※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

SIMフリーiPhoneはどこで買うべき?メリット・デメリットや購入前の注意点を解説

多くの方がSIMフリーのiPhoneの購入先についてお悩みです。

SIMフリーのiPhoneは、各種オンラインショップや大手キャリアの店頭など、多彩な場所で手に入れることができます。

本記事では、SIMフリーiPhoneの基本情報から、入手可能な場所、そして購入時のメリットとデメリットまで、幅広く解説していきます。

また、SIMフリーiPhoneを使用する上での留意点についても触れているので、これから購入を検討されている方は是非参照してみてください。

SIMフリー端末とは?

SIMフリーのiPhoneは、どの通信キャリアのSIMカードでも使用可能な端末を指します。

従来、docomo、au、ソフトバンクなどのキャリアから買ったiPhoneは、そのキャリア専用のSIMカードでしか使用できない「SIMロック」状態で販売されていました。

SIMロックされたiPhoneは、異なるキャリアのSIMカードを使うことができず、利用者の選択肢が限られていました。

しかし、2021年10月の総務省の方針変更により、SIMロックの解除が進み、現在では多くのiPhoneがSIMフリー状態で提供されています。

これにより、ユーザーはさまざまなキャリアの中から最適なプランを選択し、利用することが可能となり、柔軟な通信環境が実現しています。

SIMフリーのiPhoneが購入可能な店

SIMフリーのiPhoneを買うことができる場所は様々あります。

Apple Storeでは、直接Appleから買うことができ、大手キャリアのショップやオンラインストアでも、SIMフリー端末を取り扱っています。

格安SIMキャリアも、自社のSIMカードとセットでSIMフリーのiPhoneを販売していることがあります。

家電量販店では、複数のキャリアやメーカーからの端末を一度に比較検討できるため、希望に合った端末を選びやすくなっています。

これらの店について、それぞれ詳しく解説していきます。

1:Apple Store

SIMフリーiPhoneを手に入れるには、複数の購入ルートがありますが、その中でもAppleストアやAppleオンラインストアもおすすめです。

これらの場所で買う最大のメリットは価格の安さです。

例えば、AppleストアではiPhone14の各モデルを、大手キャリアよりも約8,000円安い価格で提供しています。

具体的な価格を比較すると、128GBモデルはAppleストアで119,800円、大手キャリアでは138,930円から140,640円で販売されています。

同様に、256GBモデルはAppleで134,800円、大手キャリアでは161,480円から161,770円、512GBモデルはAppleで164,800円、大手キャリアでは201,740円から201,925円となっています。

これらの価格差は、Apple直販ならではの利点であり、直接メーカーから買うことで仲介コストが省け、結果的に消費者にとって有利な価格設定が可能になります。

また、Appleストアでは店舗スタッフと直接相談できるメリットがあり、製品に関する質問や不明点をクリアにできます。

オンラインストアの場合は、購入から受け取りまでを自宅や職場で完結でき、忙しい方でもスムーズに購入プロセスを進められます。

このように、利便性と価格のバランスを考えると、AppleストアやAppleオンラインストアでの購入が非常に魅力的です。

2:大手キャリア

SIMフリーiPhoneの購入先として、楽天モバイルは特に注目に値します。

これは、楽天モバイルが他の大手キャリアに比べて本体価格を安く設定している上、ポイント還元キャンペーンを積極的に実施しているからです。

例えば、楽天モバイルは「iPhoneトク得乗り換え」キャンペーンで、最大19,000ポイントを還元しています。

このキャンペーンは、ポイント還元率の高さが大きな魅力で、iPhone 14シリーズや価格に敏感な方向けのiPhone SE(第3世代)など、幅広いモデルが対象となっています。

さらに、楽天ひかりとセットで最大40,000円のキャッシュバックを受けることができるほか、特定のショップで申し込むと3,000ポイントが付与されるキャンペーンもあります。

これらのキャンペーンを活用することで、実質的にiPhoneをお得に買うチャンスが広がります。

したがって、ポイント還元を利用してiPhoneを手に入れたいと考えている場合、楽天モバイルへの乗り換えが良い選択肢と言えるでしょう。

3:格安SIM会社

格安SIMキャリアを利用する場合、SIMフリーiPhoneの選択肢があります。

これは、キャリアに縛られることなく、自由度高く使用できるためです。

ただし、格安SIMキャリア全てがSIMフリーiPhoneを取り扱っている訳ではありませんので、事前に取り扱い状況をチェックすることが大切です。

例えば、UQモバイルではコストパフォーマンスが高いiPhoneモデルを提供しています。

特にiPhone SE(第3世代)は、A15 Bionicチップを搭載し、最大15時間のビデオ再生が可能で5Gにも対応。

さらに、利用者に安心感を与える指紋認証機能付きホームボタンを備えたコンパクトサイズが魅力です。

UQモバイルでは、この人気モデルを48,935円から提供しており、最新機種の豊富な機能は必要なく、低価格で高機能なiPhoneを求めるユーザーに最適な選択肢となっています。

