機種変更はキャリアショップと家電量販店で違いがある?どちらで機種変更するのがお得?

ショップ 家電量販店

スマホ・iPhoneを機種変更する際、キャリアショップと家電量販店のどちらがお得なのか・両者の違いは何なのかをまとめました。

携帯キャリアショップはスタッフのサポートを直接受けられたり、家電量販店は独自のキャンぺーンがあったりとそれぞれにメリット・デメリットがあります。

キャリアショップと家電量販店以外の機種変更方法も紹介するので、本記事を参考にしてお得にスマホ・iPhoneの機種変更を行ってください。

キャリアショップ・家電量販店だと機種変更時にできることが違う

キャリアショップとは、ドコモ・au・ソフトバンクの実店舗の携帯ショップで、家電量販店とは、ケーズデンキ・エディオン・ヤマダ電機などテレビやパソコンなど家電製品と一緒にスマホも販売している店舗のことです。

ドコモ・au・ソフトバンクのキャリアショップと家電量販店、どちらで機種変更をしても、新しいスマホの代金だけでなく手数料がかかったり、待ち時間がかかるため同じです。

しかし「手続き」として、できることが家電量販店は限られています。これが一番の違いといえるでしょう。家電量販店のほうができることが限られているので、機種変更時に一緒に終わらせられる手続きが少ないです。

機種変更時に家電量販店とショップのできることの違いをまとめると、以下の通りになります。

できることキャリアショップ家電量販店
データ移行〇(有料・無料あり)△(有料)
解約×
料金の支払い×
故障・修理受付×
携帯電話の回収×
携帯電話のリサイクル×
各種サービス受付×
ネット回線等の案内
ネット回線の契約
SIMフリー端末販売×

家電量販店では、キャリアの変更手続きをすることができません。そのため他社へのりかえをする場合、今契約をしている回線のMNP予約番号は発行してもらえません。

また、家電量販店にはデータ移行の機械がありません。例えば、ドコモならショップに備え付けの「ドコピー」で無料でデータ移行がサクッとできます。

家電量販店でもデータ移行はできますが、有料サポートになっていることが大半です。(キャリアショップもデータ移行代行は有料です)

関連ドコモショップのデータ移行有料で一部やってくれる
関連ヤマダ電機はデータ移行や初期設定にお金がかかる

さらに、一部ショップによっては回線契約無しでスマホの端末のみ販売をおこなっていません。端末だけが欲しい方は量販店でSIMフリー端末か端末のみ販売しているかショップに確認してください。

端末のみ購入について詳しくはこちら
ドコモオンラインショップで端末・本体のみ購入できるのか
両者の違いをもっと深堀すべく、それぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

家電量販店で機種変更するメリット・デメリット

家電量販店にはスマホやiPhoneの機種変更時につかえる独自キャンペーンがあります。また、取り扱っているキャリアが多く、一部店舗ではApple製品のiPhoneのSIMフリー端末やAndroid端末のSIMフリーが売っています。

また、ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイル・UQモバイルなど複数のキャリアを扱っているため、店舗によってはキャリアメーカーを乗り越えて料金プランの全プランを熟知している方や、販売してる端末機種全般に詳しいかたもいらっしゃいます。

毎日、端末やキャリアのプランなどをお客様に説明しているから詳しくなるんでしょうね。

ただし、家電量販店の場合お店によっては人件費の面から、携帯・スマホに詳しくないバイトを雇っていることもあります。詳しく説明を聞きたいのに、アルバイトの人だった場合は携帯・スマホに詳しい担当の人を呼んでもらいましょう。

ここまでを総括し、家電量販店で機種変更するメリット・デメリットとしてまとめると以下のようになります。

家電量販店で機種変更するメリット

①キャリアメーカーを乗り越えた携帯・スマホに詳しい店員さんがいる
②家電量販店独自のポイントで安く購入できる。
③スマホ・iPhone独自のキャンペーンがある。
④SIMフリー端末が売っている量販店がある。

