iPhone14待つべき理由!iPhone13買わない方がいい理由解説

iPhone14待つべき理由!iPhone13買わない方がいい理由解説
iPhone14待つべきかと悩んでいる方に、iPhone14待つべき理由!iPhone13買わない方がいい理由について解説します。

2021年9月に発売されたiPhone13は、iPhone13/13mini/13Pro/13Pro MAXの4機種ともカメラ機能・性能面・ディスプレイなどが進化してコストパフォーマンスが歴代のiPhoneの中で最強のiPhoneといわれています。

iPhone14のスペックや性能については、現在まだはっきりした発表はAppleからされていないため、今出ている噂やリーク情報から待つべき理由を解説しています。

iPhone13とiPhone14比較してどっちを買ったら良いのか待つべきか・買うべきかの判断基準の参考にしてください。

 

iPhone14関連情報
iPhoneおすすめしない機種・おすすめ機種は?2022年iphone 今買うならどれを買うべき?

iPhone 14(Pro/Max/mini)カラーバリエーション・色予想!新色紫・グリーン・オレンジ?解説

iPhone13買わないでiPhone14待つべき10の理由

iPhone 13シリーズを買わずに、2022年発売が予想されるiPhone14の登場を待つべき10の理由を紹介します。

【iPhone14を待つべき10の理由】

  • デザインの変更
  • 5Gミリ波対応の可能性
  • カメラ性能の大幅アップ
  • ノッチの廃止(パンチホール採用)
  • 指紋認証(Touch ID)がつく・復活する
  • 無印iPhone14にMaxモデルが追加
  • バッテリー持ちが大きくアップ
  • USB-C採用の可能性あり
  • 値下げの可能性大
  • 軽量化される可能性あり(Pro/Pro Maxのみ)

では、引き続きこれらの内容を深く検証して「iPhone14を待つべきかどうか」を考えていきましょう。

iPhone14を待つべき理由①デザインの変更

iPhone14はデザインが大きく変更になるとされており、新しいデザインを好む方はiPhone14を待つべきでしょう。

以下の画像は、著名リーカーJon Prosser氏が公開したもの。

iPhone14レンダリング画像

(画像出典 : Rendersbyian.com )

iPhone14は、2枚のガラスパネルでフレームを挟んだ構造になるようです。これにより、ボディはiPhone13よりも厚くなる見込み。

Prosser氏によると、iPhone14は「史上最も美しい」と言われるiPhone4/4sに似たデザインになるようです。

このため、音量ボタンもiPhone4同様に丸型のデザインへ変更される模様です。

【iPhone4とiPhone14 Pro Maxの予想デザイン】

iPhone14レンダリング画像

(画像出典 : Rendersbyian.com )

iPhone14のデザイン変更で最も大きなポイントは、リアカメラ 部分がフラットになることです。

iPhone14レンダリング画像

(画像出典 : Rendersbyian.com )

iPhone13はカメラの出っ張りが大きいため不満に感じる方も多く、フラット化されるのはうれしい限り。

「iPhone4に似た美しいデザイン」「カメラ部分のフラット化」を考えると、やはりiPhone14を待つべきといえるかもしれません。

iPhone14を待つべき理由②5G ミリ波対応の可能性

iPhone14は国内でも5Gのミリ波に対応する可能性があるため、通信速度にこだわる方はiPhone14を待つべきでしょう。

Apple製品のリーク情報に詳しいMing-Chi Kuo氏は2021年の春に「今年発売されるiPhone13は、カナダや日本、ヨーロッパの一部地域でミリ波に対応する見込み」と予想していました。

