iPhone 15(mini/Pro/ProMax)発売日いつ?予約開始日・値段・スペック・2023年新型の最新情報

2023年新型のiPhone 15(mini/Pro/ProMax)発売日いつ?予約開始日・値段などのリーク最新情報についてまとめました。

Appleより正式発表はないですが、iPhone15シリーズ発売日は2023年9月23日、予約開始日は同年9月15日になると予想されます。

これまでのリーク情報によるとiPhone15はカメラが大きく進化。画面内蔵顔認証(Face ID)を搭載、eSIM専用モデルが登場と噂されるなど、新機能満載のモデルになる見込みです。

この記事ではiPhone15に関する信憑性の高い情報をまとめ、最新情報が入り次第、内容を更新していきます。

iPhone15 待つべきか?iPhone14買ってもいい理由も解説
iPhone15(Max/Pro/Pro Max/mini)サイズ・大きさ・重さ・画面サイズを比較
iPhone15は指紋認証(Touch ID)がつかない?復活するのか解説

iPhone 15(mini/Pro/ProMax)発売日・予約開始日はいつ?

iPhone 15(mini/Pro/ProMax)の発売日は2023年9月22日(金)、予約開始日は2023年9月15日(金)となる可能性が高そうです。(日本時間)

これはAppleが例年、新型iPhoneの発表会を9月中旬の火曜日に開催。同じ週の金曜日に予約を開始、1週間後に発売するためです。

iPhone15発売日・予約開始日予想

ただし、iPhone 15・Max・Pro・Pro Maxの発売日・予約開始日はまだ発表されていないため、スケジュールが変わる可能性もあります。

参考までにiPhone過去モデルの発売日をまとめると以下の通りです。

【新型iPhoneの発表日・発売日】

モデル名発表日発売日
iPhone 82017年9月12日2017年9月22日
iPhone X2017年11月3日
iPhone XS2018年9月12日2018年9月21日
iPhone XR2018年10月26日
iPhone 112019年9月11日2019年9月20日
iPhone 122020年10月14日iPhone 12/12 Pro:10月23日

iPhone 12 mini/12 Pro Max:11月13日

iPhone 13/mini/Pro/Pro MAX2021年9月15日2021年9月24日

iPhone 15(mini/Pro/ProMax)値段・価格

iPhone 15(mini/Pro/ProMax)の価格・値段は発表されていません。正式発表後に情報を掲載します。

なお、2022年7月1日にAppleStoreで販売されているすべてのiPhoneが円安を理由に値上げされています。

iPhone15の発売までに円安の傾向が変わらないなら、iPhone15はこれまでのモデルよりも値段が高くなるかもしれません。

2022年発売見込みのiPhone14が円安の影響を受けるのはほぼ確実なので、上記のようにiPhone15では円安影響をおさまっていることを願う人は多いです。

iPhone 15(mini/Pro/ProMax)のデザイン・外観

iPhone 15(mini/Pro/ProMax)は、2022年発売のiPhone14のデザインをもとに、外観へ若干の変更が加えられる可能性が高いです。では、2022年モデルiPhone14がどのようなデザインになるのかみてみましょう。

著名リーカーJon Prosser氏によるとiPhone14のデザインは次のように変更されるもようです。

  • リアカメラ部分がフラットに。出っ張り廃止
  • Proモデルはパンチホールディスプレイ採用でノッチ廃止
  • 人気だったiPhone4に似たデザインに変更される

【参考】2022年iPhone14の予想図

2022年iPhone14予想図
(画像出典 : Rendersbyian.com )

一方、Appleに関するリーク情報で高い的中率を誇るRoss Young氏は「2023年モデルでは(無印の)iPhone15もパンチホール式ディスプレイを採用するだろう」と予想。

Twitterにレンダリング画像を投稿しています。

iPhone15が2022年モデルと同等のデザインを採用とすれば、今後出てくるiPhone14のレンダリング画像やモックアップにも要注目です。

iPhone15のデザインについては新しい情報が入り次第、情報を追加します。

iPhone 15(mini/Pro/ProMax)のカラー・新色予想

記事執筆段階でiPhone 15(mini/Pro/ProMax)のカラー・新色に関する情報はありません。

そこで現行モデルiPhone13シリーズのカラーをもとに、カラーバリエーションを予想してみましょう。

iPhone15(mini)/15 Maxのカラー・新色予想

iPhone15(mini)/15 Maxはホワイト・ブラック・(PRODUCT)REDの定番カラーを中心に豊富なカラバリになると予想されます。

定番カラー以外で発売される可能性が高いのはブルー・ピンク・グリーン・パープルなどでしょうか?

