iPhone13待つべき理由!iPhone12買わない方がいいか購入せず待つ理由

iPhone13待つべき理由!iPhone12を買うべきか・買わないほうがいいのか
iPhone13待つべき理由!iPhone12を買うべきか・買わない方がいいのかについて解説します。

2020年の新型iPhone、iPhone12が10月23日と11月13日に発売。

iPhone12の購入を検討している人の中には、iPhone 13待つべきか、iPhone12を買うべきか買わない方がいいのか、iPhone14まで待つべきかと悩んでいるのではないでしょうか

iPhone11の時は、iphoneは5Gがでるまで待つべきという理由が多かったです。

iPhone 12はiPhone 12 mini・12 Pro・12Pro maxと4機種とも5G対応・カメラ機能・外観など刷新され価格も手ごろなメジャーアップデート。

2021年発売予定のiPhone13はどこまで進化が見込まれているのか.

今でているリーク情報もとにiphone12と13の違いを比較して、待つべきか・買うべきか考えてみてはどうでしょうか。

また、今使っている機種が壊れかけている、iPhone12買わないでiPhone13待ちたいけど困っている、待てない方におすすめ機種を最後紹介しています。

ここでは、過去のAppleのiPhone情報や、国内外のリーク・推測情報も含まれ予想情報で記事を構成しています
確定情報ではないため、あくまでも公式発表前の噂程度でご覧ください

 

iPhone12を買わずにiPhone13を待つべき理由

Phone13 待つべき

iPhone 12シリーズを今すぐ買わずに、2021年発売が予想されるiPhone13を発売まで待つべき7つの理由は下記になります。

iPhone 12を買わずにiPhone 13を待つべきか7つの理由

  • 5G通信エリアが拡充
  • ノッチ小型化・ベゼルディスプレイの可能性あり
  • リフレッシュレートが120Hzに
  • ディスプレイ内蔵型Touch IDの搭載
  • カメラ性能の向上
  • A15 Bionicチップ搭載でiPhone 12より高速化、省電力性能もアップ
  • Lightningポートの廃止・完全ワイヤレス充電対応

iPhone12 pro 入荷・在庫 状況 ドコモ au ソフトバンク

5G通信エリアの拡充

iphone 5g 待つべき

新作のiPhoneの購入を検討している方は5Gサービスをメインで利用するために待っている方は多いです。

iPhone 12は、iPhoneで初めて5Gサービスに対応したモデルです。

iPhone 12を購入すれば、今までよりも高速・大容量のデータ通信が行えるようになるため、これまで以上にインターネットサービスが便利に使えることは間違いありません。

しかし、5Gサービスが利用できるエリアは、一部の地域に限定されています。なので購入した後に『うちの地域対応していない・・』という残念な口コミも多くありました。

口コミからもわかるように、5G対応のiPhoneを持ったからといって5Gの通信が利用できるのではありません。

日本各地で5G通信どこからでも接続できるのではなく、5G通信がの利用ができる地域でしか使えません。

全国各地で5Gサービスが利用できるようになるのは、2021年以降と言われています。

つまり、今5G対応のiPhone 12を購入したところで、5G通信エリア外の地域では全く5Gサービスは利用できないため、5G対応のiPhoneを購入しても全くの無意味です。

したがって、iPhone 5G対応のが欲しくてiPhone 12を購入しようとしていた場合は、自分が利用したい地域が繋がるまでiPhone 13を待っていてもいいのではないでしょうか。

ちなみに2021年になったのですが、5g対応のエリアは地域によって格差があります。

5Gの利用でiPhoneを購入しようという方はキャリアの通信エリアをチェックしてください。

 

ノッチが廃止・小型化・ベゼルディスプレイの可能性があり


iPhone12では、ノッチが小型化・廃止という予想情報が多かったですが、ノッチの大きさはiPhone 11とほとんど変わらなくiPhone13からノッチの大きさが変わると最新のリーク情報が出てきています。

iPhone13からノッチが小型化・廃止・ベゼルディスプレイが変更されるのですが、iPhone13は同じで上位版のiPhone 13 Proのみという情報もあります。

どっちにしても、iPhoneのノッチが廃止または小型化され、完全なベゼルレスディスプレイになるのは、iPhone 13以降になりそうです。

リフレッシュレートが120Hzに対応

iPhone13 Pro/Pro Maxはディスプレイのリフレッシュレートが120Hzに高速化されるといわれています。

従来の60Hzとの比較を見てみましょう。(画面はOne Plusのもの)

