機種変更はショップと家電量販店の違いは?スマホ・iPhoneどこでする買うのがおすすめか

ショップ 家電量販店iPhone・スマホの機種変更をしようと思ったらショップ・量販店で購入を考えていませんか?

そこで気になるのが下記の3つの悩み・疑問ではないでしょうか。


ショップと量販店機種変更の違いは?
・端末機種は量販店・ショップどこでするのがお得なのか?
・機種変更は時間がかかるのでかからないのは?

もっと具体的にいうと


・機種変更の事務手数料が安くて
・端末機種が安くて
・時間がかからない

そこで先に結論を述べると、どちらもほとんど同じです。

ショップ・量販店以外でもお得でおすすめ機種変更場所があります。

とはいえ、家電量販店もショップももちろんメリットがありおすすめの人、購入の時に気をつけることなどがあります。

そこでココでは、

量販店・ショップの機種変更違いやメリットデメリットなど、おすすめの機種変更場所を紹介します。

最後まで読んで、自分にあった場所で機種変更をして下さい。

安く・時間がかからないお得な機種変更場所を先に知りたい方は
おすすめ機種変更場所を先に知る方はこちら

ショップと量販店の機種変更の違い

ドコモ・au・ソフトバンクのキャリアショップと量販店、基本的にどちらで機種変更をしても、新しいスマホの代金だけでなく頭金や手数料がかかったり、待ち時間がかかるため同じです。

違いは、『データ移行』です。

家電量販店の場合は、基本的に自分でしてわからない場合はデータ移行は有料契約になります。

ショップでした場合、わからない場合はショップの店員さんに教えてもらったりドコモならショップに備え付けのドコピーでデータ移行をすることができます。

なので、データ移行が不安な人はショップでの機種変更をおすすめします。

お金と時間を節約したい方はこの後紹介するおすすめの機種変更場所を検討して下さい。

機種変更以外に、ショップや量販店は違いがあります。
わかりやすく表にまとめました。

※表が切れてしまう人はスクロールして下さい。
キャリアショップ家電量販店
新規契約新規契約
解約ネット回線等の案内
料金の支払いネット回線の契約
故障・修理受付SIMフリー端末販売
携帯電話の回収
携帯電話のリサイクル
ネット回線等の案内・契約
各種サービス受付

家電量販店では、キャリアの変更手続きをすることができません。そのため他社へのりかえをする場合、今契約をしている回線のMNP予約番号は発行してもらえません。

一部ショップによっては回線契約無しでスマホの端末のみ販売をおこなっていません。端末だけが欲しい方は量販店でSIMフリー端末か端末のみ販売しているかショップに確認してください。

端末のみ購入について詳しくはこちら
ドコモオンラインショップで端末・本体のみ購入できるのか

ショップの機種変更おすすめは『多少お金と時間がかかってもお願いしたい人』

ショップでの機種変更がおすすめ人は、多少お金と時間がかかってもショップ店員さんに見てもらいたい、自分一人では機種変更全般、初期設定や電話帳データ移行が心配、目で見てしっかり説明をしてもらいたい人におすすめです。

携帯ショップの機種変更メリット・デメリット

ショップ 打ち合わせ

携帯ショップで機種変更の場合、お金と時間がかかります。

携帯ショップの機種変更メリットまとめ


①対面で機種変更を最初っから最後まで見てくれる
②料金プランを教えてくれる
③実機を手にとってカラーや重さを体感できる

携帯ショップで機種変更デメリット


①待ち時間時間がかかる
②頭金・手数料がかかる
③不必要な営業や勧誘営業が長い
④営業時間が決まっている

機種変更をした後の料金プランが気になる場合、過去の傾向で機種変更シュミレーションをして適しているプランを教えてくれます。

注意しておきたいのは一見安いプランに見えても、タブレットを割賦購入することが条件だったり、他のオプション契約が必須だったりして、契約する人主体ではなくショップの売り上げ優先でプランを勧められることがあります。

料金プランはただでさえ分かりにくいうえ、最近は来店予約システムもできていますが、やっぱり相談内容によるため前の方の話が長く待つことが多いです。

待ち時間も長いうえ料金プランや勧誘の話が長々と説明されると疲れて「わかった、わかった、契約する」と言ってしまいがちになってしまいます。

そのためあらかじめ料金プランを少しでも勉強しておいた方がショップの人の言いなりにならずに済みます。

営業終了時間も決まっています。テナントなどに入っていると営業の延長ができないため機種変更の受付時間が決まっています。
ショップで機種変更をする場合は、営業終了時刻の1時間前に行くようにしましょう。

