らくらくスマートフォンF-52B 5G 発売日・価格・スペック・口コミ評価レビューまとめ

らくらくスマートフォンF-52B 5G 発売日・価格・スペック・口コミ評価レビューまとめ
ドコモは、2021年秋冬モデルとして、らくらくスマートフォンF-52B 5Gを発表しました。シリーズ累計700万台を販売したドコモの大人気モデル「らくらくホン」シリーズの最新モデルです。

日本市場ではドコモ専売であり、2022年2月24日に発売予定、予約開始日は2022年2月16日10時です。価格は51,744円です。

そんな「らくらくスマートフォンF-52B 5G」の日本市場における発売日・予約開始日・価格・スペック・評価レビューなど最新情報をまとめてお届けします。

ドコモで購入する方は

ドコモオンラインショップはこちら

※事務手数料無料・24時間待ち時間無しで購入できる

目次

らくらくスマートフォンF-52B 発売日・予約開始日はいつ?

らくらくスマートフォンF-52B 5Gの発売日は2022年2月24日(木曜)です。予約開始日は2022年2月16日(水曜)午前10時となっています。

事前にドコモ専売なのはすでに明らかになっていましたが、予約・販売ともにドコモオンラインショップおよびドコモショップ店頭で開始されることとなりました。

らくらくスマートフォンF-52B 5Gの発売日・予約開始日に関する最新情報をまとめると、以下の通りになります。

キャリア名予約開始日発売日
ドコモ2022年2月16日(水曜)午前10時2022年2月24日(木曜)
ソフトバンク取り扱いなし
au取り扱いなし
楽天モバイル取り扱いなし
SIMフリー発売なし

らくらくスマートフォンF-52B 5Gはドコモ専売モデルのため、auやソフトバンクでの発売はありません。SIM フリーモデルが発売される予定もないです。

例年の傾向を考えると、この機種だけSIMフリーモデルが発売されるということもないでしょうし、突然auやソフトバンクが発売するということも考えられません。いつも通り、ドコモ専売でキャリア版だけ発売されるということになるでしょう。

ドコモらくらくスマートフォンF-52B 5Gの発売日・予約開始日

ドコモの「らくらくスマートフォンF-52B 5G」の発売日は、2022年2月24日(木曜)です。予約開始日は2022年2月16日(水曜)午前10時となっています。

ドコモ専売なので購入及び予約場所は、ドコモオンラインショップとドコモオンラインドコモショップ店頭の受付となっています。おそらく、発売日前日まで予約受付されることでしょう。

予約の開始日は2022年2月16日(水曜)午前10時です。例年のらくらくスマートフォンの傾向を考えると、発売日の1週間前に予約が開始されるはずと予想されていましたが、予想はほぼ正解のようです。

また、ドコモオンラインショップは事前購入受付がありますが、2022年2月21日(月曜)となっています。例年の傾向から予想すると、おそらく発売日2日前に事前購入受付が始まる、と言われていましたが、曜日の関係か少し早いタイミングでした。

ドコモの「らくらくスマートフォンF-52B 5G」の現在の予約開始日・発売日に関する情報をまとめると以下の通りになります。

F-52B 5Gの発売日・予約開始日

  • 発売日:2022年2月24日(木曜)
  • 予約開始日:2022年2月16日(水曜)午前10時
  • 予約終了日:発売日前日まで
  • 事前購入受付開始日:2022年2月21日(月曜)

らくらくスマートフォンF-52B 5Gの販売価格・値段まとめ

2021年10月6日にらくらくスマートフォンF-52B 5Gが日本市場においてドコモ独占で販売されることが発表され、その後発売日・予約開始日が2022年2月14日に発表されました。

その際、らくらくスマートフォンF-52B 5Gの価格・値段についても発表され、51,744円になることが明らかになっています。

らくらくスマートフォンF-52B 5Gの販売価格・値段をまとめると以下のようになります。

キャリア名価格
ドコモ51,744円
ソフトバンク取り扱いなし
au取り扱いなし
楽天モバイル取り扱いなし
SIMフリー版発売なし

らくらくスマートフォンF-52B の値段は51,744円になりましたが、いままでのらくらくスマートフォンシリーズよりも少々高い金額となっています。

ドコモらくらくスマートフォンF-52B の価格は?

