※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

【2024年5月】小さいiPhoneが欲しいなら持ちやすい機種はどれ?サイズ・重さをモデル別に比較

iPhoneを選ぶ際に、小さくて持ちやすいモデルを探している方はたくさんいます。

特に大画面モデルは動画視聴やゲームには最適ですが、片手操作や通話時には少し扱いづらいと感じることがありますね。

実は、iPhone 12 mini・iPhone 13 miniのような小さめのモデルが以前はありましたが、最も新しいiPhone 15シリーズではminiモデルは発表されていません。

これらの小型モデルは、段々と市場からなくなる可能性があります。

それでも、比較的小さくて持ちやすいiPhoneをお探しの方には、現行モデルでもいくつかの選択肢があります。

たとえば、iPhone 14シリーズの中でも、基本的なiPhone 14は他のプロモデルに比べてやや小さく、持ちやすいサイズです。

具体的なサイズと重さを見ると、iPhone 14は約146.7 x 71.5 x 7.8 mmの寸法で、重さは約172グラムとなっています。

これに比べると、iPhone 14 Pro Maxなどの大型モデルは一回りも二回りも大きく重たいです。

ですので、もし手の小さい方やコンパクトなスマートフォンをお探しの場合は、iPhone 14やこれより前の世代であるiPhone 13やiPhone 12の標準モデルを検討してみると良いでしょう。

