※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

アップルウォッチ10を待つべきか?新機能やApple Watch 9を見送るべき理由は?

アップルウォッチ10は2024年秋頃の発売が有力視されていますが、本当にリリースを待つべきでしょうか?

この記事では、アップルウォッチ10に予想される新機能やリーク情報から、Apple Watch 9を見送るべき理由があるのかを深掘りしていきます。

アップルウォッチ10は、初代AppleWatchが登場してから実に10世代目ということで、ユーザーからの期待も高まっている機種です。

革新的なアップグレードが行われるのか、本当に待つべき機種なのか迷っているあなたは、ぜひ参考にしてみてください。

アップルウォッチ10を待つべきか?新機能で期待されること

アップルウォッチ10を待つべき理由を、予想される新機能から考察していきましょう。

2024年9~10月に発売が予想されるアップルウォッチ10では、サイズチェンジや磁気バンド、血圧モニタリングなどのアップグレードが期待されています。

アップルウォッチ10はより薄く大型になる

先日、アップルウォッチ10の設計図と思われるリーク情報があり、従来のモデルよりも薄く大型化される見通しだとわかりました。

「91Mobiles」が公開した情報によると、現在の最上位モデル「Ultra」と同じ2インチのディスプレイを採用するとのこと。

視認性が格段に向上するため、一度にたくさんの情報を処理できるデバイスになりそうですね。

従来の機種は小さくて見にくいと感じていた人にとっては、アップルウォッチ10を待つべき大きな理由となるでしょう。

ただし、2インチの液晶はかなりの存在感ですから、実際に装着してみると結構ゴツく感じられるかも。

並行して薄型にもなると言われていますので、腕に付けてみたら意外と違和感は無い、ということかもしれませんね。

アップルウォッチ10のバンドは磁気式に変わる

米メディアのBloombergの情報では、アップルウォッチ10は腕につけるバンド部分が大きく変わるとのこと。

どうやらマグネットバンドに変更されるようで、装着が容易になるため、もっとスマートに端末を使いこなせそうですね。

ただし、磁気バンドは従来のバンドとの互換性に乏しい可能性が高いため、注意が必要です。

バンドを気分で付け替えて、ファッションアイテムとして楽しんでいた人にとっては、集めてきた過去のコレクションが無駄になってしまうかもしれません。

アップルウォッチ10はバッテリー持ちが良くなる

磁気バンドがアップルウォッチ10に実装されると、これまで本体にバンドを装着していた部分に、ある程度のスペースが確保できそうです。

ここでバッテリー容量を増強すれば、電池持ちが改善するかもしれません。

従来のアップルウォッチでも、多くのユーザーから「難あり」と声が挙がっていたのは、充電が面倒な点です。

たとえば、Apple Watch 9はMAX18時間しかバッテリーが持たないので、終日外に出るようなときはバッテリー切れの防ぎようがありませんでした。

ディスプレイ自体が2インチに大きくなるという情報もあるため、デメリットだったバッテリー周りが改善されることが期待できます。

アップルウォッチ10では血圧が測れるかも

Bloombergの情報をさらに見ていくと、アップルウォッチ10には血圧測定が搭載されるかもしれません。

スマートウォッチをつける用途として、ヘルスケア機能を理由とするユーザーは多いため、健康管理に役立つ機能が追加されるのは嬉しい改善ですね。

ただし、海外リークを調べる限り、測定機能の詳細についてはまだはっきり分かっていないようです。

血圧の数値を測るのではなく、血圧の上昇を読みとったり、アラートを発したりする機能になる可能性があります。

アップルウォッチ10を待つべき人・待つべきではない人

最後に、これまでの内容を踏まえて、アップルウォッチ10を待つべき人・待つべきではない人の特徴をまとめてみましょう。

Apple Watch 9の購入を見送るべきかどうか迷っている人も、ぜひ参考にしてみてください。

アップルウォッチ10を待つべき人

アップルウォッチ10を待つべき人とは、従来のApple Watchの視認性に満足していない人です。

大型化・薄型化は既定路線なので、Ultra同様のサイズ感となる可能性が高く、抜群に見やすいスマートウォッチに仕上がるでしょう。

また、これまで購入したことがないけれど、はじめてアップルウォッチを買ってみたいと思っている人にもおすすめです。

新しくマグネットバンドが採用される見通しですが、従来のコレクションを持っていない人ならば、在庫が無駄になることがありません。

さらに、古い端末のバッテリー持ちに不満がある人は、アップルウォッチ10に買い替えるとストレスが軽減される可能性があります。

ただし、バッテリー持ちの予想は公式データに基づくものではなく、あくまで本体のサイズ変更などによる客観的な推測によるものです。

電池持ちが気になっている人は、今後Apple公式からスペックが発表されるのを待つべきでしょう。

アップルウォッチ10を待つべきではない人

反対に、アップルウォッチ10を待つべきではない人、既存モデルを選んだ方が良い人の特徴も見ていきましょう。

まず、サイズがこれ以上大きくなってほしくない、ゴツいアップルウォッチは要らないという人は、10世代目を待つべきではありません。

大型化と同時に薄型にもなるため、思ったほど着け心地は悪くないはずですが、液晶が大きくなるので見た目の存在感は増します。

また、購入費用を抑えたい人は、既存モデルが型落ちになるチャンスを狙って買い替えたほうが、メリットは大きいでしょう。

ここ数年のモデルは毎年値上げして発売されていますから、この傾向を踏まえると、アップルウォッチ10の価格が横ばい、もしくは値下がりとなる可能性は低いです。

マグネットバンドは必要ない、血圧は測らなくて良いという考えならば、既存モデルを買った方がコストを抑えられて、端末に満足できるはずですよ。

アップルウォッチ10を待つべきかどうかは迷うところ

本記事では、アップルウォッチ10を待つべきかどうか、期待される新機能などのリーク情報をもとに解説してきました。

アップルウォッチ10は、従来よりも大型になるという説が有力で、なおかつ薄型となるようです。

新しくマグネットバンドを採用するとの情報もあり、バンドの素材やカラーバリエーションがどうなるのかも楽しみですね。

サイズアップにより、バッテリー持ちが改善されるという期待もありますが、その一方で存在感のある見た目になるかもしれません。

ファッションアイテムという見方もあるアップルウォッチ10、発売を待つべきかどうかは個々の好みによるところも大きいです。

ぜひ続報に期待しつつ、従来モデルとも見比べながら購入を検討してみてくださいね。

関連情報

Apple Watchをつける位置はどっち?右手首につけるのがおすすめって本当?

Apple Watchはどこで買うのがお得?おすすめの買える場所を紹介

Apple Watch SE2の発売日いつ?予約開始日・常時点灯するのか・価格も解説

Apple Watch 8の発売日いつ?価格・新機能や他との違いも解説

-iPhone/iPad

Copyright© Happy iPhone , 2024 All Rights Reserved.