iphoneやスマホの生活をもっとhappyにしたい人に! ドコモやauなど機種変更やお得情報などを紹介

Happy iphone

iPhone 6s とiPhone7違いは?2019年今から買うならどっちか比較!

投稿日:

iPhone 6s iPhone7 比較
iPhone6sと7は2019年も人気の機種です。

iPhoneといえば10万円以上、Androidスマホに比べると2倍以上のお値段がするものがほとんどです。

だからといって毎日生活する中で使うものだったらそこまで高い機種でなく、iPhone6s・iPhone7で十分ですし、2台目のサブ携帯として使っている方も多いです。

とはいえ2019年になってiphone6sとiphone7を持っている方は少ないです。

iphone6s・7が発売された時なら最新の比較レビューなどがあったり周りの人で多く持っている方がいたので聞きやすかったけど、情報が今では古かったり

新機種が何年も発売されて機種変更をしている人が多く実際に使っている感想を聞くのは難しいです。

そこで、ココではそんな方に2019年最新のiphone6sとiphone7今から買うならどっちか、何が違うのかなどをわかりやすく比較します。

iphone6sとiphone7を購入を考えている方は参考にして下さい。

iPhone6sとiPhone7の違いは何?スペック比較表

iPhone6s iPhone7
ディスプレイ 4.7インチ 4.7インチ
高さ 138.3mm 138.4mm
67.1mm 67.1mm
厚さ 7.1mm 7.1mm
重さ 143g 138g
カメラ 1200万画素 1200万画素
バッテリー(連続通話時間) 最大14時間 最大14時間
SIM nano-SIM nano-SIM
耐水性脳
チップ A9 A10
ストレージ容量 32GB・128GB 32GB・128GB
カラー 4種類 4種類

一見同じ大きさのため同じように見えますが、iPhone6sとiPhone7は違いがかなりあります。
また、ストレージ容量はキャリアによって販売を終了しているのがあるため購入する時はストレージ容量を確認してから購入をして下さい。

違いを比較するのと一緒に、同じ機能でもiphone6s・7について理解度も深まり購入の参考になるため便利機能の場合は詳しくその機能を説明します。

iphone6sと7の違い 大きさ・重さ

iphone 6s・7の大きさ・重さの違いは実はそこまで変わらないです。

まず大きさですが

・iPhone 6s:138.3 x 67.1 x 7.1
・iPhone 7 :138.3 x 67.1 x 7.1

まったく同じ大きさです。
カバー(ケース)を同じものを使いまわせるので、iphone 6sからiPhone 7に機種変更した人がケース代が浮いたというくらい同じ大きさです。

重さは

・iPhone 6s:143g
・iPhone7 :138g

iPhone6sの方がサイズが同じですが若干重いです。
発売された時期が1年違うためiPhone7のほうが技術が進化しているため重さに違いがでてしまっています。

ただ、手が疲れるほど重いや、重さが気になるといった重さの違いではないです。

ディスプレイも両方共4.7インチで違いはないので、iPhone6sを使っていて画面の保護シールが余っているかたはiPhone7でも使えるので新しく買わなくっても大丈夫です。

カメラ

【iPhone 6s】
★メインカメラ
画素数:1,200万画素
f2.2
最大5倍のデジタルズーム
★フロントカメラ
500万画素
720p HDビデオ
f2.2
【iPhone 7】
★メインカメラ
画素数:1,200万画素
f1.8
最大5倍のデジタルズーム手ぶれ補正機能あり
★フロントカメラ
700万画素
1080p HDビデオ
f2.2

カメラ性能に関しても若干の違いがあります。
どちらも1,200万画素のカメラではありますが、iPhone7には6sにはない光学式手ぶれ補正が搭載されています。

またビデオ(動画)撮影時にも光学式手ぶれ補正が対応しています。

また見落としがちなインカメラ部分もiPhone6sの500万画素に対してiPhone7は700万画素になっています。

ちょっとした違いではありますが、iPhone6sからiPhone7に進化するに連れて細かなカメラ性能が上がっている点が分かりますね。

バッテリー

人によってはかなり気になる部分であろうバッテリーの違いについても比較していきます。

【iPhone 6s】
連続通話時間:最大14時間
インターネット利用:最大10時間
ビデオ再生:最大11時間
オーディオ再生:最大50時間
【iPhone 7】
連続通話時間(ワイヤレス):最大14時間
インターネット利用:最大12時間
ビデオ再生(ワイヤレス):最大13時間
オーディオ再生(ワイヤレス):最大40時間

全体的に見るとiPhone7の方がバッテリー持ちが少しだけ良くなっています。
オーディオ再生に関してはiPhone8の方はiPhone6sにはないステレオ再生対応になっているのでその分消耗が少し早いのでしょう。
基本的にはどちらも大差ない良質なバッテリー持ちだと思って問題ありませんね。

