iPhone 14とiPhone 14 Plusを比較!スペックの違いは?どっちを買うべきか解説

iPhone 14とiPhone 14 Plusを比較・スペックの違いをまとめました。

iPhone 14とiPhone 14 Plusの違いは、本体サイズ、バッテリー駆動時間、価格の3点です。それ以外は同じ仕様となっています。

本記事ではどっちを買うべきかも解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

iPhone 14とiPhone 14 Plusの比較:技術仕様(スペック)

iPhone 14とiPhone 14 Plusは同じスタンダードモデルなので、スペックに大きな差はありません。どちらも同じように使うことができます。iPhone 14、iPhone 14 Plusの基本仕様について説明します。

iPhone 14とiPhone 14 PlusのCPU比較

iPhone 14とiPhone 14 PlusのCPUは、2021年に発売されたiPhone 13シリーズと同じA15 Bionicチップを搭載しています。

非常に高い処理能力を持ち、大量のデータを高速に処理することも可能です。ゲームや写真データの編集もサクサクと快適に行うことができます。

また、GPUコアの数もiPhone 13の4個から5個に増えています。一度に処理できるデータ量が増えたため、3Dグラフィックスなどの画像処理も高速に行えるようになりました。

また、内部設計を改善し、熱効率を高めています。CPUの性能に影響を与えることなく、従来機種に比べてGPUを長く使用することができます。

iPhone 14とiPhone 14 Plusのストレージ比較

ストレージとは、アプリや写真、動画などのデータを保存できる領域を指します。容量が大きければ大きいほど、より多くのデータを保存することができます。

iPhone 14、iPhone 14 Plusともに、ストレージは128GB、256GB、512GBから選択可能です。写真や動画をたくさん撮ったり、アプリをたくさんダウンロードする人は、できるだけ大きな容量のものを選ぶとよいでしょう。

iPhone 14とiPhone 14 Plusの生体認証を比較

どちらの生体認証もFace IDを使用します。ディスプレイを見るだけで、スマートフォンのロック解除やアプリへのログインが可能です。

以前はマスクをしたままでは認証できないというデメリットがありましたが、iOS15.4以降に対応したiPhoneでは、マスクをしたままでも認証が可能になりました。

最新のiPhone 14シリーズももちろん最新のOSに対応しているので、マスクでの認証も可能です。

iPhone 14とiPhone 14 Plusの防水性を比較

iPhone 14、iPhone 14 Plusともに、IP68に準拠した防水性能を備えています。最大水深6m、最大30分の防水性能を備えています。

雨や濡れた手で触れても誤作動する心配がなく、屋外や水辺でも安心して使えます。

iPhone 14とiPhone 14 Plusの5G互換性を比較

iPhone 14、iPhone 14 Plusともに5Gに対応しています。しかし、より高速な伝送が可能なミリ波には対応しておらず、日本で普及が進んでいるSub6の周波数帯でしか利用できません。

また、Sub6では4Gよりも大容量で高速な通信が可能なため、アプリや動画のダウンロードも高速に行えます。

iPhone 14とiPhone 14 Plusの対応SIMカードを比較

iPhone 14、iPhone 14 PlusともにデュアルSIMに対応し、nano-SIMとeSIMの両方の接続が可能です。1台の電話機で2つの回線を使用することができます。主接続と副接続で線を使い分けると便利です。

また、通信障害で1つの回線が使えなくなった場合、別の回線に切り替えることができるため、緊急時に役立ちます。

ちなみに、iPhone 14、iPhone 14 Plusともに、Dual eSIMに対応しています。両回線ともeSIMでの運用が可能なため、端末の切り替えなどの操作をオンラインで行うことができます。

iPhone 14とiPhone 14 Plusの比較:バッテリー駆動時間

iPhone 14 Plusは、バッテリーがより長持ちします。

バッテリーの容量は公式には発表されていませんが、iPhone 14 Plusは筐体サイズが大きいため、より大容量のバッテリーを搭載していることが推測されます。

iPhone 14 Plusは、iPhone史上最長のバッテリー駆動時間を実現しています。動画再生は最大26時間、音声再生は最大100時間で、丸一日使用することができます。

