2022年新型iPad Air 5(第5世代) 5G 待つべき?発売日・予約開始日・スペック・価格・リーク情報まとめ

2022年新型iPad Air 5(第5世代) 5G 待つべき?発売日・予約開始日・スペック・価格・リーク情報まとめ

在宅ワークやオンライン授業による需要増でiPadの人気が高まる中、Appleは2022年新型のiPad Air 5(第5世代) を発売すると噂されています。

iPad Airといえば、2020年に発売された第4世代が豊富なカラーバリエーションと高いコストパフォーマンスで、いまだに大人気。

そこで、この記事ではiPad Air次期モデルの2022年新型iPad Air 5(第5世代)5Gを待つべきか?発売日・予約開始日・スペック・価格・リーク情報まとめをお送りします。

iPadを各キャリアで確認する方はこちら。

ドコモ公式サイトで確認はこちら

au公式サイトで確認はこちら

ソフトバンク公式サイトで確認はこちら

iPad Air 5(第5世代)の発売日・予約開始日

iPad Air 5(第5世代)の発売日ですが、韓国メディアTHE ELEC「2022年に発売」とだけ報じています。では、具体的な発売日がいつになるのか、過去モデルの発売時期から予想してみましょう。

直近のiPad Air 3から4をみると、モデルチェンジまでの期間は1年半です。また、2021年秋にはiPad mini 6と無印iPad (第9世代)が発売と噂されており、3モデルが同時に発売される可能性はほぼありません。

このため、iPad Air 5(第5世代)の発売日は2022年3月になる可能性が高いでしょう。

発売日
iPad Air 22014年10月24日
iPad Air 32019年3月18日
iPad Air 42020年10月28日
iPad Air 52022年3月?

iPad Air 5(第5世代)は有機ELディスプレイ・5G・2レンズカメラが特長?

記事執筆段階(2021年8月)で得られている噂・リーク情報によるとiPad Air 5(第5世代)の特長は次の通りです。

【iPad Air 5(第5世代)の特長】

  • 有機ELディスプレイ搭載の可能性が高い
  • 2レンズカメラ搭載
  • 5G化

これらの内容を中心に、iPad Air 5(第5世代)がどんなモデルになるのか、一緒にみていきましょう。

有機ELディスプレイ搭載はビッグニュースですね!

iPad Air 5(第5世代)のデザイン・カラー

iPadデザイン

(画像出典 : Apple )

Macお宝鑑定団Blogは、中国サプライヤーからの情報として「 iPad Air 5(第5世代)は11インチiPad Pro(第3世代)の筐体ベースとなるようだ」と報じています。

つまり、iPad Air 5(第5世代)は、2021年春に発売された11インチiPad Pro(第3世代)と同じデザインということ。これは、カメラが広角/超広角の2レンズカメラに変更されるためと思われます。

また、iPad Airといえば気になるのがカラー展開です。参考までに前モデルiPad Air 4(第4世代)のカラーバリエーションをみてみましょう。

Airカラー

(画像出典 : Apple )

iPad Air 4(第4世代)のカラーは、スペースグレイ・シルバー・ローズゴールド・グリーン・スカイブルーの5色展開。

iPad Air 4(第4世代)では、スカイブルーやグリーンをはじめ明るいカラーに人気が集まりました。このため、iPad Air 5(第5世代)では明るい新色が追加される可能性があります。

新型iMacのカラバリを参考にすると、イエロー・オレンジ・パープルあたりが追加されるかもしれませんね。

【参考】iMacのカラーバリエーション

iMacカラーバリエーション

(画像出典 : Apple )

iPadシリーズの人気カラー・色選びはこちらをご覧ください。

iPadシリーズ人気カラー・色選び

iPad Air 5(第5世代)のディスプレイ

Airディスプレイ

(画像出典: Apple )

iPad Air 5(第5世代)で最も注目されるのがディスプレイです。記事を執筆している2021年8月現在では次の2つの予想があります。

  • 有機ELディスプレイを採用する
  • 液晶のLiquid Retinaディスプレイを継続

これらの予想を詳しくみていきましょう。

【有機ELディスプレイ採用の予想】

韓国のTHE ELECは、「2022年に10.86インチ有機ELディスプレイを搭載したiPadが発売される」と報じています。

では、この有機EL ディスプレイを搭載するiPadとはどのモデルなのでしょうか?

