※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

iPad Air・iPadの違いを5つの観点で比較!おすすめはどっちの機種?

「iPad Airって普通のiPadと何が違うの?」と思うこと、ありますよね。

実は、iPadの中でもiPad Airと普通のiPadは似ている部分が多くて、どちらを選んだらいいか迷うことがあります。

この記事では、見た目や性能、使いやすさ、使えるアクセサリなど、5つの観点で2つのiPadの違いを分かりやすく説明していきます。

iPadを初めて買う人や、新しいiPadに買い替えようと考えている人が、後悔しない選択ができるように、この記事が役に立てばと思っています。

軽量かつパワフル!iPad Airは魅力たっぷり

iPad Airは軽くてどこへでも持ち運べ、パワフルに使える点が魅力です。

特に最新の「iPad Air 10.9インチ 第5世代」は、非常に薄くて軽量であり、とてもパワフルですから、その魅力を詳しくお伝えします。

デザインに関しては、iPad Proシリーズと同じように、ホームボタンがなく、画面の周りの枠(ベゼル)も狭くなっています。

このため、ディスプレイが大きく感じられ、見た目もスマートです。軽量設計のため、バッグに入れても重くなく、日常の移動や旅行先、カフェでの使用も楽にできます。

画面は、色鮮やかなLiquid Retinaディスプレイが使われており、写真や動画だけでなく、テキストも非常にクリアに表示されます。

性能面では、高性能なApple M1チップが搭載されています。

このチップのおかげで、複数のアプリを使ったり、動画編集のような重たい作業もスムーズに行え、創作活動も快適に楽しむことができます。

利便性もiPad Airの大きな特長です。Touch IDによる簡単で安全な認証が可能で、旧作からはインカメもかなりグレードアップしています。

これにより、オンライン会議の画質や、自撮りフォトでも精度が上がっています。

さらに、第2世代Apple PencilやMagic Keyboardなどのアクセサリーが使えるため、勉強や仕事、創作活動に幅広く活用できます。

日々の活動のパートナーとして、この「iPad Air 10.9インチ 第5世代」は非常におすすめです。

iPad Air 10.9インチ 第5世代・iPad(第10世代)の主なスペックとは

iPad Air 10.9インチ 第5世代とiPad(第10世代)の主要なスペックについて詳しく見てみましょう。

これを読んで、どちらのiPadを買うか決めるのに役立ててくださいね。

【iPad Air】10.9インチ 第5世代

2022年3月に発売された「iPad Air 10.9インチ 第5世代」は、その薄さと軽さが特徴で、高性能な「M1チップ」を搭載しています。

このプロセッサはMacBookにも使用されており、写真や動画編集などの高負荷作業も楽々こなします。

デザインは洗練されており、多彩なカラーバリエーションがありますので、見た目もおしゃれです。

このiPadのメモリは8GBで、画面には鮮明なLiquid Retinaを使用しています。

解像度は2,360×1,640ピクセルで、色鮮やかな映像を楽しむことができます。

ストレージは64GBと256GBのオプションがあり、12メガピクセルの広角カメラと超広角フロントカメラがついているため、高品質な写真やビデオ通話が可能です。

スピーカーは横向きに配置されたステレオタイプで、サイズは247.6×178.5×6.1mm、Wi-Fiモデルの重さは461g、Wi-Fi + Cellularモデルは462gです。

カラーバリエーションにはスペースグレイ、スターライト、ピンク、パープル、ブルーがあります。

基本価格が10万円を切ることもあり、勉学やビジネスシーンでの利用にも向いています。

このように、iPad Air 10.9インチ 第5世代は日常的な使い勝手の良さと、クリエイティブな作業にも対応するスペックを持ち合わせているため、多くの人にとって魅力的な選択肢となっています。

【iPad】第10世代

2022年10月に発売された「iPad 第10世代」は、シンプルで強力なパートナーとして、スタンダードモデルのiPadとして位置づけられています。

このモデルには「A14 Bionicチップ」が採用されており、日常的なタスクには十分すぎるほどのパワーを発揮します。

このiPadは、iPad Airと同じ10.9インチのLiquid Retinaを搭載しており、2,360×1,640の高解像度で鮮明な画像を楽しむことができます。

