iPhone SE
iPhone SEは、2016年3月に廉価的版という立ち位置で発売されたiPhoneです。
昨今どんどん大型化が進むスマートホン市場において、iPhone 5・5sと同じ4インチディスプレイを継承し、iPhone 6s相当のチップを入れて、カメラ性能もアップさせたコンパクトなiPhoneです。
片手で扱えるサイズ感、非常に安く手に入れられるiPhoneとして根強い人気があるモデルとなっています。
根強い人気の4インチモデルの「iPhone SE」でしたが、2018年の新モデルからは姿を消してしまいました。

それだけでなく、ドコモ・au・ソフトバンクでは在庫なしで販売終了という噂もあります。噂は本当なのか調査しました。

iphoneSE在庫なしで販売終了の噂は本当だった!

ドコモ・au・ソフトバンクそれぞれiphoneSEの販売状況についてお伝えします。

ドコモiphoneSE

ドコモオンラインショップでは
iPhone SEは32GBと128GBが発売されていました。

128GB販売終了

iPhoneSE128GB販売終了

ドコモオンラインショップでは、スペースグレイ・シルバー・ゴールド・ローズゴールド4種類すべて販売終了です。

iphoneSE 32GB

iPhoneSE32GB販売終了・在庫無し
スペースグレイ・シルバーが販売終了

ゴールド・ローズゴールド在庫無しで入荷予定未定です。

ゴールド・ローズゴールドがもしかしたら復活する可能性もあるのかというとAppleストアや、auやソフトバンクの販売状況を見ると復活の可能性は低いです。

ドコモオンラインショップでiphoneSEを確認したい方はこちらをご覧ください
ドコモでiphoneSEの販売状況をチェックはこちら

auiphoneSE

auオンラインショップではiphoneSEは販売終了しています。
auオンラインショップiphoneSE

販売しているiphoneも限られていて
・iphone XS
・iphone XS MAX
・iphone XR
・iphone X
・iphone 8
・iPhone 8 Plus
この6機種のみです。

これ以外のiphoneが欲しい方は、auオンラインショップでは購入することができません。

auオンラインショップではiphone以外にもお得な機種があるのでそちらを検討してみてはどうでしょうか。

auオンラインショップで販売中のiphoneを確認
お得な機種を探してみる方は
auオンラインショップはこちら

ソフトバンクiphoneSE

ソフトバンクiphoneSE
ソフトバンクオンラインショップではiphoneSEは販売終了していて購入することができません。

iphoneSEが欲しい方は、ソフトバンクショップで購入できるということでショップを探して購入になります。

ソフトバンクのショップ検索機能は、ショップの場所や電話番号を調べることができても

iphoneSEの在庫があるのかどうかはわからないため、電話で在庫があるかどうか聞いてからショップに行って下さい。

行ってから無かったとなると悲しいですよね。

ソフトバンクのオンラインショップではiphoneSE以外にもお得な機種があるのでそちらを検討してみてはどうでしょうか。

ソフトバンクオンラインショップでiphoneSEを確認
お得な機種を探してみる方は
ソフトバンクでiphoneSEはこちら

iPhone SEがどうしても欲しい!!手に入れるためには、、、

販売終了が相次いでいるiPhone SE、ではどうやったら手に入れることができるでしょうか。

私も何店舗かドコモショップに問い合わせてみましたが、どのお店も現在在庫がない状態で予約すら受け付けてくれないとのこと。

では、どうしたらiPhone SEを手に入れられるかというと

①ドコモショップ、AUショップ・ソフトバンクショップの在庫が残っていそうなショップに電話をかけまくる。

②家電量販店など、たくさん在庫がありそうなお店へ電話をかけまくる。

③中古スマートフォン屋さんで誰かが使っていたのを購入

この3つの方法以外は手に入れることは難しいです。

それに、電話をかけまくるくらいなら、iphoneSEではなく他の機種を検討してみませんか?
次におすすめ機種を紹介します。

iPhone SEが売っていないなら他の機種を検討!

