※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

Android14配信はいつ?新機能・対応機種や注意点まとめ

Android14はいつ配信されるのかまとめたページです。

現在Android14はβ版が公開されており、いよいよ秋頃に配信されるとの噂があります。

そこで今回は、Android14の配信日はいつなのか、新機能について調査しました。

新OSの対応機種や、サポート外となった場合のリスクについても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

auからスマホ秋冬モデル新機種が発売開始
auの発売新機種についてはこちら

iPhone・Android新機種のキャンペーン開催中
店舗・量販店で待たず購入する方は
auオンラインショップで今すぐ購入はこちら

Android14はいつ配信される?

Android14の配信時期は、2023年10月4日に延期されたとのリーク情報がありました。

Mishaal Rahman氏によると、Android14のソースコードのリリースは当初9月5日(現地時間)に予定されていたものの、直前で何らかのイレギュラーがあり延期となった模様です。

すでにβ版でも、度重なる不具合の改善が行われている様子のAndroid14ですが、リリース前にして品質トラブルが続いているようです。

この延期により、10月4日に予定されている「Google Pixel 8」の発表会と合わせて、Android14がリリースされる可能性が出てきました。

同氏によれば、Pixelの発表会と新しいOSのリリースが同時に実現すれば、今回が初の試みになると言及しています。

いずれにせよ、Android14を待ち望んでいるユーザーにとっては、楽しみが少し先送りになってしまいました。

Android14の新機能

Android14に実装される新機能から、注目のポイントをまとめました。

なお、Aから順に始まるアルファベットに応じて、毎回お菓子の名前で設定されるAndroidOSのコードネームも判明しています。

今回は「U」を頭につけるUpside Down Cake(アップサイドダウンケーキ)とされました。

デュアルSIM自動切り替え

Android14には、デュアルSIMの自動切り替え機能が追加されます。

従来、デュアルSIMを入れているAndroid端末は、手動で設定を操作して回線切り替えを行う必要がありました。

新しいOSでは、自動切り替え設定をONにすると、最適な方の回線に自動接続してくれる新機能が備わるようです。

ライトや画面点滅による通知

Android14では、ライトのフラッシュや画面の点滅による通知が新機能として搭載される見込みです。

これにより、音を鳴らさなくてもスマホの通知に気づきやすくなります。

たとえば、赤ちゃんのいるご家庭など、音を鳴らしたくない状況でも急ぎの連絡を逃しにくくなるため、ユーザーの利便性が向上するでしょう。

Pixel 8とiPhone 15の比較:Googleとアップルどっちがいい?

フォントサイズの200%拡大

Android14では、画面のフォントサイズが最大200%で表示できるようになります。

従来は、画面の文字が小さくて見えにくい場合でも、最高で130%までしか拡大表示できませんでした。

ところが、非線形スケーリングのサポートにより、Android14ではMAX200%で表示が可能となるため、文章の視認性が向上します。

戻る矢印ボタンの視認性UP

Android14では、操作中の戻る矢印ボタンが見やすく改善されます。

戻る矢印ボタンに背景色がつくことで、画面状で浮き上がり目立って見えるようになる新機能です。

これにより、ユーザーエクスペリエンスが向上し、意図しない操作を予防することも可能です。

戻る操作のアニメーション追加

Androidでは、操作中にスワイプで前の画面に戻るとき、誤ってアプリを閉じてしまう現象が起こりやすいです。

そこで、Android14では戻る操作が改良され、アプリが完全に閉じてしまう前に、アニメーションにより動作予測できるようになる予定です。

完全にアプリが閉じる前に画面が縮小するため、そこで気づいて止めれば、誤操作を防ぐことができます。

ロック画面のカスタマイズ機能UP

Android14では、ロック画面のカスタマイズ機能がアップデートされています。

壁紙だけでなく、時計の色やサイズ設定、好きなメニューのショートカットを追加できるようになります。

そのため、より一人ひとりの好みに合わせた設定が可能です。

ロック画面の長押し、もしくは「壁紙とスタイル」メニューから簡単にカスタマイズできるようになります。

Android14の対応機種

Android14は現在β版が公開されており、従来どおりであれば、この対応機種がそのままリリース後も導入対象となります。

Android14のβ版の対象デバイスを参照すると、GooglePixelでは以下のモデルが対応機種となっています。

  • Pixel 4a (5G)
  • Pixel 5
  • Pixel 5a
  • Pixel 6
  • Pixel 6 Pro
  • Pixel 6a
  • Pixel 7
  • Pixel 7 Pro
  • Pixel 7a
  • Pixel Tablet
  • Pixel Fold

Androidスマホは一般的に、発売から2世代くらいは、どのメーカーも新OSのサポート対象となる傾向にあります。

そのため、2023年にリリース予定のAndroid14は、2021年に発売されたモデルのうち、多くがアップデートの対応機種となる可能性は高いでしょう。

逆に、それ以前に発売されたモデルはアップデート対象外となる場合があります。

リリースが近くなると、各キャリアやメーカーからもサポート情報が発表されますので、続報を待ちましょう。

ちなみに、PixelやGalaxyはOSサポートを長く保証しており、2世代以上のアップデート対象となる機種が多いという特徴があります。

Android14対象外の機種はどうなる?

Android14のアップデート対象外となってしまった機種は、最新OSのサポートが受けられません。

OSが最新版でなくてもスマホは動きますから、急に使えなくなったり、すぐ不具合が発生したりという可能性は低いでしょう。

ただし使い続けるとデメリットもあるので、手持ちの端末がAndroid14へのアップデート対象でない場合は、買い替えを検討するのも一案です。

セキュリティリスク

AndroidやiOSなど、ソフトウェアアップデートによって端末のセキュリティは最新版に更新されます。

しかし、OSサポート対象外となると、セキュリティレベルが過去のままとなり、最新の脅威に対するリスクが高くなってしまいます。

しばらくの間、一定のセキュリティは保たれるでしょうが、いずれ脆弱性が出てくるでしょう。

そのため、Android14へのアップデート対象外となった場合は、スマホの安全性に対するリスクを念頭に置いておく必要があります。

アプリが使えなくなる

スマホに入れているアプリは、基本的に最新OSに対してアップデートされるため、古いバージョンはサポート外となる傾向です。

そのため、日常的に使用しているアプリが今後使えなくなる可能性があります。

すぐに使えなくなるとは考えにくいですが、ゆくゆくは動作対象外となるので、アプリのサポートが切れる前に買い替えを検討してみましょう。

Android14リリースを待とう

本記事では、Android14のリリースはいつなのか、新機能や対象機種についてまとめました。

Android14は当初の予定よりも公開時期が延びており、史上初、Google Pixel8の発表会と同日リリースになる可能性が出てきました。

操作性に直結するアップデートが多数予定されており、ますます新OSへの注目が高まっています。

もし今回Android14の対象機種でなくなる場合は、手持ちの端末の買い替えも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

関連情報

アンドロイドからiPhoneへ変えて後悔することは?乗り換えるメリットも解説

AndroidからiPhoneへのデータ移行できないものは?なんとか移行する方法を解説

iPhoneとAndroidどっちがいいか比較!違いを解説

iPhoneからAndroidへ乗り換え向けおすすめ機種2023

-その他端末

Copyright© Happy iPhone , 2024 All Rights Reserved.