Xperia XZ2/Premium は2022年まだ使える?機種変更でおすすめの機種解説

Xperia XZ2/Premium は2022年まだ使える?機種変更でおすすめの機種解説

Xperia XZ2/Premium は2022年まだ使える?機種変更でおすすめの機種について解説します。

2018年5月に発売されたXperia XZ2/Premiumはすでに製造が中止され、OSアップデートやセキュリティパッチの更新が終了しています。

Xperia XZ2やXperia XZ2 Premiumを使っている方の中には、「2022年の今でもまだ使える?」と不安に思う方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事ではOSのサポート、セキュリティパッチの更新、修理受付期間、スペックなどの観点からXperia XZ2/Premiumがまだ使えるのかを検証。機種変更する際のおすすめの機種を紹介します。

Xperia XZ2/Premiumは2022年はまだ使える?使うのは厳しい

結論として2022年現在、Xperia XZ2/Premium がまだ使えるかといえば「厳しい」「難しい」といえます。

現在Xperia XZ2/Premiumを利用している方は、早めに機種変更を考えた方が良いでしょう。

 

Xperia XZ2/Premiumが使うのが厳しい理由

Xperia XZ2/Premiumは2022年使うのが厳しい理由について、ひとつずつ詳しく解説します。

  • OSのサポートが終了
  • セキュリティパッチの更新が終了
  • メーカーの修理受付が2023年6月で終了
  • バッテリーが寿命を迎えている可能性が高い
  • 5Gに対応していない
  • スペック的に限界が近い

Xperia XZ2/PremiumはAndroid OSのサポートが終了

Xperia XZ2/Premiumは202年6月を最後にAndroid OSのサポートが終了しています。

記事を執筆している2022年5月でのAndroid最新バージョンがなのに対して、Xperia XZ2/Premiumは2世代前のAndroid10にまでしか対応していません。

