アハモ(ahamo)安いお得なの?ギガホ・ギガライトとの違いを比較解説!おすすめな料金プランも

2020年12月3日にドコモから新料金プランのahamoが発表されました。いよいよ2021年3月に提供開始されます。月額2,980円でデータ容量は20GB、5Gにも対応されサブブランドではなくメインブランドで提供されるため、お得・安いという声が多くあります。

ただ、実際おトクな料金プランなのかどうか分からない人もいると思います。

ココではアハモ(ahamo)・ギガホ・ギガライトとの違いを比較、おすすめな料金プランもまとめています。

料金プランを変えたいけどどれが良いの知りたい方は最後までご覧になって自分にあった料金プランを選んでください。

ドコモのアハモ公式サイトで確認する方は
ドコモのアハモ公式特設ページはこちら

アハモ(ahamo)・ギガホ・ギガライト料金プランのポジションは?

ドコモ新料金プラン アハモ(ahamo)

今回新しく提供される料金プランアハモ(ahamo)は、ドコモの料金プランの中では「中容量プラン」になります。

料金プラン利用可能データ量
ギガホ30GB

(キャンペーン中により60GBまで利用可能)

大容量プラン
アハモ(ahamo)20GB中容量プラン
ギガライト~7GB低容量プラン

このように、現在ドコモで提供している料金プランの中間プランということがわかると思います。毎月自分自身が、どれくらいのデータ量を使用しているかを把握しておく必要がありますね。安いからといって、毎月40GBもデータ量を使っている人がアハモ(ahamo)に変えてしまうと、月の半分ほど1Mbpsという通信速度で利用するか、データ量の追加をして使うことになってしまい、不便になってしまいます。

注意するのは、データ量だけではありません。アハモ(ahamo)は、ファミリー割引やドコモ光セット割などの割引が一切ありません。特に、現在ファミリー割引内での通話が多い人は、アハモに変更することで家族間通話無料が無くなってしまうので、家族との通話が5分以上ある人は通話オプションを付ける必要が出てきます。

アハモ(ahamo)は、手続きはオンラインでのみ可能、利用可能データ量や割引が無くなるということを考えると、セット割など割引を現在適用しておらず、ある程度のデータ量を使用し、オンライン手続きでも支障がない若い世代向けの料金プランといえます。

 

アハモ(ahamo)安いお得なの?ギガホ・ギガライト月額料金違い比較

アハモ(ahamo)は安いと言われていますが、気になるのが実際に毎月支払う料金ですよね。

アハモ

(ahamo)

ギガホ

(定期契約なし)

ギガライト(定期契約なし)
ステップ1ステップ2ステップ3ステップ4
基本料金2,980円7,150円3,150円4,150円5,150円6,150円
dカードお支払割-170円-170円-170円-170円-170円
みんなドコモ割3回線以上-1,000円-1,000円-1,000円-1,000円-1,000円
ドコモ光セット割-1,000円-500円-1,000円-1,000円
割引適用後価格2,980円4,980円1,980円2,480円2,980円3,980円

アハモ(ahamo)は、割引プランの適用がないので、2,980円で料金の変化はありません。

ギガホ・ギガライトは、dカードお支払割、みんなドコモ割、ドコモ光セット割など割引を適用すると料金が変化していきます。契約状況などによって割引額が異なります。

アハモ(ahamo)とギガライト・ステップ3の割引適用後価格は同じ2,980円です。しかし、使えるデータ量は、アハモ(ahamo)は20GB、ギガライト・ステップ3は5GBまでと、大きな差があります。同じ金額で15GBの差があるのは大きいですよね。もっと使いたいけど、料金を抑えるためにギガライトで利用を少なくしているという人やギガライトで5GB以上利用している人は、アハモ(ahamo)に変えた方が断然おトクに利用することができます。

ギガホを利用していて、毎月の利用データ量が5GB~20GBという人もアハモ(ahamo)に変更するとおトクになります。

もともと利用が少なかったり、Wi-Fi接続での通信がメインという場合には、アハモ(ahamo)に変えることで料金が高くなり、データ量も余ってもったいないのでギガライトから変更しない方がおトクですね。

安いプランが出たからといって、自分の利用状況を把握しないままプラン変更を行うと逆に高くなってしまうこともあるので注意が必要です。

 

