※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

アイフォン14を買うべきか?13・15よりも今おすすめな理由を解説

2024年現在、1世代前のアイフォン14を買うべきかどうか解説します。

iPhone15の登場で1世代落ちとなったアイフォン14は、まさに今お買い得ですが、13とスペックに大差ないため買うべきか悩むという人も。

そこで今回は、アイフォン14を買うべきか迷いがちな理由を深掘りし、今買うべき理由やお得にゲットする方法をまとめてみました。


auオンラインショップ
では

iPhone・Galaxy・Xperiaの新機種などスマホが自宅でお得に買える!
限定キャンペーンも開催中

au店舗・量販店で待たずに買えるやり方は
auオンラインショップで自分で機種変更やり方解説

auオンラインショップで購入・詳細はこちら

アイフォン14を今買うべきか?【2024年】

結論、アイフォン14を今買うべきかというと、「最新シリーズを買うほどの予算はないが、新しい機種が欲しい」という人は迷わず買うべきです。

2023年秋にiPhone15がリリースされましたが、前年度よりも値上げされ、どの機種も10万越えの高級スマホになってしまいました。

1世代落ちになったアイフォン14は多くのキャリアで値下げされており、型落ちになったばかりなので在庫も潤沢で、好きなカラーやストレージが選べます。

反対に、アイフォン14を今買うべきではないのは「13のスペックと大差ないように思えるし、2世代前の方が安く買える」という人です。

ただし、iPhone13シリーズは2024年現在も品薄な状態が続いており、どうしても買いたいモデルがあれば中古品も視野に入れる必要があります。

そのため、新品を安く買いたければ、1世代落ちのアイフォン14はやはり今狙い目と言えるでしょう。

13シリーズの在庫状況を見てもわかるとおり、iPhoneは2世代落ちになったとたん、一気に在庫が無くなって買えなくなります。

つまり、2024年秋のiPhoneリリース時期には、アイフォン14シリーズも同じく在庫が枯渇すると予想されますから、選べるうちに買うべきではないでしょうか。

アイフォン14を買うべきか迷う理由

多くの人が、アイフォン14を買うべきか迷っている理由を深掘りしていきましょう。

たしかにアイフォン14は、旧モデルのiPhone13と比べると、スペック的に大きな違いは無いように思えるかもしれません。

しかし、アイフォン14だからこそ得られるメリットもあるため、買うべきか迷うならぜひ目を通してみてください。

iPhone13と同じチップ

アイフォン14のプロセッサは、iPhone13と同じA15チップを搭載しています。

そのため多くのユーザーが、13と14に処理性能の違いはないと印象づいているのですが、実はRAMとCPUに関しては増強されているのです。

Apple社はRAMの数値を従来公表していないので、海外リークや私的な調査結果に基づくデータにはなるものの、4GB→6GBにアップしているとの事。

さらにCPUのコア数も4→5に増強されていますから、たしかにA15チップを搭載してはいるものの、iPhone13よりもパフォーマンスは上がっているでしょう。

絶対に13よりハイグレードなチップが良いという場合は、より新しいA16チップが搭載されたiPhone14Pro/ProMaxもおすすめです。

それでも1世代は型落ちなので、最新シリーズiPhone15の上位モデルを選ぶより安く買えます。

カメラ機能は13より向上

アイフォン14では、13よりもカメラ機能に大きなアップグレードが施されたため、写真を重視する人には非常におすすめです。

具体的には、手ブレ補正として「アクションモード」が実装され、動画を撮影しているときの画面の揺れは自動で軽減されます。

さらに、ナイトモードのセンサーが強化されて、より光の少ない場所でも明るく撮影できるようになりました。

多彩なシーンでの撮影は13よりも明確に優れているので、カメラ重視の人はアイフォン14を買うべきではないでしょうか。

パープルが買えるのは14だけ

人気カラーの「パープル」が購入できるのは、アイフォン14だけです。

以下に、直近モデルのカラーバリエーションをまとめてみました。

iPhone15 iPhone14 iPhone13
ベースモデル ブラック

ブルー

グリーン

イエロー

ピンク