これらは今でも優れた性能を持ちながら、比較的小さめのサイズ感で持ちやすいです。

【2024年5月】小さいiPhoneのランキング

2024年現在、いろいろなサイズのiPhoneが販売されています。まずは、iPhone15の本体・画面サイズや重さを紹介します。

iPhone15は高さ146.7mm、幅71.6mm、厚さ7.8mmで、画面は6.1インチ、重さは171グラムです。

iPhone15 Plusは高さ160.9mm、幅77.8mm、厚さ7.8mmで、画面は6.7インチ、重さは201グラムです。

iPhone15 Proは高さ146.6mm、幅70.6mm、厚さ8.25mmで、画面は6.1インチ、重さは187グラムです。

iPhone15 Pro MAXは高さ159.9mm、幅76.7mm、厚さ8.25mmで、画面は6.7インチ、重さは221グラムです。

過去のモデルもいくつかありますが、小さくて持ちやすいiPhoneをお探しの方には、特に以下のモデルがおすすめです。

先述のとおり、iPhone15は比較的新しく、手で持ちやすいです。

iPhone 13 miniはとても小さくて、高さ131.5mm、幅64.2mm、厚さ7.65mmで、画面は5.4インチ、重さは140グラムです。

iPhone SE (第3世代)は高さ138.4mm、幅67.3mm、厚さ7.3mmで、画面は4.7インチ、重さは148グラムです。

iPhone8も同じく高さ138.4mm、幅67.3mm、厚さ7.3mmで、画面は4.7インチ、重さは148グラムです。

iPhone XSとiPhone11 Proも小さめで、持ちやすいです。

これらの中から、サイズや重さを参考にして、あなたにぴったりのデバイスを見つけましょう。

次項からの説明では、それぞれのシリーズについてもっと詳しくお話しします。

【iPhone 15】画面6.1インチ・重さ172g

2023年9月22日に発売された「iPhone15」は、画面は6.1インチ、重さは172グラムです。

これは、以前のモデル「iPhone XS」の177グラムよりも5グラム軽くなっています。

2023年に発売されたiPhoneの中で、iPhone15は最も小さくて軽いモデルですが、以前あったminiシリーズの新しいモデルは発売されませんでした。

iPhone15には、充電やデータ転送に便利なUSBタイプCが採用されています。

また、色が鮮やかでとても鮮明に表示されるSuper Retina XDRを採用しているので、ウェブや写真を見たり、映像コンテンツもさらに楽しくなります。

衝突事故に対する検出という便利な機能が追加され、何かアクシデントがあった時に役立ちます。

さらに、MAX20時間のムービー再生が可能な電池持ちも相まって、コンテンツをたくさん見る人にとってはとても嬉しい機能です。

このように、最新でコンパクトなiPhoneをお探しの方には、iPhone15が特にぴったりです。

【iPhone 13 mini】画面5.4インチ・重さ140g

2021年9月24日に発売されたiPhone 13 miniは、iPhone 13シリーズの中でも特に小さなモデルです。

この端末は、iPhone SE(第二世代)よりもさらに小さく、コンパクトに設計されています。

それにもかかわらず、5.4インチの大きな液晶を維持しており、見た目より大画面で内容を楽しむことができます。

処理効率についても、高性能なA15Bionicが使われているため、小さいながらもパワフルな性能を発揮します。

さらに、5G通信にも対応しており、iPhone 12と比較しても電池持ちが向上しています。また、鮮明で美しい表示が特徴の有機ELも採用されています。

このように、小型でありながら高いスペックを持つiPhone 13 miniは、コンパクトなサイズを求めつつも性能を重視する方にとって非常に魅力的な選択肢です。

本体価格は92,800円からとなっており、小さいデバイスをお探しの方にとっては、優れた性能と価格のバランスを考えると、現実的な選択となるはずです。

【iPhone SE 第3世代】画面4.7インチ・重さ148g

2022年3月18日に発売された「iPhone SE (第3世代)」は、多くの人に支持されている小型のiPhone SEシリーズの最新モデルです。

この新しいiPhone SEは、小さなサイズで持ちやすいことに加え、A15Bionicを採用しています。

このため、非常に高い処理効率を持ち、素晴らしいパフォーマンスが期待できます。

このモデルは高スペックでありながら、価格は62,800円からと手頃です。

iPhone 13 miniより総合的には劣るかもしれませんが、同等の処理性能を持っているので、パフォーマンスを重視する方にもぴったりです。

また、コストパフォーマンスに優れたこのモデルは、ホームボタンを好む方や、より低価格で小型のiPhoneを求める方に特に便利です。

手軽に持てて高性能なスマートフォンを探している方にとって、iPhone SE (第3世代)は非常に魅力的な選択肢となるでしょう。

【iPhone 8】画面4.7インチ・重さ148g

iPhone8は2017年に発売されたモデルですが、今でも多くの人に人気があります。

この人気の理由の一つは、新しいモデルの登場に伴い、iPhone8の価格が下がって手に入れやすくなったからかもしれませんね。

iPhone8の特徴を見てみると、画面は4.7インチで、とてもコンパクトです。

カメラは1200万画素のシングルカメラが採用されています。

処理効率も高く、CPUにはA11 Bionicが使われています。

これは5年前のモデルですが、その性能はとても高く、スペックに不満を抱く人はほとんどいません。

特に、スマートフォンを主に連絡手段やたまにSNSやウェブを見るくらいのライトユーザーには、日常使用に十分な性能を備えています。

さらに、IP67等級の防水防塵機能もあるので、その機能性は価格以上のものがあるはずです。

ただ、現在では携帯電話会社(キャリア)での取り扱いが少なくなっているため、新しいiPhone8を手に入れるには中古スマートフォン販売店などで探すのが良いでしょう。