アハモ(ahamo)・ギガホ・ギガライトデータ容量違い比較

これらの3つの料金プランは、利用できるデータ量が異なることは知っていると思います。利用可能データ量超過後の通信速度やデータ量の追加した場合の料金も違うので見ていきましょう。

まず、利用可能データ量は以下のようになっています。

料金プラン利用可能データ量
アハモ(ahamo)20GB
ギガホ30GB

(キャンペーン中により60GBまで利用可能)

ギガライト~7GB

ギガホは、現在キャンペーン中なので最大60GBまで利用することができます。利用できるデータ量が大きく違うので、自分自身の利用状況を見てどのプランが最適なのか分かりやすいと思います。現在の料金プランで、ギガライトではデータ量が少ないし、ギガホではデータ量が余るという人にはアハモ(ahamo)がちょうど良いプランになるのではないでしょうか。

 

超過後データ通信速度の違い比較

料金プラン超過後の通信速度データ追加時の料金
アハモ(ahamo)1Mbps500円/1GB
ギガホ1Mbps1,000円/1GB
ギガライト128Kbps1,000円/1GB

アハモ(ahamo)とギガホは、利用可能データ量を超えても1Mbps(1秒間に1MBitのデータを送受信することが出来る)という速度での通信なので、LINEやWeb検索などを利用するには不便なく利用できる速度です。動画視聴も中画質程度までであれば視聴可能と考えて良いと思います。

1Mbpsの速度でできること・できないこと

1Mbpsの速度でできること1Mbpsの速度でできないこと
・動画視聴(中画質程度まで)

・サイト閲覧

・地図アプリ

・LINE

・Twitter

・Instagram

・音楽アプリ

・動画視聴(高画質再生時)

・ショッピングサイトでの買い物

・ゲームアプリ

・アプリのダウンロードやアップデート

 

画像の多いサイトの閲覧やショッピングサイトでの買い物の場合、画像が多いと表示に時間がかかってしまうので、1Mbpsの速度では快適に利用することはできません。

動画の視聴も画質によって異なります。1Mbpsになった場合には、諦めて低画質や中画質などに切り替えて視聴するといいと思います。

 

ギガライトは、ギガホやアハモ(ahamo)と違い、利用可能データ量を超えると128Kbpsという低速での通信になります。128Kbpsの速度の場合、基本的にはメールやLINEでのメッセージの利用くらいでしか利用できないので注意してください。1Mbpsでできることは128Kbpsではできません。

 

アハモ(ahamo)・ギガホ・ギガライト通話定額込み値段の違い比較

アハモ(ahamo)とギガホ・ギガライトでは通話についても異なります。

料金プランオプション無しオプション
アハモ(ahamo)5分以内通話無料かけ放題オプション:1,000円
ギガホ家族間通話無料かけ放題オプション:1,700円
5分以内通話無料オプション:700円
ギガライト家族間通話無料かけ放題オプション:1,700円
5分以内通話無料オプション:700円

アハモ(ahamo)は、ファミリー割引対象外のため、オプション契約が無くても1回5分以内の国内通話は無料で利用できます。通話が多い人、通話が長い人の為の国内通話かけ放題オプションは月額料金1,000円で付けることができます。

ギガホ・ギガライトは、オプション契約がない場合、組んでいるファミリー割引グループ内の通話は無料で利用できますが、ファミリー割引グループ以外に電話をかけた場合には全て有料通話になります。かけ放題オプションや5分以内通話無料オプションを付けることもできますが、アハモ(ahamo)と料金が異なります。かけ放題オプションが月額料金1,700円、5分以内通話無料オプションが月額料金700円になります。

家族間通話をよくする人は、ファミリー割引が適用されるギガホ・ギガライトの方がおトクになる可能性がありますね。

 

アハモ(ahamo)・ギガホ・ギガライト全てのプランにおいて、5分超えた場合の通話料金や、ギガホ・ギガライトでオプションなしの家族以外への通話料金については、30秒あたり20円の通話料金になります。

 

