iPhone 14(mini・Pro・Max)【2022年新型】発売日いつ?価格・指紋認証・予想リーク最新情報まとめ

iPhone 14(mini・Pro・Max)【2022年新型】発売日・いつ出る?価格・指紋認証・予想リーク最新情報まとめ

Appleは早くも2022年新型のiPhone14を開発中とされており、リーク情報や噂が聞こえてくるようにいつ出るのか楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではiPhone 14(mini・Pro・Max)発売日いつか、価格や指紋認証・スペックなどの予想やリークの最新情報をまとめました。

新しい情報が届きしだい随時更新します。

 

iPhone 14(mini・Pro・Max)発売日・予約開始日はいつ?

iPhone14(mini・Pro・Max)の発売日は2022年9月23日(金)、予約開始日は2022年9月16(金)になる可能性が高そうです。(すべて日本時間)

Appleは例年、9月第3週の火曜日未明に新型iPhone発表イベントを開催。(2021年は例外的に水曜日)

予約開始日は同じ週の金曜日で、発売日は一週間後の金曜日というスケジュールが定例化しています。

これらの情報をまとめると、発売日・予約開始日は以下のようになる可能性が高そうです。

【iPhone14の発売日・予約開始日予想】

発表イベント2022年9月13日(火)午前2:00〜
予約開始日2022年9月16(金)
発売日2022年9月23日(金)
参考までに過去のiPhone予約開始日・発売日は次のようなスケジュールでした。
発売日予約開始日
iPhone6/6 Plus2014年9月19日(金)2014年9月12日(金)
iPhone6s/6s Plus2015年9月25日(金)2015年9月日12(金)
iPhone SE(第1世代)2016年3月31日(木)2016年3月31日(木)
iPhone7s/7s Plus2016年9月16日(金)2016年9月9日(金)
iPhone 8/8 Plus2017年9月15日(金)2017年9月22日(金)
iPhone X2017年11月3日(金)2017年10月27日(金)
iPhone XS/XS Max2018年9月21日(金)2018年9月14日(金)
iPhone XR2018年10月26日(金)2018年10月19日(金)
iPhone11/11 Pro/Pro Max2019年10月20日(金)2019年10月13日(金)
iPhone SE(第2世代)2020年4月24日(金)2020年4月17日(金)
iPhone12/12 Pro2020年10月26日(金)2020年10月16日(金)
iPhone 12 mini/12 Pro Max2020年11月13日(金)2020年11月6日(金)
iPhone13/13 mini/13 Pro/13 Pro Max2021年9月24日(金)2021年9月17日(金)

iPhone 14(mini・Pro・Max)最新情報まとめ

2021年11月段階で得られている情報をもとにiPhone14の最新リーク・予想情報をまとめました。

【iPhone14最新リーク情報まとめ】

  • 発売日は2022年9月23日(金曜日)の可能性大
  • miniは廃止。iPhone14/iPhone14 Max/iPhone14 Pro/iPhone14 Pro Maxのラインナップ
  • iPhone4に似たデザインへ変更
  • ディスプレイは6.1/6.7インチ。全モデルリフレッシュレート120Hzになる可能性あり
  • パンチホール式フロントカメラ採用(Pro/Pro Maxのみ)
  • 指紋認証が搭載されるかどうか意見が分かれている
  • 価格は通常モデルが10万円以下、Proモデルは11万円から
iPhone14iPhone14 MaxiPhone14 ProiPhone14 Pro Max
ディスプレイ6.1インチ6.7インチ6.1インチ6.7インチ
プロセッサA16 BionicA16 BionicA16 BionicA16 Bionic
RAM4GB4GB6GB6GB
ストレージ128GB/256GB/512GB128GB/256GB/512GB128GB/256GB/512GB/1TB128GB/256GB/512GB/1TB
リアカメラ広角 : 48MP

超広角12MP

広角 : 48MP

超広角12MP

広角 : 48MP

超広角 12MP

望遠 12MP

広角 : 48MP

超広角 12MP

望遠 12MP

フロントカメラ12MP12MP12MP12MP
生体認証顔認証

(指紋認証?)

顔認証

(指紋認証?)

顔認証(ディスプレイ内蔵)

(指紋認証?)

顔認証(ディスプレイ内蔵)

(指紋認証?)