またiPhone7は公式ではワイヤレス充電可能ではないのですが、ワイヤレス充電ができる専用のパットも発売されています。
iPhone7 ワイヤレス充電
ワイヤレスで充電したい方はこちらの商品もチェックして下さい。
Antye iPhone 7(4.7インチ)Qiワイヤレス充電キット

防水性能

スマホ 防水
実はiPhone6sは防水性能・機能は無いんです。
以前のiPhoneよりは作りがしっかりしているので防水っぽい仕様と言う口コミは多いですが、厳密に言えば防水性能に準拠した形ではないんですね。

iPhone7の方は水深1メートルで最大30分間の耐水性能を備えているのである程度の水であれば安心して活用することができます。

特に防水性能・機能はなくても問題ない、今までも問題なかったから大丈夫という人はiPhone6sでも問題ないでしょう。

ですが、もしも防水性能・機能は絶対に必要だという人はiPhone7の方を選ぶほうが良いですね。

認証方式


iPhoneは機種や世代によって認証方式に違いがあります。

iPhone6sもiPhone7どちらも指紋認証です。

最近ではFaceID(顔認証)が主流になってきていますが、以前のTouchID(指紋認証)もかなり使い勝手が良いです。

例えば、花粉症や風邪をひいている時にマスクをしていると顔認証では認識されません。指紋認証ならマスクは関係ないので指を触れるだけでロックが解除されます。

iPhone6sもiPhone7どちらも第2世代のTouchIDが搭載されていて第1世代よりもスムーズかつスピーディーな認証が可能です。
両者ともに同じ世代の同じTouchIDが搭載されているので、この部分での違いはありません。

Apple Pay

おサイフケータイ 支払い
iPhone6sとiPhone7にはApple Payに違いがあります。

Apple Payとは、簡単にいうとおサイフケータイのことです。

iPhone6sのApple PayはTouchIDを使った「アプリケーション内とウェブ上でのiPhoneの支払い」に対応しています。
それに対してiPhone7は「アプリケーション内とウェブ上でのiPhoneの支払い」に追加で「iPhoneに入れたSuicaや店頭での購入」などにも対応しているのです。

Apple Payを普段使わない人にはあまり重要ではない部分ですが、今後Apple PayでSuicaや店頭での購入などにも活用したいと考えている人はiPhone6sは非対応なので注意が必要な部分です。

チップ

iPhone6s iphone7 チップ
アプリやゲームを楽しみたい人にとって重要なポイントが機種自体のチップ(性能)です。
・iPhone6sはA9チップを搭載
・iPhone7はA10 Fusionチップを搭載
と言った形でチップを搭載しています。
具体的に言えばiPhone6sでもLINEやネット、動画視聴など基本的な部分は問題なく快適に使うことができます。
ですが「最新ゲームやアプリ」などで性能を求められる場合はiPhone6sのA9頼りない部分が出てきてしまうでしょう。

最近ではiPhoneでもVR動画が視聴できますがiPhone6sのA9チップでは動きがカクついてしまったり動画再生時に熱を持ってしまったりと少し心もとないです。

iPhone7のA10チップであればある程度新しいゲームやアプリなども再生することができるのでそれらを楽しみたい場合には新し目で性能が高いiPhone7を選んだほうが良いかもしれません。

 

ただし、最新のiPhoneXSやXRのチップはA12です。

VR動画のような重いのは作品によりますがA12クラスで無いと動きが悪いのもあります。A10 なら必ず動きがスムーズというわけではないので気になる方は最新のiphoneを検討して下さい。

 

カラー

★iPhone6s
iPhone6s カラーバリエーション
スペースグレイ・ホワイト・ゴールド・ローズゴールドの4種類です。

★iPhone7

ブラック・シルバー・ゴールド・ローズゴールドの4種類です。

iPhone6sもiPhone7のどちらも4色展開で定番の人気色が揃っています。
カラフルな感じというよりはどちらも定番のカラーを揃えている形ですね。

iPhoneXなどは2色のみなので4色あると自分の好きな色を選びやすいのが嬉しいポイントでしょう。

ストレージ容量

・iPhone6s:32GB・128GB
・iphone7:32GB・128GB

ストレージ容量とは、撮った写真や動画を保存する容量のことです。

キャリアによって、例えば、ドコモでは128GBが販売終了しています。

Appleストアでは、32GB・128GBどちらも販売中でiPhone 7Plusも販売されています。

このように販売されている場所によってストレージ容量が変わってくるので購入する時は注意をして下さい。

また、ストレージ容量がどちらも最大で128GBしかありません。

毎年写真や動画を見る方が増えてきたので32・128GBでも足りない方が多くいらっしゃるようで、2018年発売の一番価格が手ごろなiPhoneXRも、容量が64GB・128GB・256GBの3種類になっています。

今までiphoneやスマホを使っていて、128GBでも容量が足りないという方はiphoneXSやXRを購入検討して下さい。

iPhone XSとiPhone XRについて知りたい方はこちらをご覧ください
iPhone XSとiPhone XR何が違うの買うならどっち!わかりやすく徹底比較!