アハモ(ahamo)・ギガホ・ギガライトキャリアメールの違い比較

ドコモを利用していれば当たり前に使っている「@docomo.ne.jp」のメールアドレスですが、このドコモのキャリアメールにも違いがあります。

料金プランキャリアメール
アハモ(ahamo)利用不可
ギガホ利用可能
ギガライト利用可能

アハモ(ahamo)では、ドコモのメールアドレスいわゆるキャリアメールを使うことができません。オプションで付けるなどということもできないので注意してください。

スマホを利用するようになってから、キャリアメール以外にもGmailやYahooメール、iCloudのメールなど様々なメールアドレスが利用できるようになりました。そのため、キャリアメールを利用していない人も増えてきているのではないでしょうか。キャリアメールを利用していないのであれば、アハモ(ahamo)に変更しても問題ないと思います。しかし、ショップのメールマガジン登録や学校・保育園・幼稚園・自治体のメールの受信に設定している場合には、ギガホ・ギガライトからアハモ(ahamo)に変更する前にメールの設定変更をしておく必要が出てきます。メール設定の変更をせずにプランをアハモ(ahamo)に変更してしまうと面倒なことになる可能性があるので、注意しましょう。

 

アハモ(ahamo)・ギガホ・ギガライトネットワークの違い比較

アハモ(ahamo)は、4G・5Gネットワークが利用可能です。ギガホ・ギガライトも同じ様に4G・5Gネットワークの利用が可能ですが、これに加えて3Gエリアでも利用が可能です。現在、日本ではほとんどが4Gネットワークが利用できるのでアハモ(ahamo)で問題ありませんが、山の中だったり海上エリアでは一部3G電波しか利用できないところもあります。そういった場所では、使用しているスマホ自体は3Gネットワークが対応していてもアハモ(ahamo)契約だと利用することができないので注意が必要です。

料金プラン利用可能ネットワーク
アハモ(ahamo)ドコモの4G・5Gネットワーク

(3Gエリア利用不可)

ギガホドコモの4G・5Gネットワーク

(3Gエリア利用可能)

ギガライトドコモの4G・5Gネットワーク

(3Gエリア利用可能)

 

アハモ(ahamo)・ギガホ・ギガライト手数料の違い比較

手数料については、以下のようになります。

料金プラン新規契約事務手数料機種変更事務手数料MNP転出手数料
アハモ(ahamo)無料無料無料
ギガホ3,000円

(オンラインショップは無料)

2,000円~3,000円

(オンラインショップは無料)

2,000円
ギガライト3,000円

(オンラインショップは無料)

2,000円~3,000円

(オンラインショップは無料)

2,000円

アハモ(ahamo)は、全ての手数料が無料です。オンライン手続きのみのプランなので手数料が無料にできるんでしょうね。

ギガホ・ギガライトは、新規契約や機種変更を店頭でする場合には2,000円または3,000円の有料になります。ただ、ドコモオンラインショップでの購入の場合には、新規契約・機種変更共に手数料が無料になります。

MNP転出手数料については現在2,000円かかりますが、2021年4月1日からは店頭・電話・オンラインどの方法で手続きをしても無料になります。

ギガホ・ギガライトでも、手数料が無料になる方法があるので、おトクになる方法を選ぶといいですね。

 

アハモ(ahamo)・ギガホ・ギガライトの違約金(解約金)の違い

違約金についてもアハモ(ahamo)とギガホ・ギガライト少し異なる部分があります。

料金プラン違約金
アハモ(ahamo)無料
ギガホ定期契約なし:無料

定期契約あり:1,000円

ギガライト定期契約なし:無料

定期契約あり:1,000円

アハモ(ahamo)は、定期契約なしの料金プランのみなので、いつ解約や他社へのりかえをしても違約金はかかりません。

ギガホ・ギガライトは、契約している内容にもよりますが、定期契約をしている場合には違約金が1,000円かかります。ただし、2年定期契約満了月の当月・翌月・翌々月に解約や他社へのりかえをした場合には違約金はかかりません。定期契約なしの場合にはアハモ(ahamo)と同様に、いつ解約や他社へのりかえをしても違約金はかかりません。

 

