頭金画像
各ショップや家電量販店でiPhoneを機種変更しようとした時に支払うことになる頭金。
今でもどの店舗でも「頭金」として3,000円~10,000円前後の支払いが必要なケースが増えてきています。
店頭の表示部分に頭金と表記されていたり、スタッフさんとのやり取りで「頭金は現金とポイントどちらでお支払いなされますか?」との流れで頭金が必要なことに気がつく人もいるようです。
ここではそんなiPhoneの機種変更時に必要な頭金について解説していきましょう。

そもそも何故iPhoneの機種変更に頭金が必要なのか

まずはそもそも何故スマホやiPhoneの機種変更に頭金が必要なのでしょうか。
頭金と聞くと車の契約やマンション購入時、その他高額商品を購入する時に支払うイメージが強いと思います。
「100万円の商品の頭金に30万払っておき、残りの70万を後日支払う」というような形ですね。
高額商品を購入する「意思」があるということを示したり「手付金」のような形で頭金を支払っておくケースもあります。
しかしスマホやiPhoneもある程度高額とは言え頭金を支払うほどのものではありません。
また支払うタイミングも購入時なので先に頭金を支払っておくようなものではありませんよね。
それではなぜスマホやiPhoneの購入に頭金が必要なのでしょうか。

スマホやiPhoneの頭金は意味合いが違う

ドコモ・au・ソフトバンクでスマホやiPhoneを購入する際の頭金は普通の頭金とは意味合いが違ってきます。
結論から言ってしまえば手数料の意味合いが強いです。
最近では格安スマホなどが普及してきていることもあり、各ショップや家電量販店などでも利益自体が少しずつ減少傾向にあるようです。
そのため各ショップや量販店では経営利益のために多く店舗が「頭金」という形で手数料分の金額を上乗せしているのですね。
後述する「頭金が必要な購入場所」もあるため頭金を支払うということはその分丸々孫をしているようなものなのです。

以前はiPhoneは頭金が無かった?

ちなみに以前はスマホ(アンドロイド)に頭金が加算されているものの、iPhoneの場合には頭金が不要で機種変更をすることができていたと感じる人もいるのではないでしょうか。
そのときにはiPhoneの価格をキャリア側(アップル側)が決めることができていたので頭金の設定などはできないようになっていたのですが、最近ではショップ側でiPhoneの価格に手を加えることができるようになりました。
もちろん以前も「別途頭金が○○円掛かるので○○と○○のオプションor有料コンテンツを追加で頭金0円にできますよ」みたいに頭金を取っていたところもあります。
ですが基本的にはアップル側から価格提示があるため頭金の設定が禁止されていたんですね。
それが2017年からiPhoneだけが価格を決めるのはおかしいよねということで「価格を決める独占禁止法」に触れるとして総務省から通達があったのです。
それからはiPhoneでも普通にショップ側、量販店側で頭金の設定ができるようになりました、なってしまったのです。
そのため今ではアンドロイドもiPhoneも基本的に5,000円前後の頭金が掛かるのが当たり前のようになってしまったのです。
足元を見られているようで面白くないと感じる人も多いと思いますが、多くの販売店がアンドロイド端末でもiPhoneでも変わらず頭金が必要になってしまったのですね。

頭金は絶対に必要なものではない

ではiPhone購入時に頭金は絶対に必要なものかと言えばそうではありません。
頭金が不要でiPhoneを購入することができる場所も当然存在します。
数は少ないですが元々頭金を0円で販売してくれているショップや量販店も存在することは存在しています。
ですがそういったところを探そうとしても地域によってはどうしても難しかったり、地域全てのショップや量販店が基本的に頭金が必要だという人も少なくないでしょう。
なので地域に関係なく頭金0円で購入できる方法を紹介していきます。
もう各種ショップや家電量販店などで無駄な頭金を支払う必要なんて無いのです。
その頭金に掛かるはずだったお金は好みのカバーを買ったり別なところにつかうようにしちゃいましょう。