120Hzはスクロールが滑らかなのに対して、60Hzは動きがギクシャクしており残像の残りも多いです。

iPhone 12では搭載されるといわれた噂が多かったですが、リフレッシュレートは120Hzに対応せれず、すでにiPad Proでは対応してるため2021年のiPhone13 Proは120Hzに対応が固いといわれています。

スマホでゲームをする人や、より滑らかな映像で動画を楽しみたい人にとっては、リフレッシュレートの高速化は重要なポイントです。

リフレッシュレートが高速化することで、映像がより鮮明で滑らかに再生され、ゲームプレイ中のタッチ反応にも違いが出てきます。

また、Appleからはリフレッシュレートを180Hzするか240Hzに切り替えることができる機能の特許申請が公開されました。iPhone13の発売日までには対応が間に合わず搭載されないと言われています。GalaxyなどAndroidではすでにリフレッシュレートが120Hzに対応しているスマホが発売されています、iPhoneはリフレッシュレートに関しては遅れた形になっていますが、特許申請を見る限りこれから向上していきそうです。

常時点灯ディスプレイを搭載

iPhone13 Pro/Pro Maxは、消費電力の少ないLTPO(低温ポリシリコン酸化物)ディスプレイを搭載する可能性が高いとされています。

これにより、両モデルは現行Apple Watch同様に常時点灯ディスプレイとなる見込み。

A Better Computerが公開した常時点灯ディスプレイのコンセプト画像です。

右側が常時点灯ディスプレイのロック画面。時計やカレンダー、天気、SNSの通知、バッテリー残量など、最低限の情報のみが表示されています。

(画像出典 : YouTube )

右側は、常時点灯モードの画面表示。背景はブラックですが、ウィジェットが表示されています。

これなら、ロックを解除せずにさまざまな情報を確認できそうです。

(画像出典 : YouTube )

ディスプレイ内蔵型の指紋認証を搭載

iPhone 13には、ディスプレイ内蔵型の指紋認証が搭載される可能性があります。

iPhone X以降、iPhoneの生体認証は顔認証機能Face IDが搭載されてきました。

ディスプレイに顔を向けるだけでロック解除が可能なため、利便性が高い機能です。

また、Touchセンターがなくなったことでディスプレイが全画面になったという点でもメリットがあります。

しかし、マスクを外さなければ認証ができず、画面をいちいち見るのが面倒という人もいます。

以前のTouch IDの方が便利だったという声も少なくありません。

どちらがいいのかは好みによるところなので、できればTouch IDとFace IDの両方が搭載されていると臨機応変に使えて便利ですよね。

iPhone 12でもディスプレイ内蔵型Touch IDが搭載されるかもしれないという情報がありましたが、実際は搭載されず、iPhone 13以降に搭載される見込みになっています。

カメラ機能・性能の向上

iPhone 13シリーズのカメラ機能の性能が向上されるリーク情報は、毎月増えてます。

今でてきているのは下記になります。

iPhone13シリーズカメラ機能・性能

  • LiDARカメラがさらに向上
  • 手振れ補正システム向上
  • 動画でも背景をぼかせるようになる
  • 夜間撮影がさらに美しく

その中でも、カメラ機能の性能がアップするのはiPhone13 Pro Max限定、そこは最上位版ということでiPhone12 Pro Maxと変わらないようです。

F1.5のレンズが搭載されることで光を使って対象までの距離を計測できるLiDARカメラ内蔵。光を使って距離が計測できるので、ARの精度が向上。バーチャル映像などがさらに高精度で表示できるようになります。

AR機能に対応したゲームやアプリも増えているので、今後のスマホになくてはならない機能になってきます。

このLiDARカメラが、iPhone 13ではさらに高性能になり、カメラの画素数も6,400万画素以上の高画素カメラが搭載されることが予想されます。

またiPhone 12 Pro Maxは夜間撮影をSNSを見ると感動している口コミが多いです。

iPhone13 Pro Maxは薄らではなくはっきり天の川まで映せるようになるのでしょうか。

4眼カメラになるという情報もあるため、カメラ性能を重視している人は、iPhone 13まつべきですね。

A15 Bionicチップ搭載でiPhone 12より高速、省電力性能もアップ

iPhone 13は、初の5nm+プロセスで製造されたA15 Bionicを搭載する見込みです。

A15 Bionicを製造するTSMCによると、5nm+製造プロセッサは前世代5nmに比べ演算能力が数%アップ、消費電力は10%程度抑えられるとのこと。

具体的にA15 Bionicの性能が示されたわけではありませんが、A14 Bionicからさらなる性能向上が見込まれるでしょう。

演算能力の向上は各種アプリの実行速度やカメラ画像画像処理技術も向上しますし、5Gサービスなどのデータ量が多いサービスも高速でデータ処理が行えるようになります。

また、消費電力が小さくなることにより、バッテリー持ちも改善される可能性が高いでしょう。

 

