iPhone 13(mini/Pro/Max)で審査落ちして分割払いできない原因と対処方法

iPhone 13(mini/Pro/Max)で審査落ちして分割できない原因と対処方法

iPhone 13(mini/Pro/Max)で審査落ちして分割払いできない原因と対処方法をまとめます。

iPhone 13を購入する時、場合によっては購入審査が行われます。その審査に通らなければiPhone 13を購入できません。

確実にiPhone 13の審査に通りたいのであれば、審査に通らない原因や対処方法を知っておく必要があります

本記事では、iPhone 13の審査を通す確率を高める方法や、iPhone 13の審査に落ちたときの対処方法まで紹介しています。ぜひ最後までチェックしてみて下さい。

 

 

iPhone 13(mini/Pro/Max)の審査に落ちた人の共通点

iPhone 13(mini/Pro/Max)の審査に落ちる方たちには、共通点があります。具体的には以下の2点です。

審査に落ちる共通点

  • iPhone13の支払い方法に分割払いを選択した
  • 税込10万円を超えるiPhone13を選択した

それぞれの項目を詳しく紹介していきましょう

iPhone13の支払い方法に分割払いを選択した

iPhone 13の審査に落ちる人は、間違いなく支払い方法に分割払いを選択しています。

分割支払いはいわゆるローンなので、きちんと支払いができる人かどうかのチェック(審査)があります。その審査に落ちてしまっているわけです。

今は分割払いを選択すると、iPhone 13の支払い金額を抑えることができるサービスを利用できます。具体的に以下の通りです。

各キャリアのお得な制度

  • ドコモ:スマホおかえしプログラム
  • au:かえトクプログラム
  • ソフトバンク:トクするサポート+

これらを利用するためには分割払いを選択しなければならないため、iPhone 13をお得に購入するために仕方なく分割払いを選択した人もいるはず。

しかしその分割払いを選択したが故に、iPhone 13の審査に落ちてしまっているかもしれないのです。

税込10万円を超えるiPhone13を選択した

税込10万円を超えるiPhone13を選択したせいで、iPhone 13の審査に落ちているかもしれません。

ドコモ・au・ソフトバンクは、10万円を超える端末の分割審査になると一気に難易度があがります。

これは割賦販売法という法律で「10万円以上の商品は必ず信用情報機関へ照合しなくてはならない」と決まっているからです。

信用情報機関に照合をされてしまうと、「過去にローン支払いで未払いがある」等の理由で、審査が落ちてしまいます。(詳しくは後述)

信用情報に照合するかしないかでは審査の難易度がかなり上がるため、10万円というボーダーは非常に大事なのです。

iPhone 13の場合は、以下のモデルが端末価格10万円を超える可能性が高いので、注意してください。

10万円を超えるiPhone13

  • iPhone 13 mini(256GB)
  • iPhone 13(128GB/256GB)
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone13 Pro MAX

ちなみに実質負担額が10万円以下になったとしても、信用情報は照合されます。

たとえば、ドコモのスマホおかえしプログラムを使えば実質負担額を10万円以下にできますが、審査の難易度が高いままです。

「割引されたので大丈夫だろう」なんて思わないようにしましょう。

iPhone 13(mini/Pro/Max)審査に落ちる理由・原因

iPhone 13(mini/Pro/Max)審査に落ちる理由・原因は、信用情報機関に問題のある情報が登録されているからです。

前述したように10万円を超えるiPhone 13を購入すると、信用情報機関に情報を照合されます。

信用情報機関に問題のある情報があれば、「この人は分割支払いをきちんとやってくれないだろう」と判断されて、iPhone 13の審査に落とされます。

信用情報機関に問題がある情報

では「信用情報機関に問題がある情報」とは一体何なのでしょうか。具体的には以下の通りになります。

問題がある情報

  • 携帯料金の滞納
  • 各種ローンの未払い
  • 金融事故(債務整理・自己破産)の経歴
  • 多重ローンを組んでいる
  • 30代なのにクレジットヒストリーがない