iPhoneの頭金は0円・無しで購入できる場所がある

頭金がいつでも不要・0円で購入することができる場所があります。

それはキャリアメーカーの公式ショップです。

キャリアメーカーとは、ドコモ・au・ソフトバンクです。

そのキャリアメーカーがそれぞれネットショップをもっているのです。

★ドコモ
ドコモオンラインショップ

★au
auオンラインショップはこちら

★ソフトバンク
ソフトバンクオンラインショップはこちら

これら各キャリアの公式オンラインショップであればiPhoneの機種変更の際に頭金が掛かることはありません
また当然ですが地域を問わず全国どこに住んでいても申し込みができるので、周辺に頭金を取るショップや量販店しかない場合でも問題なく頭金0円でiPhoneの機種変更をすることができるのです。
かなり便利かつ頭金無料ということで各キャリアのオンラインショップを活用して機種変更をする人は実際かなり増えてきています。

各キャリアオンラインショップは、キャリアメーカーがそれぞれ力を入れているため経済的にお得だったりメリットが多いです。

①オンラインショップ経済的なメリット

・頭金が0円無料
・つけたくないオプション加入無し

画像のような写真を見たことがありませんか。
頭金オプション有り画像
頭金が無しだと思ったら、変わりにオプションに加入しないといけない。
オプション加入しないなら頭金を払わないといけなかったりそれを拒否することもできない理不尽な契約になっています。

それがオンラインショップなら頭金は無し、オプションは自分で選ぶことができるので何も選ばないこともできます。

なので、時間的・経済的メリットは両方とも高いです。

②日本全国送料0円

オンラインショップで購入すると送料がかかるという問題も各キャリアショップとも機種変更の場合無料でできます。
メーカーによっては2,500円以上と送料の上限を決めている所もありますが、機種変更の場合2,500円はかかるので送料は実質無料と考えて良いのではないでしょうか。

③お届け場所も選べる

受け取りもキャリアショップ・自宅と選ぶことができます。
なので新しいiPhoneやスマホを買ったけどデータを移動できないや操作がわからないと不安な時はキャリアショップにお届けにすることができます。

④料金プラン・不明点も相談できる

ショップや家電量販店で機種変更は料金プランの相談ではないでしょうか。

機種変更前の機種が
iphoneではなくandroidやガラケーの場合
料金プランが2年以上前
などの場合、料金プラン自体が新しくなっていたり通信量の定額制プランや変動制プランなどが導入されていたり新規のプランが登場していることもあります。

その場合には機種変更を検討しているとショップや量販店で相談すると安心してできますよね。

そんな困った時もショップではなくオンラインショップでも相談できます。

各キャリアオンラインショップでは、チャット相談で質問をすることができます。

【ドコモ】
ドコモチャットマーク

【au】
auオンラインショップのチャット

ソフトバンク
ソフトバンクショップのチャット

チャットは、スマホやPC画面の右端にあります。
このチャットはオペレートチャットといって、ドコモ・au・ソフトバンクオンラインショップで色々質問や相談をするとリアルタイムで回答をもらうことができます。

だから、オンラインショップでの機種変更の利用方法がわからないや自分にあった料金プランがわからないという疑問をすぐに解決することができます。

つまり、オンラインショップのチャットならショップや家電量販店までわざわざ行かなくても自宅や好きな場所で相談ができるのです。

他にもiPhoneの機種変更はどこでするのが良いのか調査してまとめました
iphoneの機種変更は直営店と家電量販店どこでするべきなのか徹底調査

キャリアメーカーのオンラインショップでお得に機種変更してみて下さい。
驚くくらい簡単にできますよ。

ドコモ
★ドコモオンラインショップでiphoneに機種変更する方は
ドコモオンラインショップはこちら

★ドコモオンラインショップのメリットやデメリットをもっと知りたい方は
ドコモオンラインショップで機種変更はおとく?メリットとデメリットは?

au
★auオンラインショップでiphoneに機種変更する方は

auオンラインショップはこちら

★auオンラインショップのメリットやデメリットをもっと知りたい方は
au機種変更はオンラインショップが販売店を上回る驚異のメリット4選

ソフトバンク
★ソフトバンクオンラインショップでiphoneに機種変更をする方は
ソフトバンクオンラインショップはこちら

★ソフトバンクオンラインショップのメリットやデメリットをもっと知りたい方は
ソフトバンク機種変更はオンラインショップが実店舗よりおすすめなメリット6選