しかし、実際にはiPhone13のミリ波対応はアメリカのみ。仮に1年遅れで対応ということになれば、2022年のiPhone14からとなるでしょう。

日本国内では都市部を中心にミリ波エリアが拡大しており、iPhone14がミリ波に対応となれば、やはり「待つべき」といえるでしょう。

iPhone14を待つべき理由③カメラ性能の大幅アップ

iPhone14レンダリング画像

(画像出典 : Rendersbyian.com )

iPhone14はカメラ性能が大幅に向上するとされており、カメラ性能にこだわる方はiPhone14を待つべきでしょう。

まず、メインの広角カメラは従来の12MPから48MPへと画素数が大きくアップすると予想されています。

12MPのカメラは2016年のiPhone 7から続いており、iPhone14では6年ぶりに解像度が見直されることになりそうです。

また、iPhone14 Proシリーズには光学10倍のペリスコープ望遠レンズが搭載されるといわれています。

iPhone13 Proシリーズは光学3倍望遠ですから、実現されれば大きなスペックアップになるでしょう。

なお、Ming-Chi Kuo氏によれば、仮にペリスコープ望遠が見送られたとしてもレンズ枚数の増加など、何らかのアップグレードが加えられるようです。

iPhone14を待つべき理由④ノッチの廃止(パンチホール採用)

iPhone14レンダリング画像

(画像出典 : Rendersbyian.com )

iPhone14(Pro/Pro Max)はノッチを廃止し、パンチホールを採用する可能性が高いため、デザインにこだわる人はiPhone14を待つべきでしょう。

Jon Prosser氏によると、iPhone14 Pro/Pro Maxは上記画像のようなパンチホールディスプレイを採用する可能性が高いとのこと。

ノッチは一部から「邪魔」「ダサい」など不評なので、パンチホール式ディスプレイの採用は大きな魅力といえるでしょう。

ただし、無印のiPhone14シリーズは、引き続きノッチを継続とされています。

このため、「Proモデルの購入を検討している」「ノッチが邪魔」という方は、iPhone14を待つべきでしょう。

※ノッチとはディスプレイ上の「切り欠き」のこと。Face ID(顔認証)に必要なセンサーなどが組み込まれています。

iPhone14を待つべき理由⑤指紋認証(Touch ID)がつく・復活する

iPhone14レンダリング画像

(画像出典 : MacRumors )
iPhone14では待望の指紋認証(Touch ID)が復活する可能性が高く、指紋認証を望む方は、iPhone14を待つべきでしょう。

これは、ディスプレイ調査会社DSCCのCEOであるRoss Young氏がサプライチェーンからの情報として語ったもの。

Ross Young氏によると、iPhone14シリーズは顔認証(Face ID)と指紋認証(Touch ID)を両方搭載するようです。

また、iPhone14 Pro/Pro Maxの顔認証(Face ID)はアンダーディスプレイ(画面内蔵式)になるとのこと。これは、ノッチ廃止によりTrueDepthカメラ(Face ID用カメラ)を搭載するスペースがなくなるためと考えられます。

Ross Young氏の話をまとめると、iPhone14シリーズの生体認証は次のようになる見込みです。

iPhone14/14 MaxiPhone14 Pro/Pro Max
Face ID

Touch ID

アンダーディスプレイFace ID

Touch ID

ただし、Touch IDはiPhone13での搭載が見送られた経緯があり、iPhone14で復活するかどうか確定的な情報はありません。

あくまで「復活の可能性が高い」と考えておくべきでしょう。

iPhone14を待つべき理由⑥ 無印iPhone14にMaxモデルが追加

iPhone14では、無印(ノーマル)モデルにも6.7インチの「Max」モデルが追加される可能性が高く、大きなディスプレイを好む方はiPhone14を待つべきでしょう。

MacRumorsはMing-Chi Kuo氏の話としてiPhone14のラインナップについて次のように報じています。

  • miniモデルは廃止される
  • 無印iPhone14に6.7インチのiPhone14 Maxが追加される

Kuo氏によるとiPhone14シリーズのラインナップは以下のようになる見込みです。

ディスプレイサイズ
iPhone146.1インチ
iPhone14 Max6.7インチ
iPhone14 Pro6.1インチ
iPhone14 Pro Max6.7インチ

