※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

iPhoneSE4(第4世代)いつが発売日?リーク・予想の最新情報

iPhone SE4(第4世代)発売日・予約開始日いつ?スペック・価格・画面サイズ・ホームボタンなど最新情報まとめiPhoneSE4(第4世代)発売日がいつになるのか、多くのリーカーが2025年の春以降になると予想しています。また、未だにiPhone SE4は発売しない・出ないという噂も流れています。

2023年には新作iPhone SE が発売されると噂される中、予想に反して発売されませんでした。その後、発売中止・開発再開など二転三転…様々な噂が出てくることに。一体iPhone SE4は今どうなってるのか?さっぱりわからん!という人もいるでしょう。

そこで、多くの人々の関心を集めているiPhone SE4に関する情報を広範囲にわたって収集し、皆さんと共有することにしました。

iPhone SEシリーズへの回帰を考えている方や、特にiPhone SE4に関する最新情報を求めている方に、予想とリーク情報をわかりやすく解説します。

各キャリアで現在発売中のiPhoneチェックする方は

ドコモ公式サイトはこちら

au公式サイトはこちら

ソフトバンク公式サイトはこちら

iPhoneSE4(第4世代)はいつが発売日?

iPhoneSE4(第4世代)発売日についての見解ですが、多くのリーカーが2025年の春以降になると予想しています。

また、未だにiPhone SE 4は発売しない・出ないという噂も流れています。このままiPhoneSE3でSEシリーズは終わりかも・・なんて予想もありました。

確定的と言われるリークもほぼ存在しないため、この記事も含めてインターネットに出回っている情報はリークではなく、単なる予想・希望と言っても過言ではないです。

つまりは、 iPhone SE4に関する発売日情報は確固たるソースを示すものではないということです。海外の有名なリーク・予想サイトも単なる予想・希望にとどまっています。本当に有益な情報がないため、この傾向はもう少し続くと思います。

いかに示すiPhoneSE4に関する情報も全て予想希望情報という前提のもと、読み進めてみてください。

ちなみに歴代iPhoneSEシリーズの発売日はいかのようになっています。

モデル名 発売日
iPhone SE (第1世代) 2016年3月31日
iPhone SE (第2世代) 2020年4月24日
iPhone SE (第3世代) 2022年3月18日

iPhone SE (第1世代) は、iPhone 5sのデザインを踏襲しつつ、内部のハードウェアを当時の最新モデルであるiPhone 6sと同等のものに変更したモデルです。

そして、iPhone SE (第2世代) は、iPhone 8のデザインを踏襲しつつ、内部のハードウェアをiPhone 11と同等のものに変更したモデルです。

現行モデルであるiPhone SE (第3世代) は、iPhone SE (第2世代)のデザインを踏襲しつつ、内部のハードウェアをiPhone 13と同等のものに変更したモデルとなっています。

iPhoneSE4(第4世代)の筐体

iPhone SE4は、これまでのiPhone SE2やSE3で採用されていたiPhone 8ベースのデザインから大きな転換が予想されています。具体的には、iPhone 14を基にした新しいモデルへと変更されるという噂が囁かれています。

最新のリーク情報によると、内蔵されるバッテリーもiPhone 14から流用される可能性があるとされています。

iPhone 14が市場での期待ほどの販売実績を上げていないことから、その部品を有効活用するための戦略と見られています。iPhone 14をベースとする場合、2024年内の発売は難しいという見方も出ています。だからこそ発売日が2025年と予想されているわけですね。

ちなみに2023年に発売されたiPhone 15は、iPhone 14とほぼ同じ外観を持っているため、見た目だけでは最新のiPhoneとiPhone SEの区別がつかなくなる可能性があります。

