ドコモ 新料金プラン 計算 通帳
2019年6月1日よりドコモの新料金プランがサービスを開始しています。これまでの旧料金プランへの申し込みは2019年5月31日で打ち切っているため、ドコモユーザーとしてはこのまま旧料金プランを継続するべきか、この機会に新料金プランへ変更するべきか迷いどころではないでしょうか。

ドコモでは新料金プランへの変更で「2割〜4割安くなる」とうたっていますが、これまでにあった割引サービスのいくつかが受付終了したことで、新料金プランへの変更が必ずしも誰でもがお得になるわけではありませんので注意が必要です。

今後新料金プランへの変更を検討中の場合は、損をしないタイミングや知ってるとお得なタイミングがあります。

今すぐ変更するのではなくっても、先に知っていると料金プラン変更のタイミング見逃さないので最後までご覧ください。

6月1日から始まった新料金プランギガホ・ギガライトとは何?という方は
ドコモのギガホ・ギガライトとは? 申込み前に知りたい注意点をわかりやすく解説

料金プラン変更損なタイミング

ドコモの新しい料金プランは、毎月の使用料と携帯の購入費が一緒に割引きになっているプランでした。

新料金プランは分離プランのため、毎月の料金と端末の購入費用が別々になりました。
そのため、旧プランで購入している方はプランによって損をしてしまうタイミングがあります。

割引サービスを途中解約するプラン

2019年5月31日で新規受付を終了した割引サービスは

・端末購入サポート
・月々サポート
・docomo with
・ウェルカムスマホ割

の4種類です。
サービス内容と適用終了時期を見ていきます。

指立て女性

その前にこの4つに自分が入っているかどうかわからない方が多いのではないでしょうか
どの割引きサービスに加入しているかわかる方法からお伝えします。

自分がどの割引きサービスに加入しているかわからない

自分がどの割引きサービスに加入しているかわからない方は、マイドコモの『ご契約内容の確認・変更』から確認できます。

マイドコモへアクセス
マイドコモはこちら
マイドコモ

↓ご契約内容の確認・変更からついている割引きサービスの名称が請求形態の下に書いてあります。

月々サポートがついていると確認できます。

解除料が発生する端末購入サポート

端末購入サポート
機種変更・新規契約・乗り換えなどで新たに端末を購入する場合に本体代が割引されるサービスが「端末購入サポート」です。1年以内にプラン変更や機種変更をしないという条件があり、もし1年以内に新料金プランへ変更する場合は解除料がかかります。割引額と解除料の一例は以下の通りです。

対象機種(※一例) 購入時の契約条件 割引額 解除料
iPhone X(64GB) 他社からの乗り換え 104,328円 52,164円
Xperia XZ2 SO-03K 他社からの乗り換え・新規・機種変更 73,872円 36,936円
Galaxy Note8 SC-01K 他社からの乗り換え 110,808円 55,404円

上記の表の通り大きな割引が適用されますので対象機種で契約の際の条件が合えば加入していることでしょう。1年以内の途中解除をしてしまうと割引額の半額とはいえ高額な解除料がかかりますので損です。適用期間は以下の通りです。

・対象機種の購入日が5月1日であれば、翌年の4月末日(30日)まで。
・対象機種の購入日が5月2日から5月末日(31日)であれば、翌年の5月末日(31日)まで。

購入日を覚えていない方は上記の『自分がどの割引きサービスに加入しているかわらない』で説明しているドコモのサイト「My docomo」から「ご契約内容の確認・変更」で確認して下さい。

解除料など端末購入サポートについてさらに詳細が知りたい方は公式サイトをご覧ください。
端末購入サポート公式サイトはこちら

毎月の利用料金が割引される月々サポート

月々サポート
対象機種を24回払いで購入した場合に毎月の利用料金から一定額が割り引かれるのが「月々サポート」です。割引額は購入機種によって異なります。割引を満額受けるには支払いが終わる24ヶ月目までプランや機種の変更をすることなく利用を続ける必要がありますが、途中解除したとしても解除料金はかかりません。

ただ、「月々サポート」の割引額は大きいため多くの場合24回払いを完了する適用期間終了まで待たれた方が損をしませんのでオススメです。

月々サポートについて詳しく詳細が知りたい方は公式サイトをご覧ください。
月々サポートについてはこちら

ずっと割引が続くdocomo with

対象機種であれば毎月の利用料金から1,500円が割引されるのが「docomo with」です。

対象機種はミドルレンジモデルのため、最新のハイスペックモデルを好むハードユーザーを対象としたサービスではありませんでしたが、新料金プランからは対象機種は限定されなくプランを利用し続けるどのスマホでも割引の適用が継続されます。

つまり、新料金プランにすると機種変更してもしなくても毎月1,500円の割引が終了します。

多くの場合旧料金プランのまま「docomo with」の割引を継続した方がお得ですが、新料金プランの1つである定額制の大容量プラン「ギガホ」には最初の6ヶ月間1,000円が割引される「ギガホ割」が適用されます。

半年間の割引期間中は旧料金プランよりも若干新料金プランの方が安く利用できます。

のようにプランによっては、家族全員でdocomo withの場合は安くなるけど、1人だけの時など組み方によっては料金プランが安くない場合があります。

指立て女性

一概にdocomo withは安いとはいえないため、料金シュミレーションをしてから料金プランを変更するかしかないを決めて下さい。

直近3か月間の利用状況から診断した、料金プランを提案してくれる
ドコモの料金シュミレーションはこちら

docomo withと併用できるウェルカムスマホ割

ウェルカムスマホ割
ガラケーからスマホを初めて利用し始める場合であれば毎月の利用料金から毎月1,500円の割引が適用されるのが「ウェルカムスマホ割」です。

旧料金プランでは「docomo with」と併用できる点が最大の魅力で、合わせて3,000円の割引が最大13ヶ月間適用されます。途中解除の場合に解除料は発生しませんが、割引適用期間が無くなってしまうので割引きが終了するまでまつことをおすすめします。

