iPhone14待つべきか?iPhone13買うべきか?買わないほうがいい理由を解説

iPhone14待つべきか?iPhone13とどっちを買うべきか理由を解説iPhone14待つべきか・iPhone13買うべきか・買わないほうがいいかまとめます。

AppleのiPhone 14は2022年9月16日発売ですが、iPhone 14を待つべきか、iPhone 13を買うべきか悩む人もいるはず。迷うならiPhone 14を待つべきです。

iPhone14待つべき理由は、軽量化・カメラ機能が追加・SoCのコア数がふえているなどiPhone13よりも進化する要素があるからです。iPhone14待つべきかと迷う方は、ぜひ参考にしてください。

iPhone15 待つべきか?iPhone14買ってもいい理由も解説

iPhone14買うべきか!?

楽天モバイルでiPhone14/14Plus/Pro/Pro MAX発売決定
\楽天モバイルは本体代が4キャリア最安値!/

楽天モバイルiPhone14 価格・キャンペーン詳細はこちら
楽天モバイルでiPhone14購入する方は

以下の内容は2022年9月8日のiPhone14正式発表前の予想情報をもとにiPhone14待つべきかどうか紹介していきます。

目次

iPhone14待つべきか?待つべき9つの理由

2022年発売が予想されるiPhone14の登場を待つべきか、待つべき10の理由を紹介します。iPhone14の登場を待つべきか、待つべき10の理由をまとめると以下の通りです。

iPhone14を待つべき理由

  • リアカメラがフラット・iPhone4に似たデザインに変更
  • ミリ波対応
  • カメラ性能の大幅アップ
  • ノッチの廃止(パンチホール採用)
  • 指紋認証(Touch ID)がつく・復活する可能性あり
  • 無印iPhone14にMaxモデルが追加
  • バッテリー持ちが大きくアップ
  • USB-C採用の可能性あり
  • 軽量化される可能性あり(Pro/Pro Maxのみ)

iPhone14は値下げされるので待つべき?

なお、これらの理由の他にiPhone13は値上げされたというのもiPhone14をまつべき理由の1つです。

2022年7月1日にAppleは販売中のすべてのiPhoneの値上げをしました。これは円安が理由なのですが、iPhone14発売を控えた夏に値上げされたので、「安さ」を理由にiPhone13を買うべきだと思っているなら、iPhone14を待つべきだといえます。

では、上記で挙げたiPhone14を待つべき10つの理由を深く検証して「iPhone14を待つべきかどうか」を考えていきましょう。

iPhone14待つべきかは9月8日2時(日本時間)にわかる

iPhone14待つべきかは9月8日2時にわかります。Appleの新商品発表会が2022年9月7日(日本時間9月8日2時)に開催されることが決定したためです。ついにiPhone14の全貌がわかります。

ちなみに2022年8月18日に米メディアBloombergの記者であるMark Gurman(マーク・ガーマン)氏より、AppleがiPhone 14発表イベントを2022年に9月7日に開催すると報道し、iPhone14の予約開始日は2022年9月9日、発売日は2022年9月16日になるとのことでした。

この情報が正しければ、9月7日(日本時間8日)にはiPhone14の仕様がわかるので、待つべきかどうかの判断ができる見込みでした。結果的に発表会に関するリーク情報は正しかったようです。

iPhone14を待つべき理由:筐体の厚みが増してカメラユニット平面化

iPhone14を待つべき理由は、筐体の厚みが増してカメラユニット平面化されることです。iPhone14は筐体の厚みが増してカメラユニット平面化が実現されると予想されています。

つまり、リアカメラがフラット・iPhone4に似たデザインに変更されると予想されており、従来のiPhoneと違う新しいデザインになりそうです。

iPhone14はリアカメラがフラットになる見込み

iPhone14のデザイン変更で最も大きなポイントは、リアカメラ 部分がフラットになることです。iPhone13はカメラの出っ張りが大きいため不満に感じる方も多く、フラット化されるのはうれしい限り。

iPhone14レンダリング画像

(画像出典 : Rendersbyian.com )

 

以下の画像は、著名リーカーJon Prosser氏が公開したもの。

iPhone14レンダリング画像

(画像出典 : Rendersbyian.com )