そうすることで、お手頃な価格で高性能なデバイスを使うことができるでしょう。

【iPhone XS】画面5.8インチ・重さ177g

2018年に発売されたiPhone XSは177gと軽量で、手に馴染む小さめの設計となっています。

そのため、手首に負担を感じにくく、長時間片手で使っても快適です。iPhone 8よりも一回り大きいですが、より高いスペックを持っています。

iPhone XSの主な特徴は、2メートルの水深で30分耐えられる防水機能があります。

光学10倍のデジタルズームが可能で、遠くの対象もクリアに捉えることができます。

ポートレートモードを搭載しており、背景をぼかして被写体を際立たせるプロ並みの写真が撮影できます。

さらに、iPhone XSはA12Bionicを採用しており、処理効率が大幅に向上しています。

このモデルはホームボタンをなくし、FaceIDによる顔認証機能を備えているため、画面がフル液晶でより見やすくなっています。

現在新品での購入が難しいため、性能を求める方には、中古スマートフォン販売店での購入をおすすめします。

そうすることで、高性能なiPhoneをお手頃な価格で手に入れることができるでしょう。

【iPhone 11 Pro】画面5.8インチ・重さ188g

iPhone 11 Proは、上位モデルでありながらコンパクトさを保ちつつ、軽いステンレススチールのボディを採用しているため、とても軽量です。

このiPhoneは、5.8インチのボディに高性能な機能を詰め込んでおり、小さいながらもパワフルな性能を持っています。

iPhone 11 Proの特徴は、トリプルカメラシステムを搭載しており、超広角カメラも含まれています。これにより、様々なシーンで幅広い撮影が可能です。

4メートルの水深で30分間耐えられる防水機能があります。

iPhone XSと比較して、電池持ちがMAX4時間も長くなっています。

さらに、このモデルは有機ELを採用しているため、太陽の下など明るい場所でも画面がはっきりと見えます。

これは屋外で頻繁にデバイスを使う人にとって大きな利点です。

処理効率も非常に高く、インターネットの閲覧やアプリゲームを快適に楽しむことができます。

そのため、小さくてもハイスペックなデバイスを求めている方には、iPhone 11 Proが非常に合っています。

ただし、現在は新品の購入が難しいため、中古スマートフォン販売店での購入をお勧めします。

そうすることで、高性能な機種をお手頃な価格で手に入れることができるでしょう。

iPhone13 mini・12 mini・SE第3世代でどれがおすすめか比較

iPhone 13 mini・iPhone 12 mini・iPhone SE(第3世代)の3つの中で、どれを選ぶか迷っている方もいるかもしれませんね。

これらのモデルを価格やスペックで比較してみると、あなたにぴったりのモデルを見つけやすくなるでしょう。

まず、iPhone 13 mini・iPhone 12 miniは液晶が5.4インチで、iPhone SE(第3世代)は少し小さめの4.7インチです。

サイズ・重さは、iPhone 13 miniは高さ131.5mm、幅64.2mm、厚さ7.65mmで140gです。

iPhone 12 miniは同じ高さと幅で厚さが7.4mm、重さ133gとだいたい同じですが、iPhone SEは高さ138.4mm、幅67.3mm、厚さ7.3mmで144gとやや大きく重いです。

価格とストレージ容量を見ると、iPhone 13 miniは128GBで92,800円から、256GBで107,800円、512GBで137,800円となっており、写真やムービーをたくさん保存する方や映画をよくダウンロードする方に適しています。

一方、iPhone 12 miniは64GBで発売価格が74,800円、128GBで79,800円、256GBで90,800円です。

iPhone SEは64GBで62,800円、128GBで69,800円、256GBで84,800円と最も手頃な価格設定になっています。

カメラ機能については、iPhone 13 mini・iPhone 12 miniはデュアルカメラ(12メガピクセルメインと超広角)を搭載しているのに対し、iPhone SEはシングルの12メガピクセルメインカメラです。

CPUはiPhone 13 mini・iPhone SEがA15 Bionicでやや新しいプロセッサを使用しているのに対して、iPhone 12 miniがA14 Bionicです。

認証方式では、iPhone 13 mini・iPhone 12 miniはFace IDを採用しているのに対し、iPhone SEはTouch IDを採用しています。

電池持ちに関しては、iPhone 13 miniがMAX17時間、iPhone 12 mini・iPhone SEがMAX15時間の映像再生が可能です。

ワイヤレス充電はiPhone SEのみ対応していません。

これらの情報をもとに、どのデバイスがあなたに最適か考えてみると良いでしょう。

特に、価格と機能のバランスを重視するなら、iPhone SEが適切かもしれません。

ディスプレイの大きさ・解像度の違いは?

