iPhone14はフルモデルチェンジ?マイナーチェンジになるのか最新情報

iPhone14はフルモデルチェンジ?マイナーチェンジになるのか最新情報
iPhone14(2022年新型)はフルモデルチェンジ・マイナーチェンジどちらになるのか最新情報をまとめました。

iPhone14はデザインが大幅に変更され、フルモデルチェンジになるという噂・リーク情報が報じられていましたが、2022年9月8日の発表にてデザイン面で大きな変更がなく、スペック進化だけのマイナーチェンジになることが正式発表されました。

本記事では、デザイン・スペック・フルモデルチェンジの周期などから、いつフルモデルチェンジするのかもまとめていきます。

iPhoneシリーズが
auオンラインショップで購入できる!/

au店舗・量販店で待たずに買えるやり方はこちら
auオンラインショップで自分で機種変更やり方解説

以下の内容は2022年9月8日のiPhone14正式発表前の情報が含まれていますが、最新情報に順次更新していきます。

iPhone14はフルモデルチェンジではない

iPhone14はフルモデルチェンジではないことが2022年9月8日(日本時間)のApple新商品発表会で明らかになりました。

結論としてiPhone14はフルモデルチェンジではなく、マイナーチェンジモデルといえる構成でした。

iPhone14がフルモデルチェンジではない理由

  • デザインに大きな変更なし
  • スペック面も大幅な変更なし
  • モデル構成も大きな変更なし(ただし、miniモデルは廃止)
  • フルモデルチェンジの周期として早すぎる

この中でもっとも大きなポイントは「デザインに大きな変更がないこと」です。また、iPhoneのフルモデルチェンジの周期として早すぎるのも大きなポイントといえるでしょう。

iPhone14はフルモデルチェンジせずデザインは流用か

iPhone14がフルモデルチェンジではない理由で、もっとも大きなポイントはデザインに変更がないことです。

次の画像は著名リーカーJon Prosser氏が2021年9月に公開したiPhone14 Proのレンダリング画像です。

iPhone14レンダリング画像
(画像出典 : Rendersbyian.com )

リアカメラ 部分がフラットになっているほか、パンチホール式フロントカメラを採用するなど、iPhone14はデザインで大きな変更があるといわれていました。

このため、「iPhone14がフルモデルチェンジになる」ということで大きな話題となりました。

ところが、Jon Prosser氏が2022年5月に公開した最新のiPhone14 Proレンダリング画像をみると、大型化されたリアカメラユニット、デュアルパンチホール式フロントカメラを除き、iPhone13からデザインに変更がありません。

この画像はiPhone14のCADデータから作成されており、ほぼ正確と考えて間違いないでしょう。先に公開されたレンダリング画像はプロトタイプのひとつか、フェイクだった可能性が高いと思われます。

iPhone14レンダリング画像

(画像出典 : Rendersbyian.com )

一方、過去のiPhoneのフルモデルチェンジをさかのぼると、デザインで大きな変更が加えられてきました。

このためデザイン面で考えると、iPhone14はフルモデルチェンジではなく、マイナーチェンジと考えてよいでしょう。

確かにデザイン面をみるとiPhone14はフルモデルチェンジではなさそうですね。

iPhone14はモデル構成も大きな変更なしの見込み

iPhone14では5.4インチのminiモデルが廃止され、新たに6.7インチのiPhone14 Maxが追加される見込みとなっています。

ただし、ディスプレイサイズはiPhone13シリーズ同様の6.1インチ/6.7インチの2種類となるため、実質的なモデル構成の変更ではないと考えて良いでしょう。

例えば、前回のフルモデルチェンジであるiPhone11とiPhone12を比較すると、モデル構成とディスプレイサイズに大きな違いがあることが分かります。

iPhone11iPhone12
iPhone11 : 6.1インチ

iPhone11 Pro : 5.8インチ

iPhone11 Pro Max : 6.5インチ

iPhone12 mini : 5.4インチ

iPhone12 : 6.1インチ

iPhone12 Pro : 6.1インチ

iPhone12 Pro Max : 6.7インチ

同様に、過去のフルモデルチェンジでは必ずディスプレイサイズとモデル構成の変更が行われてきました。

このように考えると、iPhone14はモデル構成からみてもiPhone14はフルモデルチェンジではない可能性が高いです。

iPhone14はマイナーチェンジなのでスペックだけが進化する見込み

iPhone14はマイナーチェンジなのでスペックだけが進化する見込みです。あくまでも予想ではありますが、iPhone13とiPhone14のスペックを比較していますのでご覧ください。

