※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

ドコモと楽天モバイルを比較した違いは?どっちが良いのか料金や回線品質で比較

ドコモと楽天モバイルを比較した違いをまとめました。

ドコモと楽天モバイルは日本を代表する通信キャリアですが、両者にはかなりの違いがあります。

かなりの違いがあるがゆえに、どちらにすれば良いかわからないという人がいるでしょう。

そこで本記事はドコモと楽天モバイルどっちが良いのか、料金や回線品質などで比較してみます。


楽天モバイルは つながりやすさを改善
Rakuten最強プランでSIMのみ変更もあり!
楽天モバイルの基地局確認はこちら

SIMのみ契約できる
Rakuten最強プラン詳細はこちら

1円スマホなど在庫切れ発生中
楽天モバイル在庫切れ・在庫状況はこちら

ドコモと楽天モバイルを比較した違い

楽天モバイルとドコモを対比すると、特にコストパフォーマンスを重視するユーザーにとって楽天モバイルが魅力的な選択肢となっています。

たとえば、楽天モバイルでは20GBまでのデータ使用量ならば、月額2,178円というリーズナブルな料金でサービスを享受できます。

ドコモの場合、中容量のプランが存在しないため、同様のニーズを持つユーザーはahamoに方向を向けることになるでしょう。

楽天モバイルのパートナー回線が強化された結果、地下や建物内でも接続性が向上しています。

コストパフォーマンスを重視するユーザーにとって、これは大きなメリットとなります。

ドコモvs楽天モバイル:データ使用量ごとに料金を比較

ドコモと楽天モバイルのデータ使用量ごとに料金を比較してみましょう。

料金を比較

データ容量ごとのドコモ(irumo)と楽天モバイル(Rakuten最強プラン)の料金は以下の通りです。

  • 〜1GB:ドコモ - 、楽天モバイル - 1,078円(割引適用後)
  • 1〜3GB:ドコモ - 2,167円、楽天モバイル - 880円(割引適用後)
  • 3〜6GB:ドコモ - 2,827円、楽天モバイル - 2,178円(割引適用後)
  • 6〜9GB:ドコモ - 3,377円、楽天モバイル - 2,090円(割引適用後)
  • 〜20GB:ドコモ - 、楽天モバイル - 2,178円(割引適用後)
  • 無制限:ドコモ - 、楽天モバイル - 3,278円(割引適用後)

ここでいう割引とは、ドコモ光セット割、home 5G セット割、dカードお支払割の適用を指しています。

プランの特徴を比較

ドコモのirumoプランでは、ユーザーは3GB、6GB、9GBからデータ量を選択でき、これは新しい料金プランである5Gギガライトに置き換わるものです。

対して楽天モバイルでは、〜3GB、〜20GB、〜無制限という段階的なプランが設けられています。

これらのプランを単純に比較するのは困難ではありますが、一部の条件下では、ドコモの方が優れた選択となる場合もあります。

例えば、月間のデータ使用量が3GB以下で、割引が適用できる場合には、ドコモのirumoプランが安価で利用できる可能性があります。

そのため、このような条件に合致する方には、ドコモをおすすめします。

ドコモvs楽天モバイル:データ使用量を無制限に使った料金を比較

データ使用量に制限がないプランを見てみましょう。

ドコモと楽天モバイルの無制限プランの料金を比較した結果は以下の通りです。

料金プランの金額を比較

ドコモ(eximo)は7,315円、楽天モバイル(Rakuten最強プラン):割引適用後3,278円、割引なしの場合4,928円。

これを見る限り、楽天モバイルは料金面で優れた選択肢となっています。

割引がフルに適用されると、ドコモとの差はなんと1,650円。割引が全く適用されない場合でも、4,037円の差が出ます。

したがって、データを無制限に使用したいが、料金は抑えたいというユーザーにとって、楽天モバイルは最適な選択です。

料金プランの使い勝手を比較

また、自分がどれほどのデータを使用するかを想定することは、ドコモと楽天モバイルの料金差を理解する上で役立ちます。

例えば、中画質(480p)の動画を1日に約1.5時間視聴する場合や、高画質(720p)の動画を1日に40分しか視聴しない場合など、無制限プランが適切かどうかを見極めることができます。

