ギガホ ギガライト
4月15日ドコモの新料金プランが『ギガホ・ギガライト』が発表されました。

5月22日より受付開始、2019年6月1日より提供開始となります。

指立て女性

ドコモの新料金プランは、ギガホとギガライトの2種類です。

2種類でどちらからか選ぶだけなので、今までに比べてわかりやすくなりました。

大きなプランは2つといっても、注意点しないといけないことや今の現行プランを終了するのかについても疑問がでてくると思います。
ココでは、ギガホとギガライトについて詳しく紹介します。

ギガホ・ギガライト概要

新しいプランの特徴

ドコモ新料金プラン特徴

ギガホとギガライトの違いについて説明する前に今回のどちらも同じ特徴は、通話・データ通信・インターネット接続サービス

これが全部まとまったためシンプル料金になったのです。

今現状のプランは

基本プランの場合、スマートフォンだけでも4種類
パケットパックの場合、1人と家族の場合は違ったり

とひとつずつの種類、その人の置かれた状況によっていろんなプランがあり、さらにドコモ独自の毎月の使用料を抑えてくれる『月々サポート』や『docomo with』などがあり、料金プランのマニアでないとよくわからない状態だったのです。

それが、

指立て女性

セットになったため以前よりもシンプルになったのです。

ギガホ・ギガライトの料金の中には、SPモード契約(300円)も含まれています。今まで別だったので不思議な感じですが、込みの料金なのでよりシンプルですよね。

データ通信の部分が、ギガホ・ギガライトで変わってきます。

 

ギガホとは


6,980円/月で30GBのデータ量が利用できる大容量プランです。

利用可能の30GBを超えた後は、通信速度最大1Mbpsで利用ができます。今までは128Kbps通信だったので、毎月たくさんデータ量を利用する人にとっては嬉しいプランです。

「みんなドコモ割」適用で最大1,000円割引、「ドコモ光セット割」適用でさらに1,000円割引になります。また、2019年9月30日までに「ギガホ」プランに加入すると「ギガホ割」が適用で、最大6ヵ月間1,000円割引されます。

まとめるとこのようになります。
(みんなドコモ割はファミリー割引が3回線以上の場合です。)

ギガホ料金(割引額)
割引き適用前 6,980円
みんなドコモ割 適用 5,980円(-1,000円)
ドコモ光セット割 適用 5,980円(-1,000円)
みんなドコモ割+ドコモ光セット割 適用 4,980円(-2,000円)
みんなドコモ割についてはこちらをご覧ください
みんなドコモ割を徹底解説!注意点や家族内無料通話にするためには

ギガライトとは

ギガライト
毎月の利用しているデータ量に応じて料金が変動します。上限がドコモ側で7GB設定されている料金プランです。

最低は2,980円から、最大5,980円で、利用データ量が7GBを超えた場合は最大128Kbps通信と速度が遅くなります。

「みんなドコモ割」適用で最大-1,000円割引、「ドコモ光セット割」適用でさらに最大-1,000円割引になります。

まとめるとこのようになります。
(みんなドコモ割はファミリー割引が3回線以上の場合です。)

ギガホ料金(割引額)
割引き適用前 6,980円
みんなドコモ割 適用 5,980円(-1,000円)
ドコモ光セット割 適用 5,980円(-1,000円)
みんなドコモ割+ドコモ光セット割 適用 4,980円(-2,000円)

ギガホ・ギガライト適用条件

Xi契約であれば、ギガホ・ギガライト共に利用できます。

Xiとは,スマホやiphoneのことです。

ギガホ・ギガライト申し込み方法

ドコモショップ
①ドコモショップ
②家電量販店
ドコモオンラインショップ
my docomo(マイドコモ)の手続きキャンペーン

申込方法は4つあります。

2019年5月22日(水曜)から、ドコモショップでは予約受付を開始しますが、ドコモオンラインショップでは予約受付は行っていません。
ドコモオンラインショップでの料金プラン(ギガホ/ギガライト等)の受付は、2019年6月1日(土曜)から開始です。

オンラインショップで、機種変更をして料金プランをギガホ・ギガライトにすることができるため機種変更を考えている方は6月1日以降に購入をして下さい。

ギガホ・ギガライト変更受付の店舗は、全国のドコモショップどこでも受け付けてます。
ただし、ショップは来店予約制を導入していて新料金プランで混んでいる可能性が高いです。

予約無しで行くとせっかくお店に行ったのに予約受付しかしてもらえない可能性が高いため、行く前に来店予約をして下さい。
ドコモショップ来店予約はこちら

機種変更を考えていない方は予約無しでできる④my docomoから事前申し込みをしましょう!

詳しく説明します。

④my docomo事前申し込みキャンペーン

my docomo新料金プランキャンペーン

第1弾:事前エントリー&申し込みでdポイント500ポイントプレゼント(21日まで)
終了してしまいました。

第2弾:My docomoでお手続きキャンペーン(30日まで)

指立て女性

300ポイントもらえるためには申し込むだけ。

2019年6月30日(日曜)23:59までに
My docomoで『ギガホ・ギガライト・ケータイプラン』のいずれか申込みをする。

もれなく300ポイントプレゼント

ドコモショップに来店して、後日アンケートに答えると35ポイントがもらえます。

比較すると300ポイントプレゼントってかなり大盤振る舞いじゃないですか。

※My docomo限定のポイントプレゼントです。
ショップや量販店ではポイントプレゼントしてないので注意して下さい。

my docomo(マイドコモ)新料金手続きキャンペーンはこちら

ギガホ・ギガライト注意点

通話プランは無料ではない!?