古いバージョンのOSで利用を続けると次のようなデメリットがあるので注意が必要です。

  • ウィルスに感染しやすくなる
  • システムに不具合が生じる可能性あり
  • Androidの新機能を追加できなくなる

まず、古いバージョンのOSで利用を続けるとウィルスに感染するリスクが高まります。

これは、新しいAndroid OSが最新のウィルスへの対応を行なっているため。

また、スマホもコンピューターに一種である限り、システムに不具合が生じる可能性があります。

この場合、OSのアップデートで不具合へ対応するのですが、サポートが終了していると対応ができません。

その他、サポートが終了していると、Androidの新しい機能の追加もできないというメリットもあります。

Xperia XZ2/Premiumはセキュリティパッチの更新が終了

Androidはシステムの脆弱性を補うため、一定期間セキュリティパッチの更新が行われます。

一般的にセキュリティパッチの更新期間は2年半から3年程度。

Xperia XZ2/Premiumの発売は2018年5月ですから、セキュリティパッチの更新は終了している可能性が高いです。

実際にXperia XZ2/Premiumのセキュリティパッチは2020年6月を最後に更新されていません。

セキュリティパッチの更新を行わないとウィルスに感染しやすくなるほか、個人情報漏洩のリスクも高まるので注意してください。

Xperia XZ2/Premium 修理受付期間は2023年6月で終了

Xperia XZ2/Premiumはメーカーによる修理受付が2023年6月で終了と発表されています。

修理受付終了とともに補修部品の製造もストップするため、スマホ修理業者でも修理できない可能性が高いです。

このため、2023年6月以降に故障した場合はすぐに機種変更が必要となるので注意してください。

Xperia XZ2/Premiumはバッテリーが寿命を迎えている可能性が高い

ソニーは、Xperia XZ2/Premiumのバッテリーについて「2年使っても劣化しにくいバッテリー」とうたっています。

言い方をかえると、3年〜4年経過していればバッテリーが劣化し、寿命を迎えている可能性が高いです。

TwitterではXperia XZ2/Premiumのバッテリーについて次のようなツイートが多数みられました。

すでに触れたとおりXperia XZ2/Premiumの修理受付は2023年6月で終了し、以降はバッテリー交換もできなくなるので注意して下さい。

Xperia XZ2/Premiumは5Gに対応していない

ご存知の通り、Xperia XZ2/Premiumは5Gに対応していません。

高速な5G通信が利用できないのは大きなデメリットといえるでしょう。

こちらは、最新のXperiaに機種変更して5Gの速さを実感した方のツイート。

他にも5Gを利用している方からは「動画視聴が快適」「ネットやゲームがサクサク動く」などの声が聞かれました。

Xperia XZ2/Premiumはスペック的に限界が近い

記事執筆段階でXperia XZ2/Premiumは発売から4年を迎えます。

このため、Twitterでは「スペック的に限界だ」という声が多く聞かれました。

中でも深刻なのは「電源が落ちる」「再起動ループ」になるという声。

Xperia XZ2/Premiumを使っている方は、このような現象が起こる前に機種変更をした方が良いでしょう。

 

Xperiaで機種変更におすすめの機種

ここまで紹介した通り、Xperia XZ2/Premiumはさまざまな理由から限界が近いです。

このため、早めに機種変更を考えた方が良いでしょう。

2022年5月現在、Xperiaシリーズは低価格モデルからハイエンドまで幅広いモデルが発売されています。

ここで機種変更におすすめのXperiaをみてみましょう。

Xperia Ace Ⅲ

Xperia ACE Ⅲ
(画像出典 : ソニー )

2022年6月中旬以降に、ドコモ・au・UQモバイル・ワイモバイルから発売される5.5インチディスプレイのローエンドモデルです。

Xperia Ace IIIは5G化されたほか高性能プロセッサを搭載するなど、前モデルXperia Ace Ⅱから大きくスペックアップしました。

【Xperia Ace IIIのスペック】

Xperia Ace IIIXperia Ace Ⅱ
ディスプレイ5.5インチ液晶 HD+5.5インチ液晶 HD+
プロセッサSnapdragon 480 5GHelio P35
RAM容量4GB4GB
ストレージ64GB(外部ストレージ対応)64GB(外部ストレージ対応)
リアカメラ13MP f1.813MP+深度測位 f2.0
フロントカメラ5MP f2.25MP f2.0
バッテリー容量4,500mAh4,500mAh
ワイヤレス充電非対応非対応
生体認証指紋認証指紋認証
通信方式5G(Sub-6)4G
おサイフケータイ・NFC対応対応
イヤフォンジャックありあり
サイズ140mm×69mm×8.9mm140mm×69mm×8.9mm
重さ162g159g

2022年5月31日現在、ドコモのみがXperia Ace Ⅲの価格を発表しています。

他キャリアについては価格が発表され次第、情報を追加します。

【Xperia Ace Ⅲの価格】

販売価格端末購入プログラム利用時の負担額
ドコモ34,408円

1,151円×23回+最終回7,920円

26,488円

1,151円×23回

au未発表未発表
UQモバイル未発表未発表
ソフトバンク未発表未発表

Xperia Ace3 発売日 いつ・予約開始日・価格

Xperia 10 Ⅳ

Xperia 10 Ⅳ

(画像出典 : ソニー )

2022年7月上旬以降にドコモ・au・ソフトバンク・UQモバイルから発売されるミッドレンジモデルです。

Xperia 10 Ⅳは画面の明るさが50%アップ、最新プロセッサ搭載、カメラ性能がアップするなど、大変魅力あるモデルとなっています。

【Xperia 10 Ⅳのスペック】

Xperia 10 ⅣXperia 10 Ⅲ
ディスプレイ6インチ有機EL FHD+
画面比率 21:9 60Hz(画面輝度50%アップ)
6インチ有機EL FHD+
画面比率 21:9 60Hz
プロセッサSnapdragon 695 5GSnapdragon 690 5G
RAM容量6GB6GB
ストレージ128GB128GB
外部ストレージ最大1TB MicroSD最大1TB MicroSD
リアカメラ広角 12MP f/1.8(光学式手ブレ補正)
超広角 8MP f/2.2
望遠 8MP f/2.4
広角 12MP f/1.8
超広角 8MP f/2.2
望遠 8MP f/2.4
フロントカメラ8MP f/2.08MP f/2.0
バッテリー容量5,000mAh4,500mAh
ワイヤレス充電非対応非対応
生体認証指紋認証(電源ボタン内蔵式)指紋認証(電源ボタン内蔵式)
おサイフケータイ/NFC対応対応
イヤフォンジャックありあり
サイズ153×67×8.3mm154×68×8.3mm
重量161g169g

