ソフトバンク iPad Pro安く買う方法!どれくらい安くお得になるか解説

ソフトバンク iPad Pro安く買う方法!どれくらい安くお得になるか解説
ソフトバンク iPad Pro安く買う方法をまとめました。

ソフトバンク iPad Proは高額のため、ソフトバンクオンラインショップで買う・下取りを使う・端末購入プログラムを使う等の安く買う方法を使ったほうがお得です。

本記事ではソフトバンクiPadProを安く買うためのキャンペーンなど、ソフトバンク iPad Pro安く買う方法を全て紹介するので、是非参考にしてみてください。

新型iPadも頭金・事務手数料無料

ソフトバンクオンラインショップはこちら

※自宅にお届け待ち時間なしで購入

ソフトバンク関連情報
ソフトバンクのiPhone SE3(第3世代)在庫・入荷・予約状況!在庫確認方法
iPhoneおすすめしない機種・おすすめ機種iphone 今買うならどれを買うべき2022
iPhone14待つべきか、iPhone13買うべきか 買わない方がいいか
ソフトバンク機種変更クーポンまとめ!使い方・配布先・入手方法も解説

ソフトバンク iPad Pro 安く買う方法は6つ

ソフトバンクでiPad Proを安く買う方法は6つあります。

安く買う方法

安く買う方法1.ソフトバンク iPad Proをオンラインショップで買う
安く買う方法2.お得な料金プランでソフトバンクiPad Proをつかう
安く買う方法3.新トクするサポートでiPad Proを買う
安く買う方法4.下取り後にソフトバンクiPad Pro買う
安く買う方法5.ソフトバンクのおうち割 光セットを適用させる
安く買う方法6.ソフトバンクの新みんな家族割を適用させる

それぞれ詳しくみていきましょう。

安く買う方法1.ソフトバンク iPad Proをオンラインショップで買う

ソフトバンクでiPad Proを安く買うのであれば、オンラインショップで買うのがおすすめです。

オンラインショップには次のようなメリットがあります。

オンラインショップのメリット

  1. 事務手数料なし
  2. 頭金なし
  3. 交通費も送料もかからない

ソフトバンクショップ(店舗)の場合、手続きによって2,200円〜3,300円の事務手数料がかかります。これに対してソフトバンクオンラインショップではすべての事務手数料が無料です。

少しでもiPad Proを安く買いたいなら、やはり事務手数料がかからないオンラインショップを選ぶとお得です。ソフトバンクショップ(店舗)では、スマホやiPadを購入する際に3,000円〜10,000円程度の頭金がかかるケースがあります。

しかも、この頭金は機種代金の一部ではなく、ソフトバンクショップ(店舗)側の販売手数料のようなもの。つまり、機種代金に上乗せされているわけです。

また、中には「機種変更で頭金が11,000円かかる」というお店もあるようです。

これに対してオンラインショップでは頭金は一切かからないのでiPad Proをお得に購入可能です。

ソフトバンクオンラインショップでiPad Proやスマホを購入した場合、全国どこでも送料は無料です。これに対してソフトバンクショップや家電量販店に来店すれば、たいていの場合交通費がかかります。

やはり、iPad Proを安く買うことを考えるとソフトバンクオンラインショップにメリットがありそうです。

ちなみにソフトバンクショップ(店舗)の店頭でオプションを勧められ、つい加入してしまった方も多いのではないでしょうか?また、購入の際に「オプションをつければ頭金がかからない」というケース多いようです。

このため、少しでも安くソフトバンクでiPad Proを購入し、安く使いたいならばオプションをつけず、不要なオプションがあれば解約するのがおすすめです。

安く買う方法2.お得な料金プランでソフトバンクiPad Proをつかう

料金プランを見直してお得な料金プランに変更するのもiPad Proを安く買う一つの手です。

例えば現在、メリハリ無制限を契約していてデータ3GB以下の場合、割引を受けても月額料金は5,588円です。

もし、毎月のデータ量が3GB以下で安定しているならば、ミニフィットプラン+へ変更すれば月額料金は3,278円〜5,478円で済みます。(データ量で異なる)

