ドコモメール持ち運びとは?やり方・解約方法・申し込み・設定方法も解説

ドコモメール持ち運びはいつから?利用料金・申し込み・設定方法・対応機種も解説

ドコモが提供する「ドコモメール持ち運び」とは何なのかをまとめました。

ドコモメール持ち運びとは2021年12月16日より、docomoの新サービスです。ドコモとの契約を解除した後もドコモメールを使えるサービスで、月額税込み330円にてオンラインで契約することができます。

ドコモ回線を解約すると同時に申し込むことで利用が可能となるサービスですが、利用している機種や回線状況によって設定方法が異なります。

ドコモメールの利用料金や申込方法・設定方法・解約方法などについても詳しく解説するのでぜひ最後までチェックしてみてください。

ドコモメール持ち運びとは?

ドコモメール持ち運びとは2021年12月16日より、docomoの新サービスです。ドコモとの契約を解除した後もドコモメールを使えるサービスで、月額税込み330円にてオンラインで契約することができます。

「ドコモメール持ち運び」に加入していれば、スマホ会社を変えても「ドコモメール」を使い続けることができます。料金は、1メールアドレスあたり月額330円です。初回申込日から31日間は無料で利用できます。

ドコモメール持ち運びのやり方

ドコモメール持ち運びのやり方は、申し込みをしたあとにスマホ側で設定するだけです。

申し込みの方法は何パターンかあり、その中で自分の状況にあったものがありますが、まずはドコモメール持ち運び申し込み後のやり方について紹介します。

なお、ドコモ回線を解約した場合は解約後31日以内に申し込みをする必要があり、ahamoへのプラン変更を行う場合は変更と同時に申し込みをする必要があるので注意しましょう。

具体的なドコモメール持ち運びのやり方をiPhoneを例に紹介していきましょう。

ドコモメール持ち運びをiPhoneで使うやり方

iPhoneにてドコモメール持ち運びサービスを利用する際は”iPhoneに搭載されている標準のメールソフト”にて利用することができますが、初めての場合には以下の手順を行う必要があります。

  1. メールアドレスの変更
    初期の段階ではランダムの英数字がメールアドレスとして設定されており、任意のアドレスを使用したい場合には自ら設定を行わなければなりません。
    しかしメールアドレスの変更を希望しない場合は、そのまま2の手順に進みます。
  2. dアカウントの発行
    現在dアカウントを所持していない場合は、新規のdアカウントを発行します。
  3. iPhoneドコモメール利用設定を行う
    以下の手順に沿って、iPhone側の設定を行います。
  4. 自動受信設定
    以下の手順に沿って、メールを受信した際のバナーやダイアログの表示設定を行います。

このようにドコモメール持ち運びのやり方は簡単です。

docomoより新たに登場したドコモメール持ち運びサービスは、ドコモ回線を解約した後やahamoなどにプランを変更した後でもドコモメールを利用できる便利なサービスになります。

さらに、クラウドに保管されているドコモメールもそのまま残すことができるというのもポイントです。

ちなみにドコモメールサービスは、2021年12月16日より開始されたばかりの新しいサービスになります。

登場して間もないという点や開始と同時にかなりの注目を集めている点から、当分サービスの受付を終了する予定はないと見てよいでしょう。

ドコモメール持ち運びの申込方法

ドコモメール持ち運びの申込方法は3パターンあります。ドコモ解約後なのか、他社への乗り換えなのかで手順が変わります。

携帯契約の他に別途申し込みが必要となると、複雑な手続きを行わなければならないイメージも強いですよね。ドコモメール持ち運びサービスはそれぞれの状況によって申し込み方法が異なるものの、手順通りに行えば簡単に手続きを行うことができます。

それでは、3つのパターンにおける申し込み方法についてそれぞれ見ていきましょう。

ドコモ解約後に申し込む

ドコモ回線を解約した後にドコモメール持ち運びサービスへ申し込みをする際は、解約日より31日以内に手続きを行わなければなりません。

Mydocomoからは以下の手順にて申し込みを行うことができます。

  1. My docomoへログインする
  2. 「お手続き」ボタンへ進む
  3. オプション内の「ドコモメール持ち運び」より手続きを行う

ドコモから他社に乗り換えるときに申し込む

ドコモから他社への乗り換えと同時にドコモメール持ち運びサービスへの申し込みを行いたい場合は、回線の解約と同時に申し込みを行うことができます。

その際はドコモ回線解約手続き途中に「ドコモメール持ち運び」の契約選択が現れるため、内容をしっかりと確認したうえで手続き行いましょう。

ドコモからahamoに変更するときに申し込む

ドコモからahamoへ変更する際にドコモメール持ち運びサービスを申し込む場合は、必ずahamoへのプラン変更を行う前に申し込みをする必要があります。

先にプランの変更を実施してしまうと後程ドコモメール持ち運びサービスへの申し込みができなくなってしまい、これまで利用していたメールアドレスやクラウド上の履歴などが消去されてしまうのです。