2022年5月31日現在、ドコモのみがXperia 10 Ⅳの価格を発表しています。ソフトバンク・au・UQモバイルのXperia 10 Ⅳの価格は未発表です。

他キャリアについては価格が発表され次第、情報を追加します。

販売価格端末購入プログラム利用時の負担額
ドコモ64,152円

1,813円×23回+最終回22,440円

41,712円

1,813円×23回

au未発表未発表
ソフトバンク未発表未発表
UQモバイル未発表未発表

Xperia 10 Ⅳ 発売日いつ?予約開始日・価格・スペック・最新情報まとめ

Xperia 1 Ⅳ

Xperiaシリーズ最新のハイエンドモデルです。

(画像出典 : ソニー )

Xperia XZ2/Premiumからの機種変更には最も相応しいモデルといえるでしょう。

Xperia 1 Ⅳはディスプレイ輝度が大幅にアップ。世界初の光学ズームに対応するなどハイエンドモデルに相応しいスペックとなっています。

Xperia 1 ⅣXperia 1 Ⅲ
ディスプレイ6.5インチ OLED 4K HDR

21:9 120Hz

(画面輝度が50%アップ)

6.5インチ OLED 4K HDR

21:9 120Hz

プロセッサSnapdragon 8 Gen1Snapdragon 888
RAM12GB12GB(国内モデル)
ストレージ256GB256GB(国内モデル)
アウトカメラ広角 : 1,200万画素

超広角 : 1,200万画素

望遠 : 1,200万画素

(85-125mm光学ズーム)

iToFセンサー

広角 : 1,200万画素

超広角 : 1,200万画素

望遠 : 1,200万画素

(70/105mm可変望遠)

iToFセンサー

インカメラ1,220万画素

イメージセンサー大型化

800万画素
バッテリー5,000mAh

最高30W充電

4,500mAh

最高30W充電

5G通信Sub-6/ミリ派Sub-6/ミリ派
生体認証指紋認証指紋認証
イヤフォンジャック
サイズ(mm)165×71×8.2165×71×8.2
重さ(g)187188

Xperia 1 Ⅳの価格は以下の通りです。

各キャリアともに端末購入プログラムの対象となっているためお得に購入可能となっています。

販売価格端末購入プログラム利用時の負担額
ドコモ190,872円

(4,797円×23回+最終回80,520円)

110,331円

4,797円×23回

au192,930円

(4,830円×23回+最終回81,840円)

111,090円

4,830円×23回

ソフトバンク199,440円

4,155円×48回

99,720円

4,155円×24回

Xperia 1 IV 発売日いつ?予約開始日・価格まとめ

まとめ

Xperia XZ2/Premium は2022年まだ使えるかについてまとめました。

最後にもう一度要点をまとめます。

  • Xperia XZ2/PremiumはOSアップデートやセキュリティパッチ更新が終了している
  • メーカーによる修理受付が2023年6月で終了
  • 5Gに対応していない
  • スペック的に限界が近い

このため、できるだけ早く最新機種へ機種変更するのがおすすめです。

Xperiaの2022年モデルについて詳しくはこちら。

2022年新型Xperia発売日・スペック・価格まとめ

Xperia関連情報

Xperia 1 Ⅳ Galaxy S22 違い 比較!どっち 買うべきか解説

Xperia 1 IV在庫 ・入荷状況!在庫切れ・あり確認方法【ドコモ・au・ソフトバンク】

Xperia 1 Ⅳ 待つべき?Xperia 1 Ⅲの違いを比較!買うならどっちがおすすめか?

Xperia Ace Ⅲ 発売日いつ?予約開始日・価格・サイズ・スペック最新情報

Xperia Ace IIIキャンペーン情報まとめ!ドコモ・au・UQ・ワイモバイル割引・値下げ・安く買う情報

-Xperia
-, ,

Copyright© Happy iPhone , 2022 All Rights Reserved.