※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

ドコモ「ワンナンバーサービスマルチデバイスオプション」が2022年11月16日より開始

ドコモ「ワンナンバーサービスマルチデバイスオプション」についてまとめます。

ドコモ「ワンナンバーサービスマルチデバイスオプション」とは、「ワンナンバーサービス」において、スマートフォンと最大5台のオプション端末で同時に電話番号を共有できるサービスです。2022年11月16日より開始しています。

本記事では対応する端末や、料金、大本となるワンナンバーサービスについても解説しますので、参考にしてみてください。

ドコモ「ワンナンバーサービスマルチデバイスオプション」11月16日より開始

NTTドコモは、2022年11月16日より、「ワンナンバーサービス」において、スマートフォンと最大5台のアクセサリ端末で同時に電話番号を共有できる「マルチデバイスオプション」の提供を開始しました。

従来、「ワンナンバーサービス」は、月額550円で1台のアクセサリ端末(アップルウォッチなど)でしか利用できず、複数のアクセサリ端末で利用する場合は、その都度変更するか、1台ごとに「ワンナンバー登録料」550円が必要でした。

新たに「マルチデバイスオプション」を追加し、最大5台のアクセサリ端末で電話番号を共有できるようになっています。ワンナンバーサービスマルチデバイスオプションについてまとめると以下の通りです。

お申込み 必須
ご利用料金
  • 月額使用料:550円(税込)
  • ワンナンバーサービスの契約が必須
  • ワンナンバーサービスと合算すると1,100円(税込)
登録可能台数 アクセサリ端末:1~5台

オプションとして別途月額550円が必要ですが、端末が5台以内であれば、端末ごとに変更したり「ワンナンバー登録手数料」を支払ったりする必要はありません。

ワンナンバーサービスマルチデバイスオプションの対応端末

ワンナンバーサービスマルチデバイスオプションの対応端末は、Apple Watch(GPS + Cellularモデル)「ワンナンバーフォン ON 01」(販売終了)、BMWのOne Numberサービス対応車です。

BMWのOne Numberサービス対応車は以下の通りになります。

対応車種

  • BMW iX
  • BMW i4
  • BMW 2シリーズ アクティブ ツアラー(2022年モデル以降)
  • BMW 3シリーズ セダン(2023年モデル・イヤー以降)
  • BMW 3シリーズ ツーリング(2023年モデル・イヤー以降)
  • BMW 7シリーズ(2023年モデル・イヤー以降)
  • BMW i7

iPhoneの新規契約が安いのはどこ?価格やお得な機種を解説
iPhone安い機種ドコモのおすすめは?お得に買うコツも解説
iPhoneとAndroidを2台持ちするデメリット・メリットは?上手な使い分け方も解説

ワンナンバーサービスマルチデバイスオプション対応の料金プラン

ワンナンバーサービスマルチデバイスオプション対応の料金プランは、5Gギガホプレミア、5Gギガホライト、ギガホプレミア、ギガホライト、はじめてスマホプラン、U15はじめてスマホプラン、5Gギガホ、ギガホ、およびahmoが対象となります。

まとめると以下の通りです。

対応の料金プラン

  • 5Gギガホ プレミア
  • 5Gギガライト
  • ギガホ プレミア
  • ギガライト
  • はじめてスマホプラン
  • U15はじめてスマホプラン
  • ahamo
  • 5Gギガホ
  • ギガホ
「5Gギガホ プレミア」「ギガホ プレミア」「5Gギガライト」「ギガライト」の4プランは2023年6月30日で新規受付終了です。契約中のユーザーは引き続き利用できますが、代わりに後継の新プラン「eximo」(エクシモ)が提供されます。

ドコモ新料金プラン「eximo(エクシモ)」7月1日提供開始!デメリットはある?

ドコモ新料金プラン「irumo(イルモ)」7月1日提供開始!デメリット・おすすめな人は?

ドコモ料金プランirumo・ahamo・eximoの違いを比較!どれを選ぶべきか

エクシモ(eximo)の対応機種まとめ!ドコモ以外のスマホは使える?