手頃な価格でありながら、テキスト制作、ムービー視聴、ウェブ閲覧といった日常的な使い道に十分適合する機能性を持っています。

サイズは248.6×179.5×7.0mmで、Wi-Fiモデルの重さは477g、Wi-Fi + Cellularモデルは481gと、取り回しやすい重さと大きさです。

そのため、iPadを初めて購入する方にもおすすめです。

ストレージは64GBまたは256GBの選択が可能で、カメラは12メガピクセルの広角と12メガピクセルの超広角フロントカメラを備えています。

また、スピーカーは横向きに配置されたステレオスピーカーがついています。

カラーバリエーションはシルバー、ピンク、ブルー、イエローの4色があり、それぞれ個性を表現できる色合いです。

このように、iPad 第10世代は日常的な使い勝手の良さと、必要十分な機能を備えた、コストパフォーマンスに優れたデバイスと言えます。

iPad Air 10.9インチ 第5世代・iPad(第10世代、第9世代)の主なスペックを比べてみよう

iPad Airと通常のiPadは、どちらもAppleのタブレットとして大人気ですが、それぞれのモデルにははっきりとした違いがあります。

これから、iPad Air 10.9インチ 第5世代、iPad 第10世代、そしてその一つ前のモデルであるiPad 第9世代の3つのモデルを比較していきます。

選ぶiPadモデルは、あなたが必要とする性能や機能によって変わってきます。

それぞれのモデルの主要なスペックを比較することで、どのiPadが自分のニーズに最も合っているかを見極める手助けになるでしょう。

次の項で具体的な比較を掲載するので、ぜひ参考にしてください。

iPad Air 10.9インチ 第5世代・iPad(第10世代、第9世代)を5つの観点で比較

iPadを選ぶとき、外観や処理効率、値段の違いなどはとても重要な要素ですよね。

ここでは、iPad Air 10.9インチ 第5世代と通常のiPad(第10世代と第9世代)の違いを、外観や画面、処理効率、カメラレンズ、アクセサリーの豊富さ、価格の5つの観点で比較してみましょう。

見た目と画面のサイズ感(ディスプレイ)

iPad Air(第5世代、10.9インチ)とiPad(第10世代、第9世代)は、どちらもAppleのおしゃれでシンプルなデザインを持っていますが、それぞれのモデルには少しずつ違いがあります。

まず、iPad AirとiPad(第10世代)は、従来のホームボタンをなくして画面を大きくしたデザインです。

これにより、もっと広い画面で動画やアプリを楽しむことができます。

対照的に、iPad(第9世代)はホームボタンがついていて、使い慣れた形で安心感があります。

見た目の美しさだけでなく、画面の性能にも注目です。

iPad AirとiPad(第10世代)は10.9インチのLiquid Retinaを使っており、色もはっきりして、細かい部分まできれいに見えます。

一方、iPad(第9世代)は少し小さい10.2インチの画面を使用していますが、この画面でもとてもクリアで、普段使いには十分なクオリティです。

特にiPad Airは、P3の広色域に対応しているので、色の再現性が非常に高いです。

また、画面には反射防止コーティングもされており、外出先でも使いやすいです。

3つのモデルはすべて「True Tone」機能を搭載しており、光の環境に合わせて画面の色温度を自動で調整してくれるので、目の疲れも少なくなります。

自分の使い方に合わせて、これらの特徴をよく理解して選ぶことが大切です。

デジタル絵画や写真編集など、細かい作業をするときは、大画面のiPad AirやiPad(第10世代)が便利ですよ。

内蔵プロセッサのスペック

iPad Air(第5世代、10.9インチ)やiPad(第10世代、第9世代)は、どのモデルもAppleの強力なプロセッサを搭載していて、とても速い動作ができます。