そのため、ドコモメール持ち運びサービスの利用かつahamoへ移行する際は、先に申し込み手続きを済ませてからプラン変更に進むようにしましょう。

ドコモメール持ち運びの解約方法

ドコモメール持ち運びの解約方法は、マイドコモにdアカウントでログインして手続きをすることになります。マイドコモのドコモメール持ち運びの項目で解約をしましょう。具体的な手続き手順は以下の通りです。

ドコモメール持ち運びの解約方法

  1. マイドコモをログイン
  2. 「お手続き」を選択
  3. 「オプション」を選択
  4. 「ドコモメール持ち運び」を選択

もしサポートが必要な場合は、下記ドコモインフォメーションセンターの操作担当に問い合わせをすれば、ドコモメール持ち運び解約までスムーズにサポートしてくれます。以下の手順でサポートをもとめてみてください。

  1. ドコモ携帯電話から局番なしの『151』にかける(受付時間:午前 9:00 ~ 午後 8:00)
  2. 音声ガイダンスに沿って「2」を選択
  3. ドコモメール持ち運びの解約サポートをしてほしいと伝える

ドコモメール持ち運びの解約方法はかなり簡単なので、必要以上に意気込む必要はありません。ドコモショップ店舗にいかず、オンライン上でも解約できるのもポイントです。

ドコモメール持ち運びの利用条件は?

月額税込み330円の利用料を支払うだけで簡単に利用開始できるドコモメール持ち運びサービスですが、2021年12月16日の0時より前にドコモ回線の解約をした場合やahamoへプラン変更した場合は契約の対象外となっています。

また、ドコモ回線を解約した場合とahamoへプラン変更を行った場合それぞれに利用条件があるんです。

ドコモから他キャリアに持ち運びする場合

ドコモ回線の解約と同時にドコモメール持ち運びサービスを利用する場合、以下の条件をクリアしている必要があります。

  • ドコモ回線を解約してから31日以内
  • 回線契約名義が法人契約でない
  • 回線契約に基づき発行したdアカウントのIDを持っている

ドコモ回線を解約し他キャリアへ乗り換えるとなると何かとバタバタしてしまいますが、ドコモメール持ち運びサービスは解約手続き後31日以内でなけれな申し込むことができません。

また現在設けられている条件は上記の3つのみとなっていますが、迷惑メール送信行為等の不正行為を防止するため、「新規の回線契約を行ってから一定期間が経過している」という条件が新たに追加される可能性があります。

その際は改めて公式サイトにて告知されるそうなので、申し込みをする際にはチェックしてみるのが良いでしょう。

ドコモからahamoに持ち運びする場合

ドコモからahamoにプラン変更を行う場合には、以下の条件をクリアする必要があります。

  • ドコモ回線を契約中である
  • 回線契約名義が法人契約でない
  • 回線契約に基づき発行したdアカウントのIDを持っている

回線名義やdアカウント所持の有無に関してはドコモ回線契約からの申し込みと同じ条件となりますが、ahamoへのプラン変更を行う際にドコモメール持ち運びサービスを利用したい場合は、ドコモ回線を契約中であることが必須条件となっています。

また、既にahamoへプラン変更を行っている場合はドコモメール持ち運びサービスを利用することができないため注意が必要です。

ドコモメール持ち運びの利用料金は?