その結果、iPhone 14を基にしたiPhone SE4では、シングルカメラの採用など、明確に異なる特徴を設けることが考えられています。もし噂通りに実現したのであれば、最新の技術と手頃な価格を求めるユーザーにとって、魅力的な選択肢となることでしょう。

iPhoneSE4のアクションボタン

いくつかの情報源によると、iPhone SE4にはアクションボタンが搭載される可能性があるとされています。しかし、iPhone 14を基にする場合、本体に手を加える必要が生じるため、この機能の実装は疑問視されています。

アクションボタンは現在、Proシリーズにのみ搭載されており、その高度な機能がわずか1年半後に廉価版であるSEシリーズに採用されるとは考えにくいです。

スマートフォンの技術に熱心な方であれば、アクションボタンの様々な使用方法を試してみたいと思うかもしれませんが、SEシリーズは必ずしもそのようなユーザーをターゲットにしているわけではありません。

そのため、使いやすさを考慮すると、現行のミュートボタンのような直感的でわかりやすい操作の方が、多くのユーザーにとっては適していると言えるでしょう。

iPhoneSE4(第4世代)の価格

iPhone SE4の価格については、7万円から10万円程度と予想される意見が多いようです。

iPhone SEシリーズはこれまでAppleの中で比較的手頃な価格設定が特徴でした。日本でのApple公式オンラインストアや Apple Store での発売時の価格は以下の通りです。

ストレージ容量 価格 (税別)
64GB 57,800円
128GB 62,800円
256GB 72,800円

次世代モデルにおいては、技術の進化や新機能の追加による価格の上昇は避けられない傾向にあります。これまでのモデルと比較してスペックアップや機能追加が行われることを考えれば、価格が上がるのは理解できる部分です。

特にディスプレイの大型化、バッテリー容量の増加、カメラ機能の向上など、ユーザー体験を高めるための変更が加えられている場合、それらは価格に反映されることが一般的です。

そのため、次期iPhone SEを検討しているユーザーは、多少の値上がりを予測しておくことが重要となります。

それでも、Appleの提供する最新技術と使い勝手の良さを考慮すれば、多くのファンにとって魅力的な選択肢となることでしょう。

iPhoneSE4(第4世代)のデザイン

ジョン・プロッサーによると、次期iPhone SEはiPhone XRのデザインを再利用することになるとのこと。つまりiPhone14の筐体(デザイン)を使う、という予想とは別の情報もあるわけです。

実際、Ming-Chi Kuoのリークによれば、iPhone SEはさらにモダンな外観になり、実質的には「6.1インチiPhone 14のマイナーチェンジ版」になるといっています。

Unknownz21こと情報提供者@URedditorによる噂もこの主張を裏付けるもので、iPhone SE 4はiPhone 14をベースにしたものになるとのこと。さらに、最近リークされたCADレンダリング画像は、iPhone SE 4とiPhone 14の類似性を示しています。

意見・予想としてはいろいろありますが、iPhoneSEはiPhone14の筐体・デザインを使う、という意見や予想がいまのところは大筋のようです。

iPhoneSE4(第4世代)のディスプレイサイズ

予測ではiPhone SE4がホームボタンを廃止し、フルディスプレイのデザインを採用するとされています。

他にも意見はありますが、この意見が大多数を占めており、画面サイズに関しては、5.7インチから6.1インチの範囲で推測されている意見が多いようです。

私自身、iPhone 8からiPhone 11 Pro Maxへの乗り換えを経験しており、これからは大画面以外は使えないと思ったもの。スマホも「大は小を兼ねます」ので、大画面化は大変歓迎すべき変更です。

たとえ若干の重量増になったとしても、iPhone SEシリーズはProシリーズのようなトリプルカメラを搭載することはないでしょうから、重量が200gを超えることはないと考えられます。