ご存知の通り、これまで6.7インチの「Maxモデル」はProシリーズのみのラインナップでした。このため、価格的に手が届きにくかったのも事実。

無印のiPhone14 Maxが発売となれば、比較的手頃な価格で大画面モデルを購入できることになります。

iPhone14を待つべき理由⑦バッテリー持ちが大きくアップ

iPhone14はバッテリー持ちが大きくアップする可能性が高いため、電池持ちを重視する方はiPhone14を待つべきでしょう。

「デザインの変更」の項目で触れた通り、iPhone14はボディの厚みが増すとされています。

このためバッテリー容量が増加し、バッテリー持ちも大きくアップする見込みです。

iPhone13シリーズは「バッテリー持ちが良くなった」と好評ですが、iPhone14ではさらなる改善が期待できそうです。

iPhone14を待つべき理由⑧USB-C採用の可能性あり

iPhone14は待望のUSB-Cを搭載する可能性が高いため、Lightning端子を好まない方はiPhone14を待つべきでしょう。

iDROP NEWSは複数の情報源からの話として「iPhone14がUSB-Cを採用する可能性が高い」と報じています。

これは主に、現在のLightningケーブルのデータ転送速度が遅いため。

iPhone13は新しい動画撮影フォーマットPro Resを採用しましたが、データ量が大きく転送に時間がかかるというデメリットがあります。

例えばProRessで撮影した2時間の4K動画をパソコンなど編集機器へ転送するのに3時間45分も時間がかかり実用的ではありません。

これに対して転送速度の速いUSB-Cであれば、転送にかかる時間はわずか2分38秒。これならプロの現場でも十分活用できるでしょう。

つまり、iPhone14がプロ用の撮影機材として利用されるためには、USB-Cへの移行が必須というわけです。

ただし、著名リーカーJon Prosser氏は「近い将来iPhoneは完全ワイヤレス化する」としてUSB-Cへの移行を否定しています。

このため、iPhone14がUSB-Cを採用するという噂はあくまで「可能性」としてとらえておくべきでしょう。

iPhone14を待つべき理由⑨値下げの可能性大

iPhone14は全モデルが値下げされる可能性が高く、「少しでも安く購入したい」という方はiPhone14を待つべきでしょう。

MacRumorsはMing-Chi Kuo氏の話として無印iPhone14 Max(6.7インチ)の価格が900ドル以下(約10万円以下)、iPhone14 Pro Maxの価格が1,099ドル(約12万円)スタートになると報じています。

事実であれば、iPhone14はiPhone13に比べて全モデルが1万円程度安くなりそうです。

【iPhone14シリーズの価格予想】

  • iPhone14 約90,000円以下
  • iPhone14 Max 約100,000万円以下
  • iPhone14 Pro 約110,000円〜
  • iPhone14 Pro Max 約120,000円〜

iPhone14を待つべき理由⑩軽量化される可能性あり(Pro/Pro Maxのみ)

iPhone14(Pro/Pro Max)は大きく軽量化される可能性があるため、スマホの軽さを求める方はiPhone14を待つべきでしょう。

2021年のiPhone13 Pro/Pro Maxはバッテリー容量増加・カメラユニットの大型化により、従来より重さがアップ。一部では「重い」と噂になっていました。

一方、レンダリング画像を公開したJon Prosser氏によると、iPhone14 Pro/Pro Maxはチタンフレームを採用する可能性が高いようです。

チタンは、iPhone13 Pro/Pro Maxで採用されているステンレスに比べて45%程度軽い素材。

実際に採用されれば、iPhone14 Pro/Pro Maxは大幅に軽量化されるはずです。

これらの情報通り、iPhone14が大幅に性能アップし、価格も安くなるとすれば、やはりiPhone13を飛ばすのが賢明かもしれません。

結論としてiPhone14を待つべきといえるのではないでしょうか?

iPhone14の最新情報は次の記事でまとめていますので、ぜひお読みください。

iPhone 14 mini・Pro・Max 発売日いつ・予想 予約開始日・価格・スペック・最新情報・予想まとめ

iPhone14いつまで待つべきか

スマホと女性

ここまで読んで「iPhone14を待つべきだな」と感じた方も多いのではないでしょうか?

