※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

iPhone 15を待つべきか?それとも買うべき?

iPhone15 待つべきか?iPhone14買うべきか?買わない方がいいか解説

iPhone 15の発売を待つべきか、それとも現行モデルを購入するべきかについて、購入予定者が知りたいことを詳しく解説します。

この記事にて、iPhone 15の発売を待つべき理由と、待たずに現在のモデルを購入すべき理由をそれぞれ明らかにしていきます。


auオンラインショップでは
新型iPhone・型落ちiPhoneが今すぐ購入できる

オンラインの買い方がわからない人は
auオンラインショップで自分で機種変更やり方解説


店舗・量販店で待たず
auオンラインショップで今すぐ購入はこちら

iPhone 15を待つべきか?待ったほうがいい理由

A17 Bionicプロセッサが搭載

iPhone 15シリーズには、初の3nmプロセス製造のA17 Bionicプロセッサが搭載されると予想されています。

DigiTimesTSMCのニュースリリースによると、A17 Bionicプロセッサの製造へ向けた製造プロセスへの移行がはじまっているとのこと。3nmプロセッサは、現在の5nmプロセッサに比べて15%高速化し、消費電力は30%削減されると思われます。

この性能向上により、iPhone 15シリーズはより高速な処理能力を持ち、アプリやゲームのパフォーマンスが向上することが期待されます。また、消費電力の削減によってバッテリー持ちも改善されるため、ユーザー体験が向上するでしょう。

ただし、これらの情報は予想に過ぎず、実際の製品発表まで確定的なことは言えません。Appleが実際にA17 Bionicプロセッサを搭載したiPhone 15シリーズを発表する際に、正確な性能や消費電力のデータが公開されることでしょう。

デザインが大幅変更

Jon Prosser氏によると、iPhone 15シリーズ(mini/Pro/Pro Max)は、2022年発売のiPhone 14シリーズとは異なる外観デザインが採用されるとの見込みです。リアカメラ部分がフラットになることで、より洗練されたデザインが期待されます。

リークされる情報やレンダリング画像、モックアップなどにより、新しいデザインの詳細が明らかになる可能性があります。しかし、正式な発表が行われるまで、リーク情報は確定的なものではないことに注意が必要です。

今後、公式発表が行われるまで、さまざまな情報源からリーク情報が出てくることでしょう。

Appleが実際にiPhone 15シリーズを発表する際に、正確なデザインや機能が明らかになります。新しいデザインや機能に関心がある場合は、公式発表を待つことが最も確実な方法かもしれません。

20倍デジタルズームが可能に

同じ著名リーカーのJeff Pu氏によると、iPhone15 Pro/Pro Maxは、最大で光学5倍ズームに対応するとのことで、iPhone15 Pro/Pro Maxは約20倍のデジタルズームが可能になるとのこと。

iPhone カメラ

現行モデルのiPhone13 Pro/Pro Maxが最大3倍の光学望遠と最大12倍のデジタルズームなので、iPhone15シリーズのカメラのスペックは大きく向上することになります。

iPhone15カメラ予想まとめは
iPhone15カメラ性能 ペリスコープ・出っ張り予想まとめ

バッテリー容量アップ

2022年発売のiPhone14シリーズよりも、iPhone15 Max/Pro/Pro Maxは大容量バッテリーを搭載すると予想されています。

リーク情報に詳しいMing-Chi Kuo氏が「Appleが2022年中にGaN(窒化ガリウム)を利用した30Wの急速充電器を発売するようだ」と語っており、急速充電に対応するならバッテリー容量も増える、という考えです。

そのため、iPhone15 Max/Pro/Pro Maxでは、現行の20Wの電源アダプターよりも小型の電源アダプターで、より高速に充電することができるようになる予定です。

ついに5Gミリ波対応か

2021年発売のiPhone 13シリーズは、米国では5Gミリ波に対応していましたが、それ以外の国ではSub-6バンドのみに対応していました。これは、ミリ波のインフラ整備が米国以外ではまだ進んでいなかったためです。

2023年に発売される予定のiPhone 15シリーズ(Max/Pro/Pro Max)については、日本をはじめとする国々でもミリ波のエリアが広がることが予想されており、両方のバンド(Sub-6とミリ波)に対応する可能性が高まっています。

これにより、より高速な5G通信を利用できる地域が増え、ユーザーの通信体験が向上するでしょう。

ただし、正式な発表がなされるまで、iPhone 15シリーズが両方のバンドに対応するかどうかは確定的なことは言えません。公式発表が行われる際に、正確な情報が明らかになりますので、そのタイミングまで待つべきでしょう。