家電量販店のデメリット

①時間がかかる
②営業終了時間が決まっているため受付終了時間がある
③頭金という手数料がかかる
④営業や強制オプション・サポートをつけられる
⑤データ移行は基本有料
デメリット・メリットの中でも特に意識してほしいポイントを紹介しておきます。

頭金が発生する家電量販店もある

家電量販店も直営ではなく代理店のため、キャリアのインセンティブや手数料が利益となります。

そのため、頭金や事務手数料などお金の負担が多くなったり、営業の勧誘が多々あるのはしょうがないですね・・。

また、家電量販店も頭金という名の手数料がかかる場合があるのもポイントです。量販店で機種変更をすると下記のような料金表をよく見ませんか?

頭金 お持ち帰り価格

この青四角で囲っているのが、頭金(※店舗によってお持ち帰り価格という場合もあり)価格です。

頭金とは一般的な、分割払いの頭金ではなく、手数料という意味です。この手数料が量販店の利益になります。相場は3,100円~15,000円(税込)です。

また『料金表を見たら0円で契約できる』と思ったら頭金が0円の変わりに、オプションでアプリやタブレットをつけないといけないお店もあります。

頭金が発生する家電量販店はかなり少なくなってきていますが、家電量販店で購入する方は念のため多めにお金を持っていてください。

ポイント付き割引キャンペーンはお得ではない?

家電量販店だと、お店独自ポイントがついたり『割引きキャンペーン』をやっているからお得と思っていませんか?

しかし、家電量販店独自ポイント付きキャンペーンは注意が必要です。全員にポイントが付くのではなく分割支払いをした場合だけしかポイントはつかないので注意して下さい。

また、ポイントキャッシュバックをもらっても、頭金の手数料を支払うと大赤字ということもあります。

ポイント数も例えば10万円を一括購入の場合
・10%ポイントの場合は1万円
・1%ポイントの場合は1千円

新型iphoneは1台10万円以上するのに1%しかつかなかったら損した気分じゃないでしょうか。その時によってつくポイントの数字が違うため買う前に確認してください。

関連ドコモ機種変更で一括0円・実質0円のiPhoneはある?

データ移行は有料対応が基本

家電量販店の場合、機種変更した後のデータ移行は有料になります。データ移行によって、古い端末に入っているデータを消してしまう可能性があるため有料になっています。

たとえば、量販店大手のヤマダ電機もデータ移行については、有料になっています。

iPhoneのSIMフリー端末のみ購入ができる

2019年11月22日から家電量販店でもsimフリーiPhoneが販売されました。たとえば、ヤマダ電機オリジナルモデルの端末だと安い機種で、1万円以下で購入できるのもあります。

取り扱っている店舗が一部のため、店舗によっては置いてない所もあります。SIMフリー端末が欲しい方はお店ごとにチェックをしてください。

キャリアショップで機種変更するメリット・デメリット

携帯キャリショップで機種変更する際のメリット・デメリットをまとめると、以下のようになります。

ショップで機種変更するメリット

①対面で機種変更を最初っから最後まで見てくれる
②料金プランを教えてくれる
③実機を手にとってカラーや重さを体感できる

ショップで機種変更するデメリット

①待ち時間時間がかかる
②頭金・手数料がかかる
③不必要な営業や勧誘営業が長い
④営業時間が決まっている
デメリット・メリットの中でも特に意識してほしいポイントを紹介しておきます。

一方的にプラン提案されることがある

機種変更をした後の料金プランが気になる場合、機種変更シュミレーションをして適しているプランを教えてくれますが、一見安いプランに見えても、そうではないこともあるので注意が必要です。

タブレットを割賦購入することが条件だったり、他のオプション契約が必須だったりして、契約する人主体ではなくショップの売り上げ優先でプランを勧められることがあります。

待ち時間・話す時間は長くなる

また、最近は来店予約システムもできていますが、前の方の話が長ければ予約していても待つことが多いです。

待ち時間も長いうえ、料金プランや勧誘の話が長々と説明されると、疲れて「わかった、わかった、契約する」と言ってしまうことも・・・。そのため、あらかじめ料金プランを少しでも勉強しておいた方がショップの人の言いなりにならずに済みます。