外部端子LightningLightningLightningLightning
価格約9万円以下約10万円以下約11万円〜約12万円〜
これらの情報を詳しく見ていきましょう。

iPhone 14 miniは出ない・廃止の見込み

MacRumorsはTFI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏の話として「iPhone14ではminiモデルは出ない」「ラインナップはiPhone14/iPhone14 Max/iPhone14 Pro/iPhone14 Pro Maxになる」と報じています。

ディスプレイサイズはそれぞれ6.1インチ/6.7インチとなり、ミニモデルの需要は2022年春に発売と噂のiPhone SE3が担う形となりそうです。

【iPhone14のラインナップ】

ディスプレイサイズ
iPhone146.1インチ
iPhone14 Max6.7インチ
iPhone14 Pro6.1インチ
iPhone14 Pro Max6.7インチ

iPhone 14(mini・Pro・Max)の価格

MacRumorsはMing-Chi Kuo氏の予想としてiPhone14 Maxが900ドル以下(約10万円以下)、iPhone14 Pro Maxが1,099ドル(約12万円)からの価格になると報じています。

この情報をもとに、iPhone14シリーズの価格予想をまとめると次の通り。

【iPhone14の価格予想】

  • iPhone14 約90,000円以下
  • iPhone14 Max 約10万円以下
  • iPhone14 Pro 約11万円から
  • iPhone14 Pro Max 約12万円から

iPhone14シリーズはiPhone13シリーズに比べて1万円程度安くなる可能性が高そうです。

iPhoneは高価格化が進んでいたので安くなるのは大歓迎ですね。

iPhone 14(mini・Pro・Max)のデザイン

著名リーカーJon Prosser氏によると、iPhone14はデザインが大きく変更される模様です。

注目すべきポイント3つを順にみていきましょう。

iPhone14デザイン
(画像出典 : FRONT PAGE TECH )

リアカメラ 部分はフラットなデザインに

まず注目すべきなのはリアカメラ部分。レンズの出っ張りがなくなりフラットなデザインとなっています。

ただし、これによりiPhone14シリーズは厚みが増す模様です。おそらくバッテリー容量もアップするはずですが、気になるのは重さです。

iPhone14シリーズはPro/ProMaxで軽いチタンフレームが採用されると噂ですが、果たして軽量化は図られるのでしょうか?

iPhone14デザイン

(画像出典 : FRONT PAGE TECH )

iPhone14 Pro/Pro Maxはパンチホール式カメラを採用

もう一つ注目すべきなのはフロントカメラ部分。iPhone14 Pro/Pro Maxはパンチホール式デザインとなるようです。

一方、iPhone14/14 Maxは引き続きノッチを搭載する見込みですが、iPhone13よりさらに小型化される可能性もありそうです。

iPhone14デザイン

(画像出典 : FRONT PAGE TECH )

iPhone4と似たデザインへ回帰

iPhone14は「iPhone史上もっとも美しい」とされるiPhone4に似たデザインとなる模様です。

まずボディは、チタン製フレームを2枚のガラスでサンドする構造になるとのこと。また、ボリュームボタンもiPhone4同様の丸型デザインへ変更されるようです。

iPhone14デザイン

(画像出典 : FRONT PAGE TECH )

iPhone14デザイン

(画像出典 : FRONT PAGE TECH )

なお、これらのレンダリング画像は初期型プロトタイプをもとに作成されたようですが、Prosser氏は「実際の製品まで基本デザインは変わらないはず」と語っており、実質的に確定デザインといえそうです。

古くからのiPhoneファンはワクワクするようなデザインですね。

iPhone 14(mini・Pro・Max)のカラー予想

続いてiPhone14シリーズのカラーを予想してみます。2021年のiPhone13ではさまざまな新色予想がありましたが、実際に発売されたのはiPhone13/13 miniのピンクのみでした。

この点を考えると、新型iPhoneは定番カラーを中心として1つ程度の新色を追加する傾向があるようです。

iPhone14/14 Maxのカラー予想

無印のiPhoneでは、ブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED・ブルーが定番カラーとなっています。カラーの名称や色味・色合いに変更はあると思いますが、この4色はiPhone14でも発売される可能性が高いです。

【参考】iPhone13/13 miniのカラー展開

左から(PRODUCT)RED・スターライト・ミッドナイト・ブルー・ピンク

iPhone13カラー

では、iPhone14で追加される新色はどんなカラーとなるのでしょうか?