iPhone 6s
iPhone SEを購入したい方におすすめ機種はiPhone 6sです。

機種 iPhone SE iPhone 6s
カラー スペースグレイ/シルバー

ゴールド/ローズゴールド

スペースグレイ/シルバー

ゴールド/ローズゴールド

容量 32GB/128GB 32GB/128GB
サイズ 123.8mm×58.6mm×7.6mm 138.3mm×67.1mm×7.1mm
重量 113g 143g
ディスプレイ 4インチ(Retinaディスプレイ)

1,136×640ピクセル

解像度326ppi

4.7インチ(Retina HDディスプレイ)

1,334×750ピクセル

解像度326ppi

チップ A9チップ A9チップ
メインカメラ 1200万画素 1200万画素
インカメラ 120万画素 500万画素

iPhone SEが欲しい人は手になじみやすいそのサイズ感に魅力があると思います。

確かにiPhone 6s以降の機種は片手では扱いづらくなっています。

では反対にiPhone SEでのデメリットを考えてみたいと思います。
・Touch ID
・Apple Pay
・カメラの性能
・バッテリー容量が小さい
という機能面は欠けています。

Touch IDは第一世代のもので、現行のものと比較すると解除する時に反応が遅いという違いがあります。

Apple Payはそこまで使っている方も多くないので、なくても困らない機能かもしれませんが、今後キャッシュレス社会を考えると今のうちに使って慣れていく必要性も感じられます。

カメラの機能もiPhone 6sと比較するとインカメラの画素数は劣ってしまっています。

気になるバッテリー容量も少なめです。iPhone SEのバッテリー容量は1,624mAhです、本体が小さいのでバッテリーも小さくて当然ではあるものの、少し気になるサイズではあります。

近年、画面サイズが大きいスマホが普及しているのも画面が大きい方がより見やすいからです。画像や動画を見るときには、やはり画面サイズが大きい方が鮮明に見えますし、迫力を感じることもできます。大きいサイズのスマートフォンの方が目の疲れが軽減できるかとおもいます。

ゲームや動画を頻繁に使う人や、また老眼の人には大きい画面サイズの方がオススメです。

iPhone 6s以降の機種を片手で使えるようにAppleもしっかり工夫して作っています。上部の画面表示を下げる機能を使えば片手での操作も楽に行うことができます。

また、iPhone SEは少し分厚いのでiPhone 6sと比較してもあまりスタイリッシュとは言えません。

なので、見た目てきにもiphone6sはかなりおすすめなのです。

まとめ

やはりiPhone SEが大幅に値下げに、また発売してから日にちもだいぶ経ってしまったこと、世間の需要が大きい画面サイズのスマートフォンに移行していることにより、ドコモ・au・ソフトバンクでは販売終了しています。

とはいえ、iphoneSEの魅力といえば小さい画面サイズで持ち運びがしやすいというのではないでしょうか。

持ち運びがしやすいiphoneという面から考えてるとiphone6sがおすすめです。

ドコモユーザーなら、iphone6sがかなり安く機種変更することができます。

iPhone6sでは、新機種(iPhone Xs)が発売されたタイミングで本体代金が4万円程下がっており、さらに、2018年9月より、毎月1500円の割引(docomo with割)が継続的に入る特別な機種になっているので、iPhone SEより安くiPhone 6sに機種変更することができます。

そして何よりも9月より新しくdocomo withという割引の対象機種に参入したことによって、在庫切れ・販売終了という心配がありません。好きな本体の色を選ぶことができます。

auやソフトバンクの方もMNP(乗り換え)もできるため、iphone6sを手軽な値段で購入したい、毎月の支払いを抑えたいと思った方はぜひ検討してみてください。

ドコモでiphone6sを手軽な値段・支払いが抑えられる
docomo with詳細はこちらから