iPhone13 mini・iPhone12 miniは、画面全体を用いた5.4インチで、顔を認識する機能「FaceID」がついています。

一方、iPhone SEは指紋で認証する「TouchID」が付いていて、液晶は4.7インチですが、本体の大きさはだいたい同じです。

液晶の鮮明さ、つまりどれだけクリアに見えるかを示す「解像度」にも違いがあります。

iPhone13 mini・iPhone12 miniは2,340ピクセル×1,080ピクセルの解像度を持っていて、写真やムービーがくっきりときれいに見えます。

一方で、iPhone SEは1,334ピクセル×750ピクセルの解像度ですので、少し粗く見えるかもしれません。

簡単に言えば、解像度が高いほど液晶が鮮明で美しく見えるんです。

ですから、iPhone13 mini・iPhone12 miniは画面がきれいなので、映画を見たり、写真を楽しむのにぴったりですね。

ストレージ容量も違う

iPhone12 mini・iPhone SEでは、ストレージ(保存できるデータの量)の選択肢が64GB、128GB、256GBとあります。

iPhone13 miniはさらに大きな容量を選べて、128GB、256GB、512GBのオプションがあります。

もし、たくさんの写真やムービーを保存したいなら、iPhone13 miniが便利です。

あまり多くのデータを保存する必要がなければ、iPhone12 miniやiPhone SEの64GBでも十分かもしれません。

今のデバイスで、どれくらいの容量を占めているかを確認したい場合は「設定」メニューから「一般」、「情報」と進むと見ることができます。

自分の使用量をチェックして、足りないかどうかを確認してみましょう。

もし、現在ストレージがいっぱいで、写真やムービーをよく撮影する方は、現在よりも容量の大きいモデルを選ぶと安心です。

しかし、こまめにバックアップを取る習慣がある人は、同じ容量、あるいは小さめの容量のモデルにしても大丈夫かもしれません。

データの管理が得意なら、新しい挑戦をしてみるのも良いでしょう。

昔の機種と比べたときサイズ感はどう違う?

近年、スマートフォンの画面はどんどん大きくなっていますが、小さめの画面を好む方も多いのではないでしょうか。

iPhone6やiPhone7、iPhone8をずっと利用しているユーザーもいるかもしれませんね。

そんな方々に、新しいiPhone13 miniやiPhone SEのサイズ感を比べてみましょう。

iPhone6、iPhone7、iPhone8はサイズがあまり変わらないので、ここではiPhone7と比べてみます。

iPhone7 の液晶は4.7インチで、高さは138.3mm、幅67.1mm、厚さ7.1mm、重さは138gです。

iPhone13 mini の液晶は5.4インチですが、全画面のデザインのため、高さ131.5mm、幅64.2mm、厚さ7.65mm、重さ140gとコンパクトです。

iPhone SE の液晶は4.7インチで、高さ138.4mm、幅67.3mm、厚さ7.3mm、重さは144gです。

iPhone7と比べると、iPhone SEはほとんど似た大きさで、TouchIDがついていますが、少し重いです。

一方、iPhone13 miniはおおよそ似たイメージで、画面は大きくなっています。

iPhone6、iPhone7、iPhone8のユーザーがiPhone13 miniやiPhone SEに機種変更しても、サイズ感はほとんど変わらずに済みます。

新しい機種に変わると、性能が向上し、使い勝手も良くなるでしょう。

もし機種変更を考えているなら、これらの情報が参考になるはずです。

【サイズ優先】小さいiPhoneが欲しい人はiPhone13 miniがぴったり!今後miniはリリースされないかも

現在販売されているiPhoneの中で最も小さなモデルは、iPhone13 miniです。

このモデルは、高性能なA15 Bionicを搭載しており、操作性が良く、5.4インチの液晶です。

また、カメラの性能も非常に高く、特に動画撮影では「シネマティックモード」を使って背景をぼかし、プロのような映像を作ることができます。

写真撮影においても、「フォトグラフスタイル」機能があり、写真の色の温度や鮮やかさを自分好みに調整して、理想の写真を撮ることが可能です。

そのため、小型で高性能なiPhoneをお探しの方には、iPhone13 miniが良いでしょう。

さらに、2023年にリリースされたiPhone15はminiモデルが含まれていないため、コンパクトな高性能モデルがこれ以上出ない可能性もあります。

価格が下がっている今が購入する絶好のチャンスかもしれませんから、在庫がなくなる前に、ぜひ検討してみてくださいね。

【コスパ優先】値段と大きさのバランスが良い「iPhone SE3」って?

