iphoneやスマホの生活をもっとhappyにしたい人に! ドコモやauなど機種変更やお得情報などを紹介

Happy iphone life

ドコモの新料金『ケータイプラン』は安い?今すぐ機種変更したほうがお得?

投稿日:

ガラケー ケータイ
ドコモでは6月1日から新料金プランが発表されました。

新料金プランはスマホだけでなく、ガラケーに使うことができるケータイプランもあります。

今回の料金改正で安いのは『ケータイプラン』ではという声があるくらい。
安いと評判です。

そこで気になるのは

・既存のケータイプランと新料金『ケータイプラン』とどちらが安いのか
・ガラケーは今すぐ機種変更をしたほうがお得なのか

ではないでしょうか。

最後まで読んで、料金プランをケータイプランに変更したほうがお得な人は変更
機種変更をしたほうがお得な人は機種変更をして下さい。

『ケータイプラン』ドコモ公式ページはこちら

ドコモの新料金プラン『ケータイプラン』とは

ドコモ 新料金プラン ケータイプラン
6月1日からはじまる新料金プラン、ドコモのギガホ・ギガライトと一緒に始まる、音声通話とデータ通信とインターネット接続サービスが一体となった、ドコモ ケータイをお使いの方向けの料金プランです。

ケータイプラン料金

【基本料金】

月額料金 1,200円
利用可能データ量 100MB(0.1GB)

2年間の定期縛りがないのは2,700円になります。

【音声オプション】

家族間通話無料 0円 家族以外への通話20円/30秒
5分通話無料オプション 700円 家族以外への5分超の通話20円/30秒
かけ放題オプション 1,700円 国内通話無料

ケータイプラン+オプション料金の維持費

それぞれのオプションを毎月つけたら維持費がいくらくらいになるのか気になるところですよね。
合計の金額それぞれが、毎月の維持費になります。

家族間通話無料 5分通話無料オプション かけ放題オプション
基本料金 1,200円 1,200円 1,200円
オプション料金 0円 700円 1,700円
合計 1,200円 1,900円 2,900円

2019年6月から提供開始されるケータイプランは、基本プラン+SPモード+データプランがまとまったものになっています。

「ケータイプラン」の場合は1,200円で家族間通話無料でインターネットが1ヵ月100MB利用できます。

電話の利用が多い場合には、オプションを付けてかけ放題などにすることができます。

データ量が100MBを超えた場合速度制限がかかりますが、1,000円/1GBで追加することができます。

既存プラン

ドコモ ケータイ 既存プラン
既存の料金プランは、通話プラン、パケットパックを選択するようになっています。

ケータイなどに詳しくない人にとっては分かりにくいプランといえるかもしれません。

通話プラン

通話プランは3種類あります。

①カケホーダイプラン
国内通話が24時間無料で利用できるプランです。

②カケホーダイライトプラン
5分以内の国内通話が無料で利用できるプランです。(家族間通話は24時間無料です。)
通話が5分を超えた場合は20円/30秒かかります。

③シンプルプラン
家族間通話が24時間無料で、家族以外の通話は20円/30秒かかります。

パケットパック

データ通信利用料に合わせてプランを選ぶことができます。
パックは、2種類あります。
①ベーシックパック
ベーシックパックはステップ1(~1GB)からステップ4(~20GB)まで、その月の利用によって料金が変動するプランです。

②ウルトラデーターパック
ウルトラデータパックは、L(20GB)LL(30GB)から選べる大容量プランです。

通話+パケットパック料金の維持費

通話プラン、パケットパックを合わせると毎月の維持費がどれくらいになるのかというと。

ベーシックパック ステップ1で料金計算をします。

カケホーダイプラン ライトプラン シンプルプラン
基本料金 2,200円 1,200円 980円
SPモード 300円 300円 300円
データ通信料
(~1GB)
2,900円 2,900円 2,900円
合計 5,400円 4,400円 4,180円

