ドコモオンラインショップでiPhone12を機種変更したときの開通手続きと初期設定

ドコモオンラインショップでiPhone12を機種変更したときの開通手続きと初期設定

ドコモオンラインショップでiPhone13を購入して機種変更する場合、自分で初期設定・開通手続きが必要です。

今までiPhoneを使っているなら初期設定は「クイックスタート」機能を使えば、簡単に終わらせることができるでしょう。

一方、AndroidからiPhone13にする場合は、iPhone13をアクティベートさせて、ドコモが提供しているアプリを使えば初期設定ができます。

そして、開通手続きは電話とオンラインがありますが、こちらも簡単に済ませることができますよ。

本記事では、上記のような「自分でドコモiPhone13を初期設定・開通手続きするための方法」を紹介していきます。

ドコモオンラインショップでiPhone13を購入した場合、自分で初期設定と開通手続きをしなければならないので、ちょっとめんどくさいと思うかもしれませんが、本記事を読めば「意外と簡単!」と思うはず。

ぜひ最後までチェックしてみて下さい。

 

事務手数料無料

ドコモオンラインショップはこちら

※24時間待ち時間無しで購入

ドコモでiPhone13を機種変更した時の開通手続き・初期設定まとめ

ドコモオンラインショップで購入したiPhone 13は、自宅に届いた時に機種変更されているわけではありません。自分で初期設定と開通手続きをする必要があります。そのままのiPhone 13の電源を入れても電話もネットも使えません。

まずは初期設定(データ移行含む)を行い、その後開通手続きをすることになるでしょう。しかし、そんなに難しい手続きをする必要はありません。

旧iPhoneシリーズからドコモiPhone13に機種変更した場合は、古いiPhoneのSIMカードをドコモiPhone13に入れて、クイックスタートと言う機能を使えば、すぐに初期設定ができます。

初めてドコモiPhone13を使う人やAndroidシリーズから、ドコモiPhone13に機種変更した場合はSIMカードを入れた後、iPhone13のアクティベートすることが必要です。その後、Androidからデータ移行をすることになります。

データ移行ができれば後は開通手続きですが、こちらはすべて共通でネットおよび電話で開通手続きが可能です。

ドコモショップでデータ移行する無料ではなく一部のデータ移行だけにになります。
関連ドコモショップ(店頭)データ移行有料やってくれる

ここから、ドコモオンラインショップからiPhone 13が届いた後、自分で機種変更するための開通手続きや初期設定をさらに詳しく解説しますので、その通りに真似してみて下さい。

iPhoneからドコモiPhone13に自分で初期設定する手順

iPhoneからドコモiPhone13に自分で初期設定する手順は「クイックスタート」を使うことになります。

iPhone 13の場合、クイックスタートという機能によって、今まで使っていたiPhoneの隣にドコモオンラインショップから届いたiPhone 13に置くだけでデータの移行ができます。

クイックスタートの手順は以下の通りです。

クイックスタートの手順

  1. iPhone13に旧iPhoneのSIMカードをいれる
  2. iPhone13の電源を入れて旧iPhoneと近づける
  3. 「クイックスタート」と表示されたら「続ける」をタップ
  4. iPhone13に表示された画面を旧iPhoneで読み取る
  5. iPhone13のパスコードを入力する
  6. Face IDの設定をする
  7. Apple IDの設定(ログイン)をする
  8. 「復元するバックアップ」として旧iPhoneを選択する
  9. 10〜20分ほど待つ

クイックスタートはアクティベーションからデータ移行まで一気にできるので、とても便利です。

AppleiDさえ忘れてなければ簡単にできる方法なので、非常にオススメです。

 

事務手数料無料

ドコモオンラインショップはこちら

※24時間待ち時間無しで購入

 

ドコモiPhone13の初期設定(アクティベーション)

