iPhon6はいつまで使える?iOSアップデート・サポートは?2021年今から購入しても大丈夫なのか解説

iPhon6はいつまで使える?2021年OSアップデート・サポートや修理は?今から購入しても大丈夫なのか解説2014年に発売され、非常に人気のあったiPhone6。使い心地が良く、デザイン面にも優れているので、今なお使い続けている方も多いです。

また、他のiPhoneと比べて安く入手できるということもあって、これからiPhone6の購入を検討している方も多いのではないでしょうか。

しかし、iPhone6は発売からかなりの時間が経っているため、


・これからも問題なく利用できるのか
・IOSのアップデートやサポートはいつまで対応しているのか

などが気になりますよね。

そこで今回は、iPhon6はいつまで使える?2021年iOSアップデート・サポートは?2021年今から購入しても大丈夫なのか解説します。

iPhoneについて最新情報をTwitterで流していますもしよかったらフォローしてください。

 

iPhone6はいつまで使える?

iPhone6はいつまで使えるのかというとそろそろ機種変更をおすすめします。

2021年の今iPhone6は現役で使うことできます。

2020年に5G回線スタートしましたが、2021年もスマホの電波は4G回線が主流で、5Gが全国各地で利用できるまでまだ時間がかかると予想されています。

したがって、スマホの電波は、今後もしばらくは4Gが主流となります。

4G電波が利用できる限り、4G対応であるiPhone6は使うことが可能です。

が、iPhone6は機種変更をおすすめする理由があります。

ここからは、iPhone 6がどのような理由で機種変更をおすすめするのかについて解説します。 

iPhone6iOSアップデートは2019年で終了

iPhone7 8 アップデートいつまで

画像引用元:AppleiOS 14公式特設ページ

iPhone6は、iOSアップデートが、2019年iOS14.3でサポート対象外となりました。

2020年秋もiOSアップデートが上記のようにありましたが、iPhone6対象外(iPhone6s・iPhone6s plusは対象)でした。

つまり、iPhone6は今後最新のOSが登場しても、アップデートすることができません。

アップデートができないため、この先何らかの不具合が発生したり、特定のアプリや機能が利用できなくなる恐れがあります。

 

 

2021年9月iPhone6サポート終了の可能性あり

Appleの修理サポートが2021年9月頃に終了する可能性があります。

iPhoneのサポート期間は、販売終了から5年が経つとビンテージ品という扱いになり、すべてのサポートが終了します。

iPhone6は2014年に発売され、2016年9月に販売終了となりました。

したがって、2021年9月頃に5年が経過することになり、iPhone6はすべてのサポートが終了する可能性が高いでと予想されています。

サポートが終了すると、修理や交換などの対応ができなくなります。

Appleからはまだ正式な発表はされていません、発表がありしだいこちらでお知らせします。

 

iPhone6サポート終了使い続けることはできるのか

上記で解説した通り、2021年9月頃にiPhone6はすべてのサポートが終了する恐れがあります。

サポートが終了したとしてもiPhone6は使えます。

4G回線が利用できるかぎり、電話やメール、インターネットなどは今は問題なく利用できます。

ただし、iPhone6はこの先使い続けることができなくなる時がきます。

 

