Xperia 1 Ⅲ(2021)発売日いつ?予約開始日・スペック・ミリ派リーク情報まとめ【ドコモ・au・ソフトバンク】

Xperia 1 Ⅲ(2021)発売日いつ?予約開始日・スペック・ミリ派予想・リークドコモ・au・ソフトバンク

2021年Xperiaシリーズから発売がされるとリーク情報が多い、Xperia 1 Ⅲ(エクスペリア1マーク3 )。

Xperia 1 Ⅲ(エクスペリア1マーク3 )のスペックや特徴、ドコモ・au・ソフトバンクでの発売日・価格など解説します。

 

ソニーからは2021年発売のXperia 1 Ⅲの正式発表についてはまだありません。ここでは、各国内外のリーク・推測・予想・噂情報も含まれています。発表がありしだいこちらで追記します

各キャリアでXperiaシリーズチェックする方は

ドコモオンラインショップ

 

auオンラインショップ

 

ソフトバンクオンラインショップはこちら

 

Xperia 1 Ⅲ(2021)のドコモ・au・ソフトバンク発売日・予約開始日はいつ

Xperia 1 Ⅲの発売時期については、例年通りであればドコモとauの夏モデルとして初夏に発売されるでしょう。詳細な発売スケジュールについては、夏モデルの発表まで待つ必要があります。

過去に夏モデルとして発売されたXperiaシリーズを参考に、2021年モデルXperia 1 Ⅲの発売時期を予想します。

【過去のXperia夏モデル発売日】

夏モデルドコモau
Xperia 1 Ⅱ2020年6月18日(木)2020年5月22日(金)
Xperia 10 Ⅱ2020年6月25日(木)2020年6月4日(木)
Xperia 12019年6月14日(金)2019年6月14日(金)
Xperia XZ22018年5月31日(木)2018年5月31日(木)
Xperia XZ2017年5月26日(金)2017年5月26日(金)

過去のXperiaシリーズの発売日を振り返ると、2019年まではドコモとauが同じタイミングで発売していたことが分かります。それ以降はauの方がドコモよりも早く新モデルの発売をしています。

また、どちらのキャリアも木曜か金曜を発売日に選んでいる点も特徴的です。週末が選ばれるのは、すぐに手に入れたいユーザーが翌日、もしくは翌々日の土日にショップへ足を運んで購入できるからと考えられます。

では、肝心の2021年の発売時期予想についてですが、ドコモ・au共に1〜2年前をピークに発売時期が早まってきているため、今回は以下のような発売日になるのではと予想されます。

Xperia 1 Ⅲ発売日・

<ドコモ>

Xperia 1 Ⅲ発売日(予想):6月10日(金)、もしくは11日(金)

<au>

Xperia 1 Ⅲ発売日(予想):5月13日(木)、もしくは14日(金)

Xperia 1 Ⅲ(2021)の価格

Xperia 1Ⅲについてソニーから正式な価格の発表はまだありません。
リーカーのアンソニー氏がXperia1Ⅲは1199ドル(約124,000円)で発売されるとリーク情報を公開されました。


日本のキャリアで発売される場合、1万円を上乗せした金額で発売されることが多く、ドコモ・au・ソフトバンクによって値段は多少異なりますが、13,0000円台で発売されることになるのではないでしょうか。

しかし、Xperia 1Ⅲのライバル機種となるGalaxyシリーズの最新作「Galaxy S21 Ultra」が1199ドルですでに発売されています。

おそらくXperia 1Ⅲの1199ドルというのはGalaxyt S21 Ultraと関係している可能性も高く、差別化を図るために1199ドルよりも安くする可能性もあります。

まだ価格については定かではありませんが、Galaxyt S21 Ultraとの関係も考えるとXperia 1Ⅲの価格は少なくとも1199ドルを上回ることはないでしょう。

Xperia 1 Ⅲ(2021)のスペック

現在まだXperia 1 Ⅲのスペックについては不明ですが、リーク情報がいくつか出てきています。最新の噂やリーク情報をもとに、予想されるスペックをまとめました。

【Xperia 1 Ⅲのスペック予想】

名称Xperia 1 Ⅲ
カラー不明
サイズ166×72×7.9mm(Xperia 1 Ⅱ)とほぼ同じに
重さ不明
CPUSnapdragon 888
メモリ(RAM)12GB(SIMフリー)/8GB(キャリア)
ストレージ(ROM)256GB(SIMフリー)/128GB(キャリア)
ディスプレイ6.5インチ(Xperia 1 Ⅱ)と同じ

有機EL 8K解像度

リフレッシュレート4Kの144Hzに対応
アウトカメラ3眼+ToF
インカメラ不明
バッテリー容量4,000mAh
イヤホンジャック対応
生体認証指紋認証(ディスプレイ内蔵型)

Xperia新型コンパクトサイズの機種が登場予定!?