らくらくスマートフォンF-52B 5Gの価格は51,744円です。過去のらくらくスマートフォンの価格から予想すると、おそらく40,000円台前半程度の価格となるといわれていましたが、予想よりも高額になっています。

また、エントリーモデルとミドルレンジモデルの中間のような価格帯ではありますが、いつでもカエドキプログラムの適用はできません。

ドコモらくらくスマートフォンF-52Bの価格に関する最新情報をまとめると以下の通りです。

F-52Bの価格情報

  • 販売価格:51,744円
  • 分割支払い額:1,437円×36回
  • いつでもカエドキプログラムの適用なし

参考までに直近のらくらくスマートフォンシリーズの2モデルの価格は次の通りです。

端末名価格
らくらくスマートフォンF-42A41,976円(1,166円×36回)
らくらくスマートフォン me41,184円(1,144円×36回)

らくらくスマートフォンシリーズは41000円台になることが多いため、今回の新モデルがいきなり高くなることは考えにくく、おそらく、ほぼ同じの金額で発売すると予想されていました。

しかし、スペックがあがったことが影響したのか、従来機種よりも1万円ほど高くなっています。

なお、ドコモのドコモらくらくスマートフォンF-52Bは、端末購入サポートである「いつでもカエドキプログラム」の適用対象外になる可能性が高い、と予想されていましたがその予想は当たったようです。

前モデルであるらくらくスマートフォンF-42Aも「スマホおかえしプログラム」の適用はありませんでした。

次はドコモらくらくスマートフォンF-52BGのデザインやスペック、仕様について紹介していきます。

らくらくスマートフォンF-52B 5G のデザイン

らくらくスマートフォンF-52B 5Gのデザインは前モデルF-42Aからほとんど変わらず、一目で「らくらくスマートフォン」と分かるデザインです。

らくらくスマートフォンF-52B 5Gのデザイン

(画像出典 : ドコモオンラインショップ )

ただし、ベゼルが細くなったほか、ややエッジを強調するなど、より現代的なデザインとなりました。

らくらくスマートフォンF-52B 5G のカラー

らくらくスマートフォンF-52B 5Gは、ピンク・ホワイト・ネイビーのカラー展開です。

前モデルF-42A(以下の画像)も同じカラーバリエーションだったのですが、F-52B 5Gはメタリック調の高級感あるカラーへと変更されています。

らくらくスマートフォンF-52B 5Gのカラー

(画像出典 : ドコモオンラインショップ )

また、全カラー共通でブラックのベゼルとなったため、全体的に引き締まった印象を受けます。

【参考】F-42Aのカラー

らくらくスマートフォンF-42Aのカラー

(画像出典 : ドコモオンラインショップ )

らくらくスマートフォンF-52B 5G のサイズ・重さ

らくらくスマートフォンF-52B 5Gのサイズは、143mm×70mm×9.3mm。前モデルF-42Aと全く同じで、重さだけ異なります。

らくらくスマートフォンF-52B 5Gのサイズと重さ

(画像出典 : ドコモオンラインショップ )

F-52B 5Gは、ディスプレイ・バッテリー共に大きくなっており、若干の重さアップ以上のメリットがあります。

らくらくスマートフォンF-52B 5G のディスプレイ

らくらくスマートフォンF-52B 5Gは5.0インチ有機ELディスプレイを搭載。前モデルF-42Aは4,7インチだったため、0.3インチほどディスプレイが大型化されています。

また、前モデルF-42AのディスプレイがHD表示だったのに対して、フルHD表示と解像度がアップしています。

らくらくスマートフォンはユーザーの年齢層が高いこともあり、ディスプレイの大型化と解像度アップはうれしいポイントではないでしょうか?

らくらくスマートフォンF-52B 5G のプロセッサ・RAM・ストレージ

らくらくスマートフォンF-52B 5Gのプロセッサは、QualcommのSM4350(Snapdragon480)です。同プロセッサは、Qualcommのエントリー向け初となる5Gプロセッサ。

プロセッサ画像(画像出典 : Qualcomm )

前世代Snapdragon460に比べ処理能力・グラフィック性能が最大で100%、AI性能が70%アップしているほか、省電力性能も向上しています。

RAMについては、エントリー向けモデルとして標準的な4GBを搭載。前モデルF-42Aが3GBだったため、大幅なパフォーマンスアップが期待できます。

一方、内蔵ストレージについても容量が倍増し、64GBを搭載。最大1TBの外部ストレージ(SDカード)にも対応しているため、容量不足に悩むことはないでしょう。

らくらくスマートフォンF-52B 5Gはプロセッサ・RAM・ストレージ性能に余裕があるため、長く使いたい人にもおすすめできます。

らくらくスマートフォンF-52B 5G のカメラ

らくらくスマートフォンF-52B 5Gのカメラはシリーズ初のデュアルレンズ仕様となりました。

らくらくスマートフォンF-52B 5Gのカメラ

(画像出典 : ドコモオンラインショップ )