【iPhone13とiPhone14のスペック比較】

iPhone13/13 miniiPhone14/14 MaxiPhone13 Pro/Pro MaxiPhone14 Pro/Pro Max
ディスプレイ5.4/6.1インチSuper Retina XDRディスプレイ

60Hz

6.1/6.7インチSuper Retina XDRディスプレイ

60Hz

6.1/6.7インチSuper Retina XDRディスプレイ

120Hz

6.1/6.7インチSuper Retina XDRディスプレイ

120Hz

プロセッサA15 BionicA15 BionicA16 BionicA16 Bionic
RAM容量4GB6GB6GB8GB
ストレージ128GB/256GB/512GB128GB/256GB/512GB128GB/256GB/512GB/1TB128GB/256GB/512GB/1TB
リアカメラ広角 : 12MP

超広角 : 12MP

広角 : 48MP

超広角 : 12MP

広角 : 12MP

超広角 : 12MP

望遠 : 12MP

LiDAR

広角 : 48MP

超広角 : 12MP

望遠 : 12MP

LiDAR

フロントカメラ12MP F/2.212MP F/1.9 AF対応12MP F/2.212MP F/1.9 AF対応

デュアルパンチホール

生体認証顔認証(Face ID)顔認証(Face ID)顔認証(Face ID)顔認証(Face ID)
外部端子LightningLightningLightningLightning
5G通信方式Sub-6Sub-6(ミリ波?)Sub-6Sub-6(ミリ波?)

これらをまとめると、iPhone14のスペックはおもに次の面で進化するといわれています。

iPhone14スペックの進化

  • 最新A16 Bionicプロセッサ搭載(Pro/Pro Maxのみという噂あり)
  • デュアルパンチホール式フロントカメラ搭載(Pro/Pro Maxのみ)
  • 4,800万画素の広角カメラ搭載
  • フロントカメラが明るくオートフォーカス対応になる

このように、iPhone14のスペックアップはカメラ性能が中心となり、通常のアップデートと呼べる内容です。一方、期待された指紋認証の搭載USB-Cの搭載は見送られる見込みとなっています。

これに対して過去のフルモデルチェンジでは何かしらの「目玉」となるスペックアップが盛り込まれてきました。

例えばiPhone12へのフルモデルチェンジでは次のような面でスペックアップしています。

iPhone12のスペックアップ

  • 5G対応
  • カメラのナイトモード対応
  • Ceramic Shield導入
  • MagSafe導入

このようにスペック面で考えてもiPhone14はフルモデルチェンジとは考えにくく、マイナーチェンジといえるのではないでしょうか?

2022年はiPhoneフルモデルチェンジの周期ではない

2022年はiPhoneフルモデルチェンジの周期ではない、というのもiPhone14がフルモデルチェンジしないと予想されるおおきな理由です。

iPhoneに限らず、Apple製品には一定のフルモデルチェンジの周期が存在します。これは買い替え需要や開発期間など、さまざまな要因によって決められているといわれています。

iPhone14は、この周期から考えても、フルモデルチェンジではなく、マイナーチェンジと考えるべきでしょう。

参考までに、2014年に発売されたiPhone6以降のフルモデルチェンジの周期をまとめると3年〜4年となっています。(※iPhone SE 第3世代はフルモデルチェンジではないため記載していません)

モデルチェンジまでのサイクル

  • iPhone6(2014年)→iPhone X(2017年) : 3年
  • iPhone SE(2016年)→iPhone SE 第2世代(2020年) : 4年
  • iPhone X(2017年)→iPhone 12(2020年) : 3年

前回のフルモデルチェンジがiPhone12の2020年ですから、iPhone14は2年後の発売となります。

このためフルモデルチェンジの周期としてはまだ早いといえるでしょう。

では、iPhoneの次のフルモデルチェンジはいつになるのでしょうか?

iPhoneの次のフルモデルチェンジはいつ?