ドコモメール持ち運びは、月額税込み330円にて利用することができるサービスです。

またauが提案している”auメール持ち運びサービス”も1メールアドレスにつき月額税込み330円が利用料金となっているため、毎月330円かかるとなるとちょっぴりお高く感じるかもしれませんが、価格自体は一般的な相場となっています。

しかし、これまでドコモから登場しているサービスのほとんどにおいて利用料金が値上がりしたケースは少なく、本サービスにおいても値上がりの可能性は低いと言えるでしょう。

また初回お申込日より31日間は料金が発生せず、翌月分より月額料金が発生する仕組みとなっています。

ドコモメール持ち運びの対応機種

現在ドコモを利用しており解約やahamoへの変更を考えている人にとってとても便利なドコモメール持ち運びのサービスですが、中にはサービスを利用できない機種が存在します。

いざ申し込みをしようした際に”利用している機種が対象外だった…”というのは避けたいですよね。

そこで、ドコモメール持ち運びサービスを利用できるAndroid・iPhone・その他機種について詳しくご紹介していきたいと思います。

ドコモメール持ち運びが使えるAndroid

Android™スマートフォンを利用中かつドコモの回線を解約した場合、IMAPに対応しているメールアドレスを設定しなければなりません。

その場合は、ご利用予定のメールソフトが指定している手順に沿って設定を行わなければならず、さらに以下の手順を踏む必要があります。

  1. dアカウントを発行する
    現在dアカウントを所持していない場合のみ新規発行が必要となります。
  2. dアカウントの利用設定を有効にする
    以下の手順にて、dアカウントの利用設定をオンにします。
    この際、「利用しない」に設定してしまうとドコモメールアプリ以外での利用ができなくなってしまうため注意が必要です。

一方Android™スマートフォンを利用中かつahamoを契約している場合は、以下の機種にてドコモメール持ち運びサービスを利用することができます。

また上記機種以外にてドコモメール持ち運びシリーズを利用する場合は、上記の”IMPに対応しているメールアドレスを設定するための手順”に沿って設定を行う必要があります。

ドコモメール持ち運びが使えるその他(ガラケーなど)機種

iPhoneやAndroid以外の機種を利用している場合でも、以下の機種であればドコモメール持ち運びサービスを利用することができます。

  • arrows ケータイ F-03 L
  • AQUOS ケータイ SH‐02L
  • P-smart ケータイ P‐01J
  • AQUOS ケータイ SH‐01J
  • カメラレスケータイ SH‐03H
  • あんしんスマホKY‐51 B
  • Google Pixelシリーズ
  • らくらくホンシリーズ

またspモードやiモードにて契約している場合でもドコモメール持ち運びサービスを利用することができ、重畳契約となっている際はspモードメールアドレスが引き継がれる仕組みとなっています。

そのため申し込み前に引き継がれるアドレスについて確認をし、必要であればアドレスの入れ替え操作などを行う必要があります。

ドコモメール持ち運びを使いこなそう

今回は、ドコモより登場した便利なサービス「ドコモメール持ち運び」の料金や申し込み方法、設定方法、対象機種などについてご紹介しました。

ドコモ回線を解約した場合やahamoへプラン変更を行った際に申し込みができる本サービスですが、状況によって申し込み方法が異なる点や機種によって設定方法が異なる点など、注意しなければならない部分も存在します。

またドコモメール持ち運びサービスへの申し込みを行わずに解約やプラン変更を行ってしまうとドコモメール持ち運びを利用することができなくなってしまいます。

せっかくの便利なサービスをミスによって台無しにしてしまわないためにも、ぜひ本記事を参考に注意しながら申し込みをしてみてくださいね。

ahamo(アハモ)の料金プランについて詳しく知りたい方は

ahamo(アハモ)公式サイトこちら

※安定のドコモ回線月額のデータ通信20GBが2,970円(税込)で利用

WEBでドコモのスマホが購入できる

ドコモ公式オンラインショップはこちら

※24時間待ち時間無し・送料無料

関連ahamoでもドコモメール(キャリアメール)を使えるようになる!いつから持ち運びできる?
関連auメール持ち運びはいつから使える?料金・申込設定方法・対応機種も解説

当サイト人気情報

Galaxy S22/ S22 Ultra 発売日いつ?価格 ドコモ・auスペック情報まとめ
Galaxy A53 5G在庫・入荷状況!ドコモ・au・UQモバイルの在庫確認方法や売り切れ・在庫あり情報
iPhone14/Max/Pro/Pro Max在庫・入荷状況まとめ!売り切れ在庫確認 Apple Store・ヨドバシカメラ最新情報
ドコモはオンライン手続きで解約できる!解約方法や費用を紹介
ドコモの二段階認証とは?解除・設定できないときの対処法も解説
ドコモショップの来店予約のキャンセル方法は?商品予約キャンセル方法も解説
ahamoで「メールアドレスはすでに登録されている」が出たときの対処法

-ドコモ(docomo)
-, ,

Copyright© Happy iPhone , 2022 All Rights Reserved.