iPhone SEは、見た目やカメラは少し古いモデルに見えますが、中身は新しいものを採用しているため、コストを抑えつつ作られたお手頃価格のデバイスと言えます。

このスマートフォンは、新しいプロセッサのおかげで動作が速く、コスパ(コストパフォーマンス)がとても良いです。

64GBのストレージがあるiPhone SEは、62,800円で新品を購入することができます。

一方で、15シリーズは価格が124,800円からとなっており、より高価です。

ただし、iPhone SEも最新のiPhone14と同じA15 Bionicを採用しており、日常の使用においては十分な性能を持っています。

ただし、カメラの機能や防水耐性など、一部のスペックはiPhone15シリーズの方が上です。

また、今のマスクをする生活においては、顔認証システムのFace IDよりも、指紋認証システムのTouch IDの方が使いやすいと感じる人もいます。

価格が半額近くと非常にお求めやすいiPhone SEは、コストパフォーマンスが非常に高いと言えるでしょう。

日常的な電話の使用、SNS、ウェブ閲覧、動画視聴、ゲーム、カメラ機能などには十分対応しているので、実用性も高いですね。

iPhone SE3ではiPhone SE2より大きさ・重さが変化した?

2022年3月18日に発売されたiPhone SE3は、前モデルであるiPhone SE2と比べていくつかの点でアップデートされていますが、外観やサイズに関してはほとんど変化がありません。

具体的には、液晶はどちらのモデルも4.7インチで、サイズも高さ138.4mm、幅67.3mm、厚さ7.3mmと全く同じです。

重さに関してはiPhone SE3が144gと、iPhone SE2の148gよりもわずかに軽量化しています。

中のスペックを見てみると、iPhone SE3にはA15 Bionicが採用されており、iPhone SE2よりも速度と効率が向上しています。

これにより、アプリの動きがよりスムーズで、ゲームや動画の視聴も快適に楽しむことができます。

バッテリー性能も向上しており、iPhone SE3は最大15時間のビデオ再生が可能で、iPhone SE2の最大13時間を超えています。

さらに大きな変更点として、iPhone SE3は5G通信に対応しています。

これにより、以前のモデルであるiPhone SE2の4G LTEと比較して、インターネットの速度が大幅に向上しています。

このように、iPhone SE3は多くの最新技術が採用されており、日常使用においても長期間にわたって快適に使えるモデルです。

iPhone SE3はさすがに小さすぎるのか?

iPhone SEが「小さすぎる」という意見があるのは事実ですが、これはユーザーの慣れや好みに大きく依存します。

特に、現在6インチ以上のスマートフォンを持つ人にとっては、iPhone SEを使うと、確かに画面が小さく感じられるかもしれません。

この液晶では、ウェブを見たり動画を視聴する際に物足りなさを感じる人もいるでしょう。

一方で、iPhone6、7、8や初代iPhone SEなど、同じ4.7インチを使い続けている人たちには、iPhone SEは「小さすぎる」とは感じられないはずです。

手にフィットし、使い勝手が良いと多くの人が感じています。

また、4.7インチのスマートフォンの魅力として、胸ポケットにすっぽり収まることや、特に女性が片手で操作しやすい点が挙げられます。

したがって、片手での操作を重視したり、ポケットに収まるコンパクトさを求めるユーザーにとっては、iPhone SEは決して「小さすぎる」とは言えません。

むしろ、そのコンパクトさがちょうど良いと感じるでしょう。

このため、「小さすぎる」という声は、主に大きな液晶に慣れたユーザーからのものと考えられます。

大きさへのこだわりが強ければAndroidの検討もアリ

スマートフォンを選ぶ際に、その大きさを最も重視している場合、Android端末も検討する価値があります。

Androidにはさまざまなサイズと性能のモデルがあり、価格の面でもあなたにぴったりのスマートフォンが発見できるかもしれません。

特にコンパクトさを求めている方には、いくつかのAndroidスマートフォンが便利です。

Xperia Ace III SO-53C は5.5インチの液晶で、サイズは高さ140mm、幅69mm、厚さ8.9mmで、重さは162gです。価格は約42,328円となっています。