さらに、ショップは営業終了時間も決まっています。テナントなどに入っていると営業の延長ができないため、機種変更の受付時間が決まっています。ショップで機種変更をする場合は、営業終了時刻の1時間前に行くようにしましょう。

ショップの機種変更にかかる時間が知りたい方はこちらをご覧ください。
ドコモで機種変更かかる時間は?何時までに行くのか。
また、携帯ショップで機種変更をする場合、新しい端末の購入代金とは別に、頭金(5,000円~15,000円)がかかることもあります。大きなお金の支払いが必要なため、詳しく説明します。

頭金を請求されるショップも存在する

携帯ショップで機種変更する場合、『頭金』という名の支払いがあります。昔にくらべて頭金をもらうショップは激減しましたが、今も絶滅はしていません。

頭金というと一般的には『購入代金の一部』というイメージですが、携帯市場では意味合いが違い、ショップや家電量販店に支払う手数料です。

携帯ショップや量販店は、直営店ではなく、代理店運営のため、この頭金をショップの運営費の一部にしており、購入者から手数料をもらわないとショップの運営ができないため徴収しているのです。

頭金の金額は自由に設定できるためショップや量販店によって違います。最近だと5,000円~15,000円で頭金設定しているショップが多いです。

頭金無しの店舗があると気付いて、支払いの拒否や返金を求めても応じてもらうことはできません。なお、頭金について詳しく知りたい方は、以下も参考にしてみてください。

ドコモショップ頭金比較!頭金なしで契約する方法
auショップ頭金なし店舗はどこ?
ソフトバンクでiPhoneに機種変更する時の頭金とは?

ここまで読んで「キャリアショップも家電量販店もしっくりこない…」という方もいるはず。そんな方におすすめの方法があります

安くてお得に機種変更できるのはキャリアのオンラインショップ

昔に比べて機種代金が高いので、少しでも安くおトクに機種変更をしたいと考えているのであれば、キャリアのオンラインショップで機種変更をすることをおすすめします。

キャリアのオンラインショップとは、ドコモやau、ソフトバンクといった携帯キャリアが直接運営しているネットショップのことです。

オンラインショップを利用したことない人も多いと思うため、オンラインショップのメリット・デメリットについてお伝えします。

オンラインショップで機種変更メリット

オンラインショップで機種変更メリットは5つあります。

  1. 送料無料
  2. 待ち時間なく、24時間いつでも手続き可能
  3. 営業や勧誘がない
  4. オンラインショップ独自キャンペーンを実施している
  5. 自宅・ショップどちらか好きな受け取り場所が選べる

詳しく説明します。

送料無料

オンラインショップで気になるのが送料だと思います。機種変更等の機種購入手続きの場合には基本的に送料はかかりません。

「◯◯円以上で送料無料」となっていますが、機種代金は必ず送料無料になる設定金額以上の金額になるので、送料の心配はいりません。

ただ、ケースやフィルムなどアクセサリーだけを購入したい場合には、金額によって送料がかかってくる場合があるので注意が必要です。

待ち時間なし・24時間いつでも手続き可能

オンラインショップは、メンテナンス中以外の時間帯であれば、自分の都合のいい時間に手続きができます。

ショップや量販店などの店頭で手続きすると混雑状況によってはかなり待ち時間が発生します。

長時間の待ち時間を経験したことがある人も多いと思いますが、オンラインショップの場合には待ち時間は一切ありません。かかる時間はPCやスマホで手続きする時間のみです。時間を無駄にすることはありません。

24時間好きな時に手続きができるのも嬉しいですよね。お仕事や学校で忙しい人も多いですよね。そうなると、機種変更したいけど仕事が終わるのが遅くて営業時間に間に合わないなどということもあると思います。

そのような場合でも、オンラインショップであれば24時間手続きができるので、営業時間を気にしなくていいんです。システムメンテナンスを実施しているときがあるのでそれだけ注意が必要ですね。