各モデルのプロセッサは、どのように異なり、どんな使い方に最適かを見てみましょう。

まず、プロセッサとは、iPadでアプリを開いたり、動画を見たりするときに、すべての指示を処理する大切な部分です。

このプロセッサの性能が高いほど、iPadの操作がスムーズになり、快適に使えます。

iPad Air(第5世代)には、とても高性能なApple M1チップが使われています。

このチップはMacBookにも使われており、CPUやGPUの速度が前のモデルよりずっと速くなっています。

複数のアプリを同時に使ったり、重いアプリを動かすときもサクサク動きます。

次に、iPad(第10世代)にはA14 Bionicチップが入っています。

このチップも速くてパワフルですが、M1チップに比べると少しパワーが低いかもしれません。

それでも日常のタスクをするには十分な速さがあります。

一方、iPad(第9世代)にはA13 Bionicチップが搭載されています。

これはもう少し前のモデルですが、学校やオフィスでのドキュメント作成、情報検索、プレゼンテーションなど、日常的な使い方には充分な性能を持っています。

家でのウェブ閲覧や動画視聴、簡単なゲームにも快適です。

プロセッサの違いは、アプリの動作速度やウェブページの読み込み速度など、iPadの使いやすさに大きく関わってきます。

特に、iPad Airに搭載されたM1チップは、その速さに驚くかもしれません。

しかし、iPad(第10世代、第9世代)も日常シーンでストレスを感じることなく、しっかりと機能します。

自分の使い方に合わせて、どのモデルが一番いいかを考えて選ぶといいでしょう。

カメラレンズ

最近のiPadはカメラの性能がとても良くなりました。

前は主にビデオ通話や書類のスキャンに使われていたカメラですが、今ではiPhoneと同じくらいの高性能カメラがついています。

iPad Air(第5世代、10.9インチ)とiPad(第10世代、第9世代)のカメラについて、どのような特長があるのか見てみましょう。

iPad AirとiPad(第10世代)には、高解像度で写真が撮れるカメラがついており、4K動画の撮影も可能です。

このカメラを使えば、きれいな写真や動画を撮ることができるので、大切な思い出作りにぴったりです。

一方、iPad(第9世代)のカメラは、iPad AirやiPad(第10世代)と比べると少し劣るかもしれませんが、広角レンズがついていて使い勝手が良いです。

日常のスナップ撮影や美しい風景の撮影など、さまざまな場面で活躍します。

写真や動画をiPadで撮った後は、その大画面を使って編集や加工ができます。

例えば、写真ならPhotoshopやLightroomを使って、プロのような仕上がりにすることができます。

動画に関しては、CapCutやLumaFusionといったアプリで編集し、友だちや家族と共有するのも楽しいですね。

iPadのカメラは、ただの記録ツールからクリエイティブな作業を楽しむための強力なツールへと進化しています。

どんなモデルも日々の生活や特別なイベントで素敵な写真や動画を残すのに役立ちますよ。

アクセサリーの豊富さ

iPadはその単体でもすごい性能を持っていますが、いろいろなアクセサリーと組み合わせることで、もっと多くのことができるようになります。

ここでは、iPadと一緒に使うと便利な主なアクセサリーを紹介します。

まずはアップルペンシルです。これは手書きのメモやイラストを描くとき、PDFに注釈をつけるときなど、いろいろな場面で大活躍します。

筆圧やペンの傾きに反応して、本当のペンみたいに自然に書くことができるのが特徴です。

次に純正キーボードがあります。これを使えば、iPadをまるでノートパソコンのように使うことができます。

タイピングが格段に楽になるので、長文を書いたり、メールをたくさん送る方には特に便利です。

取り付けも簡単で、持ち運びも便利なのが魅力ですが、シリーズによっては使えるキーボードの種類が異なるので、購入するときはその点に注意が必要です。

そして、AirPodsもiPadとの相性がいいアクセサリーです。

これはワイヤレスのイヤホン(またはヘッドホン)で、コードがないので使い勝手がとても良く、見た目もシンプルで美しいです。

音質も高く、どんなファッションにも合わせやすい白色が基調です。

どの種類のiPadにも適合しているので、安心して使えますよ。

音楽を聴いたり、映画を見たりするときには、周りの音を気にせずに集中できるノイズキャンセリング機能がついたものが便利です。

これらのアクセサリーを使えば、iPadでの作業がもっと快適で楽しくなるはずです。自分の使い方に合わせて、便利なアクセサリーを選んでみてくださいね。

販売価格も違う

iPadを選ぶとき、価格はとても重要な観点です。

iPadには「Wi-Fiモデル」と「Wi-Fi + Cellularモデル」の2種類があります。

Wi-Fiモデルはインターネットを使うためにWi-Fi環境が必要ですが、Wi-Fi + Cellularモデルなら、iPad単体でどこでもインターネットに接続できます。

