ドコモウィズ docomo with
国かの分離プランの提言で終了が決まっているdocomo with(終了日はまだ公式発表されていません)

・お得だから
・安すぎるから
終了するのではと、噂されるほどです。

お得・安いという言葉のが一人歩きしているようなドコモウィズ(docomo with)。

携帯で安くてお得といえば、格安シムのほうが認知度は高いですが、ドコモから格安シムに変えたら失敗したという人も多くいらっしゃいます。

なので、安くてお得というのは悪いかもしれないけどという言葉も含まれているのではないかと心配になりませんか。

docomo withは本当にお得なのか、メリットだけでなくデメリットについても調べました。

終了日が発表されてからの駆け込み前に、利用を考えている方はメリット・デメリットを最後まで読んでdocomo withの対象端末に機種変更をして下さい。

docomo with(ドコモウィズ)とは

ドコモウィズ 1,500円割引
ドコモウィズとはわかりやすくざっくり表現すると

指立て女性

使用料金がずっと1,500円割引が付いてくるサービスです。

そして端末代金もとてもリーズナブルなので、安くスマホを使いたいという人からかなり好評なのが特徴ですね。

最近ではドコモのスマホ端末がかなり高額になる傾向があって、機種変更で新しいスマホを使いたいが高すぎてできないと頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

とにかく端末も月額料金もできるだけ安く使いたいという人にとってもピッタリなドコモ独自サービスのドコモウィズです。

docomo with(ドコモウィズ)のメリット

指立て女性

docomo with(ドコモウィズ)のメリットについて


プランをドコモウィズプランにするとどんなお得なメリットがあるのか説明します。

ずっと1,500円割引に

ドコモウィズ1500円割引
まずドコモウィズの何よりのメリットとしては毎月月額利用料金から1,500円が割引されるという点です。

通常ドコモで機種を購入すると月々サポートが付いてきて最大24ヶ月間毎月の利用料金から割引されます。
ただ24ヶ月以上使い月々サポートが完了後は割引が無くなってしまうのです。

しかし、ドコモウィズの場合であれば24ヶ月過ぎた後も同じ機種を使い続けても「ずっと1,500円割引が続く」のでお得に使い続けることができるのです。

2年毎に機種変更するのが面倒に感じたり、一度機種変更したら長く端末を使い続けるという人はドコモウィズを利用することで、このようなずっと月額利用料金が1,500円割引という超オトクなメリットを受け続けることができるのです。

端末代金が手が出やすい価格

docomo with ドコモウィズ 対象機種
ドコモウィズのメリットとして2つ目に端末代金が手が出やすい安い価格という点が挙げられます。

最近のスマホやiphoneって新機種になると10万円以上の価格になります。
スペックは高いからしょうがないのかもしれないけど、10万円以上もするんだったら『パソコンを買ったほうが良いな・・・』って思うほどではないでしょうか。

私は思います。

docomo with対応の機種は9種類あり、一番価格が安いのは2万円代からあり高くても5万円以内です。

手軽な端末で、維持費も安く使いたいという人に向いています。

だからといって、どの機種もスペックが低いわけではありません。

iphone7も対応しています、さすがに2万円代ではありませんがお得に購入することができます。

iphone7もあるくらいなのでdocomo withの端末が安かろう悪かろうではないというのはわかってもらえたのではないでしょうか。

指立て女性

格安シムで失敗したという方は、ドコモのdocomo withの検討をかなりおすすめします。

対象端末が充実

docomo with対象端末
上記でも書いてしまったのですが、docomo withは対応している端末機種が決まっています。

2019年3月現在9種類あります。

最低限の機能・性能ではなく、スマホを使う上で欲しい機能は必ずある端末機種なのでこだわりが強すぎない方にとってはどの機種も使いやすいです。

最新の高機能端末がドコモウィズ対象機種にはなっていないのですが、カメラや通話やLINEなども問題なくできるため毎日の生活でスマホで不便を感じることはありません。

docomo withにはどんな機種があるのか知りたい方にランキング形式で対象機種を紹介しています。
docomo with(ドコモウィズ)対象機種おすすめランキング