iPhone6が使えなくなる時

ただし、4Gサービスが利用できていても、iPhone6が思う通りに使えなくなる時期がやってきます。

バッテリーが持たない

スマホのバッテリーは、長く使い続けていると寿命を迎えます。

充電してもすぐにバッテリーが減ってしまい、1日も持たなくなってきてしまいます。

常に充電しないと利用できなくなるのはかなり不便ですよね。

iPhone6のサポートが2021年9月頃に終了してしまうと、バッテリー交換もAppleでは受け付けてくれません。

バッテリーが持たない状態で使い続けることになってしまうので、バッテリー持ちが悪くなったら、機種変更をした方が良いでしょう。

アプリに対応しない

インターネットなどは問題なく利用できても、アプリがiPhone6で対応しているiOSに対応しなくなった時点で利用できなくなります

アプリが利用できるかはアプリごとで異なります。

現時点では、LINEやInstagramなどの主要アプリはiOS11.0以降をサポートしているため、最新のiOSに対応していないiPhone6でも利用可能です。

ただし、今後アプリ側でサポートのバージョンを引き上げる可能性が高いので注意してください。

自身が使っているアプリがiPhone6のiOSに対応しなくなったときはどうすることもできません、使えなくなる前にiPhone6からの機種変更をおすすめします。

iPhone6今から購入はおすすめできない

上記で説明したように、iPhone6は今現役で使うことができますが今から購入はおすすめできません。

 

Phone6は最新のiOSに対応していませんし、2021年9月頃にはサポートも終了してしまう恐れがあります、現時点では今まで通り使うことは可能です。

しかし、故障やバッテリーの寿命、アプリの対応バージョンなど、今後も使い続ける上で不安な点があります。

中古品などでiPhone6を購入することは可能ですが、今後長く利用することを考えるなら、iPhone6を今から購入するのはおすすめできません

 

iPhone6から機種変更・変わりにおすすめはiPhone SE

i

iPhone6から機種変更・購入を検討しているなら、iPhone SEの購入がおすすめです。

iPhone SEは、2020年4月に発売されたモデルです。

iPhone6と比べて性能が各段に上がっているにも関わらず、価格は44,800円~と非常にリーズナブルな点が特徴です。

また、iPhone6と同様にホームボタンを搭載しているなど、iPhone6の良かった点を引き継ぎながら、防水対応・カメラ性能の向上などが改善されています。

本体サイズもほぼ同じとなっていますので、iPhone6と同じような使い心地のまま、より使いやすくなっていますよ。

iPhone6とiPhone SEの比較

iPhone6とiPhone SEのスペックを比較しました。

iPhone6iPhone SE
本体サイズ高さ:138.1mm

幅:67.0mm

厚さ:6.9mm

高さ:138.4mm

幅:67.3mm

厚さ:7.3mm

重量129g148g
ディスプレイサイズ4.7インチ4.7インチ
CPUA8チップA13 Bionicチップ
バッテリー駆動時間最大11時間のビデオ再生最大13時間のビデオ再生
容量16GB/32GB/64GB64GB/128GB/256GB
カメラ8MP12MP
フロントカメラ1.2MP7MP
生体認証Touch IDTouch ID
防水性能非対応IP67等級

iPhone SEのCPUはiPhone11と同じ

iPhone6のCPUは、A8チップが使われています。

一方でiPhone SEのCPUは、2019年モデルのiPhone 11と同じです。

A8チップと比べて、CPUは最大4倍・GPUは最大10倍速いため、アプリの起動や操作性が各段に向上していますよ。

iPhone SEなら最新のゲームもサクサク快適に楽しめるでしょう。

iPhone SEのカメラはポートレートモード対応

iPhone SEのカメラは、iPhone6と同じシングルカメラですが、機能面で差があります。

iPhone SEのカメラには、背景をボカして被写体を際立たせることができるポートレートモードに対応

また、ポートレートライティングにも対応しており、さまざまなエフェクトが使えますよ。

シングルカメラでも多彩な写真を簡単に撮影することができるので、カメラにもこだわりたいなら、iPhone SEがおすすめです。

iPhone SEは防水対応

iPhone SEは、IP67等級の防水対応です。

最大水深1メートルの場所に30分間iPhone SEを置いておいても、30分間の耐水性能があります。

雨に濡れても、水周りで使っても、故障の心配なく使用できますよ。

iPhone6のIOSサポートは20年で終了!iPhone SEに買い替えよう

iPhone6はいつまで使えるのか、サポート終了してからも使い続けられるのか、解説してきました。

iPhone6のまとめ

iOSのサポートは終了

その他のサポートも2021年9月頃に終了する可能性あり

サポートが終了しても使用は可能だが、アプリは徐々にバージョンが対応しなくなっていく

iPhone6は、すでに最新のiOSのサポート対象外となっています。

今後発表されるiOSを利用することはできないため、今後徐々にアプリも利用できなくなってくる恐れがあります。

また、修理などのサポートについても、2021年9月頃に終了になる可能性が高いです。

サポートが終了してもiPhone6を使い続けることは可能ですが、万が一のときに何もサポートが受けられないため、そうまでしてiPhone6を使用することはおすすめできません