ピンクが継続採用される可能性もありますが、iPhone12で人気のあったパープルやグリーン、iPhone XRで人気だったイエローなどが再び採用されるかもしれません。

iPhoneカラー

また、iPhone13の新色候補とされたオレンジなども可能性があるかもしれません。

iPhoneオレンジカラー
(画像出典 : Rendersbyian.com )

iPhone14 Pro/14 Pro Maxのカラー予想

iPhoneのPro/Pro Maxモデルではグラファイト(スペースグレイ)・シルバー・ゴールドが定番カラーです。2モデル体制となった2018年のiPhone XS以降、この3色は変わっておらず、iPhone14 Pro/Pro Maxでも発売される可能性が高いです。

また、4色展開となったiPhone11 Pro/Pro Max以降、新色ではミッドナイトグリーン・パシフィックブルー・シエラブルーが追加され、いずれも人気カラーとなっています。

このため、iPhone14 Pro/Pro Maxでもグリーン系、もしくはブルー系の新色が追加される可能性が高いと思われます。

【参考】iPhone13 Pro/Pro Maxのカラー展開

左からグラファイト・ゴールド・シルバー・シエラブルー

iPhone13Proカラー

ちなみに、Jon Prosser氏によるレンダリング画像ではグリーン系の新色が紹介されています。

iPhone14グリーン

(画像出典 : FRONT PAGE TECH )

仮に、iPhone14 Pro/Pro Maxの新色がこのグリーンだったとすると、カラー展開は次のようになるはずです。

iPhone14カラーバリエーション

(画像出典 : FRONT PAGE TECH )

ただし、このグリーン系カラーはリーク情報によるものでないため、実際にどんな新色が発売されるかは不明です。

最近、Appleは多色展開を進めているため、どんなカラーが発売されるか楽しみですね!

iPhone 14(mini・Pro・Max)のサイズ・重さ

iPhone14サイズ

(画像出典 : FRONT PAGE TECH )

iPhone14シリーズのディスプレイは6.1/6.7インチとされており、ボディサイズはiPhone13シリーズと同等か、若干小型化される可能性が高い模様です。

ただし、厚みは増加するとされており、バッテリー容量アップに伴い重さも増加する可能性が高いでしょう。

気になるのは、iPhone14 Pro/Pro Maxがチタンフレームを採用するという噂。チタンはiPhone13 Pro/Pro Maxで使用されているステンレスに比べて45%軽い素材です。バッテリー容量がアップしてもiPhone14 Pro/Pro Maxは軽量化されるかもしれません。

【iPhone14シリーズのサイズ・重さ予想】

  • 全モデル縦・横は若干小型化される
  • 全モデル厚みは増加
  • iPhone14/14 Maxは重量がアップ(バッテリー容量アップのため)
  • iPhone14 Pro/Pro Maxは軽量化?(チタンフレーム採用と噂のため)

iPhone 14(mini・Pro・Max)のディスプレイ

iPhone14ディスプレイ

(画像出典 : FRONT PAGE TECH )

MacRumorsによるとiPhone14シリーズのディスプレイについて2つの情報があるようです。

  • 全モデルが120Hzディスプレイを搭載する
  • 引き続きPro/Pro Maxのみ120Hzディスプレイを搭載する

ただし、韓国のTHE ELEC「120HzディスプレイはPro/Pro Maxに限定される」としており、やはりiPhone14/14 Maxは従来通り60Hzディスプレイとなる可能性が高そうです。

また、Appleのリーク情報に詳しいMing-Chi Kuo氏は「iPhone14 Pro/Pro Maxはパンチホール式ディスプレイを採用する」と予想しています。iPhone14/14 Maxは引き続きノッチ式ディスプレイを搭載する見込みですが、ノッチの小型化が図られる可能性もありそうです。

これらの情報をまとめるとiPhone14シリーズのディスプレイ仕様は次のようになる見込みです。

iPhone14/14 MaxiPhone14 Pro/Pro Max
6.1インチ/6.7インチ

60Hzまたは120Hz

ノッチ式ディスプレイ

6.1インチ/6.7インチ

120Hz

パンチホール式ディスプレイ

iPhone 14(mini・Pro・Max)のプロセッサ

MacRumorsはiPhone14に搭載されるA16 BionicプロセッサがTSMCの3nmプロセスで製造される可能性があると報じています。3nmプロセッサは演算能力が従来比10%〜15%程度向上するとされており、A16 Bionicも処理能力の向上が見込まれます。