また、次のコーナーで紹介する「おうち割光セット」や「新みんな家族割」を利用すると、月額料金を大幅に下げることが可能です。

安く買う方法3.新トクするサポートでiPad Proを買う

新トクするサポートとは48回払いで機種を購入し、25ヶ月目以降に機種を返却することで最大24回の支払いが不要となる購入方法です。

【新トクするサポート】

新トクするサポート

つまり、実質的にiPad Proを半額で購入できるプランです。

これに対してドコモやauではiPad Proが各種端末購入プログラムの適用対象外となっています。

ソフトバンクは全キャリアで唯一、iPad Proをお得に購入できるキャリアといえます。価格下段は「新トクするサポート」適用時の実質負担額です。

ソフトバンクiPad Proは「新トクするサポート」の適用があるため、実質負担額は最大で半額というのが大きなポイントです。

11インチiPad Pro(第3世代)12.9インチiPad Pro(第5世代)
128GB120,240円(2,505円×48回)157,680円(3,285円×48回)
60,120円78,840円
256GB133,200円(2,775円×48回)170,640円(3,555円×48回)
66,600円85,320円
512GB159,120円(3,315円×48回)196,560円(4,095円×48回)
79,660円98,280円
1TB210,240円(4,380円×48回)247,680円(5,160円×48回)
105,120円123,840円
2TB262,080円(5,460円×48回)299,520円(6,240円×48回)
131,040円149,760円

安く買う方法4.下取り後にソフトバンクiPad Pro買う

現在利用している機種を下取りに出すことで「機種代金の値引き」「Pay Payポイントの付与」のいずれかの特典が受けられるキャンペーンです。

機種変更・新規・MNPのいずれの場合でも利用できるほか、他社購入のスマホやタブレットも下取り対象となります。

参考までに「機種代金値引き」を選んだ場合のiPad Pro特典(下取り)価格は次の通りです。(2022年7月7日現在)

特典価格(機種代金値引き)
12.9インチiPad Pro(第4世代)56,160円
11インチiPad Pro(第2世代)48,960円
12.9インチiPad Pro(第3世代)28,800円
11インチiPad Pro(第1世代)23,040円

下取りキャンペーンの場合、ストレージ容量による特典価格の差はありませんが、かなり高額で下取りされていることが分かります。ただし、「ディスプレイが割れている」「ボディが変形している」といった場合は特典価格が大きく減額されます。

また、新トクするサポートとは併用できないため、どちらが得かを考えて選択適用する必要があります。

安く買う方法5.おうち割 光セットを適用させる

ネット回線とセットで利用することで、スマホやタブレットの月額料金が家族全員永年で1,100円割引となるキャンペーンです。

対象となるネット回線は次の通り豊富。光回線だけでなく工事不要なSoftBank Airも対象なので、気軽に申し込めるのも特徴です。

おうち割光セット対象サービス

  • SoftBank 光
  • Softbank Air
  • Yahoo! BB ADSL
  • SoftBank ブロードバンド ADSL(エンジョイBB)
  • ケーブルライン
  • ひかりdeトークS(ケーブルライン)
  • NURO 光 でんわ(ケーブルライン)
  • Yahoo!BB 光シティ

仮に、4人家族がおうち割光セットを利用した場合、1,100円×4人×12ヶ月なので、1年で52,800円も月額料金がお得になります。

安く買う方法6.新みんな家族割を適用させる

利用人数(回線数)と加入している料金プランによって、月額料金が一人あたり550円〜最大2,200円割引になるサービスです。

「新みんな家族割」という名称ですが、「同居していない家族」「遠くの親戚」「シェアハウスの仲間」など家族の範囲が広いという特徴があります。

また、割引対象となるのは「データプランメリハリ」など大容量プランのみですが、「ミニフィットプラン+」なども回線数のカウント対象となるのも特徴です。

例えば、次のような家族で割引額を見てみましょう。

新みんな家族割

「ミニフィットプラン+」の母は割引対象外ですが、割引額を決める「カウント対象」となっています。

これにより、大容量プランを利用している父と娘はそれぞれ割引額がアップしています。

安く買う方法7.クーポンを使ってソフトバンクiPadを買う

ソフトバンクでは端末価格を割引にしてくれるクーポンが発行されていますSoftBankのiPadも対象になっていることもあるため、そちらのクーポンを使うとソフトバンクの iPad を安く手に入れることができるでしょう。

また、ソフトバンクではクーポンは発行されているのですがクーポンコードを入力するタイプではなく、iPad を購入すると自動的にクーポンぶんの金額が引かれるというシステムを採用しています。