では、一体いつまでiPhone14を待つべきなのでしょうか?

これはずばり「iPhone14が発売される見込みの2022年9月頃」でしょう。

理由は2つあります。

  • 実際のiPhone14を見て決めることができるから
  • 値下げされたiPhone13を購入するという選択肢ができるから

まず、これまで挙げてきた「iPhone14を待つべき理由」はまだ未確定の内容ばかり。例えばヤフー知恵袋には毎日、さまざまな意見や質問、噂が寄せられています。

つまり、iPhone14を買うべきなのかどうかは、実際に発表されてから判断するしかありません。

一方、発表されたiPhone14が期待外れだった場合、値下げされたiPhone13と「どっちを買うのか」を判断しなければなりません。

iPhone13が値下げされるのはiPhone14の発売後ですから、いずれにしてもiPhone14の発表まで待つ必要があります。

続いてiPhone14を待つべきではない人(iPhone13を買うべき人)についてみてみましょう。

iPhone14待つべきでない買わないほうがいい人(iPhone13を買うべき人)

iPhone14を待つべきではない人(iPhone13を買うべき人)はずばり、次のような方です。

  • コンパクトモデルが欲しい人
  • iPhone13のスペックで十分と考える人

まず、すでに触れた通りiPhone14では5.4インチのminiモデルが廃止される見込みです。

このため、コンパクトモデルが欲しい人はiPhone13 miniを購入すべきでしょう。

また、iPhone13はすでにかなりの高スペックモデルです。例えば、iPhone12に比べて次の点がスペックアップしています。

  • 最新のA15 Bionicプロセッサ搭載
  • カメラがセンサーシフト式手ぶれ補正採用
  • ノッチが小型化された
  • 120Hzディスプレイ搭載(Pro/Pro Maxのみ)
  • バッテリー持ちが大きく改善

これらのスペックで十分と考える人は、iPhone14を待たずにiPhone13を購入すべきでしょう。

iPhone14を待てない場合はiPhone SEやiPhone12の購入もあり

「iPhone14を待てない」「iPhone13は高すぎて・・・」という方は、手頃な価格のiPhone SE2や値下げされたiPhone12を購入するのも良いでしょう。

例えば、SIMフリー版のiPhone12とiPhone13の価格を比較すると次の通り。

iPhone12iPhone13
64GB86,800円-
128GB92,800円98,800円
256GB104,800円110,800円
512GB-134,800円

iPhone12は64GBストレージを選択できるので、容量が少なくて良い方は、さらに安く購入することが可能です。

一方、コンパクトモデルを好む方はiPhone SE2もおすすめです。SIMフリー版でiPhone SE2とiPhone 13 miniの価格を比較すると次の通り。

iPhone SE2iPhone13 mini
64GB49,800円-
128GB55,800円86,800円
256GB-98,800円
512GB-122,800円

iPhoneSE2は安いだけでなく、Touch IDを搭載しているというメリットもあります。

また、2022年の春には新型のiPhone SE3が発売と噂されているので、こちらを待つというのも良いかもしれません。

値下げされたiPhone12に価格とiPhone SE3のまとめはこちら

⇨iPhone12値下げ情報まとめ

⇨iPhone SE3発売日・スペック最新情報まとめ

 

各キャリアでiPhoneをチェックする方はこちら

ドコモ公式サイトはこちら

au公式サイトはこちら

ソフトバンク公式サイトはこちら

楽天モバイルは公式サイトこちら

iPhone関連情報

iPhone13 Pro/Pro Max/miniカラー・色 人気 ランキングピンク・ブルー

iPhone se2 発売日 日本・ドコモ・au・ソフトバンク・UQモバイル

当サイト人気記事

ドコモ 春夏モデル 2022ドコモ スマホ 新機種 発売予定

au 機種変更 クーポン 郵送 電話 2022

ドコモオンラインショップ クーポン 機種変更 使い方

-iPhone(アイフォン)
-, ,

Copyright© Happy iPhone , 2022 All Rights Reserved.