iPhone 13の審査に落ちた人はどれも心当たりがあるはず。

未払いや金融事故・多重ローンは、各キャリアにとっては懸念事項です。「うちも同じような目に合うかもしれない」と思って、分割支払いを許可してくれません。

クレジットヒストリーがない

本人に心当たりがないのに、審査に落ちてしまうことが多いのは「30代なのにクレジットヒストリーがない」ことです。

これは今までローンを組んだり、クレジットカードを使ったり、携帯の分割払いを全くしていないことを指します。

30代以上になってクレジットヒストリーがない場合、過去に自己破産をしたかもしれないと判断され、iPhone 13の審査に落とされてしまうのです。

自己破産をして7年から10年ほど経つと、信用情報にある問題のある情報が消えます。

20代の頃に自己破産をした場合、30代にクレジットヒストリーがない状態になるため、クレジットヒストリーがないことが審査落ちる要因になるのです。

つまり「もしかしてこの人は過去に自己破産しているのかもしれない」と思われるわけですね。

iPhone 13(mini/Pro/Max)の審査が通らない場合の対処方法

iPhone 13(mini/Pro/Max)の審査が通らない場合の対処方法を紹介します。具体的には以下の通りです。

iPhone13審査の対処方法

  • iPhone 13を一括払いで購入する
  • 税込10万円以下のiPhone 13を購入する
  • 分割払いの審査ができる状況を整える

それぞれの対処法について詳しく紹介します。

iPhone 13を一括払いで購入する

iPhone 13を一括払いで購入すれば、審査は行われません。iPhone 13の審査で落とされることもないでしょう。

iPhone 13の一括払いはキャリアによってはかなりお得になります。

例えばドコモオンラインショップの場合は、dカード及びdカードGOLDで一括払いすることによって、dポイントが2倍貯まる仕組みがあります。

一括払いは審査も伴いませんし、場合によってはポイントがお得に貯まるので、もし一括払いができる予算があるならiPhone 13は一括払いで買った方がお得かつ確実に手に入ります。

税込10万円以下のiPhone 13を購入する

10万円以上になるとiPhone 13の審査が厳しくなるので、税込10万円以下のiPhone 13を購入するのも1つの手です。

10万円以下であれば、信用情報を照合されないかもしれないため、10万円以上のiPhone 13を買うよりも審査を通る確率はぐっと高くなります。

実際、10万円以上の端末を購入しようとして審査に落ちたら、ショップ店員は「10万円以下の端末にしてみてはどうか?」とオススメしてきます。それくらい10万円以上かそれ以下なのかは、天と地の差があります。

なお、税込み10万円以下で買えると思われるiPhone 13は以下の通りです。

10万以下のiPhone13

  • iPhone 13 mini(64GB/128GB)
  • iPhone 13(64GB)

まだ発売していないのであくまでも予想ですが、例年の傾向を見る限り、上記のiPhone 13は10万円以下で購入できるでしょう。

どれも魅力的であり最新のスペックを誇っているので、充分期待に応えることができるはずです。

「一括払いができないのでどうしても分割払いでiPhone 13が欲しい」という方は、上記のモデルを選ぶようにしてみて下さい。

分割払いの審査が通る状況を整える

iPhone13分割払いの審査が通る状況を整えるのも、対処方法の1つです。

10万円以上のiPhone 13を選んだ場合、信用情報を照合されるので、以下の原因によってiPhone 13の審査が落ちる可能性があります。

審査に落ちる原因

  • 携帯料金の滞納
  • 各種ローンの未払い
  • 金融事故(債務整理・自己破産)の経歴
  • 多重ローンを組んでいる
  • 30代なのにクレジットヒストリーがない

「分割払いの審査が通る状況整える」とは、上記の落ちる原因を出来る限りなくすのです。

しかし残念ながら、以下の要素に関してはすぐに解決はできません。

解決しにくい問題

  • 携帯料金の滞納
  • 各種ローンの未払い
  • 金融事故(債務整理・自己破産)の経歴

これらの情報が消えるまでに7年から10年かかるので、iPhone 13が現役で発売されている間に解消することは難しいです。これは潔く諦めましょう。一括払いを使うしかありません。