docomo with(ドコモウィズ)のデメリット

指立て女性

docomo with(ドコモウィズ)のデメリットについて


様々なお得なメリットがあるドコモウィズですが、ここからはドコモウィズのデメリットについても解説します。

ドコモウィズをチェックすることで自分には向いていないサービスと感じるか、デメリットをデメリットと感じないのでやっぱりドコモウィズを利用したいと思うのか。
その辺りの判断基準とするために、この項目をチェックしてもらえればと思います。

対象端末が限定される


ドコモウィズの対象端末は9種類です。

メリットの方で対象端末が充実していると解説してきましたが、やはり最新機種や高スペック機種などはドコモウィズの対象外になってしまいます。

また、ディズニーモバイルやJOJOのようなコラボスマホも対象外です。

そういった意味では、こだわりの機種がある、欲しい機種がある人にとっては対象機種の中からでしか選ぶことができないためデメリットになってしまいます。

ただし、SIMフリー回線に挿しても割引は継続されるので、知人友人から譲ってもらったりリサイクルショップやオークションなどで入手したSIMフリー端末に差し込み月額料金は安く使い続けるなんて選択も取れるという裏技がドコモウィズ(docomo with)ならできます。

機種変更を頻繁にする人はメリットが無い

ドコモウィズを適用した場合には基本的に月々サポートや端末購入サポート等は適用されません。

なので頻繁に機種変更を考えている人・2年間ごとに機種変更を考えている人はドコモウィズ(docomo with)の恩恵は低いです。

ドコモで端末機種購入する時に、月々サポートや端末購入サポートなどのプランが今手厚く24ヶ月(2年)対象プランが多いのです。

つまり、ドコモウィズの対象機種を買って2年後に機種変更をするなら、対象機種ではない端末を購入したほうがお得ということです。

ドコモウィズ(docomo with)は元々ドコモが好きで、同じドコモ端末を長く愛用したいという長期ユーザーさんのためのプランのため機種変更を2年ごとにする人のプランではないのです。

裏を返せば、ドコモウィズ(docomo with)対象機種は、各メーカー長く使うことができるように作られてるくらいなのです。

長く使うと電池の消耗が早くなる

スマホ 電池消耗
これはその人の利用頻度や使い方によりますが、長く使えば電池の消耗が早くなってくるのもデメリットの一つです。

ドコモウィズ対象端末に限らず、iphone・スマートフォンは機械なのでしょうがないことです。

それでも、ドコモウィズ対象端末を使う方は長く同じスマホを愛用したいという方をコンセプトにしているため、各メーカー電池持ちや端末の耐久性などについてこだわって作られています。

その人の使い方によりも、動画やアプリを何時間も使って1日に数回充電をするようでなければ早く機種変更をしないといけない事態にはならないとは思います。
同じ端末を10年以上使っているという方もいらっしゃるので、電池持ちに関しては利用頻度がかなりの関りをもってしまうため個人差があります。

初期不良ではなく、電池の減りが気になる方は、使い方を見直すか、1年以上使っていたら電池パック安心サポートというのがドコモではあります。

同じ端末を長く使いたいなら、電池パックをリーズナブルにポイントで交換できたりするので詳しくは公式サイトをご覧ください。
電池パック安心サポートについてはこちら

高スペック機種ではない

docomo with対象の端末も昨年までと比べるとスペックの高い機種が増えました。といっても最新のiphoneやスマホに比べると機能は落ちてしまいます。

例えば、iphone7がdocomowith対応になりましたが
2018年の発売されたiphoneXRと主な機能を比較すると

iphoneXR iphone7
端末
  バッテリー

(連続通話時間)