AQUOS R2 compact SH-M09 は5.2インチの液晶で、高さ141mm、幅64mm、厚さ9.3mmで、重さは135gです。このモデルは約69,102円で販売されています。

Jelly 2 は特に小さく、液晶は3インチ、高さ95mm、幅49.4mm、厚さ16.5mm、重さは110gです。価格は$219.99 USDとなっています。

これらのAndroid端末は、iPhone13 miniと遜色ないサイズで、価格面でも異なる選択肢を提供しています。

もし「iPhoneでなくても良いから、可能な限り小さなスマートフォンを持ちたい」と考えているなら、これらのAndroidスマートフォンも候補に加えてみてはいかがでしょうか。

これにより、より多くの選択肢からベストなスマートフォンを選ぶことができます。

【Xperia Ace III】画面5.5インチ・重さ162g

Xperia Ace III SO-53Cは、Xperiaシリーズの中で特にコンパクトなモデルですが、最新の5G通信に対応しており、SONYのハイレゾ音源も楽しむことができます。

このスマートフォンの特徴はたくさんありますよ。

まず、バッテリーの容量が4500mAhと大きいため、外出中でも充電の心配が少なく、長時間安心して使うことができます。

このバッテリーは、3年間劣化しにくい設計になっているので、長く使っても性能が落ちにくいんです。

さらに、このスマートフォンは割れやキズに強い高耐久ガラスを使っているため、ちょっとした事故からも大切なスマホを守ってくれます。

防水・防塵機能がついているので、水周りでの使用やほこりが多い場所でも安心して使えますよ。

また、おサイフケータイにも対応しており、お買い物や電車の乗車券としても使うことができるので、とても便利です。

音楽を聴くことが好きな方には、SONY独自のハイレゾ音源再生機能がついているので、クリアで豊かな音質でお気に入りの曲を楽しむことができます。

このように、Xperia Ace III SO-53Cは小さな体にたくさんの便利な機能が詰まったスマートフォンで、毎日の生活をもっと楽しく、もっと快適にしてくれるでしょう。

