iphone7
iphone7がドコモで在庫無しになってドコモオンラインショップで販売終了という噂を聞いて調べました。

新型iPhone XS・XS MAX・XRの発表があってから、iPhone 7が在庫処分のように大幅に値下げがありました。

iPhone 7といえば、おサイフケータイ(Apple Pay)、イヤホンの差込口の廃止、ボタン式ホームボタンではなく感圧式への変更などiPhoneの歴史を変えたと言っていも過言ではない初めて搭載された機能がいくつもあります。

その、iPhone 7がドコモで在庫切れで販売終了になってしまった・・はずなのにその後docomo with対応機種で復活という噂を聞きました。

本当だったら大変なことですよね、本当なのか調べました。

ドコモでiPhone7在庫なしで販売終了は本当にあった

iphone7 32GB ドコモ 販売終了

ドコモオンランインショップでは、iPhone7 32・256GB、iPhone 7Plusの全カラーが販売終了になりました。

今回復活したのもiphone7 32GBのみで、他の256GBとiPhone 7Plusは再販はされない予定です。

なぜ、iphone7 32GBのみ復活したのかというと理由があります。

iphone7がドコモウィズ対応機種で復活

docomo with iphone7
iphone7がdocomo with対応機種として復活しました。

iphone7が復活した理由

docomo with対応機種
【docomo with対応機種ラインナップ】

上記の画像の他にdocomo with対応機種は全部で9機種(2019年2月現在)あります。
ラインナップにはiphoneも入っていて対象機種はiphone6sでした。

そのiphone6sから今回iphone7にバージョンがアップされたのです。

そもそもdocomo withとはまだご存知で無い方にdocomo withについて説明します。

docomo with(ドコモウィズ)とは何か

docomo with(ドコモウィズ)とは
・長期ドコモユーザーさん
・ドコモでしっかりした端末を長く愛用したい
方にお得なプランです。

対象機種を購入すると
docomo with料金説明
毎月の支払いが1,500円割引きされます。

また、料金プランの組み合わせにもよるのですが
docomo with料金プラン 280円組み合わせ
毎月の支払いが1,500円割引きされて、280円で端末を持つこともできます。

docomoのCMや広告で毎月の料金が280円~というのを見たことがありませんか。
この280円というのはこの、docomo with対象機種を購入されて料金プランの組み合わせで280円という理由だからです。

なので、上記画像のように、毎月の支払いを280円でするためにはドコモを長く愛用している方の『ずっとドコモ割プラス』・シェアパック子回線など組み合わせや年月という時間も必要です。

なので、利用料金はプランは人によって変わってしまうのすが、docomo withなら毎月の支払い額が1,500円割引きは誰でもなることができるのでかなりお得なプランということは納得できるのではないでしょうか。

docomo withでiphone7月々の維持費は

家族4人の場合(例)

シンプルプラン(スマホ) 980円 × 4 = 3,920
SPモード 300円 × 4 = 1,200
ベーシックシェアパック ステップ1 6,500円
シェアオプション 500円 × 3 = 1,500
docomo with ▲1,500円 × 4 = ▲6,000
7,120円  税込7,690円

(1人あたり1,923円)

※基本料金もパケットパックも一番安いプランで計算しています。機種を分割で購入する場合には、機種代金が上乗せになります。

 

1人の場合(例)

シンプルプラン(スマホ) 980円
SPモード 300円
ベーシックパック ステップ1 2,900円
docomo with ▲1,500円
2,680円  税込2,894円

※基本料金もパケットパックも一番安いプランで計算しています。機種を分割で購入する場合には、機種代金が上乗せになります。

 