特筆すべきなのは、ahamoも対応であることです。ahamoユーザーでアップルウォッチなどを使っている方はうれしいサービスとなるのではないでしょうか。

「ワンナンバーサービスマルチデバイスオプション」をもっと知りたい人は、ドコモ公式ページをチェックしてみてください。

ここまではドコモ「ワンナンバーサービスマルチデバイスオプション」について紹介しましたが、大本のサービスである「ワンナンバー」についても解説しておきます。

ドコモ「ワンナンバーサービス」とは

ドコモの「ワンナンバーサービス」とは、ドコモ回線で利用する1つの電話番号を、月額550円(税込)でスマートフォンだけでなく、アクセサリ端末(アップルウォッチ)などと共有できるサービスです。

スマートフォンを持たずに外出したり、スポーツをしたり場合でも、電話番号を共有したアクセサリ端末を持ち歩くことで、音声通話やSMS、データ通信を楽しむことができます。まとめると以下の通りになります。

お申込み 必須
ご利用料金
  • 月額使用料:550円(税込)
  • ワンナンバー登録手数料:1回につき550円(税込)
登録可能台数 アクセサリ端末:1台

ワンナンバーサービス対応の料金プラン

ワンナンバーサービス対応の料金プランは、ワンナンバーサービスマルチデバイスオプションとすこし違うので注意してください。

対応の料金プラン

  • 5Gギガホ プレミア
  • 5Gギガライト
  • ギガホ プレミア
  • ギガライト
  • はじめてスマホプラン
  • U15はじめてスマホプラン
  • ahamo
  • カケホーダイプラン(スマホ/タブ)
  • カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)
  • シンプルプラン(スマホ)
  • 5Gギガホ
  • ギガホ

ワンナンバーサービスマルチデバイスオプションとちがって、シンプルプランなどの料金プランも対応です。

つまり、シンプルプランの方はワンナンバーサービスは使えますが、ワンナンバーサービスマルチデバイスオプションは使えないということになります。

「ワンナンバー」をもっと知りたい人は、ドコモ公式ページをチェックしてみてください。

ドコモのワンナンバーサービスをつかってもっと快適に

ドコモの「ワンナンバーサービス」とは、ドコモ回線で利用する1つの電話番号を、月額550円(税込)でスマートフォンだけでなく、アクセサリ端末(アップルウォッチ)などと共有できるサービスです。

ドコモ「ワンナンバーサービスマルチデバイスオプション」とは、「ワンナンバーサービス」において、スマートフォンと最大5台のオプション端末で同時に電話番号を共有できるサービスです。2022年11月16日より開始しています。

どちらも、アップルウォッチなどのオプション端末をつかう人にとっては、かなり便利なサービスです。

アップルウォッチ1台だけならワンナンバーサービス、車とも連携したい人は「ワンナンバーサービスマルチデバイスオプション」をつけるとよいのではないでしょうか。

「ワンナンバーサービス」および「ワンナンバーサービスマルチデバイスオプション」をもっと知りたい人は、ドコモ公式ページをチェックしてみてください。

ドコモ関連記事

ドコモの5G WELCOME割まとめ!対象機種・適用されない場合は?
ドコモのはじめてスマホ割を解説!対象や割引額も紹介
ドコモのU15はじめてスマホ割を解説!条件や対象商品も紹介
ドコモのはじめてスマホ購入サポートとは?割引適用条件・対象機種・注意点を解説
ドコモの端末購入割引とは?対象機種や割引額を紹介
ドコモの解約金と解約金留保が廃止!2年契約の扱いはどうなる?
ドコモのあんしん遠隔サポートとは?必要性・料金料金を解説
docomo Certified(ドコモ認定リユース品)まとめ!ラインナップ・価格も紹介
ソフトバンク4Gから5Gへ機種変更する方法まとめ!オンラインでの契約変更も解説
ドコモオンラインショップで家族の携帯機種変更必要な物・手続きの流れ・注意点
ドコモiPadの解約の手順は?オンラインでもできるか解説
ドコモのsmartあんしん補償とは?どんな補償が受けられる?
home 5G HR02在庫・入荷・予約状況!新型ドコモホームルーターの予約確認方法

アップルストアで購入したiPhoneをドコモで使う完全ガイド
ドコモの自分のメールアドレスを確認する方法
ドコモのワンナンバーサービスマルチデバイスオプション
ドコモ iPhoneからiPhone 機種変更する方法を解説!ドコモデータコピー以外でもできる?
iPhone 15発売日いつ?キャリアの予約開始日・価格・スペック最新情報
Apple Watch Series 9 (Apple Watch 9)発売日・予約開始日いつ?新機能・スペック解説

-ドコモ(docomo)

Copyright© Happy iPhone , 2024 All Rights Reserved.