加えて、格安SIMキャリアならではの手頃な月額料金でサービスを利用できるため、総合的なコストパフォーマンスに優れています。

これらの理由から、UQモバイルでのiPhone購入を検討してみる価値は大いにあります。

4:家電量販店など

家電量販店では、Apple製品の豊富なラインナップが揃っており、SIMフリーのiPhoneも手に入れることができます。

これらの店舗の多くは、Appleの正規プロバイダとして認定されており、Apple Storeと同様のサービスやサポートを享受することが可能です。

これにより、購入時のアドバイスや後々のサポートに関しても安心して利用することができます。

また、家電量販店ではiPhone本体だけでなく、ケースや保護フィルム、充電器などのアクセサリーも豊富に取り揃えられているため、同時に買うことでより充実したAppleライフを楽しむことができます。

特に新しいiPhoneと一緒に最適なアクセサリーを探している方にとって、家電量販店は非常に便利な購入先の一つと言えるでしょう。

SIMフリーのiPhoneを買うメリット3選

SIMフリーのiPhoneを選ぶことには大きなメリットがいくつかあります。まず、自分が望む端末を自由に選べる点です。

次に、利用する通信回線を自由に選択できる利点があります。

最後に、購入場所の選択肢が広がることも大きなメリットです。

これらのメリットを生かすことで、より自分に合った使用方法を見つけることができるでしょう。

好みの端末が買える

SIMフリーiPhoneを選択する大きな利点の一つは、最新モデルに限らず、過去のモデルも選べる幅広い選択肢です。

たとえば、大手キャリアでは通常、最新のiPhoneモデルのみを扱っていますが、SIMフリー版では旧モデルも含めた幅広いラインナップが存在します。

これにより、最新技術を必要としないユーザーや予算に合わせた選択が可能になります。

また、家電量販店や格安SIMキャリアを通じて買う場合、最新モデルよりもずっと手頃な価格で提供されていることが多く、さらにはキャンペーンを利用することで、非常にお得な価格、場合によっては1,000円前後や実質0円で手に入れることも可能です。

最新のiPhoneが必ずしも必要でない場合、コストパフォーマンスを重視したい方には、SIMフリーiPhoneが適しています。

これにより、購入後の月々の支払いも抑えられ、経済的な負担を軽減できるため、賢い選択と言えるでしょう。

自由に通信会社を選択できる

SIMフリーiPhoneを選択すると、大手キャリアに固定されずに、さまざまな通信回線を選べる自由が得られます。

国内各地で使える通信サービスへの対応が可能なため、自分の生活スタイルや使用状況に合わせた最適な通信回線を選択できるのが大きな利点です。

さらに、多くの格安SIMプロバイダーが提供する通信プランを利用することで、大手キャリアの契約よりもずっとリーズナブルな月額料金でiPhoneを使い続けることが可能になります。

これは特にコストを意識するユーザーにとって魅力的な選択肢となるでしょう。

SIMフリーのiPhoneを選ぶことで、端末代を抑えつつ、さらに通信費用の節約も見込めるため、総合的なコストパフォーマンスを重視する方には特におすすめです。

好きな店から購入可能

購入場所の選択肢の広さは、SIMフリーiPhoneの大きな利点の一つです。

Appleストア、大手キャリア、家電量販店、そしてオンラインマーケットプレイスを通じて、幅広いモデルの中から選べます。

これにより、自宅から離れた場所でも、または旅行中でも、好きな時に購入できる柔軟性を持てます。

さらに、中古市場を活用すれば、予算に応じてさらに安価にiPhoneを手に入れることも可能です。

ただし、中古購入時には、保証の有無や端末の状態、利用制限の有無などを事前に確認することが肝要です。

SIMフリーのiPhoneを買うデメリット3選

SIMフリーのiPhoneを買う際にはいくつかのデメリットも考慮する必要があります。まず、端末価格が高い場合があります。

また、サポート体制が限られている場合があります。さらに、初期設定を自分で行う必要があります。

これらのデメリットを踏まえた上で、自分に合った購入方法を選ぶことが大切です。

本体価格がより高くなりやすい

購入時に大手キャリアのキャンペーンや割引サービスを活用すれば、iPhoneを低価格で手に入れることが可能です。

これらのキャンペーンは新規契約や他社からの乗り換えを対象としており、割引額も大きいですが、条件がそれぞれ異なるため、事前の確認が重要です。

一方、Appleストアや家電量販店では、キャリアとは異なるプロモーションを実施していることがあり、こちらも購入の選択肢として魅力的です。

特に、Appleストアでは公式のサポートも受けられ、信頼性が高いです。

さらに、各店舗によっては独自のキャンペーンや特典があるので、価格比較やキャンペーン内容を確認して、最もコストパフォーマンスの高い購入方法を選ぶことが推奨されます。