価格・今から買うことができるか

iPhone 7もiPhone 6sも旧モデルなので在庫があれば手に入れることはできますが、販売先によっては完売して販売終了している所もあります。

売っているのかと価格について調べました。

Appleストア

AppleストアではiPhone 6s・iphone7どちらも2019年の11月現在販売終了しています。

参考価格として、iPhone7とiPhone7Plusの最終価格はというと

①iphone7

32GB 50,800円
128GB 61,800円

②iphone7Plus

32GB 64,800円
128GB 75,800円

※iPhone 7・iPhone 7Plus どちらも税別の価格になります。
分割払いも対応されています。

AppleストアでiPhone7とiPhone7Plusは終了してしまいましたが、iPhone8やXRは販売しています。

チェックする方は
Appleストアはこちらから

ドコモ

①iPhone 6s販売終了

32GB 販売終了
128GB 発売終了

②iPhone 7

32GB 43,560円
128GB 発売終了

ドコモではiphone7 32GBのみ販売されています。128GBは販売終了しています。

docomo with(ドコモウィズ)対応のためiphone7をドコモで購入すると支払額も毎月お得になります。
※docomo withは終了してしまいました。

iPhone6sは、全カラー販売終了してしまったため購入できません。

iPhone6sの購入を考えていた方はiPhone7の購入を検討して下さい。

ドコモのiphone7価格・在庫状況をチェックする方は
ドコモ公式オンランインショップはこちら

au

①iPhone 6s・iphone7販売終了

auオンラインショップiphone7販売終了

auオンラインショップではiPhone 6s・iphone7どちらも販売終了しています。

auの公式サイトでiPhone 6s・7販売終了確認する方は
auオンラインショップはこちら

ソフトバンク

①iPhone7はショップのみ購入

32GB 87,840円
128GB 99,360円

iPhone7 ソフトバンク
ソフトバンクではiphone7はショップのみ販売でオンラインショップでは購入できません。

iPhone6sは販売終了しています。

ソフトバンク公式サイトでiphone6s・7を確認する方は
ソフトバンクオンラインショップはこちら

ワイモバイル


ワイモバイルはiPhone6s・7どちらも販売しています。

①iphone6s

32GB 20,160円
128GB 30,600円

②iphone7

32GB 39,600円
128GB 50,400円

分割払いにも対応しています。

ワイモバイルのiPhone6sと7は、ドコモやソフトバンクに比べてかなりの割安です。

iPhone6sがワイモバイルで人気機種なのが納得ではないでしょうか。

毎月の維持費もあるので一概に安いとはいえないので料金シュミレーションをしてから購入をすることをおすすめします。

ワイモバイルの場合は購入手続きの時に
ワイモバイル 購入手続き 支払い明細

このようにわかりやすく購入時の支払い額と月々の支払額が明記されています。

購入手続きを最後までしなければ、料金シュミレーションのように自分にあったプランを検討することができるのでいろいろなプランの組み合わせがあるので自分に合ったプランを検討することができます。

ドコモの場合は、料金シュミレーションがあるのでそちらで毎月の維持費を確認することができます。
ドコモの料金シュミレーションはこちら

iPhone6s・iPhone7ドコモとワイモバイルどちらが維持費・購入費が安いのかをこれで比較することができます。

安いだけでなく、ドコモとワイモバイル場所によって電波の入り具合が違うため周りに使っている人の感想も聞くとさらに失敗しないで購入することができるので周りの人にも話を聞くといいですよ^^

ワイモバイルのiPhone6s・iPhone7の維持費・料金を確認する方は
ワイモバイル公式サイトはこちら

iPhone6s・7買うならどっちがおすすめ

iPhone6sと7と両機種を比較しましたが、iOSアップデートを考慮するとおすすめはiPhone7です。

2019年はiPhone6sも対象でしたが7と比べると早く打ち切られる可能性が高いからです。

ちなみに両者の発売日は
・iPhone 6s:2015年9月21日
・iPhone 7 :2016年9月16日
と1年ほど開きがあります。

1年の期間はiPhone・スマホが進化するには十分な期間ですから、両者の間には細かな便利機能の差もあれば根本的な性能差が違ってきますね。

もちろんiPhone6sが古くて使えないなんてわけじゃありません。
先ほども解説したようにLINEやネット、動画視聴など基本的なことは全く問題なく、iPhoneだからこその基礎性能の高さで様々なことは問題なくこなせます。

