【2020年11月】iPhone SE(第2世代) 値下げいつ?価格は?ドコモ・au・ソフトバンク安くお得に買う方法!

iPhoneSE 安く買う 値下げ・割引き・キャンペーン情報
2020年 iPhone SE(第2世代)が5月ドコモ・au・ソフトバンクで発売され、8月27日ワイモバイルからも発売!

ドコモとauで新規契約と他社からののりかえ(MNP)でiPhone SE2が値下げの割引価格で購入できます。

ドコモとauでは機種変更でも値下げ価格で購入できるキャンペーンを開催していましたが、現在は終了しています。

値下げの開始日の日にちはそれぞれ違い、契約内容によっては値下げ価格で購入できない人が多くいるため。

ココでは

iPhone SE2ドコモ・au・ソフトバンクの値下げはいつ?価格は?についてと安く買う方法をお伝えします。

値下げ価格で買えない人は安く買う方法を参考にして少しでも割引き価格で購入をしてください。
ワイモバイルでも発売と同時に割引き価格で安く買えるため追記しました。

ドコモのiPhone SE(第2世代)値下げいつ・割引価格

iPhone SE2ドコモ

7月3日からドコモへiPhone SE2を他社からののりかえ(MNP)をする場合ドコモオンラインショップ限定『端末購入割引』キャンペーンで販売価格からら22,000円割引

7月20日から『オンラインショップ限定 端末購入割引』で機種変更をオンラインショップでする場合販売価格から3,300円割引で購入できます。
⇒機種変更の値下げは現在終了しています。

新規契約の場合は、dポイント10,000ポイントが付与されます。

ドコモiPhone SE2本体価格

・64GB:57,024円
・128GB:62,568円
・256GB:75,240円

ドコモのiPhone SE2の端末価格は発売当初から変わっていません。

新規契約の場合は、本体価格はそのままですが、10,000円相当のdポイントが還元が12月1日から20,000ポイントに付与がアップします。。

dポイントは、1ポイント=1円でドコモの利用料の支払いや、オプション品の購入、d払いで利用することができるので、実質10,000円の割引となります。

iPhone SE他社からののりかえの場合(MNP)価格

本体価格から直接22,000円が割引されます。

容量価格割引後価格
64GB57,024円35,024円
128GB62,568円40,568円
256GB75,240円53,240円

64GBソフトバンクなどドコモ以外からの他社からのりかえ(MNP)なら35,024円でiPhone SE(第2世代)を購入することができます。

【終了】iPhone SE2の機種変更端末購入割引価格

『オンラインショップ限定 端末購入割引』キャンペーンで販売価格から3,300円割引されました。

※7月20日~7月31日まで現在は終了しています。

容量価格割引後価格
64GB57,024円53,724円
128GB62,568円59,268円
256GB75,240円74,910円

オンラインショップでiPhone SE2を機種変更なら端末価格が53,724円で購入できます。

ショップや量販店では割引価格で購入できないので注意してください。

auのiPhone SE(第2世代)の値下げいつ・割引価格

 

『auオンラインショップお得割』キャンペーンで新規契約は11,000円・他社からののりかえ(MNP)は22,000円で端末価格から割引き価格で購入することができます。

auのiPhone SE2本体価格

・64GB:55,270円
・128GB:61,250円
・256GB:75,215円

※auのiPhone SE2の端末価格は発売当初から変わっていません。

 

具体的な数字で説明すると

iPhone SE(第2世代)の新規契約

iPhone SE2をauオンラインショップお得割で新規契約は11,000円割引です。

容量価格割引後価格
64GB55,270円44,270円
128GB61,250円50,250円
256GB75,215円64,215円

新規契約でiPhone SE64GBなら、55,270円(端末価格)-11,000円(新規契約)=44,270円で購入することができます。

 

iPhone SE(第2世代)の他社からの乗り換え

iPhone SE2をauオンラインショップお得割で他社からの乗り換えは22,000円割引です。

容量価格割引後価格
64GB55,270円33,270円
128GB61,250円39,250円
256GB75,215円53,215円

他社からののりかえ(MNP)でiPhone SE64GBなら、55,270円(端末価格)-22,000円(新規契約)=33,270円で購入することができます。

値下げ価格でiPhone SE(第2世代)を購入することができるのですが『au Online Shopお得割』auオンラインショップ限定キャンペーンのため、auショップや家電量販店で購入した場合は割引き価格で購入することができません。注意してください。