ドコモvs楽天モバイル:通話料金とオプションを比較

ドコモと楽天モバイルの通話料金とオプションと料金体系を対比的に見てみましょう。

どちらも標準の通話料は22円/30秒と同じですが、特定の条件下での料金設定には違いが見られます。

例えば、楽天モバイルでは、専用アプリ「Rakuten Link」を使用することで、国内の通話が無料になります。

これは非常に便利な特典であり、通話料金を気にせずに電話がかけられるという大きな魅力となっています。

それに対し、ドコモの場合、特定のアプリを利用しても通話料が無料になるオプションは提供されていません。

家族間通話を比較

次に家族間通話について考えてみると、ドコモではahamo回線を持つ家族との通話が無料となっています。

これは家族との連絡を頻繁に取る方にとっては大きなメリットとなるでしょう。

一方、楽天モバイルでは、家族間通話も基本の通話料金、つまり22円/30秒が適用されます。

通話かけ放題オプションを比較

両社ともに制限時間内の通話かけ放題オプションを提供していますが、その内容には大きな差があります。

ドコモは5分通話無料オプションが770円、無制限かけ放題オプションが1,870円と設定されています。

一方で、楽天モバイルでは15分間の通話がかけ放題となるオプションを1,100円で提供していますが、無制限のかけ放題オプションは存在しません。

留守番電話オプションを比較

留守番電話オプションについても違いがあります。

ドコモでは330円の追加料金が必要ですが、楽天モバイルではこのサービスが無料です。

以上の各項目を総合的に評価すると、通話料金の面で考えると、楽天モバイルの方がお得な傾向が見られます。

ただし、個々の利用状況や通話需要によって、どちらのサービスが適しているかは変わる可能性があることを覚えておきましょう。

ドコモvs楽天モバイル:回線品質を比較

ドコモと楽天モバイルの回線品質について詳しく見ていきましょう。

その際に重要となる要点は以下の通りです。

回線エリアの広さと通信速度を比較

まず、回線エリアの広さと通信速度についてですが、ドコモも楽天モバイルもほぼ同様のレベルを誇っています。

これはどちらのサービスも全国の広範なエリアで安定した通信を提供できるという意味で、ユーザーにとっては大きな安心感をもたらす要素でしょう。

次に、楽天モバイルが提供する特徴的な機能として、auのローミング通信の利用が挙げられます。

これにより、楽天回線が到達しない地域でもauの回線を無制限に利用することが可能となります。

プラチナバンドを比較

ただし、一方で、楽天モバイルでは「プラチナバンド」と呼ばれる特定の周波数帯を使用することができません。

これに対し、auはそのプラチナバンドを活用しているため、その利点を最大限に活かすことができます。

楽天モバイルが「Rakuten最強プラン」を通じて各種のサービスを強化しており、その結果、回線品質の面ではドコモとほぼ同等のレベルにまで到達していることが伺えます。

ただし、具体的な利用状況や需要により、どちらが自分にとって最適なのかは異なる可能性がありますので、それぞれの特性を理解した上で選択することが重要です。

h2ドコモvs楽天モバイル:支払い方法と手数料を比較

ドコモと楽天モバイルの支払い方法や手数料について見てみましょう。

支払い方法を比較

まず、支払い方法については、ドコモが請求書による支払い、クレジットカード、デビットカード、そして口座振替による支払いが可能で、特にクレジットカードを作成したくないまたは作成できないユーザーに対しては利便性が高いと言えます。

対して楽天モバイルでは、クレジットカードと楽天銀行のデビットカード、そして口座振替(ただし手数料110円が発生)による支払いが可能です。

新規契約や機種変更、解約時の手数料を比較

次に、新規契約や機種変更、解約時の手数料について見てみましょう。

ドコモの場合、新規契約や機種変更時には最大3,850円の手数料が発生しますが、これはオンラインショップを利用することで免除することができます。

これに対して楽天モバイルは、いずれの場合でも手数料が発生せず、全て無料となっています。

これらの情報を鑑みると、手数料を抑えたいユーザーにとっては楽天モバイルの利用がおすすめでしょう。

しかしながら、ドコモのオンラインショップを活用することで、その手数料を無くすことも可能です。

どちらのサービスも、自身の利用状況や予算に合わせて選択することが重要となります。

ドコモと楽天モバイルどっちがよい?

ドコモと楽天モバイルのどちらが良いかは、あなたの個々のニーズや状況に大きく依存します。

以下にいくつかの考慮点を提供します。

通話料は楽天モバイルがお得

両社の基本的な通話料は同じですが、楽天モバイルは特定のアプリを使用すると通話が無料になります。

また、楽天モバイルは無料の留守電サービスを提供しています。

通話を頻繁に行うなら楽天モバイルがお得かもしれません。

データプランは同等

ドコモは家族間通話が無料で、楽天モバイルはRakuten Linkアプリを使えば国内通話がかけ放題となります。

どちらのサービスも、無制限のデータプランを提供しています。

支払い方法はドコモが便利

ドコモは請求書、クレジットカード、デビットカード、口座振替の4つの支払い方法を提供しています。

一方、楽天モバイルはクレジットカード、楽天銀行のデビットカード、口座振替(ただし110円の手数料が発生)が選べます。

手数料は楽天モバイルがお得

ドコモでは新規契約や機種変更時に最大3,850円の手数料が発生しますが、これはオンラインショップを利用することで免除することができます。

対して楽天モバイルでは、いずれの場合でも手数料は無料です。

サービスエリアは同等

通信エリアの広さや通信速度は両社とも同等ですが、楽天モバイルはエリア外ではauのローミングを使用します。

あなたがどの特徴を最も重視するか、またはあなたのライフスタイルに最も適しているかによって、選び方が変わります。

総合的なサービスや支払い方法の選択肢、通話料金などを考慮に入れて決定することをお勧めします。

関連情報

楽天モバイルは端末のみ購入ができる!手順・購入できる製品・買えない場合の対処法も解説

楽天モバイルの料金シミュレーション!新規契約・乗り換えでどう変わる?

楽天モバイル機種変更時のデータ移行は?iPhone・Android別に方法を解説

楽天モバイル問い合わせ窓口は?チャット以外に電話番号・メールはあるのか解説

irumoは通信速度は遅い?繋がりやすいのか

楽天モバイルは法人契約できる!手続き方法・流れを解説
楽天モバイル申し込みに必要な本人確認書類は?省略できるって本当なのか
ドコモと楽天モバイルを比較した違いは?どっちが良いのか料金や回線品質で比較
楽天モバイルにハイエンドモデルはある?購入の注意点も解説
楽天モバイル初期費用いくら?2024年最新版
auと楽天モバイルを徹底比較!違いは?どっちが良いか解説
ソフトバンクと楽天モバイルを徹底比較!違いは?どっちが良いか解説
格安SIMから楽天モバイルに乗り換え!手順・メリットを解説
「楽天モバイル買い替え超トクプログラム」開始?iPhone アップグレードプログラムとの違いは?
楽天モバイルのrakuten casaとは?意味ないとは本当なのか

楽天モバイルはGalaxy S24いつから使える?

-ドコモ(docomo), 楽天モバイル

Copyright© Happy iPhone , 2024 All Rights Reserved.