バッテリーの持ちが気になる方は、iPhone 14 Plusがおすすめです。

iPhone 14/14 Plusともにワイヤレス急速充電とMagSafe充電に対応

iPhone 14、iPhone 14 Plusともに、急速充電とMagSafeによるワイヤレス充電に対応しています。

別売の20W以上のアダプターを使用すれば、約30分で50%まで充電することができます。MagSafeによるワイヤレス充電は、最大15Wの急速充電が可能です。

iPhone 14とiPhone 14 Plusの比較:カメラ

iPhone 14とiPhone 14 Plusのカメラ性能はどちらも同じです。どこが同じなのか、どんなカメラ性能なのかまとめます。

iPhone 14とiPhone 14 Plusの基本カメラ仕様

12MPのメインカメラとウルトラワイドアングルカメラを搭載しているので、画像処理性能を向上させ、従来機よりもさらにきれいな写真を撮影できるようになりました。

メインカメラもセンサーが大きくなり、開口部1.5の明るいレンズで光の取り込みが49%アップしました。また、新しい画像処理技術である「フォトニックエンジン」を搭載しています。

露出の異なる複数の画像を合成し、1枚の画像に合成することで、より明るく美しい写真に仕上がります。視野角120°の超広角カメラで、広い風景を写真に収めることができます。

iPhone 14とiPhone 14 Plusのカメラモード

もちろん、ナイトモードも搭載しています。これにより、暗い場所でも明るくシャープな写真を撮影することができます。また、ポートレートモードも進化しています。

背景だけでなく、前景もぼかすことができるようになり、被写体をより際立たせることができるようになりました。

iPhone 14とiPhone 14 Plusの動画撮影

動画撮影に新たにアクションモードが追加されました。移動中の映像も手ブレを抑えて撮影できるモードです。また、iPhone 13で導入されたムービーモードも搭載しています。

動画モードでは、主要な被写体に自動的にピントを合わせ、背景をぼかすことができます。被写体に命を吹き込み、映画のような映像が簡単に撮影できます。

また、24コマ/秒の4K撮影にも対応しているので、思い出を高画質で残すことができます。

iPhone 14とiPhone 14 Plusのインカメラ

カメラはオートフォーカス対応の12MPカメラを搭載しています。一度に複数の被写体にピントを合わせられるので、複数人での美しいセルフィーが撮影できます。

また、開放F値1.9のインカメラレンズにより、暗い場所でも明るく鮮やかな写真が撮れます。

iPhone 14とiPhone 14 Plusの比較:ディスプレイ

iPhone 14は6.1インチ、iPhone 14 Plusは6.7インチのディスプレイを搭載しています。iPhone 14 Plusはディスプレイが大きくなったので、ゲームや動画を大画面で楽しみたい方に最適です。

iPhone 14とiPhone 14 Plusのディスプレイ性能はサイズ差のみ

ディスプレイのサイズは異なりますが、ディスプレイの種類とリフレッシュレートは同一です。

いずれも、非常に滑らかで美しい映像を再現する「Super Retina XDR」ディスプレイを搭載しています。色精度も正確で、リアルな色彩を提供します。

iPhone 14とiPhone 14 Plusともに「True Tone」にも対応

iPhone 14とiPhone 14 Plusともに色調を調整する「True Tone」にも対応しています。

シーンに合わせて明るさを調整し、自然な色合いで表示するため、目が疲れにくくなっています。

iPhone 14とiPhone 14 Plusの比較:サイズと重量

iPhone 14は、iPhone 12、iPhone 13と同じサイズです。やや厚みがありますが、片手での操作が可能です。持ち運びが容易で、多くの人が利用しやすいのが特徴です。

iPhone 14 Plusは、iPhone 12 Pro Max、iPhone 13 Pro Maxと同じサイズです。重量は203gで、iPhone 14よりも重く、持ち運びが多い方には少し使いづらいかもしれません。