 

auオンラインショップは、新規契約・他社からののりかえ(MNP)だけでなく機種変更の場合でも頭金の手数料がないため実質割引価格で購入することができます。

安くお得に買いたい人はauオンラインショップがおすすめです。

ソフトバンクiPhone SE(第2世代)値下げいつ・割引価格

iPhone SE2 ソフトバンク

3月12日からソフトバンクでは、他社からののりかえ(MNP)の場合オンライン限定『WEB割』キャンペーンで本体価格から21,600円を割引で購入できます。

ソフトバンクで販売されているiPhone SE(第2世代)の端末価格

販売価格
64GB57,600円(1,200円×48カ月)
128GB64,080円(1,335円×48カ月)
256GB78,480円(1,635円×48カ月)

※ソフトバンクのiPhone SE2の端末価格は発売当初から変わっていません。

WEB割を適用すると具体的な価格は、端末価格がストレージごとに変わります

容量価格割引後価格
64GB57,600円36,000円
128GB64,080円42,480円
256GB78,480円56,880円
ソフトバンクでiPhone SE2を64GBなら36,000円で購入することができます。

ワイモバイルの販売価格・割引(値下げ)価格

iPhone SE ワイモバイル

ワイモバイルでは、ワイモバイルオンラインストア限定で新規・他社からののりかえ(MNP)で『スマホベーシックプランM/R』で機種代金から18,000円を割引で購入できます。

ワイモバイルで販売のiPhone SE(第2世代)の端末価格

販売価格
64GB57,600円(1,600円×36カ月)
128GB64,080円(1,780円×36カ月)

ワイモバイルオンラインストアでiPhone SEの64GBは39,600円、iPhone SE 128GBは46,080円で購入できます。(※128GBは9月上旬の発売予定です。)

ただし、ショップや量販店では割引き価格では購入できないので注意してください。

ワイモバイルのiPhone SEが安く購入できる
ワイモバイルオンラインストアはこちら

 

ワイモバイルiPhone SE在庫状況はこちら

ドコモ・au・ソフトバンクiPhone SE(第2世代)安く買う方法

iPhone SE安く買う方法

 

第2世代iPhone SE(2020)は、元々手軽な値段で購入できる価格設定になっていますがが、それぞれのキャリアで値下げ・割引きキャンペーンや割引プランを利用して安く買うことができないか調べました。

端末割引きプランを使って機種変更をする

ドコモ・au・ソフトバンクでは、それぞれで端末割引プランを利用することでiPhone SEを安く購入することができます。
・ドコモ:スマホおかえしプログラム
・au:かえトクプログラム
・ソフトバンク:トクするサポートプログラム
それぞれのプログラムを利用すれば、通常価格よりもずっと安く購入することが可能になります。