加えて、これまでのiPhone SEが液晶パネルを採用していたのに対し、iPhone SE4では有機ELディスプレイに移行するというリーク情報が出ています。

有機ELディスプレイへの変更は、色鮮やかでコントラストの高い画質を実現し、ユーザー体験を大幅に向上させるでしょう。

iPhoneSE4のdynamic island

iPhone 15シリーズで、全モデルにDynamic Islandが導入されたことが注目を集めましたよね。この変化を受け、2024年に登場するiPhone 16と、その翌年に予定されているiPhone SE4にもDynamic Islandが搭載されるという噂が流れています。

これまでのiPhone SEシリーズが提供してきたコンパクトさは、miniシリーズの販売実績を鑑みるに、今後のモデルでは期待薄となりそうです。そのため、サイズが大きくなることを考えると、Dynamic Islandを搭載する可能性は非常に高いと言えます。

もしDynamic Islandが搭載されなかったとしても、これまでのiPhoneシリーズに見られたノッチのデザインが採用される可能性は高いです。

いずれにしても、画面の利用効率を高め、より洗練されたユーザー体験を提供するための工夫が施されることは間違いなさそうです。

iPhoneSE4(第4世代)の生体認証

最近のiPhoneに搭載されている顔認証技術は反応が良く、以前ほど指紋認証の必要性を感じなくなっている方もいるかもしれません。

それでも、最近日本の市場でもかなり人気になってきた。 Google のPixel8シリーズのように、顔認証と指紋認証の両方を使用できれば、利便性が向上すると考える方もいるでしょう。

しかし、指紋認証を再びiPhoneに搭載するというリーク情報や予想は、あまり多くありません。Appleがセキュリティを重視して顔認証を採用している点を考慮すると、今後iPhoneで指紋認証が復活する可能性は低いかもしれません。

また、顔認証には多くのセンサーが使用されており、これらのコスト面からも、Appleが指紋認証ではなく顔認証を選択し続ける可能性が高いとする意見もあります。

これらの点を踏まえると、Appleが今後も顔認証技術の向上に注力し、指紋認証に代わる安全で便利な認証方法を提供し続けることが予想されます。

iPhoneSE4(第4世代)のバッテリー

iPhoneSEに限らず、iPhoneシリーズは省電力性能が年々向上しているため、同じバッテリー容量でも使用時間が長くなることが期待できます。

さらに、iPhone SE4に関しては、ディスプレイサイズの拡大が予想されており、それに伴ってバッテリー容量も増加する可能性が高いです。

参考として、過去のSEシリーズと予想されるベースモデルのバッテリー容量を以下に示しておきます。

  • iPhone SE2: 1820mAh
  • iPhone SE3: 2020mAh
  • iPhone XR: 2940mAh
  • iPhone 12 mini: 2230mAh
  • iPhone 13 mini: 2410mAh
  • iPhone 14: 3280mAh

これからも分かるように、よりコンパクトなモデルではバッテリー容量が限られていますが、画面が大きくなると、それに伴ってバッテリーのサイズも上がっているわけです。

これまでのモデルよりも若干大きいサイズであれば、それに伴いバッテリー容量も増え、使用時間の面での改善が期待できると思います。

リーク情報が正しければ、iPhone 14をベースにすることで、バッテリー持ちにおいてかなりの向上が期待できます。これは、使用時間の長さを重視する多くのユーザーにとって非常に魅力的なポイントになるでしょう。

iPhoneSE4(第4世代)のカメラ

多くの人が、次期iPhone SEにデュアルカメラが搭載されると予想しています。これは、予想されるベースモデルであるiPhone XR、iPhone 14、そしてminiシリーズがデュアルカメラを採用しているため、自然な流れと言えるのではないでしょうか。