しかし、ディスプレイは6.7インチと非常に大きいので、画面の大きなスマートフォンを探している方にはおすすめです。

iPhone 14とiPhone 14 Plusの比較:価格

AppleStoreだとiPhone 14は119,800円から、iPhone 14 Plusは134,800円からで、iPhone 14の方が15,000円安くなっています。

iPhone 14をできるだけ安く手に入れたいなら、iPhone 14 128GBをおすすめします。

iPhone 14とiPhone 14 Plusの比較:カラーバリエーション

いずれも、ミッドナイト、パープル、スターライト、ブルー、PRODUCT REDの5色展開です。素材はiPhone 13と同じくアルミニウムにガラスコーティングを施したものです。

前面には、iPhone 12から採用されている、傷がつきにくい「セラミックシールド」を搭載しています。iPhone 11以前のシリーズよりも画面が割れにくくなっています。

iPhone 14とiPhone 14 Plusどちらを購入するのが良い?

iPhone 14とiPhone 14 Plusのどちらが買いなのか、両方買うのがオススメな人についてお伝えします。

iPhone 14とiPhone 14 Plusのどちらを購入するか迷っている方は、ぜひご覧ください。

iPhone 14 PlusよりiPhone 14をおすすめする人

iPhone 14は、最新のiPhoneをできるだけ安く手に入れたい人におすすめです。iPhone 14シリーズは全部で4種類あり、その中で最もリーズナブルなのがiPhone 14です。

アップルストアでは最小容量の128GBは119,800円で購入することができます。

また、片手で持ちやすいサイズ感も魅力のひとつです。片手がふさがっているときでもストレスなく使えます。多くの人に使いやすいスタンダードなiPhoneです。

iPhone 14よりiPhone 14 Plusを買うべき人は?

iPhone 14 Plusを買うべき人は、画面の大きなiPhoneが欲しい人・バッテリーの持ちが良いiPhoneが欲しい人です。

とくにiPhone 14 Plusは、大画面のiPhoneが欲しいという方におすすめです。6.7インチの大型ディスプレイを搭載し、動画やゲームを大画面で楽しむことができます。

近年、標準的なiPhoneは大型ではなく、上位機種にのみ搭載されています。iPhone 14 Plusは、ようやく標準モデルとして発売された大型サイズです。

上位機種に比べて価格が安いので、大画面で動画を見るだけでいいという方にも選びやすいと思います。

iPhone 14 Plusのもう一つの特徴は、バッテリー駆動時間です。iPhone史上最長のバッテリー駆動時間を実現し、最大26時間の動画再生が可能です。

iPhoneのバッテリーが長持ちしないので、ポータブルバッテリーを持ち歩いている方は、ぜひiPhone 14 Plusを検討してください。

iPhone 14と14 Plus比較した違いはサイズ・バッテリー駆動時間・価格

iPhone 14とiPhone 14 Plusの違いは、本体サイズ、バッテリー駆動時間、価格の3点です。

iPhone 14は標準サイズ、iPhone 14 Plusは6.7インチの大型画面です。より大きな画面で動画を見たいなら、iPhone 14 Plusを買うべきでしょう。

iPhone 14 Plusは、バッテリーの持ちも良いです。iPhone史上最長のバッテリー駆動時間を誇り、丸一日使用することができます。

この違いをしって、どちらにすべきか検討してみてください。

iPhone関連情報

iPhone 14(Pro/Max/Plus)カラーバリエーション・色予想!新色ピンク・紫・red?解説
iPhone14/Max/Pro/Pro Max在庫・入荷状況まとめ!売り切れ在庫確認
iPhone14予約後いつ届く?届かない時の対処法も解説
iPhone14(Plus/Pro/Max)値下げ時期いつ?安くなる時期も解説

当サイト人気記事

au 新機種 2022 春モデル最新スマホ発売予定

ソフトバンク 2022年 春夏モデル新機種いつ?発売日・予約開始日・価格・スペック最新情報まとめ

ドコモ 春夏モデル 2022ドコモ スマホ 新機種 発売予定

au 機種変更 クーポン 郵送 電話 2022

ドコモオンラインショップ クーポン 機種変更 使い方

iPhone15(Pro/Max)ストレージ容量の最新情報!おすすめの容量も解説

-iPhone/iPad

Copyright© Happy iPhone , 2022 All Rights Reserved.