一方、以下の要素に関しては、iPhone 13が現役で発売されている間に解消できる可能性が高いです。

ポイント

  • 多重ローンを組んでいる
  • 30代なのにクレジットヒストリーがない

まずは多重ローンについてですが、ローンを組んでいる数が多すぎるので落とされています。数を減らせばiPhone 13の審査に通るかもしれないので、おまとめローンを使って多重ローンを1つにしましょう。

おまとめローンを使うことによって絶対に審査に通るわけではありませんが、多重ローンのままでいるよりも通る確率が高まります。

30代なのにクレジットヒストリーがないことに対する対処法は簡単です。クレジットヒストリーを作ればいいのです。

10万円以下の低価格のスマホを分割払いで購入しましょう。その後に一括払いして、分割支払いを終えればクレジットヒストリーができます。

もちろん10万円以下のiPhone 13を購入した時もクレジットヒストリーはできます。来たるiPhone 14に向けてiPhone 13は10万円以下のモデルにするという判断も良いのではないでしょうか。

 

iPhone 13(mini/Pro/Max)審査落ち不安がある人はオンラインショップで購入

iPhone 13(mini/Pro/Max)審査落ち オンラインショップ 購入

iPhone 13(mini/Pro/Max)の審査が落ちるか不安な人は、各キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の自宅から注文できるオンラインショップで購入をおすすめします。

自宅からiPhone 13(mini/Pro/Max)を注文できるので、ショップに来店せず、店頭審査結果を待つ時間が不要です。また、上記の対策をしても落ちてしまった場合ショップで場合落ちたことが店員さんにわかってしまいます。

反対にオンラインショップでの購入は、24時間いつでも好きな時間に外にでなく注文ができ、落ちてしまった場合メールが届くのみのため誰にもわかりません。

なので、落ちてしまってもオンラインショップなら、時間の無駄無し・落ちても誰にもわからないのでオンラインショップで購入が良いですよ。

 

iPhone 13(mini/Pro/Max)の審査まとめ

iPhone 13(mini/Pro/Max)の審査は、分割払いを選択したときに行われます。一括払いを選択したときはiPhone 13の審査は行われません(各キャリアの回線審査は行われます)。

そのため、iPhone 13の審査に落ちたくない・落ちる理由に心当たりがある人は、一括払いを選択すると間違いないです。

もし一括払いをする予算がないなら、ひとまず10万円以下のiPhone 13を選ぶと良いのではないでしょうか。絶対に審査に通るというわけではありませんが、iPhone 13の審査に通過する確率がぐっと高まります。

なお、iPhone 13の審査はショップ店頭・オンラインショップともに行われます。どちらかが審査が通りやすい、なんてこともないので、利便性の高いオンラインショップを使うのをオススメします。

店頭で待つ時間もありませんし、頭金もかかりません。

iPhone 13のような人気商品の在庫も潤沢にあるので、、iPhone 13をお得に購入したいと思うのであればぜひオンラインショップを使ってみてください

ドコモオンラインショップ

auオンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップはこちら

楽天モバイルはこちら

iPhone 13(mini/Pro/Max)審査関係

ドコモオンラインショップの審査にかかる日数は?確認する方法はある?
ドコモ 分割払い 審査!落ちても復活 購入できる対処方法
auの分割審査厳しい確認できる方法はある?落ちる原因と対処方法
ソフトバンクオンラインショップで審査落ちメール届いた!落ちる原因と対策方法

iPhone 13(mini/Pro/Max)関係

ソフトバンクのiPhone13/mini/Pro/Pro Max在庫・入荷確認|予約・購入方法を解説
auのiPhone13/mini/Pro/Pro Max在庫・入荷・予約状況|ショップ(店舗)・オンライン在庫確認方法も
ドコモのiPhone13/mini/Pro/Pro Max在庫・入荷・予約状況|ショップ(店舗)・オンライン在庫確認方法も

-iPhone(アイフォン)
-, , ,

Copyright© Happy iPhone , 2021 All Rights Reserved.