はじめてドコモのiPhone13を使う方(古いiPhoneがない方/データ移行は要らない方)は、アクティベーションが必要です。

また、AndroidからiPhone13に移行する方もアクティベーションが必要になります。

ドコモiPhone13のアクティベーション方法は、以下のような手順になります。

アクティベーション手順

  1. iPhone13にSIMカードを入れる
  2. 言語と地域を設定する
  3. 使用するキーボードを選択する
  4. アクティベーション方法を選択する
  5. 位置情報サービスを設定する
  6. Face IDを設定する
  7. パスコードを設定する
  8. 「新しいiPhoneとして設定」を選択する
  9. Apple IDを設定する
  10. 「Appleに送信」か「送信しない」を選択する
  11. 「Appデベロッパと共有」か「共有しない」を選択する
  12. 表示サイズを選択する

これでiPhone13の初期設定(アクティベーション)は完了です。

つまずきやすいのはアクティベーション方法の選択です。アクティベーション方法は「Wi-Fi」「iTunes」「モバイルデータ通信」から選べますが、「Wi-Fi」が1番簡単かつシンプルで早いのでおすすめです。

利用するWi-Fiネットワークを選択してパスワードを入力し、接続をタップすればOKです。

なお、接続時につかうパスワードは、Wi-Fiルーターの裏面等にあるラベルにあるKEYや暗号化キーのことです。

iPhoneのアクティベーションは以下の記事にて詳しく紹介してますので、併せてチェックしてみて下さい。

iPhoneをはじめて利用する方の設定(アクティベーション)

AndroidからドコモiPhone13に自分で初期設定する手順

AndroidからドコモiPhone13に自分で初期設定するには、iPhone 13をアクティベートした後に、「ドコモデータコピー」アプリを使います。

iPhone 13をアクティベートしたら、Androidに「ドコモデータコピー」をインストールし、「バックアップ&復元」→「バックアップ」を選択してください。

バックアップするデータを選択したら「バックアップ開始」をタップ。これで下準備は完了です。

次はiPhone13に「ドコモデータコピー」アプリをインストールします。

インストールし終えたら、AndroidとiPhone13を並べて、iPhone13にインストールしたアプリ「データ移行」をタップしてください。

そして「はじめる」をタップします。これで後は案内に従っていくだけで、AndroidからiPhone13にデータを移行できます。

なお、さらに詳しい手順は、以下の記事を参考にしてみてください。

ドコモ スマートフォンからiPhoneへのデータの移行

ドコモオンラインショップiPhone 13の開通手続き

ドコモオンラインショップから届いたiPhone13の初期設定したであれば、後は開通手続きで機種変更は完了です。

開通手続きは2種類あります。自分の都合の良い方法を選んで下さい。具体的には以下の通りです。

開通手続きは2種類

  1. 電話で開通させる
  2. オンラインで開通させる

ではそれぞれの方法における、開通までの手順を紹介していきましょう。

電話で開通させる

新しく購入したiPhone 13から以下の電話番号に電話をかけて下さい。

開通手続きの電話番号

  • 1580(通話料無料)
  • 受付時間24時間(システムメンテナンス時間を除く)

購入したiPhone 13以外からはつながらないので、注意してください。電話をかけると以下の要素を聞かれます。後であたふたしないように、事前に確認しておきましょう

電話で必要な要素

  • ネットワーク暗証番号
  • 新しいSIMカードを挿入した機種

基本は音声ガイダンスに従うだけでOKです。最終的に「開通いたします。」というガイダンスが流れますので、「1」と「#」を押してください。

すると「ただいま開通処理を行っています」というガイダンスが流れて、数秒待つことになります。

「SIMカードを開通いたしました。ご利用ありがとうございました。」というガイダンスが流れたら電話を切ります。これでドコモオンラインショップで購入したiPhone 13の機種変更は完了です。

オンラインで開通させる

まずはトップページから「購入履歴」をクリックしてください。

そして「受付番号」「連絡先電話番号」「暗証番号」を入力していきます。dアカウントがある場合はログインしてください。

「切り替え(開通)のお手続きへ」という項目が表示されますのでクリックしてください。

すると「開通前のご確認事項」「受付確認メール送信先」が、表示されますので、読み飛ばすことなく問題ないか確認します。そして受付確認用のメールアドレスを入力して「次へ」をクリックします。