今回追加されたのは、近距離専用のマクロカメラです。被写体に寄った写真が撮影可能となり、SNS映えする写真を撮りたい方にも最適です。

らくらくスマートフォンF-52B 5Gのカメラ

(画像出典 : ドコモオンラインショップ )

一方、フロントカメラは画素数が810万画素となり、前モデルF-42Aの500万画素からスペックアップしています。

フロントカメラはテレビ電話でも利用するので、画素数アップは大きなポイントといえそうです。

らくらくスマートフォンF-52B 5Gのバッテリー

らくらくスマートフォンF-52B 5Gのバッテリーは容量が3,400mAhで、前モデルF-42Aから実に60%も容量がアップしました。

らくらくスマートフォンF-52B 5Gバッテリー

(画像出典 : ドコモオンラインショップ )

これにより、バッテリー駆動時間は大きく伸びるものと思われます。

本体サイズが変わらずにバッテリー容量がこれだけアップしたのはすごいですね。

らくらくスマートフォンF-52B 5Gの通信方式

らくらくスマートフォンF-52B 5Gは、シリーズではじめて5Gに対応しました。

今後、5Gエリアが拡大することを考えると大きなメリットといえるでしょう。

なお、5GはSub-6のみ対応でミリ波は非対応となっています。

らくらくスマートフォンF-52B 5Gは指紋認証搭載

らくらくスマートフォンF-52B 5Gはシリーズで初めて指紋認証を搭載しました。

らくらくスマートフォンF-52B 5Gホームボタン

(画像出典 : ドコモオンラインショップ )

指紋認証はホームボタンに内蔵されており、ロック解除のほか、各種キャッシュレス決済に対応しています。

らくらくスマートフォンF-52B 5Gはおサイフケータイに対応

らくらくスマートフォンF-52B 5GはFelicaを搭載しており、おサイフケータイに対応しています。

キャッシュレス決済が日常となったいま、指紋認証による支払いとおサイフケータイに対応しているのは大きなポイントといえるのではないでしょうか?

らくらくスマートフォンF-52B 5G のスペック

らくらくスマートフォンF-52B 5Gは前モデルF-42Aに比べて大幅にスペックアップしています。実際に両モデルを比較しながらスペックの評価レビューをしてみます。

らくらくスマートフォンF-52B 5GらくらくスマートフォンF-42A
ディスプレイ5.0インチ有機EL

フルHD

4.7インチ有機EL

HD

プロセッサSM4350SDM450
RAM4GB3GB
ストレージ64GB32GB
内蔵ストレージ最高1TB(micro SDXC)最高1TB(micro SDXC)
リアカメラ通常カメラ : 1,310万画素

マクロカメラ : 190万画素

1,310万画素
フロントカメラ810万画素500万画素
バッテリー容量3,400mAh2,110mAh
通信方式5G(Sub-6)4G
生体認証指紋認証非対応
おサイフケータイ対応対応
サイズ143×70×9.3mm143×70×9.3mm
重さ160g未満143g
カラーピンク・ホワイト・ネイビーピンク・ホワイト・ネイビー
らくらくスマートフォンF-52B 5Gはフルモデルチェンジといえるくらいスペックが向上してますね。

らくらくスマートフォンF-52B 5G の新機能・便利機能

らくらくスマートフォンF-52B 5Gには、使いやすさと便利さにこだわった数々新機能や便利機能が搭載されています。

安心サポート

安心サポート

(画像出典 : ドコモオンラインショップ )

操作方法がわからない場合は、「使い方ガイドアプリ」で調べたり、ボタンを押すだけでつながる「らくらくホンセンター」で相談することができます。

また、訪問や動画でアプリやラインの設定、使い方などを教えてくれる「らくらくコンシェルジュ」も利用できます。(有料サービス)

ふたつのモードを搭載

らくらくスマートフォンF-52B 5Gモード設定

(画像出典 : ドコモオンラインショップ )

基本機能を分かりやすく配置した「標準モード」(左)に加えて、通常のスマホのように使える「スマホ簡単モード」(右)を搭載。スマホが初めての方、慣れた方のどちらにも使いやすくなっています。