今回は、どの場合も一番安いプランで計算しましたが、いろいろなプランがあるので金額は異なります。ただ、どのプランでも1,500円安くなるのはお得なことが分かると思います。docomo withが始まった頃よりは対象機種も増えているので、自分に合った機種があるのではないでしょうか。機種変更を検討している人は、docomo with対象機種も視野に入れてみてはいかがでしょう。

iphone7の価格は

・機種代金 42,768円
・分割払い 月額1,782円×24回

機種変更・新規(追加)契約・他社からののりかえ(MNP)全部同じ価格です。

docomo with対象機種は、毎月の維持費だけでなく、端末の購入価格もお財布に優しい値段になっています。

ドコモのiphone7の価格をチェックする方は

まとめ

ドコモショップでも販売終了の店舗が多く、ドコモ自体、今後の入荷をしない可能性が高いとiphone7は言われていました。

ドコモだけでなく、auもソフトバンクもオンランインショップは販売終了してショップも手が入りにくい状態です。

そんな中で、iphone7が購入価格だけでなく、毎月の維持費もお得になるdocomowith (ドコモウィズ)で販売されることはかなり驚きではないでしょうか。

今は予約受付中で、発売日は2019年2月27日(水曜)午前10時からになっています。

発売日当日に手元に欲しい方は、ドコモオンランインショップで予約をして下さい。

最後にドコモでiphone7を購入する時におすすめな方法を紹介します。

iphone7お得に購入するならオンランインショップ

スマホを持つ女子の図

ドコモオンラインショップはこちら

ネットを使ってアクセサリーの購入や契約内容の確認・変更、機種変更がネットから出来ちゃいます。

実はドコモオンラインショップでの機種変更はかなりお得です!

既にドコモユーザーで機種変更をするなら

是非ドコモオンラインショップを使ってみる事をおススメします。

①時間的なメリット

近くのドコモショップ…いつも混んでますよね?今は店舗予約が出来るようになりましたが

順番待ちをして、契約してなんかしていると2~3時間はかかっちゃいますよね。

でもドコモオンラインショップなら15分もあれば契約が完了しちゃいます。

ドコモショップや家電量販店に行く為の時間の節約、契約にかかる時間の節約が出来ます。

②金銭的なメリット

ドコモショップや家電量販店で機種変更すると3000~10000円程度の頭金や事務手数料という謎のお金が取られます。

機種変更の頭金についてもっと詳細が知りたい方は
ドコモの機種変更頭金は違法?頭金を支払わないで機種変更する方法

これがドコモオンラインショップだと0円、つまり無料なんです。

またドコモショップや家電量販店だと機種変更の際に2000円の機種変更事務手数料がかかりますが

これもドコモオンラインショップだと無料です。

なので金銭的に5000~12000円程度もお得になります!

そもそも、店頭の機種変更とドコモオンランインショップで手数料がかなり違うのはご存知ですか?
ドコモオンラインショップと店頭での機種変更。どちらが安いのか比較する

ドコモで機種変更するなら時間的なメリットや金銭的なメリットがとても大きい

ドコモオンラインショップを使った方がいいでしょう。

③受取場所を選べる

機種変更をする際、初期設定や電話帳の移行が不安で

お店のスタッフに色々相談したいという人もいるかと思います。

ドコモオンラインショップでは受取場所を自宅以外にもドコモショップから選べます。

なのでドコモショップでの受け取りにすれば金額はドコモオンラインショップの安いままで

ドコモショップのスタッフに初期設定や相談も出来てしまうという裏技が出来ちゃいます!

自宅に商品が届いてから持ち込みで相談に行っても大丈夫ですよ。

ショップに行かなくっても、説明書が届くので自宅で自分1人でも簡単にできると思いますけどね!

それでも、ドコモオンランインショップで1人で機種変更するのは不安という方に

ドコモオンラインショップでの機種変更の流れと方法を画像つきで紹介しているのでこちらのページを見ながら機種変更をしたら間違えないでできますよ
ドコモオンラインショップでの機種変更の流れと方法!

機種変更される方は是非ドコモオンラインショップを使ってみてくださいね♪
ドコモオンラインショップはこちら