その他では、iPhone11やiPhone XRで人気だったイエローやオレンジが復活する可能性もありそうです。

参考までに2021年モデルiPhone13は(PRODUCT)RED・スターライト・ミッドナイト・ブルー・ピンク・グリーンでした。

iPhone13カラー
(画像出典 : Apple )

iPhone15 Pro/15 Pro Maxのカラー・新色予想

iPhone15 Pro/Pro Maxはグラファイト・シルバー・ゴールドの定番カラーを中心に4色程度のカラー展開になると思われます。

定番カラー以外で発売される可能性が高いのは、ブルー系・グリーン系の新色でしょうか?

その他では、ローズゴールドやパープルなども新色として追加される可能性がありそうです。

参考までに2021年モデルiPhone13 Proはシエラブルー・グラファイト・ゴールド・シルバー・アルパイングリーンでした。

iPhone13 Pro カラー

(画像出典 : Apple )

また、近年のiPhoneは、春のイベントで新色が追加される傾向にあります。

2021年の春のイベントではiPhone12/12 miniに新色パープルが追加。2022年には、iPhone13/13 miniにグリーン、iPhone13 Pro/Pro Maxにアルパイングリーンが追加されました。

iPhone 15・Max・Pro・Pro Maxでも春に魅力的な新色が追加されるかもしれません。

iPhone 15(mini/Pro/ProMax)のサイズ・大きさ・重さ

記事執筆段階でiPhone 15(mini/Pro/ProMax)のサイズに関する情報はありません。

ただし、ディスプレイサイズが6.1インチ/6.7インチになると噂されているので、サイズ感はiPhone13/13 Pro/13 Pro Maxと同等になるものと思われます。

iPhone 15(mini/Pro/ProMax)のディスプレイ

iPhone15シリーズでは、スタンダードモデルのiPhone15/15 Maxも120HzのPro Motionディスプレイを採用する可能性があるようです。

現行モデルiPhone13では、13 Pro/13 Pro MaxのみがPro Motionディスプレイを搭載。

これは、Pro Motionディスプレイに不可欠なLTPO(低温多結晶酸化物)パネルの供給量不足が原因の一つとされています。

DigiTimesによると、現行のLTPO(低温多結晶酸化物)パネルサプライヤーはサムスンディスプレイの1社のみ。

今後、LG DisplayやBOEがサプライヤーに加わるため、「全モデルがPro Motionディスプレイを搭載可能になる」としています。

【参考】Pro Motionディスプレイと60Hzディスプレイの比較

なお、iPhone15シリーズのディスプレイサイズはiPhone15/15 Proが6.1インチ、iPhone 15 Max/15 Pro Maxが6.7インチになると噂されています。

iPhone 15(mini/Pro/ProMax)のプロセッサ

iPhone15シリーズは、初の3nmプロセス製造となるA17 Bionicプロセッサを搭載する見込みです。

DigiTimesによると、TSMCはA17 Bionicプロセッサの製造へ向け、2022年後半から製造プロセスを3nmへ移行するとのこと。

TSMCのニュースリリースによると、3nmプロセッサは現行の5nmプロセッサに比べて15%高速化され、消費電力は30%減少するようです。

一方、Apple関連のリーク情報で有名なMing-Chi Kuo氏は新型iPhoneのプロセッサについて次のように語っています。

2022年のiPhone14で最新のA16プロセッサが搭載されるのはProモデルのみ。

iPhone14/14 Maxは一世代前のA15プロセッサを搭載する見込みだ。

これが事実であれば、 最新A17 Bionicプロセッサを搭載するのもiPhone15 Pro/Pro Maxのみ。

iPhone15/15 Maxは一世代前となるA16 Bionicプロセッサを搭載する可能性が高そうです。

(Source :DigiTimes )