厚みを増したボディでiPhone14はiPhone4に近いデザインに

iPhone14は、2枚のガラスパネルでフレームを挟んだ構造になるようです。これにより、ボディはiPhone13よりも厚くなる見込み。

Prosser氏によると、iPhone14は「史上最も美しい」と言われるiPhone4/4sに似たデザインになるようです。

このため、音量ボタンもiPhone4同様に丸型のデザインへ変更される模様です。

【iPhone4とiPhone14 Pro Maxの予想デザイン】

iPhone14レンダリング画像

(画像出典 : Rendersbyian.com )

「iPhone4に似た美しいデザイン」「カメラ部分のフラット化」を考えると、やはりiPhone14を待つべきといえるかもしれません。

iPhone14を待つべき理由:ミリ波対応

iPhone14を待つべき理由は、iPhone14がミリ波に対応する見込みだからです。

iPhone14は国内でも5Gのミリ波に対応する可能性があるため、通信速度にこだわる方はiPhone14を待つべきでしょう。

Androidが対応しているのでiPhone14もミリ波対応か

日本市場向けのiPhone 13シリーズはミリ波に対応しておらず、米国モデルのiPhoneはミリ波に対応しています。そして、国内キャリアがミリ波に注力しており、AQUOS R7・Xperia 1 IV・Galaxy S22などのAndroidスマホはミリ波に対応しています。

ミリ波対応のうごきは例年にましているので、iPhone 14日本向けモデルもミリ波に対応するのではないかと予想されています。

iPhone14 ミリ波対応のリーク情報も多数

Apple製品のリーク情報に詳しいMing-Chi Kuo氏は2021年の春に「今年発売されるiPhone13は、カナダや日本、ヨーロッパの一部地域でミリ波に対応する見込み」と予想していました。

しかし、実際にはiPhone13のミリ波対応はアメリカのみ。仮に1年遅れで対応ということになれば、2022年のiPhone14からとなるでしょう。

日本国内では都市部を中心にミリ波エリアが拡大しており、iPhone14がミリ波に対応となれば、やはり「待つべき」といえるでしょう。

iPhone14を待つべき理由:カメラ性能の大幅アップ

iPhone14を待つべき理由は、カメラ性能の大幅アップです。iPhone14はとくにProシリーズのカメラ性能が大幅に向上しており、カメラ性能にこだわる方はiPhone14を待つべきでしょう。

まず、メインの広角カメラは従来の12MPから48MPへと画素数が大きくアップしています。(Proシリーズのみ)

iPhone14レンダリング画像

(画像出典 : Rendersbyian.com )

12MPのカメラは2016年のiPhone 7から続いており、iPhone14では6年ぶりに解像度が見直されたわけです

ちなみにApple関連の情報に詳しいMing-Chi Kuo氏によると、iPhone14のカメラは画素数アップだけでなく、望遠レンズの枚数が従来の6枚から7枚に増加するなど、大幅に改良される見込みといわれていましたが、それは実現していません。

カメラ部分はノッチ廃止(パンチホール採用)か

iPhone14を待つべき理由として、ノッチの廃止(パンチホール採用)が挙げられます。iPhone14(Pro/Pro Max)はノッチを廃止し、パンチホールを採用する可能性が高いため、デザインにこだわる人はiPhone14を待つべきでしょう。

Jon Prosser氏によると、iPhone14 Pro/Pro Maxは上記画像のようなパンチホールディスプレイを採用する可能性が高いとのこと。

iPhone14レンダリング画像

(画像出典 : Rendersbyian.com )

ノッチは一部から「邪魔」「ダサい」など不評なので、パンチホール式ディスプレイの採用は大きな魅力といえるでしょう。

ただし、無印のiPhone14シリーズは、引き続きノッチを継続とされています。

このため、「Proモデルの購入を検討している」「ノッチが邪魔」という方は、iPhone14を待つべきでしょう。

※ノッチとはディスプレイ上の「切り欠き」のこと。Face ID(顔認証)に必要なセンサーなどが組み込まれています。

iPhone14のカメラ性能詳しくは

iPhone14(Max/Pro/Pro Max)のカメラ性能まとめ|画素数・出っ張り・望遠はペリスコープ搭載?

iPhone14を待つべき理由:指紋認証(Touch ID)がつく・復活する

iPhone14を待つべき理由は、指紋認証(Touch ID)がつく・復活することです。iPhone14では待望の指紋認証(Touch ID)が復活する可能性が高く、指紋認証を望む方は、iPhone14を待つべきでしょう。

iPhone14レンダリング画像

(画像出典 : MacRumors )