Lightningポートの廃止・完全ワイヤレス充電対応

iPhoneの充電ポートと言えば、Lightningポート。

iPhoneが独自に開発したポートを利用してきました。

iPhone 12でも従来通りLightningポートを搭載しています。

しかし、近年はUSB-Cポートを搭載しているスマホが増えてきており、規格の統一化が進んでいます。

さらに、EUではUSB-Cポートへの統一化が法案で可決されたため、今後はiPhoneにLightningポートが搭載できなくなります。

そのため、iPhone 13ではLightningポートを廃止し、完全ワイヤレス充電に対応する可能性があります。

完全ワイヤレス充電の他に、iPad Proなどに搭載されたマグネット付きの端子「Smart Connector」に対応する可能性もあるようです。

バッテリー容量のアップ

中国の認証機関に登録されたiPhone13のバッテリー容量です。iPhone12シリーズに比べて8%〜18%程度アップするようです。

iPhone13 miniiPhone13/13 ProiPhone13 Pro Max
バッテリー容量2,406mAh

(8%アップ)

3,095mAh

(9.9%アップ)

4,352mAh

(18%アップ)

 

iPhone13いつまで待つべきか

Appleから発売される新作のiPhoneは例年9月の秋に発表と発売されます。2021年のiPhone13 mini・Pro・Pro MaxのiPhone13シリーズの発売も2021年9月と予想されます。

秋以外に、2016年3月にiPhone SE(第1世代)・2020年5月にiPhone SE(第2世代)が発売されました。なので春にも発売されるのではとの予想も立てられるのですが、iPhone SE(第2世代)が発売された時に、Appleから最後に発売される『4GのiPhone』として発売されたので当分はAppleから 何か特別なことが無いと春に発売される可能性は低いです。

2020年はコロナの影響を受けて、発表・売り出しが1か月遅れのため10月・11月になりました。日本でもコロナの感染者がまた多くなってきているため、この先コロナウィルスの影響を受けて発売日が9月ではなく10月・11月になる可能性もあります

遅れたとしても、1・2か月になりそうです。

iPhone13の発売まで待てないという方には、この後に今すぐiPhoneが必要買いたい人におすすめ機種を紹介しています。

待てない方はそちらをご覧ください。

iPhone13の発売予想についてはこちらでまとめています。

iPhone13 発売時期 予約・価格・デザイン・スペック ドコモ・au最新噂予想

5Gを快適にiPhoneに変化を求めている人はiPhone 13を待つべし

iPhone 13の購入を待つべき理由について解説してきました。

iPhone 13まで待つべき理由まとめ

5G通信エリアの拡充

ノッチ小型化・ベゼルディスプレイの可能性あり

リフレッシュレートが120Hzに

ディスプレイの変更

ディスプレイ内蔵型Touch IDの搭載

カメラ性能の向上

A15 Bionicチップ搭載でiPhone 12より最大8倍高速

Lightningポートの廃止・完全ワイヤレス充電対応

iPhone 12シリーズは、5G対応A14 Bionicの搭載、カメラ・動画・撮影編集機能の強化などiPhone 11から大きく進化したモデルとなっていますが、今までの機能が進化しただけで劇的に大きく変わった所はありません。

反対にiPhone 12の前情報では、「ノッチが小型化する」「ディスプレイ内蔵型Touch IDを搭載」「リフレッシュレートが120Hz」など、噂されていた機能がiPhone13には搭載されてるといわれています。

5Gサービスについても、全国で快適に利用できるようになるのは2021年以降といわれています。5Gをストレスなく快適に使いたい大きな進化を考えている方は、iPhone12買わずにiPhone13を待ってみてはどうでしょうか。

iPhoneの新型発表会までは、3ヵ月もあり発売が近づくにつれ正確なリーク情報が増えてきます。そのリーク情報待ってから購入していもいいですし、発売が近づくと昨年発売のiPhoneの値下げがあります。

