ahamo(アハモ)とLINEMO(ラインモ)を違いを比較|どっちがオトクなのか

ahamo(アハモ)とLINEMO(ラインモ)を違いを比較|どっちがオトクなのか
ドコモからオンライン専用の格安プラン「ahamo」が発表されましたが、ソフトバンク・auでも似ているプランが発表されました。

ソフトバンクのLINEMO(ラインモ)は当初発表していたよりも月額料金を500円安くしてきました。利用可能データ量はahamo(アハモ)と同じです。

似たような料金で同じようなサービスが利用できるなら、これを機に乗り換えを検討している方も多いでしょう。

そこで今回は、ahamo(アハモ)とLINEMO(ラインモ)はどちらがお得なのか違いを比較しました。

★ドコモのアハモ公式確認する方は
アハモの公式サイトはこちら

★LINEMO(ラインモ)公式で確認する方は
SoftBank on LINE公式サイトはこちら

ahamo(アハモ)とLINEMO(ラインモ)の料金・スペックを比較

早速、ahamoとLINEMO(ラインモ)の料金・スペックを比較していきましょう。

ahamoLINEMO(ラインモ)
月額料金2,980円2,480円
データ通信量20GB20GB

LINE:ギガノーカウント

データ量超過後の通信速度最大1Mbps最大1Mbps
国内通話5分以内:無料

5分超:30秒20円

有料

30秒20円

通話オプション24時間かけ放題(月額1,000円)5分以内の国内通話(月額500円)

24時間かけ放題(月額1,000円)

対象通信回線4G/5G4G/5G
テザリング対応不明
キャリアメール利用不可利用不可
申込み窓口オンラインのみオンライン

LINE

契約事務手数料無料無料

ドコモのahamo(アハモ)の料金・スペック

まずは、ahamoのプラン内容から見ていきます。

ahamoの月額料金は2,980円で、20GBのデータ量が利用できます

さらに、5分以内の国内通話が無料となっていますよ。

5分を超過した分からは、30秒20円が加算されるので注意してください。

5分以上の通話が多い方は、24時間かけ放題になる月額1,000円の通話オプションを申込むことも可能です。

利用状況に合わせてご利用ください。

対象通信回線は、4Gと5Gとなっています。

5Gサービス利用時も追加料金はかからず、2,980円のままで利用可能です。

2,980円で20GBもデータ通信が利用でき、電話もかけられるので非常にお得ですが、「@docomo.ne.jp」のキャリアメールは利用できません。

また、申込みはオンライン限定となっていますので、ドコモショップや家電量販店では契約できない点に注意してください。

LINEMO(ラインモ)の料金・スペック

続いて、LINEMO(ラインモ)のプラン内容を見ていきます。

LINEMO(ラインモ)については、2021年3月17日より提供開始されます。まだ詳細が分かっていない部分もあるので現在わかっている範囲で解説していきます。

LINEMO(ラインモ)の月額料金は、ahamoよりも500円安い、2,480円です。

利用可能データ量は同じ20GBになっていますよ。

ただし、LINEMO(ラインモ)では、LINEアプリの通信料はノーカウントで利用できるため、LINEをたくさん利用する方はLINEMO(ラインモ)の方がお得と言えそうです。

この点については、後程詳しく解説していきます。

国内通話は、30秒あたり20円での有料通話となります。

5分以内の通話が多い方は月額500円、5分以上の通話が多い方は月額1,500円の通話オプションが利用できますよ。

ahamo(アハモ)とLINEMO(ラインモ)違いは?