2021年に登場することが予想されている機種として、Xperia 1 Ⅲの他にもXperia 10 Ⅲの名前が噂されています。

ソニーモバイルコミュニケーションズの岸田光哉CEOによると、今後もXperiaシリーズの名称はⅢ、Ⅳ、Ⅴとナンバリングしていくとのこと。そのため、Xperia 10 Ⅲが登場することはほぼ間違いないと言えます。

Xperia 10 Ⅲとは別に、海外のTwitterなどでもささやかれている噂が、新型コンパクトモデルの登場です。

実現すれば、2018年に登場した「Xperia XZ2 Compact」以来のコンパクトモデルとなります。大型スマホを好まないユーザーにとって選択肢の1つになることでしょう。

すでに米国ソーシャルメディアの「voice」には、著名リーカーSteve Hemmerstoffer氏が投稿したXperiaシリーズの新型コンパクトモデルと見られるレンダリング画像が掲載されています。

参考:Steve Hemmerstoffer氏「voice」

Steve Hemmerstoffer氏によると、レンダリング画像のモデルは140 x 68.9 x 8.9mm とコンパクトで、ディスプレイサイズは5.5インチとのこと。5.4インチディスプレイを搭載し、サイズ感が近いiPhone 12 mini(2020年11月13日発売)のライバルになるだろうと見ています。

レンダリング画像から分かるのは、

  • 水滴型のノッチ
  • メインカメラはデュアルレンズ
  • 右側面に配置された指紋認証センサー
  • 3.5mmイヤホンジャックを搭載

特徴的なのは、インカメラが内蔵されているノッチ。レンダリング画像が正しければ、Xperiaシリーズでついに水滴型が採用されることになり、上部に存在したやや太めだった従来のベゼルがほぼ消え去ることになります。

より画面が広い印象となり、動画の視聴やゲームを楽しむユーザーにとってはメリットです。

指紋認証センサーや3.5mmイヤホンジャックについては、Xperiaシリーズでは定番となっているため、新鮮さはありません。

注目はアウトカメラです。リーク情報によれば、1,300万画素のメインカメラを含むデュアルカメラ構成になるようです。最近で言えば2020年11月に発売されたXperia 8 Liteが同じくデュアルレンズを搭載しています。

デュアルレンズ仕様はトリプルレンズに比べると印象が薄く、機能を抑えたミドルレンジモデルであることが分かります。

Xperia 8 Liteと同じくmineo(マイネオ)やIIJmio(アイアイジェイミオ)といったMVNO向けに提供されることも考えられます。

CPUに関してSnapdragon 775を搭載するというリーク情報がWeibo上にありましたが、そちらは現在消されているため真偽は不明です。

ただ、レンダリング画像の通りであれば、現行のハイエンドモデルと雰囲気が似てクールな印象なので、Xperia 8 Liteのように3万円前後で発売されれば人気が高まることでしょう。

Xperia 1 Ⅲミリ波対応する

Xperiaシリーズはこれまで5G通信対応でもSub6のみで、超高速通信のミリ派(mmWave)には非対応でした。それが、2021年1月27日にようやく発売日が公表されたXperia PROでついにミリ波に対応することが分かっています。

Xperia PROはXperia 1 Ⅱをベースにしたモデルです。次世代モデルであるXperia 1 Ⅲなら当然、ミリ派に対応するだろうと見られています。

また、始めに紹介している通り、2020年11月にFCC認証を取得した「PY7-5744Y」がミリ派に対応していることが分かっているため、Xperia 1 Ⅲのミリ派対応は信憑性が高いと言えます。

Xperia 1 Ⅲ(2021)はSnapdragon 888搭載

Xperia 1 ⅢのCPUに関しては、リーク情報や噂でも意見が分かれるところです。2021年に発売されるAndroidスマホの中で、特にハイエンドモデルで主流になると見られているのが、2020年12月に発表されたばかりのCPU、Snapdragon 888(米国クアルコム社)です。

5nmプロセスで製造されたハイエンド端末向けのCPUで、前世代のSnapdragon 865よりもCPU処理性能が25%、GPUのレンダリング性能が35%向上しているとのこと。

現在まだCPUのチューニングが終了していないと見られ、ベンチマークスコアを検証する海外のサイトでも思ったスコアが出ていないようですが、今後チューニングが進めば驚きのスコアが出てくることが予想されます。

一方、「Snapdragon 888ではない」と見る意見では、Snapdragon 870を予想した声が多くあります。Snapdragon 870はSnapdragon 888の後、2021年1月19日(米国時間)にクアルコム社より発表された新型CPUです。