最大25時間 最大14時間
ワイヤレス充電 ×
認証機能 顔認証 指紋認証
ストレージ容量 64GB・128GB・256GB 32GB

他にも機能面からみると、最新スペックと比較すると通話時間だけでも2倍ちがいます。

また、ストレージ容量がdocomo with対応のiphone7は32GBしかありません。

スマホで容量の重いゲームや、仕事でいくつもアプリを立ち上げる方は容量が低くなると動きが鈍くなってしまいます。

なので、サブ携帯としてなら別ですがメインの携帯をdocomo with対象機種にしてスペックが落ちてしまうなら機種変更することはおすすめはできないです。

 

お得なドコモウィズをオンラインショップで更にお得に

ドコモオンラインショップ
このようにメリットとデメリットがそれぞれ存在するドコモウィズ。
デメリットの方は人によっては特に気にならないという人もいらっしゃるのではないでしょうか、そんな場合には迷うこと無くメリットが大きいドコモウィズを選ぶことをオススメします。

またとにかく安くお得にドコモウィズ対象端末を購入したいならドコモオンラインショップを活用するのもオススメです。

オンラインショップでドコモウィズ端末を購入

ドコモウィズ端末
最近では安くドコモのスマホを購入したいという人は、オンラインショップで手続きをする人が増えています。

なぜならオンラインショップで手続きをすると下記のようなメリットがあるからです。

・3,000円~5,000円程度取られるであろう頭金が無料
・機種変更、新規契約で必要な事務手数料無料
・店頭購入だと付けられがちな不要な有料アプリなども不要
・クレジットカードや各種サービスを営業されることもない
・店頭で並んだり長い待ち時間を待つ必要がない
・24時間申し込みができるので営業時間が関係ない

時間・お金どちらも節約できます。

便利なドコモオンラインショップ

特に仕事が忙しくドコモショップの営業時間内に店頭に行くのが難しいという人は、24時間いつでも申し込みができるオンラインショップはかなりありがたいサービスのようです。

ちなみに直接自宅に届くように設定もできますが、もし最寄りのドコモショップで店頭受け取りをした場合には手続自体はオンラインショップで済んでいるので頭金などを取られることもなく、店頭スタッフに新機種の気になる点などを相談したりすることも可能です。

ドコモオンラインショップで買って店頭受け取り設定について詳しく知りたい方は
ドコモオンラインショップで店頭受け取り設定・頭金・日数は?

こういったその人のライフスタイルによって柔軟に活用することができるのもドコモオンラインショップのメリットです。
そして何より頭金などの不明瞭な無駄なお金を払う必要が無くお得に手続きできるというのも嬉しいポイントです。
安く購入したいからドコモウィズを選ぶのに無駄な頭金がわけも分からず取られてしまっては気分が悪いですからね。

そういったことが無いようにドコモオンラインショップでドコモウィズ端末を購入するのがオススメです。

ドコモオンラインショップで
ドコモウィズの端末をチェックする方は
ドコモオンラインショップはこちら

まとめ

ドコモウィズ(docomo with)は本当にお得なのか、メリット・デメリットについて説明をしました。

指立て女性

ドコモウィズは、ドコモと長く同じ端末を愛用したい方のサービスです。

格安シムに比べると毎月の料金は高いですが、それよりも通話問題・通信問題がないというのが一番のメリットです。

ただ、2018年に発売された新型iphoneやXperia やGalaxy Note9のように最新機種には対応していません。
スペックが高い機種を希望しているのではなく、日常生活で最低限のことをしたいと思っている方にとってはドコモウィズは本当にお得なのではないでしょうか。

ドコモウィズ(docomo with)について公式サイトでもっと詳しく知りたい方は
ドコモウィズ(docomo with)詳細はこちら

・docomo withにはどんな機種があるのか知りたい方にランキング形式で対象機種を紹介
docomo with(ドコモウィズ)対象機種おすすめランキング
・docomo with・月々サポート終了の疑問について
docomo with・月々サポート終了 機種変更は料金改定後にするのがお得なのか?