通話プランの無料は、家族国内通話(同一ファミリー割引きグループ内)のみです。

それ以外の場合は、30秒ごとに20円の通話料がかかります。
電話をたくさんかける場合は2種類の通話オプションがあります。


+700円(税抜き)
1回あたり5分通話無料

+1,700円(税抜き)
かけ放題

お金が気になる方は、LINEなどの無料通話も今はあり地域によってはまったく通話品質にも問題ないのでそちらを検討してみてはどうでしょうか。

eビリング割引が対象外

毎月の利用料金の詳細をWEBで確認する「eビリング」を利用している場合のeビリング割引が対象外になります。

1回線あたり20円の割引がなくなります。ただ、だからといって「eビリング」を廃止して書面で発行してもらうと、口座振替・クレジットカード払いの場合は100円、請求書払いの場合は150円かかります。

利用料金を確認したい場合は『My docomoの料金』で好きな時に確認することができますよ。
⇒My docomo(マイドコモ)はこちら

ギガホ・ギガライトは シェア・繰り越しできない

家族 パケットシェア
既存のプラン、ウルトラデータパック・ベーシックパックは家族みんなでシェアや余ったら繰り越しをすることができました。

ギガホ・ギガライト家族それぞれの利用状況にあわせて料金プランを選択すると、シェアや繰り越しをしなくてもお得に利用ができる料金プランになっているため、新料金プランではシェアと繰り越しが廃止になってしまいました。

データ量が足りない、スマホとiPad(タブレット)を使うので今までのようにシェアパックが必要という方には2回線でシェアできる月額+1,000円の『データプラス』があるのでそちらを検討してみてはどうでしょうか。

データプラスについては公式サイトをご覧ください。
データプラス詳細はこちら

docomo with 併用できなく廃止に

docomo with
docomo withに入っていて、ギガホ・ギガライトにすると自動的にdocomo withが廃止になります。

docomo with(ドコモウィズ)とは、毎月使用料金から1,500円自動で割引きになるプランです。

対象機種の購入をすると自動的に、docomo withに加入されます。

5月31日で新規受付を終了してしまうので、新料金プランが6月1日からはじまりギガホ・ギガライト変更してしまうともうdocomo withの割引きプランを受けることができません。

docomo with の割引きプランを受けている方は、ギガホ・ギガライトにしたほうが良いのかよく確認してから申し込んで下さい。

月々サポート・端末購入サポートとは併用できない

月々サポート・端末購入サポート

今回発表されたギガホ・ギガライトプランは、現在の割引サービス「月々サポート」「端末購入サポート」と併用はできません。

なので、「月々サポート」「端末購入サポート」契約中にギガホ・ギガライトプランに変更すると途中終了になるので注意が必要です。

分割払いの場合、残金は残るのに割引き額が無くなってしまいます。端末購入サポートの場合は、一定期間使う約束があるため期間が終了していないと解約料金がかかってしまう可能性が高いです。

「月々サポート」「端末購入サポート」を終了させてまでプラン変更するべきかどうかは、ショップで相談してみると良いかもしれないですね。

WEBでのプラン見直しも可能です。
ドコモ料金プラン
料金プランについて、ドコモの公式サイトでは
・新料金プラン
・既存の料金プラン
2種類の料金プランが簡単にシュミレーションをすることができます。

料金プランを変更する・機種変更をする方は一度シュミレーションをしてから変更をして下さい。
ドコモの新旧料金プランはこちら

まとめ

ドコモの新料金プラン『ギガホ・ギガライト』について注意点などをお伝えしました。

ギガホ・ギガライトのデーター使用料でについて、GBをあまり使わないようにしようとして注意をする方は多いと思います。

通話プランは変わり、以前のプランでカケホーダイプランのように国内通話が24時間無料だったことや、ギガホ・ギガライトプランでは同一ファミリー割引きグループ内しか無料通話部分がないです。

で、気が付かずに同一でない離れた実家に通話をしたらかなりの額になってしまった。。。ということになります。

家族内無料通話にするためにはみんなドコモ割で解決できます。

みんなドコモ割についてはこちらをご覧ください
みんなドコモ割を徹底解説!注意点や家族内無料通話にするためには

また今、月々サポートや端末購入サポートなどを受けて、シュミレーションをして料金プラン安くなった方は、まずは先に月々サポートや端末購入サポートを受けた方は先に終了させることをおすすめします。

月々サポートで特に分割払いの場合、シュミレーションをした結果料金が安くなったと思っても、月々サポートが無くなっても分割払いの残金は無くなりません。それなのに月々サポートの割引料金が消えるため結果、シュミレーションの場合そこまでの配慮の数字は出ないため高くなる可能性は高いです。

端末購入サポートの場合も、決められた期間使わないと途中解約料金が発生します。

 

少しでも安くなるとわかると変更したくなる気持ちもわかりますが、急いでして後から後悔しないために「月々サポート」「端末購入サポート」終了後にプラン見直しをするのも1つの方法です。

ドコモの機種変更お得にするおすすめ方法
ドコモの機種変更お得に 誰でも簡単にできる2019年最新方法!

 

関連記事

【終了間近】毎月-1,500円割引きdocomo with対象機種はどれを選んだらいいのか
docomo with(ドコモウィズ)対象機種どれを選ぶべき?おすすめ・目的別比較

docomo withは本当にお得なのか?
ドコモウィズ(docomo with)は本当にお得?メリット・デメリットを解説