数字から分かる通り、前世代のSnapdragon 865よりも高性能にはなるものの、Snapdragon 888よりも性能を抑えることで、同時にコストも抑えてスマホメーカーに提供されることが考えられます。今後登場する5Gに対応した低価格スマホの多くで採用されることでしょう。

今のところ有力視されているのはSnapdragon 888。Xperia 1 Ⅱよりも更なる高スペック化が予想されているXperia 1 Ⅲでは、最高性能のCPUを搭載していて欲しいものです。

Xperia 1 Ⅲ(2021)は8Kディスプレイを搭載

2020年モデルのXperia 1 Ⅱは、21:9のシネマワイド画面に4K解像度で映像を表示させることができました。しかもHDR対応有機ELディスプレイであるため、発色が良く、しかも自然な色合いを感じられます。

Xperia 1 Ⅲでは、なんと4Kをはるかに超える8Kディスプレイを搭載するのではという噂があります。8Kは縦横の画素数が4Kに比べて2倍ずつ増えるため、計4倍もの精密な映像表現が可能になります。

ただ、4K解像度のディスプレイでも高精細で美しい映像が見ることができます。6.5インチのサイズ感で8Kと4Kの違いが判別できるのかという点に疑問が残りますが、実現すれば世界中の全てのハイエンドスマホから一つ飛び抜けることになるでしょう。

ただ、8K解像度で4,000mAhというバッテリー容量は心許ないため、ディスプレイかバッテリーのどちらか一方、もしくは両方とも事実とは異なることも考えられます。今後の情報に期待です。

Xperia 1 Ⅲ(2021)はディスプレイ内蔵型の指紋認証センサーを搭載

国内メーカーでは、富士通のフラッグシップモデルarrows 5G(2020年7月31日発売)に搭載されているディスプレイ内蔵型の指紋認証センサー。SONYでもいよいよXperia 1 Ⅲで搭載するという噂があります。

指紋認証センサーがディスプレイに内蔵されているメリットは、指紋認証用のボタンやセンサーを本体上に設置する必要がないため、外観がスッキリとする点です。スッキリとした見た目は高級感にもつながるので、デザイン性を気にするユーザーにとって重要なポイントです。

Xperiaシリーズは、他の多くのスマホと異なり、側面に指紋認証用のセンサーを配置させたことで、ポケットやカバンに入っているスマホを、取り出す際につかむだけでロック解除ができる手軽さが魅力です。

テーブルなどにスマホが寝かせて置かれた状態でも、ディスプレイに解除用の指を乗せるだけでロック解除ができるので、側面よりも便利に感じることでしょう。

しかし、先日公開されたリーク画像を見ると今までと同様に指紋認証センサーを内蔵した電源ボタンが確認でき、今まで通り電源ボタンに指紋センサーが搭載される可能性も高いです。

Xperia 1 Ⅲ(2021)は4K解像度でリフレッシュレート144Hzに対応

こちらも噂レベルですが、Xperia 1 Ⅲは世界で初となる144Hzに対応した4Kディスプレイを搭載するという声があります。先に紹介しているリーク情報では、Xperia 1 Ⅲのディスプレイは8K解像度であると言っていましたが、4K解像度であるという予測もあります。

しかし、ただの4Kディスプレイというだけなら珍しくないですが、4K解像度のままリフレッシュレート144Hzに対応しているとしたら驚きです。迫力ある動きの映像を、高画質なまま滑らかに表示することで、より臨場感が高まります。動きの激しい3Dゲームをより楽しめることでしょう。

ただ、こちらも実現すればCPUに対して高負荷になることは間違いないため、バッテリー消費が早まります。4,000mAhと予測されているバッテリー容量では、長時間のゲームプレイや動画視聴に十分に耐えられないことが考えられるため、実現性に疑問が残ります。

今後の詳細なリーク情報などに期待しましょう。

Xperia 1 Ⅲ(2021)のカメラ

Xperia 1Ⅲのカメラはリーク画像を見る限り3眼+ToFカメラ、ZEISS Tスターコーティングが施されており、Xperia 1Ⅱから変更はなさそうです。

カメラの種類については判明していませんが、Xperia 1Ⅱと同じであると考えるならば広角・超広角・望遠レンズの3種類が搭載されると思われます。

その中でも注目すべきは望遠レンズ部分。

Xperia 1Ⅲのレンダリング画像を見ると望遠レンズ部分はXperia 1Ⅱと仕様が異なっており、リーカーのSteve Hemmerstofferによるとペリスコープが搭載されるようです。

ペリスコープが採用されると光学ズーム機能を大幅に強化することができ、最近だと「Galaxy S21 Ultra」がペリスコープを採用し、最大100倍ズームを可能にしたことで注目を集めています。