iPhone6に似たサイズ・デザインで、性能がアップしたiPhone SEが販売されています。

iPhone SEは廉価版モデルのため、価格もリーズナブルです。

現在iPhone6を利用している方、これからiPhone6の購入を検討している方は、ぜひiPhone SEの購入を検討してはいかがでしょうか。

 

iPhone6から機種変更をお得にするならオンラインショップ

最後にiPhone6からiPhone SEなど、iPhoneやスマホの機種変更や購入についておすすめの方法について紹介します。

iPhoneやスマホのキャリアの機種変更をショップや家電量販店と考えていませんか

私もどこでするのがお得なのかいろいろ調べました

機種変更はショップ・量販店互いは?どこでするのがお得なのか

混んでるお店や頭金など無駄な時間・お金を支払っていませんか?

今は、お店に行かないでネットで買って待つ時代です!

ネットで購入できるからって怪しいお店ではありません。

ネットのほうがむしろ安全!?
ネットで購入できるのは各キャリアのオンラインショップです。

★ドコモ
ドコモオンラインショップはこちら

★au
auオンラインショップはこちら

★ソフトバンク
ソフトバンクオンラインショップはこちら
安心して購入できるだけでなく各キャリアがオンラインショップに力を入れているため経済的にお得だったりメリットが多いです。

オンラインショップで機種変更をするとどんなメリットがあるかというと

オンラインショップメリット


①頭金・事務手数料がなし
②待ち時間・24時間いつでも購入できる
③自宅・ショップお届けを好きな所にできる
④困ったらチャットですぐに解決できる

頭金とはお持ち帰り価格ともよばれてます。


画像のように表記されている店舗はまだ良心的ですが・・・

最後の会計の時に、頭金がある明細書をだしてくるショップもあります。

オンラインショップだったら始めから頭金がかからりません。0円で契約することができます。

また、ドコモとソフトバンクは、事務手数料がかからず0円です。

頭金の価格はショップによって違うので、頭金や事務手数料をあわせると、5,000円~15,000円くらい機種変更の料金が変わってきます。

5,000円~15,000円機種変更でお金がかからないので値下げを待つよりも、お得にiPhone11を購入することができます。

機種変更で、困ったことやわからないところがあればチャットや電話で相談することができます。

機種変更をオンラインショップでやってみるとあっけなく簡単にできると驚いてしまいますよ。

お金も時間も節約できるオンラインショップ使ってみて下さいね。

ドコモ
★ドコモオンラインショップでiPhone・スマホ購入する方は
ドコモオンラインショップはこちら
ドコモオンラインショップ 機種変更やり方流れ

au
★auオンラインショップでiPhone・スマホを購入する方は
auオンラインショップはこちら

auオンラインショップで機種変更流れ・データ移行の手順

ソフトバンク
★ソフトバンクオンラインショップでiPhone・スマホ購入する方は
ソフトバンクオンラインショップはこちら

★ソフトバンクオンラインショップのメリットやデメリットをもっと知りたい方は
ソフトバンク機種変更はオンラインショップが実店舗よりおすすめ6選

当サイト人気記事

ahamo(アハモ)の対応機種一覧! 非対応端末はどれ?対応機種以外はどうなる?

Galaxy S21 5G 発売日価格ドコモ・au

Xperia 1 III発売日・予約 価格 レビュー予想ドコモ・au・ソフトバンク

AQUOS R6 発売日・予約日・価格・スペック情報・レビューまとめ【ドコモ・au・ソフトバンク】

-iPhone(アイフォン)
-, ,

Copyright© Happy iPhone , 2021 All Rights Reserved.