ただし、Wi-Fi + Cellularモデルは価格が高めに設定されています。

iPad Air(第5世代、10.9インチ)とiPad(第10世代、第9世代)はそれぞれ特徴があり、価格も異なります。

iPad Airはパワフルなプロセッサや進んだ液晶技術を使っているため、価格が高くなっています。

その分、高いパフォーマンスや豊富な機能が期待できるので、プロフェッショナルな使い方をしたい人や複雑なタスクをこなす人に適しています。

一方で、iPad(第10世代、第9世代)はもう少し手頃な価格で提供されていて、特に初めてiPadを使う人や主に勉強用に使いたい人にぴったりです。

こちらも日常的な使い方には十分な性能を持っています。

また、公式の教育ストアを利用すると、学生や教育関係者は割引価格でiPadを購入できることもあります。

その他にもキャンペーンや割引が時々提供されるので、購入する際はこれらの情報をチェックすると良いでしょう。

iPad Air 10.9インチ 第5世代・iPad(第10世代、第9世代)を用途で比較

iPadに迷っているとき、どれがあなたにぴったりの機種なのかを決めるのは難しい問題ですよね。

iPad AirとiPadにはそれぞれ違った特徴があって、いろいろな用途に合わせて作られています。

今回は、それぞれのiPadがどんな使い方に向いているかを見ていきましょう。

なお、iPad(第10世代)とiPad(第9世代)は用途が似ているため、ここでは一緒に考えてみました。

学生向け用途で比較

iPad AirとiPadはどちらも学生生活をサポートする素晴らしい機能を持っています。どちらを選ぶかは、何を重視するかによって決めるといいでしょう。

iPad Airは、特にマシンの性能が必要な学生に適しています。

たとえば、グラフィックデザインや動画編集など、高い描画性能や色の再現性が求められる勉強をしている人にはぴったりです。

M1チップとLiquid Retinaが搭載されており、クリエイティブな作業がスムーズに行えます。

また、第2世代のアップルペンシルのサポートにより、自然な書き心地でノート取りやイラスト作成ができますし、Magic Keyboardと組み合わせれば、本格的な文書作成も快適です。