サポートが不十分なこともある

SIMフリーのiPhoneを買った際は、端末の初期設定やSIMカードの挿入など、自分で行う必要があります。

これは、大手キャリアで買った場合に比べて手間がかかり、設定方法がわからないときにすぐに聞ける店員がいないため、不便を感じることがあります。

特に、スマートフォンの操作に不慣れな方や、初めてSIMフリー端末を使用する方は、インターネットや取扱説明書を参考にしながら設定する必要があります。

そのため、購入前には自分で設定できるかどうかを考慮する必要があります。

また、不安な方はサポートが充実している店舗で買うか、知人に設定方法を教えてもらうなどの対策が必要です。

自力で初期設定しなければならない

オンラインや中古市場でiPhoneを買った場合、店頭での購入と比べて、端末の設定や初期設定を自分で行う必要があります。

これにはAPN設定のようなインターネット接続設定も含まれます。

APN設定はインターネットやMMSの利用を可能にする重要な設定で、各キャリアやSIMカード提供業者のウェブサイトで設定方法を確認できます。

一方、オンライン購入では、端末に同梱されている設定ガイドが役立ちます。

設定ガイドを読めば、一般的なユーザーでも手順に沿って設定を完了できます。

それでも不安な場合は、キャリアのサポートセンターや有料でサポートサービスを提供している店舗に相談するとよいでしょう。

端末の設定を自分で行うことに抵抗がない方は、オンラインや中古市場での購入が一つの選択肢となります。

SIMフリーiPhoneを買う前に確認しておきたいポイント

購入を検討しているSIMフリーのiPhoneに関しては、次の3つのポイントを念頭に置いておくことが重要です。

まず、キャリアから買ったiPhoneであっても、SIMロックの解除が可能であることを理解しておくべきです。

次に、買う前には、自分のデバイスが要求するSIMカードのサイズを正確に確認しておく必要があります。

そして最後に、SIMカードのICチップ部分に直接触れないように注意してください。

これらの知識を持っておくことで、SIMフリーiPhoneの購入と使用がよりスムーズになります。

キャリアのiPhoneはSIMロック解除が可能

キャリア版iPhoneをSIMフリー状態にするためには、SIMロックの解除手続きが必須です。手続きは比較的簡単に自身で完了させることが可能です。

手順としては、まずiPhoneの「設定」から「一般」に進み、「情報」を選択して、IMEI番号をメモします。

所有しているiPhoneを買ったキャリアの公式ウェブサイトへアクセスし、「SIMロック解除」の手続きを開始します。

解除手続きの際には、記録したIMEI番号の入力が求められます。

このプロセスはご自宅で容易に行えますが、不安を感じる方は直接キャリアの店舗を訪れ、スタッフに依頼する方法もあります。

店舗での手続きの際には、身分証明書などの必要書類を携行する必要がありますので、事前に該当キャリアのウェブサイトで必要な書類を確認し、準備しておくとスムーズです。

SIMカードの大きさを把握してから買う

iPhoneを使用する際にはSIMカードのサイズを確認することが重要です。

以下の3つのサイズがあり、それぞれ対応するiPhoneモデルが異なります。

標準SIM(25×15mm)はiPhone 3GSまで、micro SIM(15×12mm)はiPhone 4とiPhone 4Sに対応し、nano SIM(12.3×8.8mm)はiPhone 5以降のモデルに利用されています。

現在、ほとんどの新しいiPhoneではnano SIMが使用されているため、他のサイズのSIMカードを誤って買うリスクは低いです。

しかし、中古品では、間違ったサイズのSIMカードが含まれていないか確認することが大切です。

IC箇所には絶対に触らないこと

SIMカードのIC部分は、通信の中核を担うデリケートなエリアです。

この部分に直接触れると、皮脂や微細な傷が付くことによって通信障害や誤作動の原因になる可能性があります。

そのため、SIMカードを扱う際には、ICチップが露出している金属部分に直接触れないよう注意が必要です。

SIMカードを挿入または取り出す際には、周囲のプラスチックの部分を持つことが推奨されます。

さらに、iPhoneにSIMカードを挿入する前には、必ず端末の電源をオフにしてから行うことで、端末の故障リスクを避けることができます。

SIMカードを安全に扱うためには、これらの点に細心の注意を払ってください。

SIMフリーのiPhoneをどこで買うかによってお得感が変わる

SIMフリーiPhoneの購入に際しては、購入先の選択やSIMカードの取り扱いに注意が必要です。

Appleストア、大手キャリア、格安SIMキャリア、家電量販店といった様々な場所でSIMフリーiPhoneを購入できますが、それぞれのメリットを比較し選択することが大切です。

特に格安SIMキャリアでは最新モデルが手に入らないことがありますので、最新のiPhoneが欲しい場合はその点を確認する必要があります。

また、SIMカードのサイズを間違えないように注意し、IC部分に直接触れないようにしてください。

SIMカード交換時には、iPhoneの電源を切ることを忘れずに行いましょう。

これらのポイントを押さえて、最適なSIMフリーiPhoneを安心して購入し、活用してください。

関連情報

【2024年6月】iPhone買うならどれ?おすすめ機種・おすすめしない機種を紹介

iPhoneコスパ最強の機種はどれ?予算別に解説【2024年6月】

iPhoneの長く使える機種5選!買い替えの目安と寿命を伸ばす方法

iPhone何がいいのかわからない・Android派は後悔するって本当?

-iPhone/iPad

Copyright© Happy iPhone , 2024 All Rights Reserved.