iPadシリーズでは、最新の12.9インチiPad Pro(第5世代)がミニLEDのLiquid Retina XDRディスプレイを採用しており、次期モデルでは11インチiPad Proも同ディスプレイに移行するものと思われます。

したがって、2022年に有機ELディスプレイを採用するモデルはiPad Air 5(第5世代)の可能性が高いと思われます。

また、Apple製品のリーク情報に詳しいMing-Chi Kuo氏も同様にiPad Air 5(第5世代)が有機ELディスプレイを採用すると予想。Kuo氏はまた、「iPad Air 5(第5世代)が搭載する有機ELパネルは画素密度が低いため、従来のLCD(液晶)パネルと製造コストが同等」と語っています。

【液晶ディスプレイ継続の予想】

ディスプレイのサプライチェーン調査会社であるDSCCは、最新のレポートで「AppleがiPadシリーズに有機ELディスプレイを導入するのは2023年になる」と報じています。

また、Macお宝鑑定団Blogも中国サプライヤーからの情報として「iPad Air 5(第5世代)はLiquid Retina(液晶)ディスプレイと側面Touch IDが継続される」と報じています。

果たしてiPad Air 5(第5世代)のディスプレイはどちらを採用するのか、続報に期待しましょう。

一方、ディスプレイ関連でいえば気になるのがリフレッシュレートです。svetapple.skによると、iPad Air 5(第5世代)はPro Motionディスプレイ(120Hz)ではなく、引き続き60Hzのリフレッシュレートになる模様。理由として、「Pro Motionディスプレイを搭載するiPad Proと差別化するため」としています。

iPad Air 5(第5世代)のプロセッサ・RAM・ストレージ容量

Macお宝鑑定団Blogによると、iPad Air 5(第5世代)はiPhone13と同じA15 Bionicプロセッサを搭載する可能性が高そうです。前モデルiPad Air (第4世代)がiPhone12と同じA14 Bionicを搭載していることから、これはほぼ確実と思われます。

iPad Pro(2020)はMacと同じM1プロセッサを採用しましたが、iPad Air 5(第5世代)は引き続きiPhoneと同じAプロセッサを継続するようです。

RAMについてはiPad Air 4(第4世代)が4GBと、やや少なめな容量でした。今年発売されたiPad Pro(2021)は、ストレージ512GBモデルまでが8GB、1TB以上のモデルは16GBと大容量のRAMを搭載しています。(前世代は6GB RAM)

このため、iPad Air 5(第5世代)のRAMも6GB程度のRAMを搭載してくる可能性が高いのではないでしょうか?

【参考】iPadシリーズ現行モデルのRAM容量

プロセッサRAM
iPad Pro(2021)512GBモデルまでM18GB
iPad Pro(2021)1TBモデル以上M116GB
iPad Air 4(第4世代)A14 Bionic4GB
無印iPad(第8世代)A12 Bionic3GB
iPad mini(第5世代)A12 Bionic3GB

ストレージ容量については、iPad Air 4(第4世代)が64GBおよび256GBというラインナップでした。iPad Pro(2021)が最大2TBとなっていることから、iPad Air 5(第5世代)のストレージも大容量化が図られるかもしれません。

iPad Air 5(第5世代)のカメラ

iPad Proカメラ

(画像出典: Apple )

Macお宝鑑定団Blogによると、iPad Air 5(第5世代)はシリーズ初のデュアルカメラを搭載する見込みです。レンズ構成は広角および超広角で、LiDARスキャナの搭載は不明ということです。ただし、iPad Pro(2021)との差別化、コスト面を考慮すると、LiDARスキャナ搭載の可能性は低いでしょう。

カメラユニットについては、iPad Pro(2021)と共通になる可能性が高そうです。この場合、広角カメラが12MP、超広角カメラが10MPという仕様になりそうです。

一方、フロントカメラについては情報が得られていません。最新のiPad Pro(2021)は12MPフロントカメラに超広角レンズを搭載。Face Time利用時に自動で被写体の動きを追いかけるセンターフレーム機能に対応しました。

iPad Air 5(第5世代)のフロントカメラも画素数の向上など、スペックアップが図られるかもしれません。

【iPad Air5(第5世代)のカメラ予想】

iPad Air5(第5世代)
リアカメラ広角 12MP

超広角 10MP

フロントカメラ不明

 

iPad Air 5(第5世代)の通信方式

5Gロゴ

(画像出典: Apple )