以上の通り、ahamoとLINEMO(ラインモ)は、基本的な内容はほとんど同じです。

しかし、細かい部分にいくつか違いが見られました。

ahamoとLINEMO(ラインモ)の違い

LINE利用時のデータ通信量カウントの有無

無料通話

LINEMO(ラインモ)は不明点が多い

海外での利用状況

ahamoとLINEMO(ラインモ)の違いについて見ていきましょう。

LINEを使用する際のデータ通信量カウントの有無

ahamoとLINEMO(ラインモ)で最も違う点は、LINEアプリ利用時の通信量のカウントの有無です。

ahamoの場合、月間20GBまでデータ通信が可能ですが、どのサービスを利用しても通信量がカウントされます。

つまり、LINEアプリ利用時も、通常通り通信量が消費されます。

一方で、LINEMO(ラインモ)では、LINEアプリの一部の通信量はギガノーカウントです。

LINEMO(ラインモ)のLINEギガノーカウント対象

  • LINEトーク
  • LINE通話

LINEMO(ラインモ)でLINEがギガノーカウントになるのは、LINEトークとLINE通話を対象にしているとのこと。

主にLINEでやり取りしている方や、LINE通話を利用している方はお得ですね。

ただし、それ以外のサービスでは通常通り通信量が消費されます。

現在発表されているLINEギガフリー対象サービスは以下のようになります。

機能名対象/対象外機能名対象/対象外
FacePlayウォレットタブのLINE Payの利用
各タブトップの表示ウォレットタブのLINE家計簿の利用
音声通話・ビデオ通話の利用設定および各項目の表示・編集
トークの利用(テキスト・音声メッセージ・スタンプ・画像・動画・その他ファイルなどの送受信)友だち追加画面の表示・編集・投稿
トークでの位置情報の共有検索の利用
トークでのShoppin`トークの利用OpenChatの利用
トークでのジフマガの利用スタンプショップの利用
トークのみんなで見る機能による画面シェア着せかえショップの利用
トークのみんなで見る機能によるYouTube閲覧LINEファミリーサービスの利用(LINEマンガやLINEゲーム、ポイントクラブなど)
Liveの利用LINE Liteの利用
各トークにおける設定・アルバム・ノートなどの表示・編集海外のアプリストアでダウンロードしたLINEの利用
タイムラインの表示・投稿・シェア他社サイトへの接続(URLなどのクリック)
ディスカバー(写真・動画)の表示他社アプリへの遷移
ニュース記事詳細の閲覧

LINEがノーカウントは得か?

LINEMO(ラインモ)ならLINEがギガノーカウントで利用できるため、一見するとLINEMO(ラインモ)の方がお得に見えます。

確かに、頻繁にLINEでトークや通話をしている方にとっては、大きなメリットでしょう。

しかし、外出先以外はWi-Fi接続で利用している方や、LINEでのやり取りがほとんどない方はどうでしょうか?

ノーカウントになってもさほどメリットにはならないでしょう。

LINEの1GBあたりの通信量の目安は以下の通りです。

LINEトーク(テキストのみ)約50万回
LINEトーク(スタンプ)約20万~40万回
無料通話約55時間
ビデオ通話約3時間

メッセージだけのやり取りなら、通信量はわずかです。

例えば、文字だけのトークを1通送る場合の通信量は2KB程度。

50万通送ってようやく1GBになる計算なので、月に数十通送る程度ならほとんど通信量はかかりません。

また、LINEの無料通話についても、1分の通話で0.3MB程度の通信量を消費するだけです。

1GBで約55時間の通話ができるので、毎日1時間電話しても余裕がありますね。

ビデオ通話については、1GBで約3時間の通話となるので、ビデオ通話は少々通信量がかかります。

つまり、トークや音声通話をする程度ならあまり通信量がかからないので、ノーカウントでもあまり得とは言えません。

ビデオ通話に関してもノーカウントなので、ビデオ通話を頻繁に利用するのであればおトクになりそうですね。

他にも、2021ねん夏頃から700万種類以上のLINEスタンプ(クリエイタースタンプ)が使い放題になるLINEスタンププレミアム(ベーシックコース/保有可能数:5個)を追加料金なしで利用できるようになる予定です。通常スタンプは有料での購入ですが、追加料金なしで使えるのは嬉しいですよね。

速度制限時も1Mbpsで利用できる

また、通信量の上限を超過した場合、ahamoもLINEMO(ラインモ)も1Mbpsの速度制限がかかります。

1Mbpsの速度なら、メッセージのやり取りや、インターネットの閲覧、SNSの投稿なども比較的スムーズです。

したがって、もしahamoで20GBを超過したとしても、LINEトークや無料通話は問題なく利用できるでしょう。

なので別にノーカウントでなくても全然問題なさそうですよね。

無料通話

当初、ソフトバンクが発表していたのはahamoと同じ月額料金2,980円で5分以内通話無料が付いた料金プランでした。しかし、LINEMO(ラインンモ)を正式発表した時に、無料通話なしで月額料金2,480円に変更してきました。

LINEMO(ラインモ)にも、月額500円で5分以内通話無料オプションや月額1,500円で国内通話かけ放題オプションが付けられるので、オプションを付けることでahamoと同じ料金になります。ただ、LINEMO(ラインモ)の方が基本料金が安くオプションで自分に合ったプランに変えられるので、通話が少ない人や生活環境の変化に応じてオプションを変えられるLINEMO(ラインモ)の方がおトクにはなりそうですね。

LINEMO(ラインモ)は不明点が多い

LINEMO(ラインモ)の内容は全て分かっているわけではありません。まだ分からない部分もあります。

分かっているのは、

月額2,480円

20GBのデータ容量

LINEギガノーカウント

無料通話なし(30秒あたり20円)

専用サイトまたはLINEからの受付

キャリアメール利用不可

国際ローミング利用料は別料金

などです。

したがって、本当に正確な内容でahamoと比較ができません。

LINEMO(ラインモ)のもう少し詳しい内容が発表されるまで待ちましょう。

ahamoは海外82の国と地域で利用できるが、LINEMO(ラインモ)は別料金

海外で利用することが多い方は、ahamoの方がお得です。

ahamoは、82の国と地域でなら、20GBのデータ量を追加料金なしで利用できます。

アメリカやフランス、トルコ、中国、グアム、サイパンなど、様々な地域でahamoが利用できますよ。

海外出張や海外旅行に行くことが多いなら、そのまま利用できるahamoが断然お得ですよね。

一方で、LINEMO(ラインモ)の海外利用については、「国際ローミングは無料オプションで利用できる」としていますが、海外での利用料金はY!mobileと同じ料金体系になるようです。なので、ahamoは海外で利用しても月間利用可能データ量20GBの中で使えるので、追加料金はかかりませんがLINEMO(ラインモ)の場合には、海外で利用した場合にはその分料金がかかるということになります。