また、画像やページを見やすいサイズに自動で拡大してくれる「おまかせズーム」も搭載しています。

フィッシング詐欺警告機能

フィッシング詐欺防止機能

(画像出典 : ドコモオンラインショップ )

電話帳未登録の電話番号やメールアドレスから電話・メールがあると事前に警告する「迷惑電話・メール対策機能」を搭載しています。

また、ワンセグやFMラジオを搭載しており、災害時にインターネットなしで情報収集することが可能です。

写真や動画をテレビに表示可能

テレビ接続画像

(画像出典 : ドコモオンラインショップ )

別売りのワイヤレスディスプレイアダプタを使って、写真や動画をテレビに表示できます。

らくらくスマートフォンF-52B 5Gのカバー・ケース

らくらくスマートフォンといえば、豊富な純正カバー・ケースも楽しみのひとつです。

らくらくスマートフォンF-52B 5Gのケース

(画像出典 : ドコモオンラインショップ )

らくらくスマートフォンF-52B 5Gでもさまざまなタイプのカバーが発売されることでしょう。

らくらくスマートフォンF-52B 5G の口コミ・評価レビュー

らくらくスマートフォンは累計で700万台も販売されたドコモの超人気シリーズです。

では人気の秘密やおすすめのポイントはどこにあるのか。Twitterで口コミ・評価レビューを拾ってみました。

もっとも多かったのは「使いやすい」という口コミです。

また、便利機能を多数搭載していることから「便利だ」という声も多数。

人気の秘密は「使いやすい」「便利」といったところみたいです。

これなら初めてのスマホでも安心して利用できるのではないでしょうか?

らくらくスマートフォンF-52B 5G をahamoで使うには?

らくらくスマートフォンF-52B 5Gをahamoで使う方法は次の通りです。

すでにahamoを契約している場合

ドコモオンラインショップで購入して、そのまま利用することができます。

ただし、ドコモショップ受け取りは選択できないので注意が必要です。

これからahamoを契約する場合

ahamo利用方法(画像出典 :ドコモ )

先にドコモオンラインショップでらくらくスマートフォンF-52B 5Gを購入し、ahamo専用サイトで契約変更手続きを行います。

契約変更は次のahamo専用サイトで行ってください。

⇨ahamo専用サイト

らくらくスマートフォンF-52B 5G を待つべきか?

らくらくスマートフォンF-52B 5Gについてまとめてみました。では、これかららくらくスマートフォンの購入を考えている方は、F-52B 5Gを待つべきなのでしょうか?

ずばり、F-52B 5Gを待つべきです。理由は次の通りです。

【らくらくスマートフォンF-52B 5Gを待つべき理由】

  • ディスプレイやカメラなどスペックが大きくアップしている
  • バッテリー容量が大幅アップしている
  • 指紋認証を搭載。キャッシュレス決済にも便利
  • 5Gに対応
  • 発売日も近い

以上、これから購入する方はぜひ参考にしてください。

ドコモオンラインショップで確認する方はこちら

ドコモで購入する方は

ドコモオンラインショップはこちら

※事務手数料無料・24時間待ち時間無しで購入できる

ドコモ関連記事

ドコモオンラインショップ クーポン 対象機種・併用・複数使い方

ahamoの対応機種(iPhone・Android)一覧!対応機種以外は使えない?おすすめの対応端末も紹介

ドコモGalaxy A22 5G 発売日・スペックまとめ

ahamo(アハモ)の設定方法・開通手続きまとめ

・ドコモ2022年ディズニーカレンダー配布・もらい方

いつでもカエドキプログラム ahamo契約者が使う方法まとめ

当サイト人気記事

iPhone13/Pro/Pro Max/mini 色 カラー 人気 ランキング ブルー・ピンク

iPhone14に指紋認証がつかない派と復活する派の予想まとめ!Touch ID搭載かどうかがわかる時期も解説

iPhone 14 mini・Pro・Max 発売日いつ?予約開始日・価格・スペック・最新情報まとめ

iPhone14を待つべき?2022年秋の発売まで待つべきか決めるための予想・リーク情報

iphone 13 発売日 日本 予約 価格 ドコモ・au・ソフトバンク最新情報まとめ

楽天モバイルで使えるXperiaは?対応機種や販売製品を紹介

-ドコモ(docomo)
-, , ,

Copyright© Happy iPhone , 2022 All Rights Reserved.