2020年はiPhone 12発売の発表で Appleで1万円 iPhone11 値下げ、2021年も発表会付近でiPhone 12 値下げになる可能性が高いです。

iPhoneの購入を急いでない方はiPhone13の発表会まで待ってからiPhone12・iPhone13買うのがおすすめです。

iPhone12のスペックや発売日など知りたい方はこちらでまとめています。

iPhone 12 ・12 Pro Max 発売日 予約 値段ドコモ・au・ソフトバンク

iPhone12買わないが今すぐiPhone買いたい人におすすめ機種はiPhone11とSE

  • 今使用しているスマホが壊れそう
  • iPhone12シリーズは高い

iPhone12買わずにiPhone13待つべきと選択したけど今すぐ買いたい・iPhone13発売まで待つ人につなぎ機種として購入したい人はiPhone11とSEの購入を検討してください。

値下げ・割引きで安くなったiPhone11を購入してiPhone13発売まで待つ

値下げ 安くなった iPhone11

iPhone11はiPhone12の登場でAppleで価格改定で値下げ、auが割引キャンペーン、を実施で価格が安くなりました。

AppleではiPhone11は2020年10月から下記の価格になりました。

【AppleのiPhone11 価格】

2020年10月価格改定前2020年10月価格改定後
74,800円64,800円
78,800円69,800円
90,800円80,800円

iPhone12の登場で価格が1万円値下げに、iPhone11 ProとiPhone11 Pro MAXは販売終了になりました。

 

auオンラインショップ iPhone12登場でiPhone11値下げ 割引

auでは、iPhone12の登場でauオンラインショップお得割』キャンペーンを開催しています。

2020年10月23日(金)10時から「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro MAX」をauオンラインショップで機種変更・MNP(他社からののりかえ)・新規契約をした場合一律
端末代金から22,000円割引になりました。

【auのiPhone11価格】

iPhone11価格iPhone11価格iPhone 11 ProMAX価格
64GB82,405円117,515円131,965円
128GB87,805円
256GB99,900円135,140円149,465円
512GB159,330円173,660円

現在auで販売されているiPhone11の価格です。

この価格からauオンラインショップで契約すると22,000円割引iPhone11 値下げ価格で端末が購入することができます。

ショップや家電量販店は割引価格で購入できないので注意をしてください。

 

 

iPhone12比較するとiPhone11は価格が安くお買い得。

iPhone12の角ばったデザインや5G対応、大きさにこだわりが無い場合iPhone11はおすすめです。

カメラ性能はiPhone12と比較すると落ちてしまいますが、デュアルカメラ利用できプロ並みの画像・動画編集しないならCPUも高性能のため毎日の生活で困ることがありません。

iPhone11各キャリアでチェックしてくださいね。

 

もっと安くiPhone購入してiPhone13待つならSE

iPhone SE2
iPhone13待つために今回は安くiPhoneを購入したいという方はiPhone SE 2があります。

Phone12登場でiPhone SE2 値下げにはなっていないのですが、元々手軽にiPhoneを購入して欲しいというコンセプトに作られたiPhoneのため価格が最安値モデルで5万円を切っています。

【iPhone SE 2 価格】

iPhone SE2価格
64GB44,800円
128GB49,800円
256GB60,800円

iPhone SE2 の特徴は安いだけでなく画面にホームボタンがあり指紋認証機能、「Touch ID」を搭載、マスクをしていても画面を開くことができます。

CPUはiPhone11シリーズと同じA13 Bionicを搭載しているので安くても機能・性能は十分です。

そこまでiPhone13が発売されるまで待つだけ、つなぎで購入スペックにはこだわらない方と指紋認証が良い人はiPhone SEを検討してみてはどうでしょうか。

 

iPhone13・iPhone12新機種関連情報

iPhone13 カメラ性能・予想まとめ

Galaxy note20・20Ultra ドコモ・au発売日・予約開始日・価格・スペック リーク最新情報まとめ

iPhone12Pro・Pro Max在庫切れ・在庫・入荷状況!ドコモ・au・ソフトバンク・Apple

iPhone12 Pro発売日・予約開始日はいつ?ドコモ・au・価格・スペック最新情報まとめ

iphone12 待つべき iPhone11 12どっち

iPhone12 mini 発売日 予約開始日 価格 ドコモ au ソフトバンク

ドコモでiPhone12・Max・Pro・Pro Max安く買う方法 キャンペーン

iPhone12・12mini・12 Pro・iPhone12 Pro Max重さ・サイズ 大きさ 比較

auの分割審査厳しい確認できる方法はある?落ちる原因と対処方法

⇒iPhone12 届かない ドコモ au ソフトバンク

 

-iPhone(アイフォン)
-, , , , ,

Copyright© Happy iPhone , 2021 All Rights Reserved.