営業や勧誘がない

「タブレットいかがですか?」や「自宅のインターネットはどこの会社を利用していますか?」などと、しつこくて長い営業を受けることってありますよね。聞く気がなくてもずっと話してきたり、断ってもしつこかったりという経験も多いと思います。

オンラインショップの場合には、広告表示が出ることもありますが、クリックしなければ広告先に飛ぶことはありません。

オンラインショップ独自キャンペーンを実施している

オンラインショップでしか実施されていない独自のキャンペーンを行っていることがあります。オンラインショップ独自キャンペーンなので、もちろん店頭では行われていません。

このキャンペーンを利用することで、機種代金を値引きしたりとおトクに購入することができます。

ただ、常にキャンペーンを実施しているというわけではないので、機種変更を検討しているのであればこまめにチェックをするといいと思います。

受取場所を選べる

購入した商品の受取は、自宅またはショップから選択することができます。在宅で仕事をしていたり、子育てで基本的に自宅にいるという人は出かける必要のない自宅での宅配受取が便利です。

仕事や学校であまり自宅にいない、自宅にいる時間帯が決まっていないという人は外出したついでにショップによって受取ができるショップ受取が便利です。

オンランインショップのデメリット

何かとお得なオンラインショップでもデメリットはあります。対面で店員さんに相談できない・在庫がなし機種があるなどの側面があります。詳しく紹介しておきます。

対面で店員さんに相談できない

実店舗のドコモショップやauショップやソフトバンクショップのメリットは困った時に相談することができることですよね。スマホの料金プランなどよくわからない,自分に向いている機種がわからない。

そんな困った時もショップなら対面で教えてもらうことができます。スマホやパソコンだと対面じゃないから疑問を解決できないと思っている方が多いです。

しかし、オンラインショップでも相談や質問をすることはできるのです。それがチャットです。

ドコモスマホチャット版

オンラインショップ(ドコモ・au・ソフトバンク)では購入前でも事前にチャットで質問することができます。

私も実際にしたことがあるのですが、要点だけをわかりやすく説明してくれて、文字の打ち込みに自信が無い方も、チャットの担当の方はじっくり待ってくれます。だから、料金プランも機種変更のお悩みも問題なく解決することができますよ。

在庫なし機種がある

オンランインショップが機種変更でお得な理由について説明したように、ショップや家電量販店に比べて待ち時間やお金の面からお得のでオンラインショップで機種変更をする方が増え続けています。

だからか、人気の機種iphone8やiPhoneXや新型iphoneなど在庫ありになってもすぐに、在庫なしになってしまいます。

オンラインショップ 在庫無し画像

在庫が無い場合は、予約をして入荷したら連絡がもらえるのですが、今すぐ欲しいという時は数日時間がかかってしまいます。

ただ、数日かかってもお金の面を考えるとやっぱりオンラインショップがお得なためほとんどの方は予約待ちをされます。その予約待ちの方から端末機種が配布されてしまうため、オンラインショップの在庫無し状態が多いのです。

売れないからではなく、オンラインショップは人気すぎて在庫がないのです。

ここからは各キャリア独自の特徴をお伝えします。まずはドコモのオンラインショップの特徴から紹介します!

ドコモオンラインショップの特徴

ドコモオンラインショップは、auやソフトバンクと違って、手続きの際の事務手数料も無料になります。

通常、機種変更で2,000円、新規契約や契約変更で3,000円かかる事務手数料が無料なのでかなりおトクに購入でしますよね。また、送料は、税込2,750円以上の購入で無料になります。

ドコモオンラインショップ

商品は、注文してから最短2日で届きます。東京23区内であればエクスプレス配送を利用することで最短当日に受け取ることもできます。

もちろん店頭と同様dポイントが利用できるので今まで貯めたポイントを無駄なく利用できます。ドコモオンラインショップでの支払いにdカードを利用して支払うとdポイントが通常1%貯まるところが、2%貯まります。

auオンラインショップの特徴

auオンラインショップは、ドコモと同じ様に税込2,750円以上の購入で送料無料になります。

商品は、対象地域(東北、関東、中部、近畿、中国、四国)で機種変更手続きの場合、午前9時までに注文すると最短で翌日に届きます。対象地域以外の場合でも注文から翌々日に商品が届きます。auオンラインショップでも、店頭と同様にPontaポイントが利用できます。