合計金額が毎月の使用料金です。

新料金・既存プラン比較

新料金・既存プランで比較します。

既存プラン:ステップ1(~1GB)と新料金ケータイプラン比較

既存プランはシンプルプランの通話980円のプランです。

ケータイプラン 既存プラン
基本料金 1,200円 980円
SPモード 300円
データ通信料 2,900円
割引 -200円※
合計 1,200円 3,980円

※割引き料金は、プラチナステージの場合です。

既存プランとの金額の差
3,980円(既存プラン)-1,200円(ケータイプラン)=-2,780円

既存プラントケータイプランの料金を比較すると、新料金プランのケータイプランの方が安いことは分かると思います。

そのかわり新プランの方が利用できるデータ量が既存プラン(ステップ1)の1/10です。

ケータイなのでメール程度の利用であれば十分だと思いますが、足りない人もでてくるのではないでしょうか。でも、よく考えてみてください、データ量が足りなくて1,000円/1GBで追加したとしても新プランの方が安いんです。

新プランでデータ量を2GB追加したとしても、新料金プランの方がおトクです。

既存プラン:ステップ3(~5GB)・新料金ケータイプラン比較

新料金プラン 既存プラン
基本料金 1,200円 980円
SPモード 300円
データ通信料 5,000円(5GB追加) 5,000円
割引 -800円※
合計 6,200円 5,480円

※割引きはプラチナステージの場合です。

大容量になってくると、既存プランの方がおトクです。

機種代金

機種変更する場合、機種端末代金の支払いが必要です。

ドコモ ガラケー
現在発売中のドコモケータイは3機種です。

・AQUOSケータイ SH-02L
・カードケータイ KY-01L
・P-smart ケータイ P-01J

今は「月々サポート」という割引プランで最大24か月間、機種ごとに設定した一定額を毎月の利用料金から割引くサービスがついています。
6月1日新料金プランでは機種代金の値引のプログラムに関してスマホおかえしプログラムです。
スマホおかえしプログラム

スマホおかえしプログラムとは、加入した人は対象機種を36回の分割払いで購入して返却した時に、その翌々月請求分以降の分割支払金(最大12回分)の支払いを不要とするプログラムです。

対象機種が決まっていてiphone・スマホ・Google Pixelのみで、ドコモケータイ(ガラケー)は入っていないため、スマホおかえしプログラムは使うことができません

『スマホおかえしプログラム』ドコモ公式ぺージはこちら

6月1日以降、ドコモケータイ(ガラケー)の端末割引は無しと考えていた方が良さそうです。

機種代金を新料金プランと既存のプランで購入した場合の比較をします。

新料金プラン 既存プラン
実質負担金 機種代金
SH-02L 10,368円 30,456円
KY-01L 10,368円 31,752円
P-01J 10,368円 31,104円

機種の割引がなくなるとやはり新料金の高くなりますよね。

機種代金だけで見ると高く感じますが、料金プランも含めると「既存プラン+月々サポート」よりも逆に安いんです。
KY-01Lで比較してみます。

新料金プラン 既存プラン
基本料金 1,200円 980円
SPモード 300円
データ通信料 2,900円
割引 -200円※
分割機種代金※ 1,323円 -432円
合計 2,619円 4,730円

※割引きはプラチナステージの場合です。
※分割機種代金は24回払い。

既存プランとの金額の差
4,730円(既存プラン)-2,619円(新料金プラン)=-2,111円

既存プランと新料金プラン『ケータイプラン』の料金を比較すると、新料金プランの方が安いことは分かると思います。

ただし、上記で説明したように大容量パックのプランの場合、既存プランのほうが維持費の料金が安いので機種代金は大容量パックだからということで変わらないため既存プランのほうが安いです。

