昨年の登場以来注目のdocomo with。

docomo withは毎月の払いがお得だとはわかっていても、対象機種が多くて何を選んだら良いのかわからないという方に

今回はdocomo with対象機種を目的に合わせて
カメラ機能、電池持ち、値段から比較。

また、2018年最新対象機種をおすすめランキング形式で紹介しています。

あなたにあった対象機種を見つけて下さいね。

 

docomo withとは?

最初にdocomo withについておさらいしておきます。

従来、機種購入の際には月額料金から2年間割引されるという月々サポートという割引が適用されていましたが、docomo withは対象機種を購入すると毎月1500円の割引がずっと適用され続けるというものです。

一度機種を購入すれば割引が適用され続けるので機種を購入したら長く使い続ける人、ドコモの回線を安く維持したい人にはおすすめのプランです。

月々サポートのように機種に対して柔軟に割引価格が変わるというわけではないため、現時点での対象機種はミドルレンジクラス、中価格帯の製品が中心になっています。

また、月々サポートや端末購入サポートとdocomo withの併用も現時点においてはできません。

 

ついにiPhoneがdocomo with対応

iPhoneを掲げる男性の図

docomo withといえば今までミドルレンジクラスのスマホが中心となっておりスペックも中程度の機種がほとんどでしたが、9月1日からついにiPhoneがdocomo withに対応しました。

現時点でdocomo withに対応しているのはiPhone 6sのみですが、iPhoneユーザーにはうれしいニュースですね。

既にiPhoneを持っていて2年の分割金の支払いなども終わっているのであればとりあえずiPhone 6sに機種変更してdocomo withの恩恵を受けておくということもできます。

iPhone 6sはサブ機としておいてもよし、家でwi-fiモデルとして使ったり、はたまた家族にあげたり使い道はいろいろ考えられます。

ここで少し、docomo withのちょっとした裏技をご紹介します。

 

docomo withの裏ワザ!?

スマホを手にもつ女性

裏ワザというほどでもありませんが、契約している電話番号、それに付随するプラン(契約内容)と、利用する機種、端末は必ずしも固定されているわけではありません。

電話できないデータ通信プランの契約、タブレットやルーターなどが関わってくるとやや話は複雑になりますが、ここでは一般的な電話回線の話だけに絞っていきます。

どういうことかといえば、ドコモの契約上登録されている機種と実際に使っている機種が異なっていても基本的には問題ないということです。

 

例えばこんな経験はありませんか?

使っているケータイが割れてしまって機種を買いなおすのも高いので、ドコモショップで昔使っていたケータイを使えるようにしてもらったとか、機種変更した家族から一つ前のスマホをもらって自分のものにしたとか。

こういうことができるのは、契約している電話番号はSIMカードというチップに記録されており、このチップは同じキャリアであれば様々な機種に差し替えることが可能だからです。

このSIMカードは機種によってサイズが決まっており、最近発売されているスマホのほとんどがnanoSIMカードと呼ばれるサイズになっています。

対応しているサイズが同じであればカードを差し替えることで自分の電話番号を他のスマホで使えるようにできます。

もちろん内部のデータがそっくり移動したりするわけではないので、データ移行は別途必要にはなります。

またサイズが異なる機種の場合でも2000円の手数料を負担すればドコモショップでSIMカードのサイズを変更することができます。

 

これを活用して、docomo withの機種にとりあえず機種変更して料金プランを安くしておき、別途SIMフリーモデルのハイスペックな端末を購入して利用することや、自分が使っていた機種を使い続けて料金プランだけdocomo withに対応させておくことができます。

もちろんdocomo with機種の機種代金、SIMフリーモデルを買うならその機種代金などが必要ではありますが、ずっと1500円割引され続けるというdocomo withの特性を考えると長い目でみるとお得になる可能性はかなり高いです。

スマホを手に入れる手段がキャリアのショップだけでなく家電量販店やネット通販など広がっている今、とりあえずドコモではdocomo with機種を買っておくというのは検討する価値のある選択なのです。

 

それではdocomo with対象機種を比較していきましょう。

まずは基本スペックから

docomo with対象機種のスペックは?