ショップの機種変更にかかる時間が知りたい方はこちらをご覧ください。
ドコモで機種変更かかる時間は?何時までに行くのか。
また、携帯ショップで機種変更をする場合、新しい端末の購入代金とは別に、頭金(5,000円~15,000円)がかかります。

大きなお金の支払いが必要なため詳しく説明します。

携帯ショップの頭金とは店舗独自の手数料

携帯ショップで機種変更する場合必ず『頭金』という名の支払いがあります。

頭金というと一般的には『購入代金の一部』というイメージですが、携帯市場では意味合いが違い、ショップや家電量販店に支払う手数料です。

携帯ショップや量販店は、直営店ではなく、代理店運営のため、この頭金をショップの運営費の一部にしています。

なので、購入者から手数料をもらわないとショップの運営ができないため徴収しているのです。

頭金の金額は自由に設定できるためショップや量販店によって違います。最近だと5,000円~15,000円で頭金設定しているショップが多いです。

説明なしで支払うのは悲しいですが、お店の家賃や水道光熱費、人件費になっているため頭金(手数料)をもらって運営しています。なので潰れてしまったら困るのでとってるショップが多いです。

頭金無しの店舗があると気付いて支払いの拒否や返金を求めても応じてもらうことはできません。

頭金を支払いたくないという方はこの後紹介する、オンラインショップでの機種変更をおすすめします。

頭金について詳しく知りたい方は、以下もご参考に。

 

家電量販店の機種変更おすすめの人は『何を購入するか悩んでいる人』

家電量販店 ヤマダ電機

家電量販店とはヤマダデンキやヨドバシカメラ、Ksデンキ、ビックカメラなどの電化製品を取り扱っているお店です。

家電量販店と携帯ショップの違いは、スマホやiPhoneの機種変更独自キャンペーンがあります。また、取り扱っているキャリアが多く、一部店舗ではApple製品のiPhoneのSIMフリー端末やAndroid端末のSIMフリーが売っています。

家電量販店の場合、ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイル・UQモバイルなど複数のキャリアを扱っています。そのため店舗によってはキャリアメーカーを乗り越えて料金プランの全プランを熟知している方や販売してる端末機種全般に詳しいかたもいらっしゃいます。

機種変更をしようと思ったけど、話を聞いてiPhoneのSIMフリー端末を購入した
という方もいます。

ショップの場合、ドコモショップだとドコモには詳しいけどauやソフトバンクのことは知らない店員さんが多いです。

毎日、端末やキャリアのプランなどをお客様に説明しているから詳しくなるんでしょうね。

ただし、家電量販店の場合お店によっては人件費の面から携帯・スマホに詳しくないバイトを雇っていることもあります。詳しく説明を聞きたいのに、アルバイトの人だった場合は携帯・スマホに詳しい担当の人を呼んでもらいましょう。

 

家電量販店で機種変更メリット・デメリット

家電量販店での機種変更のメリットとデメリットです。

量販店で機種変更のメリット

①キャリアメーカーを乗り越えた携帯・スマホに詳しい店員さんがいる
②家電量販店独自のポイントで安く購入できる。
③スマホ・iPhone独自のキャンペーンがある。

④SIMフリー端末が売っている量販店がある。

量販店のデメリット


①時間がかかる
②営業終了時間が決まっているため受付終了時間がある
③頭金という手数料がかかる
④営業や強制オプション・サポートをつけられる
⑤データ移行は基本有料

家電量販店も直営ではなく代理店のため、キャリアのインセンティブや手数料が利益となるため頭金や事務手数料などお金の負担が多くなったり、営業の勧誘が多々あるのはしょうがないようです。
わかりにくいメリット・デメリットについてピックアップして詳しく説明します。

家電量販店も頭金という名の手数料がかかる

頭金 お持ち帰り価格
量販店で機種変更をすると上記のような料金表をよく見ますよね、この青四角で囲っているのが、頭金(※店舗によってお持ち帰り価格という場合もあり)価格です。

頭金とは一般的な、分割払いの頭金ではなく、手数料という意味です。この手数料が量販店の利益になるため、量販店にとっては死活問題のため『料金表を見たら0円で契約できる』と思ったら頭金が0円の変わりに、オプションでアプリやタブレットをつけないといけないお店もあります。

頭金の相場は3,000円~10,000円(税抜き)です。

値引き交渉はできないので、量販店で購入する方は多めにお金を持っていてください。

 

一括0円・ポイント付きキャンペーンは注意

家電量販店だと、お店独自ポイントがついたり『0円・割引きキャンペーン』をやっているからお得と思っていませんか?