最新のiPad Pro(2021)やiPhone12シリーズが5Gに対応しているため、iPad Air 5(第5世代)が5Gに対応するのは確実と思われます。

この点に対し、Macお宝鑑定団Blog「5G NR(5G通信方式) mmWAVE(ミリ波)対応になるようです」と予想。

参考までに、iPad Pro(2021)やiPhone12シリーズはSub-6帯のみ対応で、ミリ波対応はiPhone13からとされています。

果たしてiPad Air 5(第5世代)はSub-6帯、ミリ波の両対応となるのでしょうか?

iPad Air 5(第5世代)はApple Pencil(第2世代)/Magic Key Board対応

iPad Air 4(第4世代)がApple Pencin(第2世代)、Magic Keyboardに対応していることから、iPad Air 5(第5世代)も両方のアイテムに対応してくるものと思われます。

iPad Air 5(第5世代)のスペック予想・評価レビュー

これらの情報をもとに、iPad Air 5(第5世代)のスペックを予想。iPad Air 4(第4世代)と比較してみました。

iPad Air 4(第4世代)iPad Air 5(第5世代)
ディスプレイLiquid Retina(液晶ディスプレイ)Liquid Retina(液晶ディスプレイ)

または有機ELディスプレイ

プロセッサA14 BionicA15 Bionic
RAM容量4GB6GB
ストレージ64GB/256GB64GB/256GB/512GB
リアカメラ広角 12MP広角 12MP

超広角 10MP

フロントカメラ7MP不明
通信方式4G5G(Sub-6およびミリ波)
認証方式電源ボタン内蔵Touch ID電源ボタン内蔵Touch ID
対応アクセサリApple Pencil(第2世代)

Magic Keyboard

Smart Keyboard Folio

Apple Pencil(第2世代)

Magic Keyboard

Smart Keyboard Folio

iPad Air 5(第5世代)は完全なフルモデルチェンジ版といった印象です。

iPad Air 5(第5世代)の価格・値段予想

iPad Air 5(第5世代)は、5G化やデュアルカメラ搭載する見込みです。また、有機ELディスプレイ採用の可能性があるなど、iPad Air 4(第4世代)から若干の価格アップがあるかもしれません。(価格はWi-Fiモデル)

iPad Air 4(第4世代)iPad Air 5(第5世代)
価格69,080円〜75,000円程度〜

iPad Air 5(第5世代)を待つべきか?

考える女性

ここまで紹介したように、iPad Air 5(第5世代)は大幅にスペックアップした完全な新モデルになりそうです。

iPad Air 4(第4世代)の購入を検討している方が、果たしてiPad Air 5(第5世代)まで待つべきなのでしょうか?

ずばり、iPad Air 5(第5世代)まで待つべきだと思います!理由は次の通りです。

【iPad Air 5を待つべき理由】

  • 有機EL ディスプレイ搭載の可能性が高い
  • 初のデュアルカメラ搭載
  • 5G化
  • iPad Air 5の登場まであと半年(予想)

ただし、次のような方はiPad Air 4(第4世代)の購入も良いのではないでしょうか?

  • ディスプレイ、カメラともに現行モデルで十分
  • Wi-Fiでの利用が中心、または4G接続で十分
  • iPad Air 4でお気に入りのカラーがある
  • iPad Air 5の登場まで待てない

以上、iPad Airの購入を検討している方は参考にしてください。

iPadを各キャリアで確認する方はこちら。

ドコモ公式サイトで確認はこちら

au公式サイトで確認はこちら

ソフトバンク公式サイトで確認はこちら

iPad関連記事

iPad/iPad pro(2021年)入荷待ちいつ届く?

新型iPad mini 6(第6世代)/無印iPad(第9世代)噂まとめ|デザイン・サイズ・発売日はいつ?予約開始日・価格・スペック最新情報

新型 iPad Pro 11/12.9インチ サイズ・重さを比較

-iPhone(アイフォン)
-, , , , , ,

Copyright© Happy iPhone , 2021 All Rights Reserved.