他のキャリアとはクーポンの使い方が多少違うので注意してください。なお、店舗が独自に発行しているクーポンの場合は、そのクーポンを店舗に持っていかないと割引してもらえないのに注意しましょう。

ソフトバンククーポンについては「ソフトバンク機種変更クーポンまとめ!使い方・配布先・入手方法も解説」の記事で詳しく解説してるので気になる方はチェックしてみてください

続いて「新トクするサポート」と「下取りキャンペーン」のどっちがお得か検証してみましょう。

ソフトバンク iPad Pro 安く買う方法を適用するとどれだけお得?

すでに紹介した通り、ソフトバンクの「新トクするサポート」と「下取りキャンペーン」は併用できません。

では、どちらを適用するとどれだけお得なのか、次の例をもとに検証してみましょう。

検証する条件と内容

  • 11インチiPad Pro(第3世代)128GBを購入
  • 下取りキャンペーンで下取りに出す機種は11インチiPad Pro(第2世代)128GB
  • 「新トクするサポート」を利用した場合の実質負担額と比較
新トクするサポートを利用した場合下取りキャンペーンを利用した場合
11インチiPad Pro(第3世代)128GBの本体価格120,240円(2,505円×48回)120,240円(2,505円×48回)
新トクするサポート適用時の実質負担額60,120円-
下取りキャンペーン利用時の実質負担額-120,240円-48,960円(下取り額)=71,280円

検証の結果、新トクするサポートを利用した方が11,160円もお得という結果になりました。

今回、下取りで料金を検証したのは、一世代前の新しい11インチiPad Pro(第2世代)です。

より古い機種であれば下取り額は低くなり、ますます「新トクするサポート」が有利となるでしょう。

結果として「下取りキャンペーン」を利用するより「新トクするサポート」を利用した方がお得ということになります。

ソフトバンク iPad Proは他キャリアよりも安い?

続いてソフトバンクiPad Proは他キャリアより安いのかどうか、価格を比較してみましょう。

ここでは11インチiPad Pro(第3世代) 128GBで価格を比較してみます。

ソフトバンクドコモau
11インチiPad Pro(第3世代) 128GB120,240円(2,505円×48回)112,464円(3,124円×36回)113,040円(3,140円×36回)
端末購入サポート利用時の負担額60,120円適用なし適用なし

このようにソフトバンクのiPad Proはドコモやauに比べて数千円程度高めの価格設定となっています。

しかし、ソフトバンクのiPad Proは「新トクするサポート」の適用があるため、実質的にドコモやauの半額程度の価格で購入可能です。

このため、ソフトバンクのiPad Proは「新トクするサポート」を利用するのであれば「お得」「(実質的に)安い」ということになります。

「新トクするサポート」は48回払いのため、毎月の支払額を抑えられるのもポイントです。

家電量販店のソフトバンク iPad Pro 安く買う方法は?

家電量販店でソフトバンクiPad Proを安く買う方法を見てみましょう。家電量販店では不定期にiPad ProなどApple製品の値下げを行うことがあります。

こちらは、ヨドバシカメラでiPad Air 4が値下げされたという情報。

一方、こちらはヤマダ電機でソフトバンクのiPhone SE(第3世代)が条件付きで一括9,800円に値下げという情報です。

家電量販店でソフトバンクのiPad Proを安く買うのであれば、このように不定期で行われる値下げを狙うのが良いでしょう。

値下げ情報を探す上でもっとも簡単なのは、Twitterで「iPad Pro 値下げ」などで検索すること。

頻繁に検索していると、思わぬお得な情報を見つけられるかもしれません。

また、家電量販店でiPad Proを安く、お得に買うのであればポイントカードを併用するのも良いでしょう。

例えば、ヨドバシカメラのゴールドポイントカードでApple製品を購入すると、通常購入で5%、クレジットカード購入で3%の還元が受けられます。(ただし、Apple製品は通常の家電に比べて還元率が低く設定されています)

ソフトバンク iPad Proはいくら?