また、経済日報によるとAppleはプロセッサの冷却効率を高めるため、ベイパーチャンバーの導入を検討しているとされています。

ベイパーチャンバーとは板状の放熱部品で、熱によるプロセッサのパフォーマンス低下を防ぐ装置。

搭載されれば、ゲームなどの高負荷時でも一層安定したパフォーマンスが期待できます。

【参考】Xperia Proのベイパーチャンバー

iPhone14ベイパーチャンバー

(画像出典 : YouTube )

iPhone 14(mini・Pro・Max)のストレージ

中国メディアMy Driversは、iPhone14に最大2TBストレージとなる可能性があると報じています。

これはiPhone13 Pro/Pro Maxから利用可能となった動画撮影フォーマット「ProRes」のファイルサイズが非常に大きいため。

実際、「ProRes」についてAppleへ問い合わせをしたRay Wong氏によると「1分の動画でファイルサイズは6GBという回答だった」と語っています。

しかし、著名リーカーのJon Prosser氏は最大ストレージ2TBという噂を否定。

「大容量化が進むのは間違いないが、2TBモデルが用意されるのは2023年のiPhone15以降だろう」と語っています。

Prosser氏の話どおりであれば、iPhone14のストレージ容量はiPhone13と変わらず次のようになるものと思われます。

iPhone14/14 MaxiPhone14 Pro/Pro Max
128GB

256GB

512GB

128GB

256GB

512GB

1TB

iPhone 14(mini・Pro・Max)の5Gモデム

MacRumorsによると、iPhone14は世界初の5ギガビットモデムであるQualcomm製Snapdragon X65モデムを搭載し、より高速な5G通信が可能となる見込みです。

また、 X65モデムは衛星通信機能を備えていることから、iPhone14はセルラー通信エリア外でも通話やメッセージ送信が可能となるようです。

加えてX65モデムは省電力性能にも優れているため、iPhone14はバッテリー持ちが大きく改善するかもしれません。

iPhone 14(mini・Pro・Max)のカメラ

iPhone14カメラ

(画像出典 : FRONT PAGE TECH )

iPhone14のカメラは、広角レンズ(メインカメラ)の画素数が4,800万画素と大きくスペックアップされる見込みです。

また、最大10倍ズームのペリスコープ望遠レンズを搭載する可能性もあるとのこと。

一方、Ming-Chi Kuo氏は、ペリスコープ望遠レンズが搭載されなかった場合、望遠カメラは6レンズから7レンズにアップグレードされると予想。また、動画撮影は8Kに対応するだろうと語っています。

iPhone 14(mini・Pro・Max)に指紋認証(Touch ID)はつく?つかない?

iPhone14指紋認証
(画像出典 : MacRumors )

iPhone14には待望の指紋認証(Touch ID)がつくという噂とつかないという噂があり、記事執筆段階(2021年11月)では判断できません。

では、両方の噂について詳しくみていきましょう。

指紋認証(Touch ID)がつくという噂

ディスプレイ調査委会社DSCCのCEOであるRoss Young氏は、サプライチェーンからのリーク情報として、「iPhone14シリーズは指紋認証(Touch ID)と顔認証(Face ID)の両方を搭載するようだ」と語っています。

さらに、iPhone14 Pro/Pro Maxの顔認証はアンダーディスプレイ(画面内蔵式)のFace IDになるとしています。これは、iPhone14 Pro/Pro Maxのフロントカメラがパンチホール式となり、Face ID用のTrue Depthカメラを搭載するスペースがないためと思われます。

Ross Young氏の予想をまとめると、iPhone14の生体認証は以下の通り。

iPhone14/14 MaxiPhone14 Pro/14 Pro Max
Face ID

Touch ID

アンダーディスプレイFace ID

Touch ID

なお、このツイートに対しては、著名リーカーのJon Prosser氏が拍手の絵文字で返信をしており、かなり信憑性の高い情報と思われます。

指紋認証(Touch ID)がつかないという噂

Apple関連の情報に詳しいBloombergのMark Gurman記者は、ニュースレターPower Onの中でiPhoneの生体認証について次のように語っています。

  • Appleのハイエンドモデルは引き続きFace IDを採用、指紋認証は搭載されない
  • 長期的にはアンダーディスプレイFace IDを採用すべく開発を続けている
  • 画面内蔵式指紋認証(Touch ID)は廉価モデルのために開発している