これは、ディスプレイ調査会社DSCCのCEOであるRoss Young氏がサプライチェーンからの情報として語ったもの。

Ross Young氏によると、iPhone14シリーズは顔認証(Face ID)と指紋認証(Touch ID)を両方搭載するようです。

また、iPhone14 Pro/Pro Maxの顔認証(Face ID)はアンダーディスプレイ(画面内蔵式)になるとのこと。これは、ノッチ廃止によりTrueDepthカメラ(Face ID用カメラ)を搭載するスペースがなくなるためと考えられます。

Ross Young氏の話をまとめると、iPhone14シリーズの生体認証は次のようになる見込みです。

iPhone14/14 MaxiPhone14 Pro/Pro Max
Face ID

Touch ID

アンダーディスプレイFace ID

Touch ID

ただし、Touch IDはiPhone13での搭載が見送られた経緯があり、iPhone14で復活するかどうか確定的な情報はありません。

あくまで「復活の可能性が高い」と考えておくべきでしょう。

マスク着用時でも顔認証でロック解除可能に

iPhone14を待つべき理由として、マスク着用時でも顔認証でロック解除可能になる点が挙げられます。

iPhone14では、マスク着用時でも顔認証(Face ID)でロック解除可能になるため、やはりiPhone14を待つべきでしょう。

Appleが開発中のiOS 15.4では、マスクを付けた状態でもFace IDが利用可能となります。

iOS 15.4では顔認証でロック解除のほか、「Apple Payの認証」「パスワードの自動入力」「アプリの自動ログイン」などが利用可能となる見込み。

つまり、iPhone14では指紋認証が不要となります。

iPhone14を待つべき理由:無印iPhone14にMaxモデルが追加

iPhone14を待つべき理由は、無印iPhone14にMaxモデルが追加することです。

iPhone14では、無印(ノーマル)モデルにも6.7インチの「Max」モデルが追加される可能性が高く、大きなディスプレイを好む方は来年までiPhone14を待つべきでしょう。

MacRumorsはMing-Chi Kuo氏の話としてiPhone14のラインナップについて次のように報じています。

  • miniモデルは廃止される
  • 無印iPhone14に6.7インチのiPhone14 Maxが追加される

iPhone14Max追加されるならiPhone14miniは廃止か

iPhone14Max追加されるならiPhone14miniは廃止になると予想されています。

Kuo氏によるとiPhone14シリーズのラインナップは以下のようになる見込みです。

ディスプレイサイズ
iPhone146.1インチ
iPhone14 Max6.7インチ
iPhone14 Pro6.1インチ
iPhone14 Pro Max6.7インチ

ご存知の通り、これまで6.7インチの「Maxモデル」はProシリーズのみのラインナップでした。このため、価格的に手が届きにくかったのも事実。

無印のiPhone14 Maxが発売となれば、比較的手頃な価格で大画面モデルを購入できることになります。

iPhone14を待つべき理由:バッテリー持ちが大きくアップ

iPhone14を待つべき理由は、バッテリー持ちが大きくアップすることです。iPhone14はバッテリー持ちが大きくアップする可能性が高いため、電池持ちを重視する方はiPhone14を待つべきでしょう。

著名リーカーMax Weinbach氏によるとiPhone14シリーズは本体の厚さが0.2mm増加する模様です。

これにより、バッテリー容量が増加し、バッテリー持ちも大きくアップする見込みです。

iPhone13シリーズは「バッテリー持ちが良くなった」と好評ですが、iPhone14ではさらなる改善が期待できそうです。

iPhone14を待つべき理由:USB-C採用の可能性あり

iPhone14を待つべき理由は、USB-C採用の可能性あることです。iPhone14は待望のUSB-Cを搭載する可能性が高いため、Lightning端子を好まない方はiPhone14を待つべきでしょう。

iDROP NEWSは複数の情報源からの話として「iPhone14がUSB-Cを採用する可能性が高い」と報じています。

iPhone14ではデータ転送速度向上のためにUSB‐C採用か

iPhone14でUSB‐Cが採用される理由は主に、現在のLightningケーブルのデータ転送速度が遅いため。

iPhone13は新しい動画撮影フォーマットPro Resを採用しましたが、データ量が大きく転送に時間がかかるというデメリットがあります。

例えばProRessで撮影した2時間の4K動画をパソコンなど編集機器へ転送するのに3時間45分も時間がかかり実用的ではありません。

これに対して転送速度の速いUSB-Cであれば、転送にかかる時間はわずか2分38秒。これならプロの現場でも十分活用できるでしょう。つまり、iPhone14がプロ用の撮影機材として利用されるためには、USB-Cへの移行が必須というわけです。