LINEMO(ラインモ)を「海外パケットし放題」を適用した場合の料金は以下のようになります。

25MBまで0円~1,980円/日
25MB以上2,980円/日

さらに、LINEMO(ラインモ)を契約して、4ヵ月目の末日までは国際ローミングの利用はできないようです。ここは海外に行く予定がある人は注意しなければならない点ですね。

国際ローミングについてはahamoの方がおトクなことが分かりますね。海外出張や海外旅行によく行く人はahamoの方が良さそうですね。

ahamo(アハモ)とLINEMO(ラインモ)どっちがおとくか

ahamoとLINEMO(ラインモ)はどちらがお得なのか、違いを解説してきました。

ahamoとLINEMO(ラインモ)の違い

LINE利用時のデータ通信量カウントの有無

無料通話

LINEMO(ラインモ)は不明点が多い

海外での利用状況

ahamoは、月額2,980円で20GBまでデータ通信が利用でき、5分以内の通話も無料になる料金プランです。

一方LINEMO(ラインモ)は、月額2,480円で20GBまでデータ通信が利用でき、無料通話なしの料金プランです。

サービス発表当初は、ほとんど内容に違いはありませんでしたが、改めてLINEMO(ラインモ)で正式発表されて少しずつ違いが分かってきました。

LINEMO(ラインモ)では、LINEがギガノーカウントで利用できるという点、国際ローミングが別料金という点がahamoとの大きな違いでした。

LINEサービスをフルで利用している人にとってはLINEMO(ラインモ)の方がおトクだと思います。海外利用が多い人はahamoの方がおトクだと言えそうですね。

自分自身がどのサービスを求めているかで、おトクになるプランが変わってきそうですね。

 

LINEMO(ラインモ) 申し込みいつから?申し込み方法・料金プラン・各社と比較

ドコモ・ソフトバンクの契約お得にするならオンラインショップ

 

最後にiPhoneの機種変更や購入についておすすめの方法について紹介します。

iPhoneやスマホのキャリアの機種変更をショップや家電量販店でしていませんか?

私もどこでするのがお得なのかいろいろ調べました

機種変更はショップ・量販店互いは?どこでするのがお得なのか

混んでるお店や頭金など無駄な時間・お金を支払っていませんか?

今は、お店に行かないでネットで買って待つ時代です!

ネットで購入できるからって怪しいお店ではありません。

ネットのほうがむしろ安全!?
ネットで購入できるのは各キャリアのオンラインショップです。

★ドコモ
ドコモオンラインショップはこちら

★au
auオンラインショップはこちら

★ソフトバンク
ソフトバンクオンラインショップはこちら
安心して購入できるだけでなく各キャリアがオンラインショップに力を入れているため経済的にお得だったりメリットが多いです。

オンラインショップで機種変更をするとどんなメリットがあるかというと

オンラインショップメリット


①頭金・事務手数料がなし
②待ち時間・24時間いつでも購入できる
③自宅・ショップお届けを好きな所にできる
④困ったらチャットですぐに解決できる

頭金とはお持ち帰り価格ともよばれてます。


画像のように表記されている店舗はまだ良心的ですが・・・

最後の会計の時に、頭金がある明細書をだしてくるショップもあります。

オンラインショップだったら始めから頭金がかからりません。0円で契約することができます。

また、ドコモとソフトバンクは、事務手数料がかからず0円です。

頭金の価格はショップによって違うので、頭金や事務手数料をあわせると、5,000円~15,000円くらい機種変更の料金が変わってきます。

5,000円~15,000円機種変更でお金がかからないので値下げを待つよりも、お得にiPhone11を購入することができます。

機種変更で、困ったことやわからないところがあればチャットや電話で相談することができます。

機種変更をオンラインショップでやってみるとあっけなく簡単にできると驚いてしまいますよ。

お金も時間も節約できるオンラインショップ使ってみて下さいね。

ドコモ
★ドコモオンラインショップでiPhone・スマホ購入する方は
ドコモオンラインショップはこちら
ドコモオンラインショップ 機種変更やり方流れ

 

ソフトバンク
★ソフトバンクオンラインショップでiPhone・スマホ購入する方は
ソフトバンクオンラインショップはこちら

★ソフトバンクオンラインショップのメリットやデメリットをもっと知りたい方は
ソフトバンク機種変更はオンラインショップが実店舗よりおすすめ6選

当サイト人気記事

ドコモahamo(アハモ)の機種変更・対応機種 iPhone・iPad対応 端末購入

Galaxy S21(+・Ultra)5G発売日・予約開始日はいつ?価格・スペック ドコモ・au・楽天モバイルリーク情報まとめ

-ソフトバンク(softbank), ドコモ(docomo)
-, , , , , ,

Copyright© Happy iPhone , 2021 All Rights Reserved.