ここでソフトバンクiPad Proがいくらなのか価格をまとめてみましょう。2022年10月発売のiPadPro(2022モデル)の価格を紹介します。

ソフトバンク版iPad Pro(2022)価格・値段は、12.9インチiPad Pro(第6世代)が172800円~、11インチiPad Pro(第4世代)が124800円~です。

モデル128GB256GB512GB1TB2TB
12.9インチiPad Pro(第6世代)Wi-Fi+Cellularモデル22万1760円23万9760円27万5760円34万7760円42万480円
12.9インチiPad Pro(第6世代)Wi-Fiモデル17万2800円18万8800円22万800円28万4800円34万8800円
11インチiPad Pro(第4世代)Wi-Fi+Cellularモデル16万7760円18万5760円22万1760円29万3760円36万5760円
11インチiPad Pro(第4世代)Wi-Fiモデル12万4800円14万800円17万2800円23万6800円30万800円

ソフトバンク版iPad Pro(2022)の中で最安値は、11インチiPad Pro(第4世代)Wi-Fiモデルの12万4800円、一番高いモデルは12.9インチiPad Pro(第6世代)Wi-Fi+Cellularモデルの42万480円です。

頭金・事務手数料無料

ソフトバンクオンラインショップはこちら

※自宅にお届け待ち時間なしで購入

ソフトバンクiPadProを安く買うためのキャンペーン

ソフトバンクiPadProを安く買うためのキャンペーンをまとめておきます。上記で紹介したものと重複するものもありますが、復習としてチェックしてみてください。

ソフトバンクiPadProを安く買うためのキャンペーン1.  下取りプログラム

ソフトバンクiPadProを安く買うためのキャンペーン1つめは、下取りプログラムです。

下取りプログラムとは、タブレット端末やスマホ端末を下取りに出すことで割引を受けられるサービスです。機種によってはかなりの割引を受けることができます。

下取りプログラムの対象機種や下取り額ソフトバンク公式サイトから確認できるため、現在使用していないタブレット端末・スマホ端末が手元にある場合はぜひチェックしてみてください。

ソフトバンクiPadProを安く買うためのキャンペーン2.端末購入プログラム

ソフトバンクiPadProを安く買うためのキャンペーン2つめは、端末購入プログラムです。

端末購入プログラムとは一定時間が経った後、端末の返却することによって販売価格の1/3程度を免除できます。

ソフトバンクで取り扱いされている一部のタブレットにはこの端末購入プログラムの対象となっているためプログラムを適用すればかなりお得に購入することができます。

ソフトバンク iPad Proは安く買う方法でお得に

ソフトバンク iPad Pro安く買う方法についてまとめてきました。

本文中でも触れましたが、やはりソフトバンクで安くiPad Proを買うならオンラインショップがおすすめです。

また、ソフトバンクの場合、ドコモ・auとは異なりiPad Proでも「新トクするサポート」の適用が受けられるため、最大実質半額で購入可能です。

これからiPad Proを購入する方は、お得で便利なソフトバンクオンラインショップを利用されてはいかがでしょうか?

新型iPadも頭金・事務手数料無料

ソフトバンクオンラインショップはこちら

※自宅にお届け待ち時間なしで購入

iPad 関連情報

iPad Pro(2022年・新型)11インチ・12.9インチ発売日・予約開始日・スペック・価格 リーク最新情報まとめ
iPad Pro(2022)11インチ・12.9インチ在庫・入荷状況まとめ!予約状況・在庫確認
新型iPad(第10世代・無印)発売日・予約開始日・価格・スペック・まとめ

iPad無印(第10世代) 在庫・入荷状況!予約状況・在庫確認・売り切れ最新情報【ドコモ・au・ソフトバンク・Apple】
au iPad無印(第10世代) 予約方法・発売日・予約確認方法
ソフトバンク iPad無印(第10世代) 予約方法?発売日いつ・予約確認方法も解説
ドコモiPad無印(第10世代)予約方法・発売日は?予約確認方法も解説

ソフトバンクにタブレット無料キャンペーンはある?iPadも対象?
ソフトバンクiPad向けの料金プランは?維持費も解説

iPad(第9世代)値下げの最新情報!キャンペーンで割引する方法も解説
iPadはどこで買うとお得で安い?最安値どこで買うべきか・購入方法も解説
iPad Proどこで買うと安い?最安値で安く買う方法・購入方法も解説
iPhone 15はどこで買うと安い?最安値で買える安く買う購入方法も解説

-iPhone/iPad
-, ,

Copyright© Happy iPhone , 2022 All Rights Reserved.