アハモ(ahamo)・ギガホ・ギガライトの手続き相談窓口の違い

料金プランや契約内容などの相談などしたい場合がありますよね、そういった場合の相談窓口についても違いがあります。

料金プラン手続き相談窓口
アハモ(ahamo)オンラインのみ
ギガホドコモショップ

インフォメーションセンター

オンライン

ギガライトドコモショップ

インフォメーションセンター

オンライン

アハモ(ahamo)は、完全にオンラインのみでの相談になります。相談したい場合には、ahamo WEBサイトまたは専用のアプリでの受付になります。チャットなどでのサポートになるようです。ドコモショップやインフォメーションセンターでの相談はできません。

ギガホ・ギガライトは、ドコモショップ店頭やインフォメーションセンター、オンラインどこでも相談することができます。WEBでの手続きが苦手な人や対面で相談にのってもらいたいなどという人にはオススメです。

アハモ(ahamo)・ギガホ・ギガライトの契約場所の違い

相談窓口と同じ様に、契約場所もアハモ(ahamo)とギガホ・ギガライトでは違います。

料金プラン契約場所
アハモ(ahamo)オンラインのみ
ギガホドコモショップなどの窓口

オンライン

ギガライトドコモショップなどの窓口

オンライン

アハモ(ahamo)は、相談窓口がオンラインのみのように契約場所もオンラインのみです。ahamo WEBサイトまたは専用のアプリでの手続きになります。手続きに関して分からないことなどがあった場合にはチャットなどで相談することができます。ドコモオンラインショップやMydocomoで手続きをしたことがある人であれば、問題なく手続きは可能だと思います。

ギガホ・ギガライトは、ドコモショップなどの店頭またはオンラインどちらでも手続きができます。料金プランや契約内容の相談、機種の相談をしたいという人は店頭での手続きができるギガホ・ギガライトの方が安心ですね。

 

アハモ(ahamo)・ギガホ・ギガライト比較表まとめ

これまでに説明してきたアハモ(ahamo)・ギガホ・ギガライトの違いをまとめると以下のようになります。

 

アハモ(ahamo)ギガホギガライト
月額料金2,980円定期契約なし:7,150円

定期契約あり:6,980円

定期契約なし:3,150円~

定期契約あり:2,980円~

使用可能データ量20GB30GB

(キャンペーン中により60GBまで利用可能)

~7GBまで
データ超過後速度1Mbps1Mbps128Kbps
国内通話5分以内通話無料がオプションなしで利用可能

5分を超える通話:30秒あたり20円

家族間通話無料

家族以外への通話:30秒あたり20円

家族間通話無料

家族以外への通話:30秒あたり20円

通話オプションかけ放題オプション:1,000円5分以内通話無料オプション:700円

かけ放題オプション:1,700円

5分以内通話無料オプション:700円

かけ放題オプション:1,700円

キャリアメール利用不可利用可能利用可能
ネットワークドコモの4G・5Gネットワークドコモの4G・5Gネットワークドコモの4G・5Gネットワーク
新規契約手数料無料3,000円

(オンラインショップは無料)

3,000円

(オンラインショップは無料)

機種変更手数料無料2,000円~3,000円

(オンラインショップは無料)

2,000円~3,000円

(オンラインショップは無料)

MNP転出手数料無料2,000円

(2021年4月1日以降無料)

2,000円

(2021年4月1日以降無料)

違約金(解約金)無料定期契約なし:無料

定期契約あり:1,000円

定期契約なし:無料

定期契約あり:1,000円

手続き相談窓口オンラインのみドコモショップ

インフォメーションセンター

オンライン

ドコモショップ

インフォメーションセンター

オンライン

契約場所オンラインのみドコモショップなどの窓口
オンライン
ドコモショップなどの窓口
オンライン

 

アハモは、中容量プランで割引など一切なく誰でも月額2,980円で利用することができます。さらに、オプション無しで5分以内通話が無料やデータ量追加時の料金が500円/1GBと安いところも魅力的です。しかし、手続きはオンラインでのみなので人によっては困る場合もあると思います。

ギガホは、大容量プラン。ギガライトは、使った分だけの支払いプランになっています。適用される割引によって料金が変わるので、ファミリー割引を組んでいなかったり、ドコモ光契約をしていない人は割引が少ないので利用料金が高い場合があります。

通話に関しては、ギガホ・ギガライトともに家族間通話が無料です。家族との通話が多い人はオプションなしでもたくさんお話しができるので嬉しいですね。しかし、家族以外への通話はすべて有料通話になり、オプション料金がアハモよりも高いです。

