います。

ゲーミングスマホとして高いパフォーマンスを発揮するために、SoCもSDM865を搭載し、さらにメモリ容量もAQUOS zero2の8GBよりも増量される可能性が高いです。

ゲームプレイに特化した機能を利用すれば、ディスプレイもリフレッシュレート120Hzの高速化に対応する可能性もあります。

カメラ機能についても、デュアルカメラからトリプルカメラにスペックアップする見込みです。

Galaxy Fold2スペック・特徴


Sペン対応

サブディスプレイの大型化

5G対応

クァッドカメラ[/st-mybox]

世界初の折りたためるディスプレイを搭載したGalaxy Foldの後継機が、Galaxy Fold2が発売される可能性が高いです。

Galaxy Fold2も、Foldと同じく半分に折り畳むことができ、さらにNoteシリーズに搭載されているSペン対応からGalaxy note 20ultraが発売されずにFold2が発売するためドコモから発売される可能性が高いのではという情報が多いです。

Foldの機種特徴はサブディスプレイはFoldよりも大型化し、折り畳んだままでも普通のスマホとして十分使いやすいデザインになる見込みです。

パフォーマンス性能はS20やNote20とほぼ同じスペックとなり、5G対応になると予想されています。

iPad mini6スペック・特徴

新型iPadProと同じようなデザイン

5G対応

ミニLED搭載

Apple Pencil対応

iPadのコンパクトサイズモデルiPad mini6が登場する可能性もあります。

デザインはiPadProと同様にフルモデルチェンジとなり、角ばったデザインが採用される可能性が高いです。

ホームボタンは廃止されて、フルスクリーンのタブレットになると予想しています。

ディスプレイについては、有機ELディスプレイからミニLEDに変わる可能性があるようです。

ミニLEDのディスプレイを採用すれば、いままでよりも消費電力が少なく、省エネ効果に優れたディスプレイになることが考えられます。

また、ミニLEDは非常に小さくて薄いので、本体サイズがもっと薄くなって軽量化が進む可能性もあります。

Apple Pencilにも対応予定です。

iPhone12スペック・特徴

iPhone12

4種類の機種が発売

5G対応

SoCに新たにA14 Bionicを搭載

トリプルカメラ

2020年フラッグシップモデルのiPhone 12は、今までのスタンダードモデル、上位モデル、大型サイズに加えて、初代iPhone SEに近いコンパクトサイズのiPhone 12miniも登場すると言われています。

全てのモデルが5Gに対応し、デザインもフルモデルチェンジとなり、iPadProのような角ばったデザインになるようです。

パフォーマンスについては、新たにA14 Bionicを搭載し、iPhone 11やiPhone SE2よりもさらに高速で快適に操作することが可能になる見込みです。

カメラは、上位モデルにはトリプルカメラを搭載予定で、より高画質・高精細な写真が撮影可能ができそうです。

iPhone12・12 Pro値段予想・予約・発売日いつ?スペック・色最新噂情報まとめ

まとめ

ポイント

  • ドコモ秋冬モデルの発表・予約・発売日
  • 発表会は10月の2週目の週
  • 予約開始は発表と同時
  • 発売日は最も早くて10月中旬~

ドコモの2020-2021秋冬モデルの発表・予約・発売日はいつなのか、発売されるのはどんな機種なのか、おすすめ機種のスペックについて解説してきました。

例年通り、ドコモでは10月の2週目あたりに発表会を行い、早くても1週間後には新機種が続々と発売されていくことになると思います。

GalaxyシリーズやiPhoneシリーズといった人気モデルのフラッグシップモデルが発売されるタイミングとなるので、新しい機種に買い替えを検討している人は、10月の発表を楽しみに待ちましょう。

ドコモ秋冬モデルお得に予約・購入するならオンラインショップ

ドコモの秋冬モデルの新機種を発売日に手にしたいなら、ドコモ・au・ソフトバンクなどのオンラインショップを利用するのが便利です。

時間をかけて実店舗に足を運ばないで、ネットに繋がるPCやスマホから確実に予約を済ませることができるからです。

予約だけでなく、購入もメリットがあり

オンラインショップメリット


①頭金・事務手数料がなし
②待ち時間・24時間いつでも購入できる
③自宅・ショップお届けを好きな所にできる
④困ったらチャットですぐに解決できる
⑤限定キャンペーンを開催している

ドコモのスマホ購入なら、ドコモのオンラインショップからなら事務手数料3,000円と頭金(ショップや量販店に支払う手数料)が無料になるなどのメリットもあるので、時間を節約だけでなく安くドコモの秋冬モデルを購入したい方にもおすすめです

機種変更をオンラインショップでやってみるとあっけなく簡単にできると驚いてしまいますよ。

お金も時間も節約できるオンラインショップ使ってみて下さいね。

ドコモ
★ドコモオンラインショップで2020年秋冬モデル新機種購入する方は
ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップの機種変更の流れとやり方

【当サイト人気記事】

ドコモオンラインショップクーポン入手方法

iPhone12・12 Pro・mini値段予想・予約・発売日いつ?価格・スペック噂最新情報まとめ

ドコモ新機種関連情報

iPhone SE在庫・予約・入荷状況ドコモ・au・ソフトバンク

iPhone SE2色選び人気色おすすめカラー

iPhone SE 2スペック・発売日・価格ドコモ・au・ソフトバンク最新情報

-ドコモ(docomo)
-, , , ,

Copyright© Happy iPhone , 2020 All Rights Reserved.