家電量販店独自ポイント付きキャンペーンは注意が必要です。

全員にポイントが付くのではなく分割支払いをした場合ポイントはつかないので注意して下さい。

また、ポイントキャッシュバックをもらっても、頭金の手数料を支払うと大赤字ということもあります。

ポイント数も例えば10万円を一括購入の場合
・10%ポイントの場合は1万円
・1%ポイントの場合は1千円

新型iphoneは1台10万円以上するのに1%しかつかなかったら損した気分じゃないでしょうか。

その時によってつくポイントの数字が違うため買う前に確認してください。

データ移行は基本有料

量販店の場合、機種変更した後のデータ移行は有料になります。

データ移行によって、古い端末に入っているデータを消してしまう可能性があるため有料になっています。

量販店大手のヤマダ電機もデータ移行については、有料になっています。

iPhoneのSIMフリー端末のみ購入なら量販店

2019年11月22日から家電量販店でもsimフリーiPhoneが販売されました。ヤマダ電機オリジナルモデルの端末だと安い機種で、1万円以下で購入できるのもあります。

ただし、iPhone SE(第2世代)は発売されてiPhone11やiPhone11Proは発売されていなく、家電量販店の

また、取り扱っている店舗が一部のため店舗によっては置いてない所もあるためSIMフリー端末が欲しい方はお店ごとにチェックをしてください。

 

機種変更おすすめ場所はキャリアのオンライショップ

オンラインショップを初めて聞いた方もいらっしゃると思うので説明すると。

オンラインショップは、各キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)が直接運営しているネットショップです。

★ドコモ
ドコモオンラインショップ

★au
auオンラインショップ

★ソフトバンク
ソフトバンクオンラインショップ

それぞれ、直営ショップのため、偽物を売るようなことがないため安心して買い物ができます。

オンランインショップが機種変更でおすすめな理由

オンラインショップが機種変更でおすすめな理由は、オンラインショップのメリットが携帯ショップ・家電量販店のデメリットをカバーしているからです。

オンラインショップのメリット
・頭金の手数料が無料
・待ち時間無し、24時間いつでも注文できる
・エクスプレス配送で最短当日に商品が届く
・営業やしつこい勧誘がない
・オンラインショップなら独自キャンペーンも開催

①待ち・無駄時間が無し

希望の機種が決まっていて在庫があれば購入手続きまで入れても、早ければ15分もかかりません。

②頭金や手数料の無駄なお金がかからない。

頭金無し画像
オンランインショップなら直営店なので頭金がかかりません。

またドコモオンラインショップなら、頭金だけでなく事務手数料もかかりません。

オンランインショップショップ・量販店
頭金無し有料
3,000円~10,000円
事務手数料無し有料
2,000円~3,000円

※au・ソフトバンクでは頭金は0円ですが、事務手数料はかかります。

③長い勧誘営業がない

無駄にお金かからない画像
オンラインショップでは、勧誘営業がありません。

広告がでることはあっても自分でクリックで選択をして選ばない限り、時間を無駄にすることはありません。

④自宅・ショップ受け取り側を選べる

自宅・ショップ受け取り画像
受け取り場所も、自宅・ショップと選ぶことができます。
配送時間に間に合わない方は、ショップ受け取りというように選ぶことができます。

また、時間の面だけでなく新しいiPhoneやスマホを買ったけど操作がわからないと不安な時はキャリアショップにお届けにしてショップの店員さんにスマホの使い方を教えてもらうことができます。

ショップ受け取りにしたからといって、オンラインショップで購入の手続きをすれば頭金などの手数料はかからないので心配しないでショップ受け取りにして下さい。

⑤日本全国送料0円

荷物を無料で運んでくれる人画像
オンラインショップで買い物をすると送料がかかって高いですよね。
ドコモ・au・ソフトバンクではオンラインショップで機種変更をした場合無料でできます。