取扱商品はオプション品なども含め2500点以上あります。機種変更等と一緒にケースやフィルムなども購入すれば他店で購入する手間も省けます。

ソフトバンクオンラインショップの特徴

ソフトバンクオンラインショップは、税込6,050円以上の購入で送料無料になります。

ドコモやauと違い、送料無料になる金額が高めに設定されているので、オプション品だけ購入する場合には注意が必要ですね。ただ、機種の購入の場合にはメリットの部分でもお話ししたように送料無料なので安心してくださいね。

商品は、正午までに注文すると最短で翌日に届きます。ソフトバンクオンラインショップでも、店頭と同様にTポイントが利用できます。

キャリアと家電量販店の違いを知ってお得に機種変更しよう

キャリアショップでの機種変更がおすすめ人は、多少お金と時間がかかってもショップ店員さんに見てもらいたい、自分一人では機種変更全般、初期設定や電話帳データ移行が心配、目で見てしっかり説明をしてもらいたい人です。

家電量販店で機種変更するのがおすすめの人は、家電量販店独自のキャンペーンを求める方でしょうか。

どちらもしっくりこない、という方は、ショップと家電量販店よりも安く・時間も節約できるオンラインショップがお得です。

機種変更すると、毎日使うスマホやiphoneがパワーアップするから毎日の生活が今以上に楽しくなります。しかし、後から時間やお金が大幅に節約ができたとわかったら悲しい気持ちになりますよね。

浮いたお金で、ケースや画面につけるフィルムも買うことができたな・・・。なんて、後悔をしないためにも機種変更はオンラインショップでしてください。

ドコモ

★ドコモオンラインショップで機種変更をする方は
ドコモオンラインショップはこちら

★ドコモの機種変更店頭とオンラインどちらが安いのか比較
ドコモの機種変更オンラインと店頭を比較

au

★auオンラインショップで機種変更をする方は
auオンラインショップはこちら

★auオンラインショップのメリットやデメリットをもっと知りたい方は
auオンランインショップメリット・デメリット

ソフトバンク

★ソフトバンクオンラインショップで機種変更をする方は
ソフトバンクオンラインショップはこちら

★ソフトバンクオンラインのメリットやデメリットをもっと知りたい方は
ソフトバンクオンラインショップ 機種変更デメリット・メリット

オンラインショップ関連情報オンラインショップだから下取りができないと思う方は要注意!
ドコモオンラインショップの下取り流れ。店頭との違いは?

当サイト人気情報

iPhone12 mini発売日・予約いつ?価格 Appleストア・ドコモ・au・ソフトバンク

Xperia 5 II発売日いつ?予約ドコモ・au・ソフトバンク価格・サイズ・色・スペックまとめ

AQUOS sense4・sense4 plus発売日・予約はいつ?・価格・スペックドコモ・au・ソフトバンク

iPhone se2 在庫・入荷状況ドコモ・au・ソフトバンク

Xperia 1 ii 発売日・予約 au・ドコモ ソフトバンク

Xperia 10 ii 発売日・予約・価格ドコモ・au・ワイモバイル

ドコモ 新機種 2021-2022 春夏最新スマホ 発売予定

スマホを買うならどこがお得で安い?ドコモ・au携帯ショップ・量販店・オンラインショップを比較

Galaxy note20 Ultra ドコモ・au 日本 発売日・予約・価格最新情報

iPhone12・12 Pro発売日・予約いつ?価格 ドコモ・au・ソフトバンク

-au(エーユー), ソフトバンク(softbank), ドコモ(docomo)
-, , , , ,

Copyright© Happy iPhone , 2022 All Rights Reserved.