USB‐C導入ではなく完全ワイヤレス化の可能性も

USB‐C導入ではなく完全ワイヤレス化の可能性もあります。

著名リーカーJon Prosser氏は「近い将来iPhoneは完全ワイヤレス化する」としてUSB-Cへの移行を否定しています。

このため、iPhone14がUSB-Cを採用するという噂はあくまで「可能性」としてとらえておくべきでしょう。

iPhone14を待つべき理由:軽量化される可能性あり(Pro/Pro Maxのみ)

iPhone14を待つべき理由は、iPhone14(Pro/Pro Max)のみ軽量化される可能性があることです。iPhone14(Pro/Pro Max)は大きく軽量化される可能性があるため、スマホの軽さを求める方はiPhone14を待つべきでしょう。

2021年のiPhone13 Pro/Pro Maxはバッテリー容量増加・カメラユニットの大型化により、従来より重さがアップ。一部では「重い」と噂になっていました。

一方、レンダリング画像を公開したJon Prosser氏によると、iPhone14 Pro/Pro Maxはチタンフレームを採用する可能性が高いようです。

iPhone14はチタン採用で軽量化となる見込み

チタンは、iPhone13 Pro/Pro Maxで採用されているステンレスに比べて45%程度軽い素材。実際に採用されれば、iPhone14 Pro/Pro Maxは大幅に軽量化されるはずです。

これらの情報通り、iPhone14が大幅に性能アップし、価格も安くなるとすれば、やはりiPhone13を飛ばすのが賢明かもしれません。

結論としてiPhone14を待つべきといえるのではないでしょうか?

iPhone14の最新情報は次の記事でまとめていますので、ぜひお読みください。

iPhone 14 mini・Pro・Max 発売日いつ・予想 予約開始日・価格・スペック・最新情報・予想まとめ

iPhone14待つべきでない人・iPhone13を買うべき人

iPhone14を待つ必要ない人は、コンパクトモデルが欲しい人・iPhone13のスペックで十分と考える人です。また、円安が進んでiPhone 13は値上がりしましたが、iPhone14も値上がりするかもと考える人もiPhone14待つべきでない人です。

すでに触れた通りiPhone14では5.4インチのminiモデルが廃止される見込みです。このため、コンパクトモデルが欲しい人はiPhone13 miniを購入すべきでしょう。

また、iPhone13はすでにかなりの高スペックモデルです。これで十分と考えるのもよいと思います。実際にiPhone13はiPhone12に比べて次の点がスペックアップしています。

  • 最新のA15 Bionicプロセッサ搭載
  • カメラがセンサーシフト式手ぶれ補正採用
  • ノッチが小型化された
  • 120Hzディスプレイ搭載(Pro/Pro Maxのみ)
  • バッテリー持ちが大きく改善

これらのスペックで十分と考える人は、iPhone14を待たずにiPhone13を購入すべきでしょう。

また、iPhone14は値上げされるかもしれないので、iPhone14を待つべきではなく、iPhone13を買ったほうがいいかもしれません。

2022年7月1日にAppleは販売中のすべてのiPhoneの値上げをしました。これは円安が理由なのですが、iPhone14にも影響が出ることはほぼ確定です。iPhone14は従来よりも高い機種となるでしょう。

ちなみにすこし前まではiPhone14は値下げされる、という噂もありました。

MacRumorsはMing-Chi Kuo氏の話として無印iPhone14 Max(6.7インチ)の価格が900ドル以下(約10万円以下)、iPhone14 Pro Maxの価格が1,099ドル(約12万円)スタートになると報じています。

事実であれば、iPhone14はiPhone13に比べて全モデルが1万円程度安くなりそうです。

【iPhone14シリーズの価格予想】

  • iPhone14 約90,000円以下
  • iPhone14 Max 約100,000万円以下
  • iPhone14 Pro 約110,000円〜
  • iPhone14 Pro Max 約120,000円〜

iPhone14いつまで待つべきか

ここまで読んで「iPhone14を待つべきだな」と感じた方も多いのではないでしょうか?