やっとUSB‐C搭載か

2023年8月にAppleのiPhone 15シリーズに関する新たなリークが明らかになりましたが、これにより新しいUSB-Cポートの搭載がほぼ確実になりました。

まず、iPhone 15ラインアップ全体で使用されるとされるUSB-Cコンポーネントを示す画像が、Xアカウントにて公開されました。信頼性のあるインサイダーがコメントしています。

USB-CはiPhoneユーザーにとって大きなニュースです。Appleが今後の国際的な法律によってこの変更を余儀なくされている一方で、この動きによってiPhone所有者は、iPad、iPhone、MacBookの充電用に一本のケーブルだけを持ち歩くことがついに可能になります。

iPhoneとAndroidの所有者も、初めてケーブルを共有できるようになりますね。

iPhone 15を待つべき人と買うべきではない人

iPhone 15を待つべき人

iPhone 15シリーズが登場することで、革新的な機能や改良点が注目を集めています。特に、USB-Cポートの導入や「アクションボタン」の新設、そしてA17 Bionicチップの搭載が予測されており、Proモデルには8GBのメモリ拡張が期待されています。

これらの特長は、特に高画質の写真撮影を求める人々や、最新のデザインや色に興味を持つ人々、USB-C接続を望む人々、そして8GBメモリやアクションボタンなどの先進機能を欲する人々にとって魅力的です。

一方、iPhone 15の価格上昇も予想されているため、予算を重視するユーザーには、価格が下がると見込まれるiPhone 14や、よりコストパフォーマンスに優れたiPhone SE(第3世代)が適しています。

さらに、ProおよびPro MaxモデルにはRAMの増強やWiFi 6Eへの対応が期待され、新しいカラーラインナップやデザイン変更も予測されています。iPhone 15シリーズは、3年に一度の大規模なデザイン更新期にあたり、高性能なスペックとともに、多くのユーザーにとって魅力的な選択肢となるでしょう。

しかし、費用面や現在使用している機種の状況を考慮すると、一部のユーザーには現行モデルの継続使用や中古品の選択が推奨されます。このように、iPhone 15シリーズは多様なニーズに応える可能性を秘めており、ユーザーそれぞれの要望に合わせた選択が可能です。

iPhone15を買うべきではない人

iPhone 15シリーズは、iPhone 14シリーズを踏襲しつつ、性能面での向上が見込まれるモデルです。しかし、価格を重視する人や、すでにiPhone 14シリーズを持っている人、カメラの性能向上にあまり関心がない人にとっては、iPhone 15の新機能を十分に活用するのは難しいかもしれません。

主要な変更点としては、ミュートスイッチがアクションボタンに置き換わること、miniモデルの廃止、そしてバッテリー容量の増加に伴うデバイスの重量増加が挙げられます。また、iPhone 15の価格がこれまでのモデルの中で最も高くなるという予測も存在します。

このような状況を鑑みると、費用を節約したい人にとっては、iPhone 15の発売によって価格が下がることが予想される過去のモデルを選択することが賢明です。

特に、カメラ機能を重視するユーザーにとっては、4800万画素のカメラが搭載されるという予測があり、一部のユーザーにとっては魅力的な機能や性能の向上が見込まれます。しかし、iPhone 15は特定のユーザー層に向けたアップデートが施されるとされているものの、全てのユーザーにとっての必須アップグレードとはならない可能性が高いです。

したがって、自分の使用状況や求める機能をしっかりと考慮し、アップグレードのタイミングを慎重に選ぶことが推奨されます。このように、iPhone 15シリーズについての選択は、個々のニーズや優先順位に基づいて行うべきです。

iPhone 15を待つべきか?買うべきではない理由

iPhone 15はTouch IDが復活しない

新しいiPhoneモデルが発表されるたびに、生体認証システムへの関心と憶測が高まります。iPhoneは、以前からTouch ID(指紋認証)とFace ID(顔認証)の二つの生体認証システムを搭載してきましたが、最近はFace IDが主流となっています。

しかし、コロナウイルスの影響でマスク着用が必要になったことから、Face IDの使用に苦労するユーザーが増え、Touch IDの復活を望む声が高まっています。

にもかかわらず、iPhone 15シリーズに関する最新のリーク情報や専門家の見解では、Touch IDの復活は今回も期待薄とされています。情報源として知られる「Unknownz21氏」や、BloombergのMark Gurman氏によるMacRumorsの報道も、この見解を支持しています。

一方で、Face IDの進化も見逃せません。2022年3月にはiOS 15.4のアップデートにより、マスクを着用した状態でもFace IDが利用可能になりました。ただし、この機能はiPhone 12以降のモデルに限定されています。

Touch IDに関しては、最近のiPhoneではデバイスのサイズ制約や、手荒れや手汗の影響を受けやすいというデメリットがあるため、Face IDが主流になっています。しかし、第10世代のiPadで電源ボタンにTouch IDが組み込まれていることから、技術的には可能であることが示されています。