メーカーによっては2,500円以上と送料の上限を決めている所もありますが、機種変更の場合2,500円はかかるので送料は実質無料と考えて大丈夫です。

オンランインショップでもあるデメリット

何かとお得なオンラインショップでもでメリットはあります。

①対面で店員さんに相談できない


実店舗のドコモショップやauショップやソフトバンクショップのメリットは困った時に相談することができることですよね。スマホの料金プランなどよくわからない,
自分に向いている機種がわからない。

そんな困った時もショップなら対面で教えてもらうことができます。

スマホやパソコンだと対面じゃないから疑問を解決できないと思っている方が多いです。

しかし、オンラインショップでも相談や質問をすることはできるのです。

それがチャットです。
ドコモスマホチャット版

【ドコモスマホ版チャット】
オンラインショップ(ドコモ・au・ソフトバンク)では購入前でも事前にチャットで質問することができます。

私も実際にしたことがあるのですが、要点だけをわかりやすく説明してくれて、文字の打ち込みに自信が無い方も、チャットの担当の方はじっくり待ってくれます。だから、料金プランも機種変更のお悩みも問題なく解決することができます。

②人気すぎて在庫なし機種が多い

オンラインショップ 在庫無し画像
オンランインショップが機種変更でお得な理由について説明したように、ショップや家電量販店に比べて待ち時間やお金の面からお得のでオンラインショップで機種変更をする方が増え続けています。

だからか、人気の機種iphone8やiPhoneXや新型iphoneなど在庫ありになってもすぐに、在庫なしになってしまいます。

在庫が無い場合は、予約をして入荷したら連絡がもらえるのですが今すぐ欲しいという時は数日時間がかかってしまいます。

ただ、数日かかってもお金の面を考えるとやっぱりオンラインショップがお得なためほとんどの方は予約待ちをされます。その予約待ちの方から端末機種が配布されてしまうためオンラインショップの在庫無し状態が多いのです。

売れないからではなく、オンラインショップは人気すぎて在庫がないのです。

まとめ

機種変更はショップと家電量販店の違いは、データ移行です。データ移行をしっかり見てもらいたい方は携帯ショップがおすすめです。

スマホ・iPhoneの機種変更は、ショップと家電量販店よりも安く・時間も節約するならオンラインショップがお得です。

機種変更すると、毎日使うスマホやiphoneがパワーアップするから毎日の生活が今以上に楽しくなります。
しかし、後から時間やお金が大幅に節約ができたとわかったら悲しい気持ちになりますよね。

浮いたお金で、ケースや画面につけるフィルムも買うことができたな・・・。

そんな、後悔をしないためにも機種変更はオンラインショップでしてください。

ドコモ
★ドコモオンラインショップで機種変更をする方は
ドコモオンラインショップはこちら

★ドコモの機種変更店頭とオンラインどちらが安いのか比較
ドコモの機種変更オンラインと店頭を比較

au
★auオンラインショップで機種変更をする方は
auオンラインショップはこちら

★auオンラインショップのメリットやデメリットをもっと知りたい方は
auで機種変更するならオンランインショップがショップより圧倒的にお得な理由とは

ソフトバンク
★ソフトバンクオンラインショップで機種変更をする方は
ソフトバンクオンラインショップはこちら

★ソフトバンクオンラインショップのメリットやデメリットをもっと知りたい方は
ソフトバンク機種変更はオンラインショップが実店舗よりメリットが多い理由

オンラインショップ関連情報
オンラインショップだから下取りができないと思っている方は要注意!
ドコモオンラインショップの下取り流れ。店頭との違いは?

新機種情報

ドコモ2020-2021年秋冬モデル発売日・予約開始日おすすめ新機種・スペック予想最新情報まとめ
iPhone se2 在庫・入荷状況ドコモ・au・ソフトバンク

Xperia 1 ii 発売日予想・予約特典au・ドコモ

Xperia 10 ii 発売日・予約・価格ドコモ・au・ワイモバイル

ドコモ スマホ 新機種 発売予定 2020夏まとめ

-au(エーユー), ソフトバンク(softbank), ドコモ(docomo)
-, , , , ,

Copyright© Happy iPhone , 2020 All Rights Reserved.