スマホを手にもつ男性

・iPhone 6s ROM 32GB/RAM 2GB(非公開)

・arrows Be F-04K ROM 32GB/ RAM 3GB

・LG style L-03K  ROM 64GB / RAM 4GB

・AQUOS sence SH-01K  ROM 32GB / RAM 3GB

・MONO MO-01K  ROM 32GB / RAM 3GB

・GALAXY feel SC-04J  ROM 32GB / RAM 3GB

 

本体容量に関してはどの機種も32GBの中、LG styleだけが64GBを採用しています。

またRAMもLG styleだけが4GB。

写真やアプリなどをたくさん保存する、複数の機能を平行して利用するような場合はLG styleがおすすめできそうです。

一方でこうしたROMやRAMはそういった用途がはっきりしている場合には意味があるもので、データはまめに整理する人やスマホをそんなに利用しない人にとっては不要なものでもあります。

自分がどういう使い方をするかしっかり見極めることが大切ですね。

写真やアプリなどをたくさん保存機能をする人におすすめ

LG style詳細はこちら

またiPhone 6sのRAM容量は非公開ですが、2GBだと推測されています。

iPhone 6sは約2年前に発売された機種ですが、こうして比較しても今でも十分使えそうな性能であることがわかりますね。

一般にOSと端末と両方を自社で設計しているiPhoneはandroidに比べて処理能力が高いと言われており、スペック以上に快適な動作が期待できます。

快適な動作ができる

iphone6s詳細はこちら

 

続いてカメラを見ていきましょう。

 

写真が綺麗なカメラ機能が高いdocomo with対象機種は?

スマホを持つ女子の図

・iPhone 6s 約1200万画素 / 約500万画素 F値 2.2/2.2

・arrows Be F-04K 約1220万画素 / 約500万画素 F値 1.9/2.4

・LG style L-03K  約1620万画素 / 約800万画素 F値 2.2/1.9

・AQUOS sence SH-01K  約1310万画素 / 約500万画素 F値 2.2/2.2

・MONO MO-01K  約1320万画素 / 約500万画素 F値 2.2/2.2

・GALAXY feel SC-04J  約1600万画素 / 約500万画素 F値 1.9/1.9

 

ほとんどが同スペックですが、画素数ではここでもLG styleがトップです。

とはいえ画面上で見る綺麗さと画素数はあまり関連がないのも事実。

また画素数こそ最下位ですが、iPhoneのカメラ性能は画像処理能力の高さもあって自然な写真が撮れることで有名です。
iPhone 6s発売当初も進化したカメラ性能が紹介されるほどです。

使いやすいのは比較的明るめのレンズを採用しているarrows Be、iPhone 6sがクセがなく綺麗な写真が撮れそうです。

自然な写真が撮りたい・使いやすさにこだわりたい方におすすめ

iphone6s詳細はこちら

明るめのレンズで使いやすさにこだわりたい方におすすめ

arrows Be詳細はこちら

 

電池持ちのいいdocomo with対象機種は?

・iPhone 6s バッテリー容量非公開

・arrows Be F-04K 2580mAh  / 約130時間

・LG style L-03K  2890mAh / 約95時間

・AQUOS sence SH-01K  2700mAh / 約95時間

・MONO MO-01K  2800mAh / 約90時間

・GALAXY feel SC-04J  3000mAh / 約170時間

 

スペックを比較するとGALAXY feelが圧倒的ですね。

残念ながら発売から1年が過ぎ現在では購入するのが困難になっていますがこの大容量バッテリーは魅力です。

大容量バッテリー
GALAXY feel詳細はこちら

続くのはarrows Be。

arrowsシリーズは近年3日持ちのバッテリーを売りにしていたこともあり電池の持ちには期待できます。

arrows Be詳細はこちら

またAQUOSシリーズも省エネ技術には定評があり、電池の持ちには安定感のある機体です。

AQUOS sense詳細はこちら

 

docomo with対象機種の値段は?

・iPhone 6s 42,768円

・arrows Be F-04K 33,696円

・LG style L-03K  40,176円

・AQUOS sence SH-01K  30,456円

・MONO MO-01K  25,272円 (現時点でオンラインショップ在庫なし)

・GALAXY feel SC-04J  36,228円

 

ここまでスペックで圧倒していたiPhone 6sLG styleは値段でも一つ上のランクといった印象。

LG styleはスマホでこのレベルのスマホが約4万円代で、docomo withの割引も受けられるというのは中々ありません。

スペックが高いスマホ

LG style L-03K詳細はこちら

ちなみにiPhone 6s発売当初は約8万円前後の価格でした。

当時から2年経っているとはいえ半額以下で購入できるのは相当にお得といっていいでしょう。

iphone6s詳細はこちら

 

docomo with機種のおすすめランキング

ではここで当記事の独断でdocomo with機種のおすすめランキングを発表します。

 

まずは3位から

 