総じて、iPhone 15におけるTouch IDの復活可能性は低いものの、Face IDのマスク対応などの進化を考慮すると、生体認証システムは新しいモデルを選ぶ際の重要な考慮点となります。このように、iPhoneの生体認証技術は進化を続けており、ユーザーの利便性向上に貢献しています。

アクションボタンの搭載で操作感が変わるかも

iPhone 15 Proシリーズの登場に向けて、新しい機能の追加が期待されています。MacRumorsや91mobilesの報道によると、特に注目されているのは「アクションボタン」の搭載です。

この新機能は、従来のミュートスイッチを置き換える可能性があるとされています。アクションボタンは多様な機能を提供し、使用の便利さを高めることが予想されますが、新しい操作方法には慣れが必要となるため、従来のiPhoneユーザーには馴染みにくい可能性もあります。

この変更は、操作性のシンプルさを重視するユーザーや、誤操作を避けたいと考える人にとっては、iPhone 15 Proシリーズの購入を考える上での重要な検討点となるでしょう。

新機能の追加はユーザーエクスペリエンスの向上を目指すものですが、変更には適応する時間が必要であり、購入前にこれらの点を十分に理解しておくことが推奨されます。

iPhone 15シリーズの価格が高い

多くのリーカーやメディアによる情報から、iPhone 15シリーズの価格が前モデルであるiPhone 14シリーズと比較して上昇することが予想されています。

特に、iPhone 15 ProとPro Maxモデルについては、それぞれ約100ドル(約15,000円)から100~200ドル(最大約30,000円)の価格上昇が見込まれています。

加えて、Proモデルのストレージ容量の選択肢にも変化があるとされています。現行の128GB、256GB、512GB、1TBのラインナップから、128GBモデルが廃止され、2TBモデルが新たに加わる可能性があるため、特に256GBモデルの価格は大幅に上がると予想されます。

しかし、無印モデルの価格は変わらないとの見方もあり、価格を重視するユーザーには無印モデルが適しているかもしれません。

価格変動の背景には、機能や仕様の向上のほか、為替レートの変動や半導体不足などの外部要因も影響しています。実際に、2022年の円安はApple製品の価格上昇につながりました。

そのため、これからも為替の変動がiPhoneの価格に影響を及ぼす可能性があることを考慮する必要があります。予想されるiPhone 15シリーズの価格は以下の通りです。

- iPhone 15:約135,000円から
- iPhone 15 Plus:約150,000円から
- iPhone 15 Pro:約165,000円から
- iPhone 15 Pro Max:約180,000円から

この価格上昇は、特に高性能を求めるユーザーや最新技術に興味がある人にとって重要な考慮点となるでしょう。一方で、費用を抑えたいユーザーは、無印モデルや前モデルの購入を検討するのが賢明かもしれません。

iPhone 15 Pro Maxは重い

iPhoneの新モデルは、従来、軽量化を特徴の一つとしてきましたが、iPhone 15シリーズではこの伝統が変わるかもしれません。SPARROWS NEWSによる予測では、特にiPhone 15 Pro Maxは、以下のような変更が加えられることで、これまでのモデルの中で最も重たくなると予想されています。

- カメラ技術の進化: 高倍率望遠カメラであるペリスコープレンズの導入が予想され、光学倍率が6倍に達する可能性があります。これによるカメラモジュールの配置変更も予測されています。
- バッテリー容量の増加: デバイスの性能向上を支えるため、バッテリー容量が増加し、それに伴い重量が増加することが予想されます。

サイズに関しては、リーク情報によるとiPhone 15シリーズのサイズはiPhone 14シリーズと大きく変わらず、しかし厚みと重さは増加する見込みです。特に注目されているのは、上位モデルのiPhone 15がチタンフレームを採用する可能性があります。

チタンはその強度が高く軽量な金属であるため、採用されれば本体の軽量化が期待されますが、採用コストの増加により価格が上昇する可能性も指摘されています。また、デザイン面ではより丸みを帯びた、手になじむ形状が期待されています。

これらの変更により、新しいiPhone 15シリーズは機能性とデザインの面で大きな進化を遂げる可能性がありますが、その一方で、重量の増加という新たな挑戦にも直面することになるでしょう。

iPhone 15を待つべきか?買うべきかQ&A

iPhone 15を待ってiPhone 14を買うべき?

iPhone 15の購入を検討している場合、その価格が上昇する可能性を考慮する必要があります。iPhone 15は、新しいプロセッサや大容量のバッテリーを搭載することが予想されており、これらの特徴は性能の向上を約束します。しかし、これらの進化にはコストがかかるため、価格が高くなる可能性があります。

iPhone 15の登場に伴い、旧モデルであるiPhone 14の価格が下がることが期待されます。そのため、最新機能を求めず、手頃な価格で高品質なスマホを手に入れたい方は、iPhone 14の価格が下がるのを待って購入することをおすすめします。