新料金プランへお得に変更するタイミングとは

これまで見てきましたように、割引サービスの適用期間が残っているにも関わらず新料金プランへ変更してしまうと損をしますので、ドコモのサイト「My docomo」で契約内容と適用期間の完了時期を確認しておきましょう。

対象機種を使い続ける限り割引が継続する「docomo with」の適用を受けているユーザーにとっては新料金プランへの変更時期が悩ましいところですが、以下に紹介するタイミングで変更するとお得に新料金プランを利用することができます。

お得になるタイミングについてお伝えします。

9月30日まで受付中のギガホ割

ドコモ ギガホ割
前にも触れましたが、新料金プランにはこれまでと同様に定額制の大容量プランがあります。端末代は除外して、料金プランのみでどれほど差があるかは以下の表の通りです。

  ギガホ ウルトラデータLL ウルトラデータL
(新料金プラン) (旧料金プラン) (旧料金プラン20GB)
データ容量30GB 6,980円 8,000円 6,000円(※20GB)
通話プラン 980円 980円
(シンプルプラン) (シンプルプラン)
spモード 300円 300円
合計 6,980円 9,280円 7,280円
割引料金 ▲1,000円
(ギガホ割)
▲1,500円
(docomo with)
▲1,500円
(docomo with)
割引後の合計 5,980円 7,780円 5,780円

表の通り、毎月30GBが利用できる大容量プランでは旧料金プラン(ウルトラデータLLパック)から新料金プラン(ギガホ)への変更で大幅に値下がりしていることが分かります。

新料金プランでは、さらに期間限定の「ギガホ割」が適用されることで、旧料金プランで「docomo with」の割引をよりも約2,000円毎月の負担額が安くなります。

毎月大容量のデータ通信が必要ではあるものの20GB以下で十分な場合は、「docomo with」の割引を適用すれば旧料金プラン(ウルトラデータLパック)の方が安くなります。

20GB以上毎月利用している場合は新料金プランへ変更する方がお得になることが分かりましたが、「ギガホ割」の受付期間が終了する2019年9月30日までに変更する方がよりお得になります。

他の割引サービスの適用期間が9月30日以降も継続する場合は、どちらがお得かドコモの公式サイトの「料金シミュレーション」を利用するのをオススメします。

ずっとドコモ特典でポイントを上手にもらう

新料金プランと合わせて「ずっとドコモ特典」という新たな特典が開始されました。

「dポイントクラブ」のステージごとに異なるポイント数を獲得できます。


ドコモ回線を15年以上継続して利用しているか、半年間で10,000pt以上dポイントを獲得しているプラチナステージのユーザーであれば3,000ポイントを毎年受け取れますが、誕生月当月までに新料金プランへ変更しておくか、もしくは誕生月当月に新料金プランへの変更予約をする必要があります。

更新ありがとうポイントでポイントを上手にもらう

旧料金プランで「ずっとドコモ割コース」で契約している場合には更新の度にdポイントが3,000ポイント獲得できる「更新ありがとうポイント」があります。

更新ありがとうポイント
7月が誕生月で6月が契約期間満了月であれば、7月1日以降に「更新ありがとうポイント」へ申し込みをし、さらに7月中に新料金プランへの変更を行えば「更新ありがとうポイント」と「ずっとドコモ特典」をダブルで獲得できます。ただこれは契約満了時期がうまく合う必要があり、運次第でもありますが気になる方は一度契約内容を確認して下さい。

自分の契約内容・満了月がわからない方はマイドコモから確認できます。

マイドコモの契約内容の確認・変更の2ページ目
マイドコモの契約内容の確認 ご契約
今の料金プランと契約期間の満了月がわかります。

マイドコモで確認する方はこちら

機種変更の時は料金プランを変えるタイミング?

機種変更をする場合でも、前述している

割引サービスを途中解約するプラン

・端末購入サポート
・月々サポート
・docomo with
・ウエルカムスマホ割

に加入している場合割引や解除料が発生する可能性が高いので終了するまで待つことをおすすめします。

また、これからの機種変更の場合割引きサービスが終了して、今はスマホおかえしプログラムが新しく開始しました。

スマホおかえしプログラム
スマホおかえしプログラムは,対象機種が決まっていて36回分割払い・機種返却が条件です。

なので、分割払いができない人や機種を手元に残したい人は使うことができません。

今までは月々サポートや端末購入サポートがあったから安く購入できたけど、これからは機種変更すると高くなると思っていませんか?

割引プランが無くっても、ドコモでは端末を手軽に購入しやすいように6月1日から値段を下げています。

分離プランが始まったので、機種変更と新料金プランにすると今まで以上にお金の負担が増えてしまうのではないかと思ってしまうんですよね。

料金シュミレーション

ドコモでは、そんな不安な悩みに解決できるように『機種代金+新料金プランになると毎月の維持費がいくらになるか』がわかる料金シュミレーションがあります。

指立て女性

どのくらい機種代金・維持費がかかるのか確認をして下さい。

思ってたより違ってたと思いますよ

機種購入代金+新料金プランの維持費がわかる
ドコモの料金シュミレーションはこちらから