スターライト

ミッドナイト

PRODUCTRED

ブルー

パープル

イエロー

スターライト

ミッドナイト

PRODUCTRED

ブルー

ピンク

グリーン

上位モデル ホワイトチタニウム

ブラックチタニウム

ナチュラルチタニウム

ブルーチタニウム

ディープパープル

ゴールド

シルバー

スペースブラック

アルパイングリーン

シルバー

グラファイト

ゴールド

シエラブルー

アルパイングリーン

iPhoneを選ぶときに、好みが色濃く反映されるのがカラーバリエーションです。

特にアイフォン14のパープルは女性に爆発的な人気が出たのですが、最新機種ではラインナップから漏れてしまいました。

パステルパープルのかわいらしいiPhoneが欲しいなら、アイフォン14を買うべきでしょう。

サポート期間の長さ

アイフォン14を買うべきかという決め手に欠けるなら、サポート期間の長さを考慮してみるのがおすすめです。

Apple製品のiOSアップデートは基本的に5年程度サポートされるため、1世代新しいアイフォン14ならiPhone13よりも単純に1年長くフォローが受けられます。

キャリアの端末購入プログラムを使って購入する場合は、1~2年でスマホを返却するので、どの機種を選んでもサポート期間はクリアできるでしょう。

しかし、一括購入などで返却予定がなく使い倒すなら、今から買う場合サポートが長くなるiPhone14の方が快適に使える可能性が高いです。

アイフォン14を買うべきか迷うなら端末購入プログラムも

アイフォン14を買うべきか迷うなら、原則2年でスマホを返却する「端末購入プログラム」を使ってお得に購入するのもおすすめです。

端末購入プログラムとは、分割払いで端末を購入し、1年や2年などの一定期間でスマホを返却することで、残りの残債が免除になる仕組みのこと。

キャリアや対象機種にもよりますが、半額以下の負担で購入できることが多いです。

アイフォン14の128GBを買う場合、各キャリアでプログラムを適用した価格は以下のとおりです。

適用プログラム名 本体価格 実質負担額
ドコモ いつでもカエドキプログラム 138,930円 67,650円
au スマホトクするプログラム 129,990円 32,500円
ソフトバンク 新トクするサポートバリュー 137,520円 21,996円
楽天モバイル 買い替え超トクプログラム 120,800円 60,384円

なお、2024年1月時点でアイフォン14に適用できる端末購入プログラムは、ドコモ・au・楽天は25回目(約2年)で返却、ソフトバンクは13回目(約1年)で返却が前提となります。

アイフォン14を買うべきか迷っている人の中には、USB-C対応の最新機種iPhone15が買いたいけれども予算が合わない、というケースが多いのではないでしょうか。

今使っている端末が限界なら、一旦プログラムを使って安くiPhoneを買い、1~2年後返却のタイミングで、型落ち値下げとなったiPhone15を購入といった離れ技も可能に。

このように、使い方次第では賢い選択にもなり得るので、アイフォン14を買うべきか迷っている場合は、各社の端末購入プログラムを活用してみてはいかがでしょうか。

アイフォン14を買うべきかどうか見極めよう

本記事では、アイフォン14を買うべきか、iPhone13・15よりも今おすすめな理由を解説しました。

今からアイフォン14を購入するなら、iOSのアップデート期間も十分長く、好きなカラーやストレージが選べて、最新機種より安く買えるといった利点があります。

1世代型落ちとなって値下げされただけでなく、端末購入プログラムを使えばさらにお得に購入できるため、まさに買いどきの機種と言えるでしょう。

アイフォン14を買うべきか迷う場合は、オンラインショップで希望するモデルを確認し、プログラムを適用した実質負担額と予算を比較してみてはいかがでしょうか。

関連情報

iPhone 14のサイズ・大きさ・重さ・画面サイズを比較

iPhone14はどこで買うのがお得?最安値で安く買う購入方法も解説

iPhone 14(Pro/ProMax/Plus)発売日いつ?予約開始日・価格・スペックの最新情報

iPhone何がいいのかわからない・Android派は後悔するって本当?

 

-iPhone/iPad

Copyright© Happy iPhone , 2024 All Rights Reserved.