データ量を追加する場合にも、1,000円/1GBとアハモの2倍の料金になります。ただ、安心なのは、ドコモショップや電話でも手続きが可能なところです。

アハモがオススメな人

毎月利用するデータ量が20GB前後で、ファミリー割引、ドコモ光セット割の適用がない人にオススメです。手続きはすべてオンラインで行わなくてはいけないことなど考えると、20代~30代の若い人向けの料金プランと考えても良いと思います。

手続きを自分自身で、オンラインで行わなくてはならないことで安く提供できる料金プランになっていて、割引など一切適用がなくても2,980円で毎月利用できるのはおトクです。

 

ギガホがオススメな人

30GBまで利用可能なプランですが、現在キャンペーン中ということもあり60GBまで利用することができるギガホは、動画やゲームなど思う存分利用したいという人にオススメです。さらに、みんなドコモ割3回線以上、ドコモ光セット割が適用できるのであれば毎月4,980円で利用できます。割引を最大適用できる大容量利用ユーザーにはおトクです。

毎月5GB以上のデータ量を利用する人はギガライトよりもギガホの方がおトクになります。

 

ギガライトがオススメな人

利用によって料金が変動するプランであるギガライトは、月によってデータ利用量が違う人や主にWi-Fi接続でインターネットをする利用データ量が少なめな人などにオススメです。

Wi-Fi接続をしていなくても、主にメールやLINE、少しWEB検索するような利用状況であればギガライトがおトクです。

 

まとめ

アハモとギガホ・ギガライトについて解説してきましたが、データ量や通話などの利用状況によってどのプランがおトクなのかが変わってくることが分かったと思います。

ファミリー割引を組んでいない人は、利用データ量だけで料金プランを考えると良いと思いますが、ファミリー割引を組んでいて家族との通話も多い場合にはどのプランが良いかというのが難しくなってくると思います。

アハモのキャンペーンも行われているので、アハモへ変更して不便であれば、ギガホ・ギガライトへの変更も可能なので気軽にアハモに変更してみても良いかもしれませんね。

ドコモのアハモ公式サイトで確認する方は
ドコモのアハモ公式サイトはこちら

ドコモのギガホ公式サイトで確認する方は

「ギガホ」詳細はこちら

ドコモのギガライト公式サイトで確認する方は
ドコモのアハモ公式サイトはこちら

 

ドコモでお得に機種変更するならオンラインショップ


最後にドコモでiphoneやスマホ購入をお得にしたい!
という方におすすめ機種変更の方法を紹介します。

機種変更をする時、ショップや家電量販店でしていませんか?

私もどこでするのがお得なのかいろいろ調べました

機種変更はショップ・量販店どこでするのがお得なのか

在庫が無くって他のお店に行くという時間を無駄に過ごしていませんか?

今は、お店に行かないでネットで買って待つ時代です!

ネットで購入できるからって怪しいお店ではありません。

ネットのほうがむしろ安全!?
ドコモのスマホがネットから購入できます。

それがドコモオンラインショップです。

安心して購入できるだけでなくドコモはオンラインショップに力を入れているため経済的にお得だったりメリットが多いです。

ドコモオンラインショップで機種変更をするとどんなメリットがあるかというと

ドコモオンラインショップメリット


①頭金・事務手数料がなし
②待ち時間・24時間いつでも購入できる
③自宅・ショップお届けを好きな所にできる
④困ったらチャットですぐに解決できる

頭金や事務手数料をあわせると、5,000円~15,000円くらい機種変更の料金が変わってきます。

5,000円~15,000円くらい変わってきます。

機種変更をオンラインショップでやってみるとあっけなく簡単にできると驚いてしまいますよ。

お金も時間も節約できるオンラインショップ使ってみて下さいね。

ドコモ
★ドコモオンラインショップでiPhone やスマホ購入する方は
ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップの機種変更の流れとやり方

アハモ関連

ドコモのahamo(アハモ)はデメリット・メリット

ドコモのahamo(アハモ)いつから?先行エントリー

ahamo(アハモ)の機種変更・対応機種|iPhone対応使える

アハモ ギガライト 比較

-ドコモ(docomo)
-, ,

Copyright© Happy iPhone , 2021 All Rights Reserved.