スマホおかえしプログラム

スマホおかえしプログラム

ドコモの端末割引きプランは、『スマホおかえしプログラム』です。

auの端末割引きプランは『auかえトクプログラム』です。

どちらも似ているプランのためココではドコモのスマホお返しプログラムで説明をします。

ドコモのスマホおかえしプログラムは、本体を36回の分割で購入し25か月目以降にスマホをドコモに返却すれば、残りの分割金の支払いが不要になるプログラムです。

2年以上使いたい人には気が進まないプログラムかもしれませんが、最新機種が安く買えるという点ではこれ以上の割引き価格はありません。

実際にどれだけお得なのかというと

iPhone SE64GB

・一括購入 57,024円
・分割払い(36回):1,584円×36回
・プログラム適用
24回で返却   :38,016円
・支払い不要料金 :19,008円

iPhone SE 128GB

・一括購入 62,568円
・分割払い(36回):1,783円×36回
・プログラム適用
24回で返却   :41,712円
・支払い不要料金 :20,856円

iPhone SE 256GB

・一括購入 75,240円
・分割払い(36回):2,090円×36回
・プログラム適用
24回で返却   :50,160円
・支払い不要料金 :25,080円

iPhone SEを購入して次回、新しい端末にスマホおかえしプログラムを適用して機種変更もしくは乗り換えをした場合は、本来支払わなければいけない分割払いの料金の3分の2を後日支払わないで良いという形になります。

スマホおかえしプログラムについて詳細が知りたい方は
スマホお返しプログラム返さないデメリットはある?
auかえトクプログラムについて詳細を知りたい方は
auのかえトクプログラムデメリットと注意点を解説

 

【ソフトバンク】トクするサポートプログラム

 

販売価格トクするサポート+適用時
iPhone SE 64GB57,600円(1,200円×48カ月)28,800円(1,200円×24カ月)
iPhone SE 128GB64,080円(1,335円×48カ月)32,040円(1,335円×24カ月)
iPhone SE 256GB78,480円(1,635円×48カ月)39,240円(1,635円×24カ月)

ソフトバンクでの販売価格は、57,600円~の販売となります。

トクするサポート+を利用すれば本体価格の半額の負担で購入することができるので、2年後にソフトバンクにiPhone SEを返却すれば、64GBなら28,800円で購入することが可能になります。

AppleストアでSIMフリー版が44,800円(64GB)で販売されるのと比べると、約2万円も安く購入することが可能になります。

 

ポイントを使って購入価格を割引きに

ドコモにはdポイント

auにはau WALLETポイントというポイントプログラムが利用できます。

ドコモのdポイントを使う

dポイントで1ポイント=1円で、端末の購入代金やオプションの購入費用に充てることができます

ドコモユーザーであれば知っていると思いますが、機種代金に充てることが出来るのでその分おトクに購入が出来ます。

最近ではdポイント加盟店が増えており、マクドナルドやマツモトキヨシ、ローソン、はま寿司、すき家など、日頃行くお店でポイントを貯めることが出来ます。日々のお買い物でdポイントを貯めておトクに機種変更しましょう。

au WALLETポイント

au WALLETクレジットカード
auの利用金額によって貯まるau WALLETポイントを機種購入時に機種代金に充てることができます。auの利用料金の場合、税抜1,000円ごとに10ポイント貯まります。

さらに、au Payやau WALLETクレジットカード、au WALLETプリペイドカードなどでお買い物をすると税込200円で1ポイント貯まります。

auの利用料金をau WALLETクレジットカードで支払うと通常のポイントにプラスしてクレジットカード利用ポイントが税込200円で2ポイント貯まります。10,000円の年会費がかかりますがゴールドカードもあります。ゴールドカードの場合は、auの利用料金に対するポイントとクレジットカード利用ポイントに加え、毎月ゴールド特典ポイントが10%つきます。

1ポイント=1円で利用できるので、貯めれば貯めるほどおトクに機種変更ができるというわけです。auユーザーであれば持っておきたいクレジットカードですよね。

ポイントがたくさん溜まっていれば、お得にiPhone SEを購入することができますよ。

下取りプログラムを利用する

iPhone SEに機種変更する時に、今使っている機種をドコモ・au・ソフトバンクに下取りに出すことができます。

機種によって付与されるポイントが異なりますが、ドコモでは最大54,000円のdポイントが付与されます。

auでは下取りポイントがau WALLETポイントとして還元されます

ソフトバンクでは、 PayPayボーナスまたは購入機種代金から値引きされます。

今使っている機種はiPhone・iPadをはじめ、Androidスマートフォンやタブレット・ケータイのほぼ全機種が下取り可能です。

下取りできるのは、問題なく使えることが条件で基盤が壊れていなかったり、改造していない画面割れしていないことが必要です。

昔は他キャリアで購入したものは不可でしたが、最近はauやソフトバンクで販売していたのも下取りしてくれるので機種変更の時だけでなくMNPの時も下取りをしてくれます。