では、一体いつまでiPhone14を待つべきなのでしょうか?

これはずばり「iPhone14が発売される見込みの2022年9月頃」でしょう。

理由は2つあります。

  • 実際のiPhone14を見て決めることができるから
  • 値下げされたiPhone13を購入するという選択肢ができるから

まず、これまで挙げてきた「iPhone14を待つべき理由」はまだ未確定の内容ばかり。例えばヤフー知恵袋には毎日、さまざまな意見や質問、噂が寄せられています。

つまり、iPhone14を買うべきなのかどうかは、実際に発表されてから判断するしかありません。

一方、発表されたiPhone14が期待外れだった場合、値下げされたiPhone13と「どっちを買うのか」を判断しなければなりません。

iPhone13が値下げされるのはiPhone14の発売後ですから、いずれにしてもiPhone14の発表まで待つべきです。

続いてiPhone14を待つべきではない人(iPhone13を買うべき人)についてみてみましょう。

iPhone14を待てない場合は現行iPhoneの購入もあり

「iPhone14を待てない」「iPhone13は高すぎて・・・」という方は、手頃な価格のiPhone SE2や値下げされたiPhone12を購入するのも良いでしょう。

例えば、SIMフリー版のiPhone12とiPhone13の価格を比較すると次の通り。

iPhone12iPhone13
64GB86,800円-
128GB92,800円98,800円
256GB104,800円110,800円
512GB-134,800円

iPhone12は64GBストレージを選択できるので、容量が少なくて良い方は、さらに安く購入することが可能です。

一方、コンパクトモデルを好む方はiPhone SE2もおすすめです。SIMフリー版でiPhone SE2とiPhone 13 miniの価格を比較すると次の通り。

iPhone SE2iPhone13 mini
64GB49,800円-
128GB55,800円86,800円
256GB-98,800円
512GB-122,800円

iPhoneSE2は安いだけでなく、Touch IDを搭載しているというメリットもあります。

値下げされたiPhone12に価格とiPhone SE3のまとめはこちら

iPhone12・12mini値下げ情報まとめ

iPhoneSE3 出ない?発売日・スペック・バッテリー容量最新情報まとめ

各キャリアでiPhoneをチェックする方はこちら

ドコモ公式サイトはこちら

au公式サイトはこちら

ソフトバンク公式サイトはこちら

楽天モバイルは公式サイトこちら

iPhone関連情報

iPhone13 待つべきか・買うべきか・12買わない方がいいか

iPhone14とiPhone13の違いを比較!どっちがいいのか解説

iphone 今買うならどれ2022年iPhoneおすすめ機種・おすすめしない機種解説

iPhone 14(Pro/Max)カラーバリエーション・人気色 おすすめカラー

iPhone14 Pro・MAX 安く買う方法!どこで買うとお得 最安値購入方法

ドコモのiPhone14 Pro/Pro Max在庫・入荷・予約状況

au iPhone14 Pro/Pro Max在庫・入荷状況

ソフトバンクiPhone14 Pro/Pro Max在庫・入荷・予約状況

楽天モバイルのiPhone14 Pro/Pro MAX 在庫・入荷・予約状況

iPhone14(Pro/Max)入荷待ちはどれくらい?入荷待ち確認方法解説

iPhone14最速で予約する方法まとめ

iPhone14(Pro/Max)ストレージ容量は4種類?おすすめの容量も解説

iPhone14機種変更キャンペーン最新情報!お得に機種変するには?

iPhone14(Plus/Pro/Max)値下げ時期いつ?安くなる時期も解説

当サイト人気記事

au 新機種 2022 春モデル最新スマホ発売予定

ソフトバンク 2022年 春夏モデル新機種いつ?

ドコモ 春夏モデル 2022ドコモ スマホ 新機種 発売予定

au 機種変更 クーポン 郵送 電話 2022

ドコモオンラインショップ クーポン 機種変更 使い方

iPhone 15(mini/Pro/ProMax)発売日いつ?予約開始日・値段・スペック・最新情報まとめ

iPhone15は指紋認証(Touch ID)がつかない?復活するのか解説

iPhoneで指紋認証(Touch ID)が使える機種【2022年最新】

-iPhone/iPad
-, ,

Copyright© Happy iPhone , 2022 All Rights Reserved.