ある程度性能が必要なアプリやゲームを思う存分楽しみたいと考えているならばiPhone6sより1年後に発売されA9チップからA10チップへ進化しているiPhone7を選んだほうが良いですよ。

ただ、ワイモバイルのiPhone6sの価格は安すぎです。メインではなくサブ携帯ならおすすめです。

また、販売終了をしているキャリアもあるのでまずは購入できるかどうか確認して下さい。
iPhone6s・7を確実に手に入れるにはドコモやワイモバイルなど限定された所でしか手に入らないため注意が必要です。

iPhone6s・7販売終了しているキャリアの場合iPhone8の購入を検討してはどうでしょうか。
iPhone 7と8徹底比較! 2019年今から購入するならどっちがおすすめ?
最後にお得に機種変更ができる場所を紹介します。

iPhone6s・7お得に購入するならオンライショップ

オンラインショップ

iPhone6s・7をどこで購入しますか?

時間もお金も節約・無駄にしないでできるのは各キャリアのオンラインショップです。

オンラインショップだとどんな節約・無駄がないのかというと

①時間的の節約・いつでも好きな時間に購入

・日本全国24時間いつでも購入できる
・待ち時間がない

キャリアショップで機種変更をすると、待ち時間が長いですよね。ヒドイとせっかくのお休みが1日ショップにいて潰れることになります。
また、キャリアショップなら営業時間が決まっています。それもオンラインショップならないので24時間好きな時間に機種変更することができます。

②お金の節約

・頭金が0円無料

画像のような写真を見たことがありませんか。
頭金 お持ち帰り 手数料
頭金が無しだと思ったら変わりに、お持ち帰り価格という名前を変えて頭金と同じ内容の手数料をとられるんです。

この頭金は拒否することもできない理不尽な契約になっています。

それがオンラインショップなら頭金が無し支払わなくて良いんのです。

なので、時間的・経済的メリットは両方とも高いです。

③送料が無料

オンラインショップで購入すると送料がかかるという問題も各キャリアショップとも機種変更の場合無料でできます。
メーカーによっては2,500円以上と送料の上限を決めている所もありますが、機種変更の場合2,500円はかかるので送料は実質無料と考えて良いのではないでしょうか。

④ショップ・自宅受け取り場所が選べる

受け取りもキャリアショップ・自宅と選ぶことができます。
なので新しいiPhoneやスマホを買ったけどデータを移動できないや操作がわからないと不安な時はキャリアショップにお届けにすることができます。

※auでは、機種によって自宅のみ、ショップのみで受け取りがあるため購入する時はどこで受け取ることができるか確認して下さい。
ただし、ショップで受け取りにしてもお金の決済はオンラインショップでするためショップ受け取りにしても頭金や余分なお金はかからないので安心して受け取って下さい。

⑤困った時・不明点もすぐに相談できる

実店舗のドコモショップやauショップやソフトバンクショップのメリットは困った時に相談することができることですよね。

オンラインショップで機種変更の手続きをしていたら、途中で操作がわからなくなってしまった。

そんな困った状況の時もショップではなくオンラインショップでもすぐに相談できます。

相談の仕方は、チャット相談です。
ドコモオンラインショップ チャット
ドコモオンラインショップのチャット画像ですが、ドコモだけでなく各キャリアチャット相談ができるようになっています。

だから、オンラインショップでの操作に困った時や端末についてのお悩みも問題なく解決することができます。

なので、機種変更をオンラインショップでやってみるとあっけなく簡単にできるのと驚いてしまいますよ。

 

ドコモ
★ドコモオンラインショップで機種変更をする方は
ドコモオンラインショップはこちら

★ドコモオンラインショップと店頭どちらが安いのかを比較
ドコモオンラインショップと店頭と価格を比較!

ソフトバンク
★ソフトバンクオンラインショップで機種変更をする方は
ソフトバンクオンラインショップはこちら

★ソフトバンクオンラインショップのメリットやデメリットをもっと知りたい方は
ソフトバンク機種変更はオンラインショップが実店舗よりおすすめなメリット6選

ワイモバイル
★ワイモバイルオンラインショップで購入する方は
ワイモバイルオンラインショップはこちら


関連記事
・ドコモではiPhone7はdocomo with対象機種。お得といわれているけど本当はどうなのという方に
ドコモウィズ(docomo with)は本当にお得?メリット・デメリットをわかりやすく解説・2019年5月31日新規受付終了!docomo with
docomo with対象機種どれを選ぶべき?おすすめ・目的別比較

-au(エーユー), iPhone(アイフォン), ソフトバンク(softbank), ドコモ(docomo), ワイモバイル(Y!mobile)
-, , ,

Copyright© Happy iphone , 2019 All Rights Reserved.