iPhone 15(mini/Pro/ProMax)のRAM

記事執筆段階でiPhone 15(mini/Pro/ProMax)のRAMに関する情報はありません。

現状で判明しているのは、2022年に発売されるiPhone14シリーズのRAMについてのみです。

以下は、Apple製品のリーク情報に定評があるMing-Chi Kuo氏のツイート。

(一部省略)iPhone14シリーズは全モデルが6GBのRAMを搭載する。

違いは14Pro/Pro Maxが最新のLPDDR 5を搭載。14/14 Maxが従来通りLPDDR 4Xを搭載することだ。

このことから、iPhone 15(mini/Pro/ProMax)でも、モデルによってRAMの仕様に差が付けられる可能性が高そうです。

なお、メモリメーカーのMicronによると最新のLPDDR 5 RAMはデータ転送速度が50%アップ、電力消費は20%減少とされています。

iPhone 15(mini/Pro/ProMax)のストレージ

記事執筆段階でiPhone 15(mini/Pro/ProMax)のストレージに関する情報はありません。

現行モデルiPhone13 Pro/Pro Maxの最大ストレージは1TBですが、画像や動画データの容量が増大していることから、iPhone15 Pro/Pro Maxでは2GBストレージが用意される可能性もあります。

iPhone 15(mini/Pro/ProMax)のカメラ

Ming-Chi Kuo氏はiPhone15 Pro/Pro Maxがペリスコープ望遠を搭載すると予想しています。

同じ著名リーカーのJeff Pu氏によると、iPhone15 Pro/Pro Maxのペリスコープ望遠は光学最大5倍ズームに対応するとのこと。

現行モデルiPhone13 Pro/Pro Maxが最大3倍光学望遠、最大12倍デジタルズームなので、iPhone15 Pro/Pro Maxは20倍程度のデジタルズームが可能となるはずです。

また、iPhoneのカメラは2022年のiPhone14から4,800万画素に高画素化されるとされています。

高画素化とペリスコープ望遠によって、iPhone15シリーズのカメラは大きくスペックアップするでしょう。

iPhone 15(mini/Pro/ProMax)の生体認証

iPhone15 Max/Pro/Pro Maxの生体認証は引き続き顔認証(Face ID)となる可能性が高そうです。

この数年間、新型iPhoneに画面内蔵式指紋認証(Touch ID)が搭載されるのではと噂になっていましたが、可能性は低くなっています。

これは、最新のiOS 15.4でマスクをしたまま顔認証(Face ID)が利用できるようになったため。

iOS 15.4により、Face IDで「iPhoneのロック解除」「iTunes StoreとApp Store」「ウォレットとApple Pay」「パスワードの自動入力」「そのたのApp(の自動ログイン)」とすべての機能が利用可能となりました。

Face ID設定画面

このため、Appleは画面内蔵式指紋認証(Touch ID)の開発を中止した可能性が高いと思われます。

iPhone 15(mini/Pro/ProMax)スペック予想

これらの内容をもとに、iPhone15 Max/Pro/Pro Maxの予想スペックをまとめてみました。

現行モデルiPhone13/mini/Pro/Maxに比べるとプロセッサ・カメラ・バッテリーなどの大幅なスペックアップが期待できそうです。

iPhone13/13 miniiPhone15/15 MaxiPhone13 Pro/Pro MaxiPhone15 Pro/Pro Max
ディスプレイ5.4/6.1インチLTPS

60Hz

6.1/6.7インチLTPO

120Hz

6.1/6.7インチLTPO

120Hz

6.1/6.7インチLTPO

120Hz

プロセッサA15 BionicA17 Bionic またはA16A15 BionicA17 Bionic
RAM4GB

LPDDR4 X

6GB

LPDDR 5

6GB

LPDDR4 X

6GB

LPDDR 5

ストレージ128/256/512GB128/256/512GB?128/256/512GB/1TB128/256/512GB/1TB/2TB?
リアカメラ広角 :12MP

超広角 : 12MP

広角 :48MP

超広角 : 48MP

広角 :12MP

超広角 : 12MP

望遠 : 12MP

3倍光学望遠

LiDARスキャナ

広角 :48MP

超広角 : 48MP

望遠 : 48MP

10倍ペリスコープ望遠

LiDARスキャナ

フロントカメラ

(TrueDepthカメラ)

12MP

(ノッチ)

不明

(パンチホール)

12MP

(ノッチ)

不明

(ノッチまたは画面内蔵)

バッテリー容量2,406mAh

3,227mAh

不明3,095mAh

4,352mAh

不明
5GSub-6Sub-6およびミリ波Sub-6Sub-6およびミリ波
生体認証顔認証(Face ID)顔認証(Face ID)顔認証(Face ID)顔認証(画面内蔵Face ID)
外部端子LightningLightningLightningLightning

iPhone 15(2023年新型)の新機能・噂・リーク情報

このコーナーではiPhone15 Pro/Pro Maxの新機能や噂・リーク情報をまとめました。最新情報が入り次第内容を更新していきます。

iPhone 15 Pro・Pro Maxはディスプレイ内蔵Face IDを搭載?