一方、次のような要望を持つ方にはiPhone 15が適しています。

- 最新の性能や新機能を重視して選びたい方
- USB-Cの採用やダイナミックアイランドの全モデル搭載など、最新の技術を優先する方

価格の面で抑えたい、またはカメラ性能に特に高い要求がない方には、iPhone 14が価格的に魅力的な選択肢となり得ます。これらの情報を基に、自身のニーズに最適なiPhoneモデルを選択することが大切です。

iPhone 15を待ってiPhone 13を買うべき?

iPhone 15シリーズの登場は、市場におけるiPhone 13シリーズの価格下落を引き起こすと予想されています。特にiPhone 13には、小型で持ち運びやすい「miniモデル」がラインナップされており、iPhone 14や15ではこのminiモデルが提供されていない点が特徴です。

このため、小型のデバイスを好む方や、より手頃な価格のiPhoneを求める方には、iPhone 13シリーズが適していると言えます。

購入を検討している方で、iPhone 13とiPhone 15のどちらを選ぶべきか迷っている場合、以下のポイントを考慮することをお勧めします:

- 小型のデバイスを好む場合、または手頃な価格のiPhoneを求める場合は、iPhone 13 miniが最適です。
- 携帯キャリアの特別キャンペーンやコストパフォーマンスを重視する場合は、iPhone 13が良い選択肢となります。

一方で、最新の技術や高性能を優先するユーザーには、iPhone 15が向いています。iPhone 15は、最新のプロセッサ、改善されたカメラシステム、長持ちするバッテリーなど、最新の機能と性能を提供します。

iPhone 13でもiOSのアップデートを通じて新機能を享受できますが、性能やバッテリー持続時間に関しては、iPhone 15が優れています。したがって、ニーズや優先順位に応じて、どちらのモデルが自分に適しているかを判断することが重要です。

iPhone 15を待ってiPhone SE3を買うべき?

iPhone SE3は、A15 Bionicプロセッサを搭載しており、iPhone 8と比較して1.8倍の高速な処理性能を誇ります。このモデルの主な特徴は、高速なA15 Bionicプロセッサ、指紋認証のための「Touch ID」とホームボタンの搭載、そしてコンパクトな4.7インチの画面サイズです。

これらの要素は、操作性やセキュリティ、持ち運びやすさを重視するユーザーにとって魅力的です。

ホームボタンやTouch IDを重視する方、コストパフォーマンスや小さなデバイスを好む方には、iPhone SE3が特に適しています。このモデルは、手頃な価格でありながら、日常の用途に十分な性能を提供し、Appleのエコシステム内での利便性を享受できます。

一方で、バッテリーの持続力やカメラ性能、ディスプレイの品質など、最新の技術や最高の性能を求めるユーザーには、iPhone 15がおすすめです。iPhone 15は、最新のプロセッサやカメラシステム、長時間のバッテリーライフなど、先進的な機能を提供し、より高度な使用体験を実現します。

したがって、自分のニーズや使用状況に合わせて、iPhone SE3とiPhone 15のどちらかを選択することが重要です。価格と携帯性を優先するか、それとも最新の技術と性能を求めるかによって、適切なモデルが異なります。

まとめ:iPhone 15を待つべき人はこんな人

USB Type-Cの採用や最新の高性能スペックに関心があるユーザーにとって、iPhone 15の登場は待ち遠しいものです。

このような先進的な機能や改善された性能は、技術の最前線にいたいと考える人々にとって大きな魅力となります。特に、USB Type-Cは汎用性が高く、充電やデータ転送の効率を向上させるため、多くのユーザーがその採用を期待しています。

一方で、価格を抑えたいと考える人や、すでにiPhone 14シリーズを使っているという人には、iPhone 15へのアップグレードは必ずしも最適な選択ではないかもしれません。

新しいモデルの登場による価格の上昇は、予算に敏感なユーザーや、現在のデバイスに満足しているユーザーにとって、購入をためらう理由になり得ます。

iPhone最新情報

iPhoneを買うならどれ?初めてにおすすめの機種は?おすすめしない機種も紹介
iPhone15はどこで買うと安い?最安値で買える安く買う購入方法も解説
【最新】格安SIM別のiPhone15動作確認状況まとめ
SIMフリーiPhoneはどこで買うべき?メリット・デメリットや購入前の注意点を解説

Galaxy S24シリーズのバッテリー容量はどれくらい?

-iPhone/iPad

Copyright© Happy iPhone , 2024 All Rights Reserved.