ドコモ・au・ソフトバンク毎月下取りの対象機種・価格を見直しているため最新の下取り価格については公式サイトをご覧ください。

ドコモの下取り価格・対象機種はこちら

auの下取り価格・対象機種はこちら

ソフトバンクの下取り価格・対象機種はこちら

オンラインショップで頭金無料で実質値下げ安く買う

ドコモオンラインショップ

オンラインショップとはドコモ・au直営のネットショップです。
ドコモのスマホがネットで買えるcm」が今放送しているので知っている方も多いのではないでしょうか。

 

家電量販店やショップで機種変更・新規で契約をすると頭金や事務手数料がかかりますよね。

【オンラインショップで購入】
・頭金無料
・事務手数料なし(ドコモ・ソフトバンクのみ)
・送料無料
・最短2日お届け

機種変更って本体代金だけでなくいろいろお金がかかります。それがオンラインショップなら必要なお金以外を支払わずに機種変更をすることができます

頭金が知らない人に頭金について説明します。

①頭金が無料

ドコモ・au・ソフトバンクショップ家電量販店で機種変更すると3000~10000円程度の頭金という謎のお金が取られます。
ドコモショップ 頭金
上記の画像でいう、お持ち帰り価格(頭金)のことです。

これがドコモ・au・ソフトバンクオンラインショップだと0円、つまり無料なんです。

頭金とは店舗運営費です、オンラインショップは人件費がかからないため頭金が無くても運営ができるため0円です。

②事務手数料が無料

ショップや家電量販店だと機種変更に事務手数料がかかります。ドコモとソフトバンクオンラインショップなら事務手数料が無料です。

事務手数料
ドコモ2,000円
ソフトバンク3,000円

いくらかかるのかというと、ドコモは事務手数料が2,000円、ソフトバンクは3,000円です。

ソフトバンクは、オンラインショップでも事務手数料がかかっていましたが

総務省からの感染拡大防止に関わる取り組み強化の要請で、ソフトバンクとワイモバイルショップでは4月21日から5月6日まで店頭の業務内容を縮小が決まったため、事務手数料が4月21日から無料になりました。