一方、iPadは使いやすさとコストパフォーマンスを重視する学生に最適です。

iPad Airに比べると少し軽量で、持ち運びやすく、バッテリーの持ちもいいため、学校での長時間の授業や移動中の勉強に便利です。

iPad(第10世代)はUSB-Cタイプのアップルペンシルに対応しており、iPad(第9世代)は第1世代のアップルペンシルに対応しています。

このため、どちらのデバイスも授業のノート取りやレポートの作成に役立ちます。

大切なのは、自分の専攻や学びたいこと、現実的に準備できる金額に沿ったiPadにすることです。

ご自身のニーズに合わせて、ぴったりのデバイスを選んで、学生生活をもっと充実させましょう。

社会人向け用途で比較

社会人にとって、iPadはビジネスでもとても役立ちます。

iPad AirとiPad、それぞれの特徴を生かして、自分の仕事に合ったデバイスを選びましょう。

iPad Airは、特にマシンパフォーマンスが求められるビジネスの場に適しています。

高性能なM1チップが搭載されているため、複数のアプリを同時に使うマルチタスクや、大量のデータを扱う作業もスムーズにこなせます。

また、大きなファイルの編集や、複雑なグラフィックスを含む資料の作成も快適に行えます。

Magic KeyboardやSmart Keyboard Folioを使えば、パソコンのような快適なキーボード入力が可能です。

一方、iPadはコストを下げたいユーザーや、シンプルな目的に合っています。

メールの確認、PDFの閲覧、簡単なプレゼンテーションの作成など、普通のビジネス業務には不足のない性能を持っています。

アップルペンシルにも対応しているので、手書きのメモやアイディアのスケッチにも使えます。

社会人にとって重要なのは、作業効率を上げて時間を有効に使うことです。

iPad AirもiPadも、ビジネスの強い味方になり得ますが、自分の仕事内容をよく考えて、最も合った1台を選ぶことが大切です。

エンタメ用途で比較

映画や動画を見たり、ゲームをしたりするのに、iPad AirやiPadはとても便利なツールですよ。

それぞれのiPadの特徴を見て、エンターテイメントを楽しむのにどれがいいか考えてみましょう。

iPad Airは、とても性能が高く、映画やゲームをより楽しむことができます。

カラフルでリアルな映像を楽しめるP3広色域ディスプレイを搭載していて、色が鮮やかです。

さらに、M1チップがついているので、グラフィックが重要な最新ゲームもスムーズに楽しめます。

一方、iPadは手軽に使えるデバイスで、動画視聴や電子書籍を読むのにちょうどいいです。

十分な処理能力とディスプレイの性能を持っているので、日々の楽しみにピッタリです。

iPad AirもiPadも、「True Tone」機能がついているので、光の条件に合わせて画面の色温度が自動で調整され、目に優しいです。

また、スピーカーからはクリアな音が出るので、音楽や映画のサウンドトラックを存分に楽しむことができます。

どちらのデバイスを選ぶかは、どれだけ深くエンターテイメントを楽しみたいかによります。

もっと豊かな体験を求めるならiPad Airが、費用を節約して気楽に使うならiPadが向いています。

ゲーミング用途で比較

iPadはゲームを楽しむための高性能なデバイスとしても活躍します。iPad AirとiPadの違いについて見てみましょうね。

iPad Airは、ゲームが好きな人にとってとても魅力的な選択肢です。

M1プロセッサがついているので、グラフィックが重要なゲームもスムーズに楽しむことができます。

さらに、ステレオスピーカーから出る立体的な音が、ゲームの世界にどっぷりと浸ることを助けてくれます。

一方、普通のiPadでもほとんどのゲームアプリはきれいに動きます。

iPad(第10世代)なら、iPad Airと同じステレオスピーカーがついていて、良い音でゲームが楽しめます。

ただ、iPad Airよりは本体が熱くなりやすいので、長時間高いグラフィックのゲームをするときはちょっと注意が必要です。

もし、もっと高いグラフィックでゲームを楽しみたいなら、iPad Proシリーズがおすすめです。

iPad Airや普通のiPadは画面のリフレッシュレートが60Hzですが、iPad Proは120Hzに対応しています。

リフレッシュレートが高いと、画像がより滑らかに動き、特に動きの速いシューティングゲームなどで快適にプレイできます。

リフレッシュレートは、画面が1秒間に何回画像を更新するかを表す数値です。

たとえば、60Hzのリフレッシュレートなら1秒間に60回、120Hzなら120回画像が更新されます。数値が高いほど、映像がより滑らかに見えますよ。

iPad AirとiPadの違いを知って好きな機種を選ぼう

iPad Air 10.9インチ 第5世代、iPad(第10世代)、そしてiPad(第9世代)は、アップル社のタブレットの中でとても大切な製品です。

これら3つのデバイスは、いろいろな場面で使えるように高い品質で作られています。

iPad Airは、軽くて洗練されたデザインが特長です。

価格は少し高めですが、素晴らしい液晶と強力なプロセッサが組み合わさっていて、多くの人に満足してもらえる性能を持っています。

一方、普通のiPadは、手ごろな価格と便利さが魅力です。

動画を見たり、ネットを見たり、勉強やお仕事にも使える性能があります。

カメラの性能や使えるアクセサリーに少し違いはありますが、どのiPadも日常生活にすっと馴染むように設計されていて、使いやすさが抜群です。

どの機種を選ぶかは、何に使いたいか、予算はどれくらいか、どんなデザインが好きかによって決まります。

あなたにぴったりのiPadを見つけて、最高のパートナーにしてくださいね。

関連情報

iPad(第11世代)とiPad(第10世代)を比較!違いは?どっちを買うべきか解説

iPad/iPad Air/iPad mini6/iPad Pro(2022年)入荷待ちどのくらい?いつ届くのか・入荷状況・届かない時のドコモ・au・ソフトバンク・オンライン確認方法

iPadどこで買うと安い?お得な購入方法・最安値で安く買う方法も解説

auで買えるiPadは?料金プラン・維持費も解説

-iPhone/iPad

Copyright© Happy iPhone , 2024 All Rights Reserved.