低価格帯のスマートフォンでもデュアルカメラが珍しくなくなってきている現在、iPhone SEにもこの大きな変化をもたらすことは充分に考えられる動きです。

個人的には、iPhone SEのカメラでも望遠にしないのであれば十分に綺麗な写真が撮れると思っていますが、デュアルカメラ搭載はやはり大歓迎です。

ただし、iPhone 14をベースにデュアルカメラを搭載する場合、無印のiPhoneの存在意義に影響を及ぼす可能性があります。

無印のモデルが提供する価値とSEシリーズの間にある差別化が薄れることで、ユーザーの選択肢にどのような影響を与えるかは注目される点です。

それでも、消費者の選択肢が広がり、機能的にも多様化することは、市場全体にとってプラスの方向に働く可能性があります。

iPhoneSE4(第4世代)の充電端子

2023年に発売されたiPhone 15にUSB-C端子が導入されたことから、次期iPhone SE4でもUSB-Cの採用が検討されているという噂があります。

実際に、EUの新しい法律により、2024年秋からはEU域内で販売される電子機器にUSB-C端子の使用が義務付けられるため、その可能性は十分に考えられます。

しかし、2024年の春に発売される可能性がある場合、iPhone SEは従来の筐体を流用する傾向があり、EUの法律が施行される前であれば、依然としてLightning端子を採用する可能性が高かったですが、その可能性は薄いので、 USB Cを採用される可能性は非常に高いでしょう。

私自身、USB-C端子を搭載したiPhone 15に乗り換えましたが、現在のところUSB-Cの利点をかなりかんじています。もちろん多様なUSB-C機器を持っているからですし、iPad も USB C 端子のものを使っているからでしょう。

アメトーークの家電芸人でもいっていましたが、私のように便利に感じている人も少なくないと思いますので、将来的にはUSB-Cがより広く採用され、その便利さがより明確になることが期待されます。

iPhoneSE4(第4世代)は出ない?

iPhone SE4(第4世代)の発売については、その開発が一時中断されたり、再開されたりするなどの噂があり、実際に市場に登場するかどうかは不透明な状況です。Appleから公式な発表がない限り、その将来は確定しないため、関連情報を注視しておく必要があります。

iPhone SEシリーズは、高性能ながら比較的手頃な価格で提供されることから多くのユーザーに支持されてきました。新モデルに対する期待も大きい中、最新の技術や機能を期待する声と、開発の不確実性に関する憶測が交錯しています。

将来のiPhone SEシリーズに関する正式な情報を得るまで、私たちはAppleからの発表を待つしかありません。それまでの間、市場やテクノロジー業界の動向に注意を払い、新しい情報が入り次第、それをもとに次のステップを考慮することが重要です。

もし、 iPhone SE 4の登場を待てないのであれば、現行の iPhone 15や今年の9月発売予定の iPhone 16に期待するのもいいかもしれません。

iPhoneSE4が発売されたらどんなユーザーにおすすめ?

iPhoneSE4がもし発売されたら、コンパクトなサイズ、お手頃な価格、そして性能の良さを求めている人にとって、iPhoneSE4は最適なスマートフォンになると予想されます。

ここでは、iPhoneSE4がおすすめのユーザー像を詳しく見ていきましょう。

あまり大きくないiPhoneを求めている人

近年のスマートフォンは大型化が進んでおり、大型ディスプレイを搭載した機種が主流となっています。しかし、中には片手で操作しやすい、コンパクトなサイズのスマートフォンを好むユーザーも存在します。

もしiPhone14の筐体を採用したiPhoneSE4が登場したのであれば、そのようなユーザーにピッタリのデバイスになるはず。

過去のiPhone SEシリーズは、4.7インチのディスプレイを採用していました。これは、現在のiPhoneシリーズの中では最もコンパクトなサイズです。

iPhoneSE4も同様に、4.7インチ前後のディスプレイを搭載すればよいのですが、13miniを筐体につかうという話はさっぱりでiPhone14を使うという予想が主流であり、それが実現すれば大きすぎないサイズ設計になるでしょう。

大画面のスマートフォンに疲れた人や、片手での操作を重視する人は、iPhoneSE4が最適の選択になりえるかもしれませんね。

お手頃価格のiPhoneを探している人

iPhoneは高品質なスマートフォンとして知られていますが、その一方で価格が高いことでも有名です。特にハイエンドモデルであるiPhone 15 ProやiPhone 15 Pro Maxは20万円近くの価格帯となっており、多くの人にとって手が出しにくい価格設定となっています。