Xperia 1 Ⅲ(2021)のデザイン・外観

Xperia 1Ⅲのデザインについて有名なリーカーのSteve Hemmerstoffer氏が「voice」にレンダリング画像を公開しています。

参考:Steve Hemmerstoffer氏「voice」

レンダリング画像を見るとXperia 1Ⅱからデザインはほとんど変化していないことが分かります。

背面のガラスパネルとエッジ部分のメタルフレームを組み合わせています。

ただ、Xperia 1Ⅱと比べるとベゼルは細くなっていますね。

ベゼル以外のデザインの変更は見受けられません。

カラーバリエーションについても、現在はブラックしか公開されておらず詳しい情報はまだわかりません。

Xperia 1 Ⅲ(2021)のディスプレイ

参考:Steve Hemmerstoffer氏「voice」

Xperia 1Ⅲのディスプレイは6.5インチの有機ELディスプレイでXperia 1Ⅱから変化はありません。

先ほども説明したように画質は8kになるのではないかという予想もあり、4kになるのか8kになるのかはわかりません。

リフレッシュレートはXperia 1Ⅱよりも高くなる予想で、144Hzの4kという予想もあります。リフレッシュレートが高くなれば、より滑らかなディスプレイを楽しむことができます。

Xperia 1 Ⅲ(2021)の大きさ・サイズ

Xperia 1Ⅲの大きさは166×72×7.9mmとなり、Xperia 1Ⅱと同じサイズになると予想されています。

ただ、ディスプレイの大きさが一緒でベゼルが小さくなるようなので、もしかしたら少し小さいサイズになるかもしれません。

小さくなってもディスプレイサイズはそのままで持ちやすさだけ向上するので嬉しい進化ですね。

どちらにせよ大型化することはなさそうです。

 

SONYのXperia新モデル(2021)がFCCの認証を取得

2021年春に登場が予想されているSONYの新型フラッグシップモデルXperia 1 Ⅲ。新機種の名称は現時点ではまだ噂ですが、SONYの新モデルがFCC認証を取得したことは事実です。

現時点で判明しているのは、FCC IDが「PY7-5744Y」であることと、5Gのミリ波(mmWave)に対応していることです。

公開されている情報によれば、SONYの新モデルがFCC IDを取得した日は2020年11月3日とあります。

2020年5月に発売されたXperia 1 Ⅱが「PY7-87261H」というFCC IDで認証を取得したのは2020年2月28日。このように発売する年度を迎えてから認証を取得しているケースが多いため、今回新モデルが発売の前年、11月に認証を取得しているのはやや気になるところです。

FCCの認証取得が早いのは、例年よりも発売時期が早まることを意味しているのか、今後の情報に注目です。

Xperia 1 Ⅲ(2021)お得に契約するならオンラインショップ

最後にXperia 1 Ⅲ機種変更で失敗しない!
おすすめ機種変更のについて紹介します。

機種変更をする時、ショップや家電量販店でしていませんか?

私もどこでするのがお得なのかいろいろ調べました

機種変更はショップ・量販店どこでするのがお得なのか

在庫が無くって他のお店に行くという時間を無駄に過ごしていませんか?

今は、お店に行かないでネットで買って待つ時代です!

ネットで購入できるからって怪しいお店ではありません。

ネットのほうがむしろ安全!?
ネットで購入できるのは各キャリアのオンラインショップです。

★ドコモ
ドコモオンラインショップ

★au
auオンラインショップ

★ソフトバンク
ソフトバンクオンラインショップはこちら

安心して購入できるだけでなく各キャリアがオンラインショップに力を入れているため経済的にお得だったりメリットが多いです。

オンラインショップで機種変更をするとどんなメリットがあるかというと

オンラインショップメリット


①頭金・事務手数料がなし
②待ち時間・24時間いつでも購入できる
③自宅・ショップお届けを好きな所にできる
④困ったらチャットですぐに解決できる

頭金とはお持ち帰り価格ともよばれてます。


画像のように表記されている店舗はまだ良心的ですが・・・

最後の会計の時に、頭金がある明細書をだしてくるショップもあります。

オンラインショップだったら始めから頭金がかからりません。0円で契約することができます。

また、ドコモだけですが、事務手数料がかからず0円です。

頭金の価格はショップによって違うので、頭金や事務手数料をあわせると、5,000円~15,000円くらい機種変更の料金が変わってきます。

5,000円~15,000円機種変更でお金がかからないので値下げを待つよりも、Xperia 1 Ⅲをお得にを購入することができます

機種変更で、困ったことやわからないところがあればチャットや電話で相談することもできます。

機種変更をオンラインショップでやってみるとあっけなく簡単にできると驚いてしまいますよ。

お金も時間も節約できるオンラインショップ使ってみて下さいね。

各キャリアのオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップ

auオンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップはこちら

 

 

-Xperia
-, , , , , ,

Copyright© Happy iPhone , 2021 All Rights Reserved.