アンダーディスプレイFace IDの開発・採用という点でRoss Young氏の話と一致しているものの、ハイエンドモデル(iPhone14?)に指紋認証が搭載されないという点で異なっています。

現時点でどちらの情報が正しいのかは不明です。iPhone14の指紋認証については新しい情報が入り次第、お知らせします。

iPhone 14(mini・Pro・Max)はUSB-Cを搭載せず、Lightningを継続見込み

AppleはiPadやMacなどほとんどの製品の端子をUSB-Cへ移行させています。

しかし、iPhoneでUSB-Cが採用される可能性は低く、iPhone14でも引き続きLightning端子が採用される見込みのようです。

まず、著名リーカーJon Prosser氏によると、Appleは近い将来iPhoneの完全ワイヤレス化を計画している模様。このため、「一時的にUSB-Cを採用することはないだろう」と語っています。

また、Lightning端子はAppleの独自規格です。Lightning製品を製造するサードパーティーへのライセンス料はAppleの大きな収益源とされており、わざわざUSB-Cへ移行する可能性は低いと思われます。

iPhone 14(mini・Pro・Max)のスペック評価レビュー

これらの情報をもとにiPhone14(mini・Pro・Max)のスペックを評価レビューしてみました。

ただし、現状ではまだ情報が少ないため、不明な点は随時情報を追加する予定です。

iPhone14/14 Maxのスペック予想

iPhone14/14 Maxの予想スペックは次の通りです。

注目すべきなのは、ディスプレイが120Hz対応となるのか、指紋認証が搭載されるかどうかです。

また、スタンダードモデルにMaxが追加されるのも初めてなので、どんなモデルになるのかも要注目でしょう。

iPhone14iPhone14 Max
ディスプレイ6.1インチ Super Retina XDR

60Hzまたは120Hz

6.7インチ Super Retina XDR

60Hzまたは120Hz

プロセッサA16 BionicA16 Bionic
RAM4GB4GB
ストレージ128GB/256GB/512GB128GB/256GB/512GB
リアカメラ広角 : 48MP

超広角12MP

広角 : 48MP

超広角12MP

フロントカメラ12MP12MP
バッテリー容量--
生体認証顔認証

(指紋認証?)

顔認証

(指紋認証?)

外部端子LightningLightning
価格約9万円以下約10万円以下

iPhone14 Pro/14 Pro Maxのスペック予想

iPhone14 Pro/14 Pro Maxの予想スペックは次の通りです。

注目したいのは、カメラがペリスコープ望遠を搭載するかどうか。また、指紋認証を搭載するかどうか、Face IDがディスプレイ内蔵式になるかどうかなどでしょう。

iPhone14 ProiPhone14 Pro Max
ディスプレイ6.1インチ Super Retina XDR

120Hz

6.7インチ Super Retina XDR

120Hz

プロセッサA16 BionicA16 Bionic
RAM6GB6GB
ストレージ128GB/256GB/512GB/1TB128GB/256GB/512GB/1TB
リアカメラ広角 : 48MP

超広角 12MP

望遠 12MP

LiDARスキャナ

(ペリスコープ望遠)

広角 : 48MP

超広角12MP

望遠 12MP

LiDARスキャナ

(ペリスコープ望遠)

フロントカメラ12MP12MP
バッテリー容量--
生体認証顔認証(ディスプレイ内蔵)

(指紋認証?)

顔認証(ディスプレイ内蔵)

(指紋認証?)

外部端子LightningLightning
価格約11万円〜約12万円〜

まとめ

以上、2022年に発売されるiPhone14(mini・Pro・Max)についてまとめてみました。

iPhone14シリーズはラインナップ、デザイン、カメラなどが大きく変わる見込みです。

このため、2021年11月の記事執筆段階で不明な点が多いのも事実。

新しい情報が入りしだい、内容を追加していきますので、ぜひ参考にしてください。

iPhone関連記事

iPhone13発売日 いつ・日本・予約・指紋認証 ドコモ au ソフトバンク
iPhone 12mini/Pro/Pro MAX発売日いつ?日本・予約・価格・ドコモ・au・ソフトバンク
⇨iPhone13在庫・入荷・予約状況在庫確認
iPhone13(mini/Pro/Max)大きさ・重さ・サイズ比較

-iPhone(アイフォン)
-, ,

Copyright© Happy iPhone , 2021 All Rights Reserved.