ドコモの新料金『ケータイプラン』は安い?今すぐ機種変更したほうがお得?まとめ

新料金『ケータイプラン』と既存のプランの

・毎月の維持費の料金比較。
・機種変更した場合の料金比較

について説明しました。

通話とメールが多くデータ容量をあまり使わない人にとっては、機種の価格が今後値上がりなどしなければ、新料金プランになってから購入した方がおトクなことがわかったのではないでしょうか。

反対に、ガラケーでネットもたくさんするから大容量パックが必要という人は既存プランのほうがお得です。

とはいっても、家族やグループ既存の料金プランの組み方によって、家族複数人や一人で複数台の契約をシェアパックで無駄なく利用している場合新しい料金プランにするほうが安くない場合もあります。

そのため、

ドコモでは料金プランのシュミレーションがネットからできるようになっています。

料金シュミレーションは3種類あり

①今の実際に使っている料金プランからあっている料金プラン提案。
②新料金プラン利用料金と、機種代金含めた月々のお支払い額の計算。
③現行の料金プランと機種代金含めた月々のお支払い額の計算。

①の場合は、実際に使用しているプランからシュミレーションができるためdアカウントが必要になります。
なので、しっかりしたシュミレーションをすることができます

機種変更・料金プランを変更する前にシュミレーションをして下さい。
ドコモの料金シュミレーションはこちら


ドコモでガラケーを機種変更お得にしたい人におすすめな場所があります。

それは、ドコモオンラインショップです。

ドコモオンラインショップとはドコモ直営のネットショップです。

ドコモオンラインショップはこちら

ネットを使ってアクセサリーの購入や契約内容の確認・変更、機種変更がネットから出来ちゃいます。

スマホを購入するなら、ドコモショップ・家電量販店などありますがどこでしても同じと思っていませんか?
違います。

ドコモならスマホやiphoneを購入するならドコモオンラインショップがお得です。

オンラインショップがお得の理由について紹介します。

①時間がかなりお得

時間節約
近くのドコモショップ...いつも混んでますよね?今は店舗予約が出来るようになりましたが順番待ちをして、契約してなんかしていると2~3時間はかかります。

でもドコモオンラインショップなら15分もあれば契約が完了しちゃいます。

ドコモショップや家電量販店に行く為の時間の節約、契約にかかる時間の節約が出来ます。

②金銭的にかなりお得

お金がお得
ドコモショップや家電量販店で機種変更すると3000~10000円程度の頭金や事務手数料というお金が取られます。

ショップの頭金とは住宅ローンで使われる分割払いの頭金ではなく、ショップの運営費になる手数料のことです。

運営費なので、頭金の料金はショップや量販店で決めることができます。

なので画像では3000円ですが、頭金の相場は3,000円~10,000円です。

機種変更の頭金についてもっと詳細が知りたい方は
ドコモの機種変更頭金は違法?頭金を支払わないで機種変更する方法

これがドコモオンラインショップだと0円、つまり無料なんです。

またドコモショップや家電量販店だと機種変更の際に3000円の事務手数料がかかりますが

これもドコモオンラインショップだと無料です。

なので金銭的に5000~12000円程度もお得になります!

ドコモで機種変更するなら時間的なメリットや金銭的なメリットがとても大きい

ドコモオンラインショップを使った方がいいでしょう。

③受取場所を選べてお得

受取り場所が選べる
スマホを購入したけど、初期設定や操作が不安でお店のスタッフに色々相談したいという人もいるかと思います。

ドコモオンラインショップでは受取場所を自宅以外にもドコモショップから選べます

なのでドコモショップでの受け取りにすれば金額はドコモオンラインショップのお得金額で購入することができます。

もし、自宅に商品が届いてからわからないことがでた場合は持ち込みで相談に行っても大丈夫ですよ。

新しいスマホが届いた時に説明書が届くので自宅で自分1人でも簡単に設定できます。
ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップで機種変更する方は

ドコモオンラインショップはこちら

-ドコモ(docomo)
-, ,

Copyright© Happy iphone life , 2019 All Rights Reserved.