最後に「ご注文を確定する」をクリックしてください。

これでドコモオンラインショップで購入したiPhone 13の機種変更手続きは完了です。

もし手続き中にエラーが表示された場合は、以下の連絡先に電話してみて下さい。

エラーが出たときの連絡先

  • ドコモ携帯電話の場合は「151(無料)」
  • 一般電話の場合は「0120-800-000」
  • 受付時間は午前9時~午後8時(年中無休)

ドコモiPhone13を自分で初期設定:よくある質問

ドコモiPhone13は自分で初期設定する際に、出てくるであろう「よくある質問」をまとめます。

ドコモショップ店舗ではiPhone13の初期設定はしてもらえる?

どうしても自分で初期設定ができそうになければ、ドコモショップでの初期設定サポートを使うのも良いでしょう。3,300円かかりますが、以下のデータの引っ越ししてくれます。

有料サポートでやってくれること

  • dアカウント
  • ビジネスdアカウント
  • Apple ID
  • Googleアカウントの設定
  • ドコモアプリケーションの設定
  • 一部のデータ移行

注意していただきたいのは、一部のデータが移行できない件です。

クイックスタートをつかえば、すべてのデータが移行できるので、よほどの理由がない限り、iPhone 13の場合はクイックスタートを使うことをオススメします。

旧iPhoneからSIMカードを取り外す方法は?

SIMカードは電話番号情報などが入ったICカードです。今まで使っていたiPhoneからSIMカードを取り出すのは、SIMトレイにピンを挿すことでできます。

上記のようにやれば簡単にSIMカードを取り出せます。ピンを入れて押すときは力を入れなければならないので注意してください。

iPhone 13へSIMカード取り付けは?

旧iPhoneからSIMカードを取り出したら、新しいiPhone 13のほうに今まで使っていたSIMカードを挿してください。

他の機種だと、カードをさした後に何らかの手続きが必要になるのですが、ドコモのiPhone 13の場合はSIMカードを挿すだけで大丈夫です。後は開通手続きさえすれば、問題なく利用できるようになります。

ドコモオンラインショップから届くものは?

オンラインショップから届くものは、当たり前ですがiPhone 13の端末になります。その他にはどのようなものが同梱されているのでしょうか。

さっそくドコモオンラインショップから届いた箱を開けてみましょう。(今回はiPhone12を例に挙げます)

場合によってラインナップが変わることも多いですが、基本的には以下のものが届いているはず。

iPhone 13の同梱品

  • iPhone本体と付属品が入った箱
  • 商品受取後の設定について書かれた紙
  • 商品お届けの案内(納品書)

今回は機種変更なのでSIMカードは届きませんが、新規契約やMNP乗り換えをした場合はSIMカードが同梱されます。

iPhone 13本体が入った箱の中身は?

iPhone 13本体が入った箱の中身を開けてみましょう。(今回はiPhone12を例にあげます)

iPhone 13本体以外にも以下のような付属物があるはずです。

iPhone 13の同梱品

  • SIMトレイ取り外しピン
  • Appleロゴのシール
  • 説明書が入ったケース
  • Lightningケーブル

iPhone 12からこれまで付属していたEarPods(イヤホン)と、電源アダプタが付属しないようになってるので注意してください。

また勘違いされがちですが、iPhone 13を買ったからといって話題のAirPodsが同梱されているわけではありません。

 

事務手数料無料

ドコモオンラインショップはこちら

※24時間待ち時間無しで購入

 

ドコモオンラインショップ関連記事

ドコモオンラインショップの支払い方法は?dカードがお得?

ドコモオンラインショップで機種変更して開通させる流れ・手順を解説!メリット・デメリットは?

ドコモオンラインショップ審査日数・時間タイミング 落ちた・通った審査結果確認方法

ドコモオンラインショップ在庫なしの入荷予定・未定とは?在庫復活・在庫確認方法解説

ahamo 支払い方法 口座振替・クレジットカード変更できない時の原因と対処方法を解説

-ドコモ(docomo)
-, , ,

Copyright© Happy iPhone , 2021 All Rights Reserved.