しかし、iPhone SEシリーズは、iPhoneの中ではお手頃な価格帯で提供されてきました。例えば、2020年に発売されたiPhone SE(第2世代)は、発売当初の価格が44,800円(税別)からとなっており、他のiPhoneシリーズと比べてリーズナブルな価格設定でした。

SE3も7万円を下回り、高校生などお安いiPhoneを求める層に人気です。

SE=安いというイメージは強いですから、iPhoneSE4も同様に、お手頃な価格帯で提供されると予想されます。もちろん、最新のiPhone 14シリーズほどの高スペックは期待できませんが、その分価格を抑えることができるでしょう。

iPhoneの品質とユーザーエクスペリエンスを、手の届きやすい価格で享受したいと考えているユーザーにとって、iPhoneSE4は最適な選択肢になると言えます。

安くてそこそこ性能の良いiPhoneを求めている人

iPhoneSE4には、最新のiPhone 15シリーズに搭載されるA16 BionicやA17 Proチップこそ搭載されないかもしれませんが、その一つ前の世代であるA15 Bionicチップが搭載されたとしても高い処理能力とエネルギー効率を誇ります。

実際に、A15 Bionicチップを搭載したiPhone 13シリーズは、Geekbenchのベンチマークテストにおいて、シングルコア性能で1,700点以上、マルチコア性能で4,600点以上を記録しています。これは、同時期のAndroidスマートフォンの多くを上回る性能です。

つまり、iPhoneSE4は、最新のiPhoneほどの機能は搭載されないかもしれませんが、十分に高い性能を発揮することが期待できます。日常的なタスクはもちろん、ゲームや動画編集などの重めのタスクでも、快適に使用できるでしょう。

最新の機能にこだわらず、性能の良いiPhoneを求めているユーザーにとって、iPhoneSE4は魅力的な選択肢となるはずです。

iPhoneSE4(第4世代)が発売しない場合のおすすめ機種

iPhoneSE4の発売が2026年以降に延期や中止になる可能性も完全には否定できません。

もしiPhoneSE4が発売されない場合、コンパクトで高性能なスマートフォンを求めているユーザーは、他の選択肢を検討する必要があるでしょう。

ここでは、iPhoneとAndroidそれぞれのおすすめ機種を紹介します。

iPhoneでおすすめの機種

iPhoneSE4が発売されない場合、iPhoneユーザーにおすすめしたいのが、iPhone 13 miniです。iPhone 13 miniは、2021年10月に発売された、コンパクトなiPhoneシリーズの最新モデルです。

iPhone 13 miniは、5.4インチのSuper Retina XDRディスプレイを搭載しており、コンパクトながらも高品質な映像体験を提供します。解像度は2340 x 1080ピクセル(476 ppi)で、HDR表示にも対応しています。ディスプレイは最大1200ニトの明るさを実現し、屋外での視認性も優れています。

また、iPhone 13 miniは、A15 Bionicチップを搭載しており、高い処理能力を誇ります。前述の通り、A15 Bionicチップは、Geekbenchのベンチマークテストにおいて、シングルコア性能で1,700点以上、マルチコア性能で4,600点以上を記録しています。これは、同時期のAndroidフラグシップスマートフォンの多くを上回る性能です。

カメラ性能も優れており、デュアルカメラシステムを採用しています。広角カメラは12MPセンサーを搭載し、f/1.6の明るい開口部を持ちます。超広角カメラも12MPセンサーを搭載し、f/2.4の開口部を持ちます。Night modeやDeep Fusionなどの機能により、様々な撮影シーンで高品質な写真を撮影できます。

iPhone 13 miniのバッテリー容量は、公式には公表されていませんが、iPhone 12 miniの1,821mAhから増量されていると予想されます。Apple公式サイトによると、iPhone 13 miniのバッテリー持続時間は、iPhone 12 miniと比較して最大1.5時間長くなっています。