事務手数料が無料の終了日はまだ決まっていません。

条件としては、オンラインショップで購入した後自宅受取の場合です。

第2世代iPhone SE(2020)は発売日が3月27日なので、自宅受取にすれば事務手数料が無料です。

上で説明した頭金合わせると頭金と事務手数料合計すると5,000~12,000円程度もお得になるので実質大幅値下げですよね。

5,000~12,000円も安く機種変更ができたら、この浮いたお金で第2世代iPhone SE(2020)ケースや保護シールなどを購入することができます。

お金だけでなく時間も節約することができます。

②時間が節約

時間が節約
近くのドコモショップ…いつも混んでませんか。

今は店舗予約が出来るようになりましたが順番待ちをして、機種変更してなんかしていると2~3時間はかかっちゃいますよね。

でもドコモオンラインショップなら15分もあれば契約が完了しちゃいます。

ドコモショップや家電量販店に行く為の時間の節約、契約にかかる時間の節約が出来ます。

③送料無料

オンラインショップで買い物をするとほとんどのショップで送料がかかります。

スマホの買い替え場合オンランインショップなら送料無料と考えて大丈夫です。

オンラインショップも、送料は有料なのですが2,500円以上の場合には送料は無料になるからです。

割引適用後の金額が2,500円未満の場合には送料が500円かかります。

第2世代iPhone SE(2020)は、端末価格が2,500円以下ではありません。iPhone SEではなくオプション品のみ購入する時は注意して下さいね。

頭金・事務手数料0円お得に購入できる

iPhone SE 2値下げされて安くなる時期はいつか

iPhone11

【iPhone SEの値下げが期待できる時期】
・新型iPhoneが発売される9月
・決算や新入学・新社会人が買い替える3月

iPhone SEが値下げされて安くなる時期は、上記の2つの時期に期待できます。

①新型iPhoneが発売される9月

まず1つ目の値下げが期待される時期は、新型iPhoneが発売される9月前後です。

2020年発売iPhone12シリーズ発売の時は、iPhone SE2 は5月に発売、ワイモバイルでは8月に発売されましたが入荷されてもすぐに在庫切れ状態でした。在庫状況が不安定だったため

各キャリア機種変更の値下げはなしで、他社からののりかえ(MNP)・新規契約のみ値下げでした。

2020年は無かっただけに2021年は期待大です。

iPhoneは、毎年9月の第3金曜日に新型iPhoneの発表会を行っています。

新型iPhoneが発売されれば、当然発売されていたiPhoneは型落ちになってしまうことで売れなくなってしまうため、新型iPhoneが発売される時期に前後して価格を値下げする傾向にあります。

最近では、毎年9月に新モデルが発売されることは確実だと考えられているので、ユーザーが早い時期から購入を控えてしまうこともあり、8月頃から値引きキャンペーンを行うケースが増えてきています。

2019年は、iPhone 11が発売される前の8月頃から、iPhone 8の値引きキャンペーンが各キャリアで行われていましたので2021年の8月はiPhone SEの値下げに期待大です。

②決算期の3月

そして、2つ目の値下げが期待できる時期は、決算期の3月頃が期待できます。

決算時期は、どこのキャリアでも販売台数を伸ばすために値下げすることが多いです。

また、4月から新入学、新社会人の人が新たにスマホを買い替えるタイミングでもあるため、3月頃は機種の買い替えをする人が多くなります。

したがって、3月頃は様々な値下げキャンペーンが開催される傾向にあり、iPhoneも安く購入できる可能性が高いです。

まとめ

ドコモ・au・ソフトバンクiPhone SE(第2世代・)安く買いたい方に値下げ・割引き・キャンペーンで安く買う方法について説明しました。

値下げ価格で購入できない場合でも、全部を使ってiPhone SEを購入をすることができたら本当に最安値で機種変更などをすることができます。

ただ、スマホおかえしプログラム・かえトクプログラムは36回分割払いを選択+機種返却が条件だったりと、分割払いで支払った後手元に残しておきたいという人には使うことができないプランです。

なので、この中手軽にできるのならオンランインショップでiPhone SEの購入です。

ちなみにドコモの場合

オンランインショップ以外で機種変更をした場合

・頭金5,000~12,000円
・手数料2,000円
・送料500円
総額7,500円~14,500円

かかります。

ドコモオンラインショップで機種変更をしただけで総額75,00円~14,500円支払うお金が変わってきます。

オンラインショップでは独自キャンペーンも開催しています。

iPhone SE購入する前にどんなキャンペーンを開催しているのか、オンラインショップをチェックして、同じ機種変更をするなら安く・お得にしてください。

安く・お得に機種変更する方は

値下げ関連情報

ドコモオンラインショップ クーポン シリアルナンバー

iPhone 11・11 Pro・11 Pro MAX 値下げドコモ・au・ソフトバンク・安く買う方法

iPhone SE関連情報

iPhone2 発売日・サイズ・スペック・カメラ・価格まとめ

アイフォンse(第2世代)色・カラーバリエーション

xperia 10 ii iphone se 比較

当サイト人気記事

ドコモ春夏モデル発売日いつ

iPhone12・mini・Pro・Pro Max在庫状況・入荷状況

iPhone 12 Pro MAX mini 人気色・おすすめカラー

iphone11 pro max 色選び 人気 カラー

iphone11 色 人気 イエロー 紫 黄色 カラー

-iPhone(アイフォン)
-, , , , , , ,

Copyright© Happy iPhone , 2021 All Rights Reserved.