THE ELECはiPhone15 Pro/Pro Maxがディスプレイ内蔵Face IDを採用するようだと報じています。

参考までに、2022年発売のiPhone14 Pro/Pro Maxでは、Face IDのセンサーをディスプレイ中央部に搭載と噂されています。(画像参照)

【参考】iPhone14 Pro/Pro MaxのFace IDセンサー(中央)とフロントカメラ予想図

iPhone14パンチホール

THE ELECは、iPhone15 Pro/Pro Maxで中央部のFace IDセンサーがサムスンGalaxy Z Fold3のようなディスプレイ内蔵カメラに変更されると予想しています。

【参考】Galaxy Z Fold3のディスプレイ内蔵カメラ

ディスプレイ内蔵カメラ

(画像出典 : THE ELEC )

一方、ディスプレイ専門家のRoss Young氏はTHE ELECのリーク情報を否定。

「ディスプレイ内蔵式Face IDの搭載は2024年(iPhone16)まで実現しないだろう」と予想しています。

現状でiPhone15 Pro/Pro Maxがディスプレイ内蔵Face IDを搭載するか、五分五分といったところでしょうか?

(Source : THE ELEC )

iPhone 15はeSIM専用モデルとなる?

MacRumorsは、匿名の内通者からの情報として「iPhone15 Pro/Pro Maxは物理SIMカードスロットを持たないeSIM専用モデルになる可能性がある」と報じています。

Appleは数年前から外部ポート(Lightning端子)を廃止した完全ポートレス・ワイヤレスのiPhoneを開発中と噂されており、今回の話は計画の一環と思われます。

ただし、eSIMの対応状況は国によって異なることから、販売地域によっては物理SIM搭載モデルが用意される可能性も高そうです。

(Source : MacRumors )

iPhone 15はバッテリー容量アップか

2022年発売のiPhone14シリーズはデザイン変更によりボディの厚みが増し、バッテリー容量がアップすると噂されています。

このため、同じデザインとなる見込みのiPhone15 Max/Pro/Pro Maxも大容量バッテリーを搭載すると考えて良いでしょう。

一方、リーク情報に詳しいMing-Chi Kuo氏は「Appleが2022年中にGaN(窒化ガリウム)を利用した30Wの急速充電器を発売するようだ」と語っています。

GaN(窒化ガリウム)充電器は高い出力ながら小型・軽量という特長があります。

このため、iPhone15 Max/Pro/Pro Maxでは現行の20W電源アダプタより小型の電源アダプタで、より高速な急速充電が可能となるでしょう。

iPhone 15はUSB-C端子を搭載?

数年前から新型iPhoneはLightning端子に代わりUSB-Cが搭載されるのではと噂されています。

しかし、iPhone15 Max/Pro/Pro MaxにUSB-Cが搭載される可能性は極めて低いと思われます。

これは、著名リーカーJon Prosser氏が2020年のiPhone12発売前に行ったツイート。

iPhone12にUSB-Cが搭載されることは絶対にありません。

AppleはUSB-Cへ移行させる前にポートレス化を行うはずです。

このため、iPhone15 Max/Pro/Pro Maxには引き続きLightning端子が搭載されると考えて良いでしょう。

iPhone 15は5Gのミリ波対応?

2021年に発売された現行モデルiPhone13/mini/Pro/Pro Maxはアメリカ国内のみ5Gのミリ波に対応。他の国ではSub-6帯のみ対応でした。

しかし、iPhone15 Max/Pro/Pro Maxが発売されるのは2023年。日本国内でもミリ波エリアが拡大しているはずなので、Sub-6とミリ波両対応となる可能性が高いでしょう。

iPhone15は2023年秋ごろに発売見込み

2023年に発売のiPhone15 Max/Pro/Pro Maxについて、現時点で噂されているリーク情報をまとめました。

ただし、発売が当分先ということもあり、まだまだ情報が少ないのも事実。

今後、新しい情報が入り次第、内容を追加するので、ぜひご覧ください。

iPhone最新情報

⇨iPhone14発売日・価格・スペックまとめ

⇨iPhone14待つべきか・iPhone13を買うべきか

iPhone14待つべきか?iPhone13買うべきか?買わないほうがいい理由を解説

iPhone14待つべきか・iPhone13買うべきか・買わないほうがいい理由をまとめます。 App ...

⇨iPhone14/14 Proを比較・違いは?

iPhone14はどこで買うとお得で安い?最安値はどこか

-iPhone/iPad

Copyright© Happy iPhone , 2022 All Rights Reserved.