3位 AQUOS sence SH-01K

AQUOS sence

料金を安く抑えたいからこそのdocomo with。

その要求に一番応えてくれるのが現時点ではAQUOS senceです。

できるだけスマホや通信費の出費を抑えたい人にはもちろん、すでにメイン端末があってdocomo withの割引を受けたい人にもおすすめです。

また性能も特化した部分こそありませんが標準的なラインでまとまっていて使いやすい機体といえます。

この価格帯の中ではバッテリーの持ちがいいのも、長く使うことを想定したdocomo withと相性がいいです。

発売以降売れ続けている機種でもあり、安定の選択だといえるでしょう。

AQUOS sence SH-01Kさらに詳細が知りたい方は

AQUOS sence SH-01K詳細はこちら

2位 LG style L-03K

LG style L-03K

docomo with端末をメインで使うのであれば、買った機種を長く使う事を想定して少しでもスペックを重視したいところ。

LG styleは頭一つとびぬけたスペックで2年以上の使用に耐えうる性能を持っています。

長期間の利用で写真やアプリなどのデータが増えても安心のメモリを積んでいますし、画面もこのクラスにしては最大の5.5インチを誇ります。

docomo withの割引を抜きにしてもメイン端末として十分運用できる性能です。

LG style L-03Kさらに詳細が知りたい方は

LG style L-03K詳しくはこちら

1位 iPhone 6s

iPhoneの図

やはりおすすめ1位はiPhone 6s。

値段もdocomo with対象機種の中ではトップですが、その数千円でお釣りがくるメリットがあります。

安定した処理能力、使いやすくナチュラルなカメラ性能、2年前のiPhone 6sがまだまだ現役で使われている今、他のdocomo withと遜色ないパフォーマンスが期待できます。

メイン端末としてiPhone 6sを利用するもよし、すでに購入してあるiPhoneのバックアップ端末にするもよし、使い方の幅も広がります。

日本ではiPhoneユーザーが圧倒的に多く、データのやり取りなどでもストレスフリーなのもメリットになりそうです。

iPhone 6sさらに詳細が知りたい方は

iphone6s詳しくはこちら

 

docomowith(ドコモウィズ)対象機種お得に機種変更するなら

docomowith(ドコモウィズ)の対象機種をお得に機種変更するならドコモのオンラインショップです。

ドコモオンラインショップとはドコモ直営のネットショップです。

ドコモオンラインショップはこちら

ネットを使ってアクセサリーの購入や契約内容の確認・変更、機種変更も出来ちゃいます。

実はドコモオンラインショップでの機種変更はかなりお得です!

既にドコモユーザーで機種変更をするなら

是非ドコモオンラインショップを使ってみる事をおススメします。

メリット①時間的なメリット

近くのドコモショップ…いつも混んでますよね?今は店舗予約が出来るようになりましたが

順番待ちをして、契約してなんかしていると2~3時間はかかっちゃいますよね。

でもドコモオンラインショップなら15分もあれば契約が完了しちゃいます。

ドコモショップや家電量販店に行く為の時間の節約、契約にかかる時間の節約が出来ます。


Source byドコモ公式オンラインショップ

メリット②金銭的なメリット

ドコモショップや家電量販店で機種変更すると3000~10000円程度の頭金や事務手数料という謎のお金が取られます。

これがドコモオンラインショップだと0円、つまり無料なんです。

またドコモショップや家電量販店だと機種変更の際に2000円の機種変更事務手数料がかかりますが

これもドコモオンラインショップだと無料です。

なので金銭的に5000~12000円程度もお得になります!

そもそも、家電量販店で機種変更するのって直営店のドコモショップよりもデメリットが多いって知ってましたか?
機種変更は直営店と家電量販店どこがいいのかを調べました

ドコモで機種変更するなら時間的なメリットや金銭的なメリットがとても大きい

ドコモオンラインショップを使った方がいいでしょう。

メリット③受取場所を選べる

機種変更をする際、初期設定や電話帳の移行が不安で

お店のスタッフに色々相談したいという人もいるかと思います。

ドコモオンラインショップでは受取場所を自宅以外にもドコモショップから選べます。

なのでドコモショップでの受け取りにすれば金額はドコモオンラインショップの安いままで

ドコモショップのスタッフに初期設定や相談も出来てしまうという裏技が出来ちゃいます!

自宅に商品が届いてから持ち込みで相談に行っても大丈夫ですよ。

気になる方はこちらの記事をどうぞ↓

ドコモオンラインショップでの受け取りを店舗にしたら事務手数料や頭金はかかる?設定はタダでしてもらえるの?

まぁ詳しい説明書があるんで自宅で自分1人でも簡単にできると思いますけどね!
ドコモオンラインショップはこちら

Source byドコモ公式オンラインショップ

まだドコモオンラインショップを利用するのが不安な方は以下の記事がおススメです!

 

こちらの公式動画でもドコモオンラインショップでの購入の流れをご確認いただけます↓

機種変更される方は是非ドコモオンラインショップを使ってみてくださいね♪

まとめ

いよいよiPhoneが登場したこともあってますます盛り上がりを見せているdocomo with。

自分にぴったりの機種を選んでお得なスマホライフを楽しんでください。