今は中古市場で購入することになる機種ですが安価で購入できるケースは多く、コンパクトなサイズと高性能のバランスを考えると、魅力的な選択肢と言えるでしょう。

その他のiPhoneについてもっと知りたい方は以下記事をどうぞ。

【2024年4月】iPhone買うならどれ?おすすめ機種・おすすめしない機種を紹介

Androidでおすすめの機種

一方、Androidユーザーにおすすめしたいのが、Google Pixel 6aです。Google Pixel 6aは、2022年7月に発売された、Googleのミッドレンジスマートフォンです。

Google Pixel 6aは、6.1インチのOLEDディスプレイを搭載しており、2400 x 1080ピクセル(429 ppi)の解像度を持ちます。また、Always-on Displayにも対応しており、画面を見なくても重要な情報を確認できます。

処理能力については、Google自社開発のTensor chipを搭載しています。Tensor chipは、AIや機械学習に特化したチップセットで、特にカメラ処理や音声認識、翻訳などの分野で優れたパフォーマンスを発揮します。

Geekbenchのベンチマークテストでは、シングルコア性能で1,050点程度、マルチコア性能で2,800点程度を記録しています。ハイエンドのAndroidスマートフォンには及びませんが、十分に高い処理能力を持っています。

カメラは、デュアルカメラシステムを採用しており、メインカメラは12.2MPのソニー製IMX363センサーを搭載しています。f/1.7の明るい開口部を持ち、光学式手ブレ補正(OIS)にも対応しています。Ultra-wideカメラは12MPのソニー製IMX386センサーを搭載し、f/2.2の開口部を持ちます。Night Sightなどの機能により、夜間の撮影でも高品質な写真を撮影できます。

バッテリー容量は4,410mAhで、ワイヤレス充電とUSB-C経由の有線充電に対応しています。Googleの公式サイトによると、Pixel 6aは最長72時間のバッテリー持続時間を実現しています。

こちらも主に中古市場で購入できる機種ですが、中古のiPhone 13 miniよりもかなりリーズナブルです。コンパクトで高性能なAndroidスマートフォンを求めているユーザーにとって、Google Pixel 6aは魅力的な選択肢になるでしょう。

その他のiPhoneについてもっと知りたい方は以下記事をどうぞ。

Androidスマホで長く使える機種は?おすすめ機種・使うときの注意点

まとめ:iPhoneSE4は開発再開の可能性大。2025年発売を待とう

2023年2月に著名なアナリストであるMing-Chi Kuo氏は、2024年内に予定されていた「iPhoneSE4」の発売が中止されたとの報告を行いました。

2022年末、Kuo氏はこのデバイスの開発が停止されたか、または2024年まで延期される可能性があると述べていましたが、開発自体は継続しているものの、将来については不確かであるという情報を更新していました。

しかし、Kuo氏の最新リークによると、Appleは「iPhoneSE4」を開発再開し、同社が独自に開発した5Gモデムを搭載した最初のiPhoneとして、2025年に市場に投入する予定であるとのことです。

また、クアルコムのCEOもAppleが2024年にiPhoneSE4用と思われる独自モデムを完成させると述べており、この発言もiPhoneSE4の開発再開の信憑性を高めています。

つまり結論としてはiPhoneSE4は開発再開の可能性大です。2025年発売を待つことになりますが、今後、あたらしい情報が出次第、更新していきます。

各キャリアで現在発売中iPhoneや中古スマホをチェックする方は

ドコモ公式サイトはこちら

au公式サイトはこちら

ソフトバンク公式サイトはこちら

-iPhone/iPad
-, ,

Copyright© Happy iPhone , 2024 All Rights Reserved.