【AQUOS R2 compact】画面5.2インチ・重さ135g

AQUOS R2 compact SH-M09は、手のひらサイズでありながら、最新のCPUを搭載していて、とてもスムーズに操作できるスマートフォンです。

この機種は、カメラ機能にも特に力を入れています。

このスマートフォンには最新のCPUが搭載されており、アプリの動作やデータの保存がとても早く行えます。

また、顔認証と指紋認証の両方が使えるので、とても便利です。たとえば、外でマスクをしているときは指紋認証を使い、家の中では顔認証を使うことができます。

カメラには広角レンズがついていて、手振れ補正機能もあるので、きれいな写真が簡単に撮れます。

さらに、AQUOS beauty機能が美肌効果や目の大きさを自動で調整してくれるため、写真を撮った後の修正や加工がほとんど不要です。

これは、きれいな自撮りがすぐにできるので、写真をたくさん撮るのが好きな人には特におすすめの機能ですね。

【Jelly 2】画面3インチ・重さ110g

Jelly2は、液晶がたった3インチという、非常にコンパクトなAndroidスマートフォンです。

このサイズはクレジットカードとほぼ同じで、ポケットに入れても全く気にならないほど小さいです。

Jelly2の魅力はその小ささだけではありません。日本で販売されているモデルには、Felica機能が搭載されています。

これはおサイフケータイとしても使えるので、お財布を持たずにショッピングができるのでとても便利です。

大きなスマートフォンとは一線を画すこの小ささは、小型を重視する方には特におすすめです。

さらに、Jelly2は日常使いはもちろん、近所への散歩やコンビニでの買い物、旅行時のサブ機としても最適です。

メインのスマートフォンが大きすぎると感じる時や、軽くて簡単に持ち運べるスマートフォンをお探しの方に、Jelly2はぴったりの選択肢と言えるでしょう。

iPhone14が持つスペックやサイズ感

2022年9月16日に新しく発売されたiPhone14シリーズでは、小さいサイズが好きな人向けのminiモデルはありませんでした。

でも、もっと高性能なiPhoneが欲しいと思っている人にはいいニュースがありますよ。

iPhone14シリーズには、いくつかのモデルがあり、無印は6.1インチの液晶を持っていて、重さは172グラムです。

次に大きいiPhone14 Plusは6.7インチで、重さは203グラムです。

もっと高性能なモデルとしては、iPhone14 ProとiPhone14 Pro MAXがあり、これらはそれぞれ6.1インチと6.7インチの液晶を持ち、より重いですが、その分、性能も上がっています。

iPhone14シリーズの全モデルは、128GB、256GB、512GBのストレージオプションがあり、Proモデルにはさらに1TBの選択肢もあります。

バッテリー持続時間も、モデルによって異なりますが、最大で20時間から29時間のビデオ再生が可能です。

特に注目すべきはiPhone14 Proです。サイズはiPhone14とほぼ同じですが、重さが34グラム重くなり、A16 Bionicを搭載しています。

このチップのおかげで、アプリの処理速度が速くなり、ゲームや動画のダウンロードもさらにスムーズに楽しめます。

さらに、新しいiPhone14 Proでは、フロントカメラの周りの黒い部分(ノッチ)が「パンチホール」と呼ばれる小さなデザインに変更され、この部分を使って音楽を再生するなどの操作が可能になりました。

この新しいデザインと機能は、iPhoneを使うのがさらに便利で楽しくなるでしょう。

だから、もし最新技術を備えた高機能なiPhoneを探しているなら、iPhone14 Proはとてもいい選択肢になるかもしれませんね。

【最新モデル】iPhone15には小さいサイズがあるのか

2023年9月に新しいiPhone15シリーズが登場しました。

多くの人が新しいminiモデルの発売を期待していましたが、残念ながらiPhone15シリーズにはminiは含まれていませんでした。

それでも、小さめのiPhoneを探している方にはiPhone15がぴったりです。

iPhone15のサイズは画面が6.1インチで、高さが147.6mm、幅が71.6mm、厚さが7.80mm、重さが171gです。

この数字を見ると、前モデルのiPhone14とほぼ同様ですね。ですから、iPhone15に変えても違和感なく使えると思います。

この新しいiPhone15は、最新の機能を求める方や、少し小さいけれど高性能なスマートフォンをお探しの方にぴったりです。

そして、iPhone15シリーズの中でもiPhone15は在庫が多く、比較的手に入れやすい状態にあります。

ただし、価格に関しては、iPhone14と比べて5,000円から10,000円ほど高くなっています。

もしiPhone15シリーズを少しでもお得に手に入れたいと考えているなら、この価格差も考慮すると良いかもしれませんね。

お求めやすいタイミングを見計らって、購入を検討してみてください。

小さいサイズのiPhoneは携帯性に優れていて便利

もし小さなiPhoneをお探しなら、iPhone 13 mini・iPhone SE(第3世代)のどちらかを選ぶのが良いです。

どちらもコンパクトで持ちやすいサイズだからです。

iPhone 13 miniは、最も小さなボディに高いスペックが詰まっていますが、それだけに価格も高めです。

もし価格も気になる場合は、少し大きくなりますが、iPhone SE(第3世代)がおすすめです。

このモデルは価格が比較的安く設定されており、日常の使用には十分な性能を持っています。

選ぶときの基準としては、どれだけのスペックが必要か、または予算はどれくらいか、という点を考えると良いでしょう。

価格と性能、サイズをバランス良く考えて、自分にとって最適なiPhoneを見つけてくださいね。

関連情報

iPhone何がいいのかわからない・Android派は後悔するって本当?

iPhoneの長く使える機種5選!買い替えの目安と寿命を伸ばす方法

iPhoneコスパ最強の機種はどれ?予算別に解説【2024年5月】

【2024年5月】iPhone買うならどれ?おすすめ機種・おすすめしない機種を紹介

-iPhone/iPad

Copyright© Happy iPhone , 2024 All Rights Reserved.