それでは、iPhoneの次のモデルチェンジはいつになるのでしょうか?

最も可能性が高いのは、2023年に発売されるiPhone15だと思われます。

主な理由は次の通りです。

2023年にフルモデルチェンジと考える理由

  • 2020年のフルモデルチェンジ(iPhone12)から3年が経過
  • 2023年のiPhone15はUSB-C搭載の可能性が高く、大幅に設計が変更される見込み
  • 2023年のiPhone15はペリスコープレンズを採用するなどカメラが大きく進化する

すで触れた通り、iPhoneは3年〜4年でフルモデルチェンジという周期を繰り返しています。

このため、2020年のiPhone12から3年経過の2023年にフルモデルチェンジとなる可能性は高いといえるでしょう。

また、Apple関連の情報に詳しいMing-Chi Kuo氏によると、2023年モデルiPhone15はUSB-Cへ移行する見込みで、設計が大幅に変更される可能性が高いようです。

また、AppleはiPhone15でカメラ機能を刷新するため、ペリスコープレンズの採用を進めているといわれています。

このため、大幅な設計変更やカメラ機能の刷新と同時にフルモデルチェンジとなる可能性が高いのではないでしょうか?

iPhoneのUSB-C移行について詳しくは次の記事をお読みください。

iPhone14にUSB-C搭載される?Lightningを継続?2023年以降のiPhoneに搭載との噂

iPhone14がフルモデルチェンジかわかる時期は?

iPhone14がフルモデルチェンジかわかる時期は、おそらく2022年の7月以降に確度の高い情報が出るはずです。

毎年7月頃は、その年の新型iPhoneは既に完成し、量産されている時期と言われており、7月以降のリーク情報は信頼性が高いです。毎年、夏ごろの有名なアナリストやリーカーが発表する情報は、正解がアナウンスされています。

なお、現時点iPhone14はフルモデルチェンジではない可能性が高い、という情報が有力です。

まとめ

  • iPhone14はフルモデルチェンジではない可能性が高い
  • フルモデルチェンジでない大きな理由はデザインに変更がないこと
  • iPhoneは3〜4年の周期でフルモデルチェンジを繰り返している
  • 次回フルモデルチェンジはUSB-C移行に合わせて2023年になる可能性が高い
以上、iPhone購入の参考にしてください。

iPhone14関連情報

iPhone14発売日・スペック・価格・最新情報まとめ
iPhone14待つべきか・iPhone13かうべきか
iPhone14指紋認証つく・つかないまとめ
iPhone14カラー・新色・人気カラーまとめ
iPhone14 USB-Cつく・つかないまとめ
iPhone14サイズ・重さ・画面サイズまとめ
iPhone14 色の変更方法!本体のカラーを変える方法を解説
iPhone14(Pro/Max)ストレージ容量は4種類?おすすめの容量も解説
iPhone14機種変更キャンペーン最新情報!お得に機種変するには?

iPhone最新情報

iPhone 15(mini/Pro/ProMax)発売日いつ?予約開始日・値段・スペック・最新情報まとめ
iPhone14(Plus/Pro/Max)値下げ時期いつ?安くなる時期も解説
iPhone14シリーズは4種類!価格・スペックを解説
iPhone15はフルモデルチェンジ確定?マイナーチェンジになるか最新情報
iPhone15はUSB-C(タイプC)になる?充電ケーブルからライトニングが廃止か

iPhone 15はフルスクリーンになる?ノッチ継続か最新情報まとめ
iPhone15のデザインは大幅変更で確定?デザイン刷新のリーク・噂の最新情報

-iPhone/iPad
-,

Copyright© Happy iPhone , 2022 All Rights Reserved.