【2020年3月】iPhone7値下げは本当?価格は?ドコモ・au・ソフトバンク徹底調査

docomo iphone7 値下げ
2016年9月16日に発売してから根強い人気のiPhone7。

2019年9月21日にiPhone11が発売され、前モデルのiPhone7やiPhoneXSやiPhoneXRなどの値下げがありました。

さらに、iPhone7は2020年2月ドコモから、2019年12月ソフトバンクから値下げが発表がありました。

値下げで価格はいくらになったのか、本当にあったのか、auやAppleストアでは値下げしているのか価格について調べました。

※ワイモバイルでもiPhone7が値下げになりましたので追記しました。

iPhone7の値下げは本当か

iphone7 値下げ 本当か悩む女性
結果から言うと、iPhone 7の値下げは

・ドコモでは、2月3日から新規契約・他社からののりかえ(MNP)・契約変更・機種変更で値下げ

・ソフトバンクでは、ショップのみ販売がオンラインショップで値下げ価格になって販売を再開。

・ワイモバイルでも値下げ


ドコモ・ソフトバンクの値下げ価格については詳しくこの後詳しくお伝えします。

調べたらAppleが2019年のiPhone11シリーズを発表するときに値下げではなく販売終了になっていました。

Appleで販売終了のため今後ドコモのiPhone7以外もauやソフトバンクがも値下がりする可能性が濃厚です。といっても今現在の価格がいくらのかわからないのではないでしょうか。

iPhone7は公式発表をしないで値下げになっていることが多々あります。

ドコモ・au・ソフトバンクが今iPhone7の価格がいくらなのかお伝えします。

iPhone7の値下げ価格はいくらか

ドコモのiPhone7値下げ価格

ドコモ iPhone7

ドコモのiPhone7の値下げ販売価格は、機種変更と他社からののりかえ(MNP)・新規契約など契約プランで違います。

現在ドコモで取り扱いしているiPhone 7は、32GBのみです。
ブラック・シルバー・ゴールド・ローズゴールド全カラー発売中です。

値下げ価格は同じでも、割引プランが違うためひとつずつ詳しく紹介します。

 

①新規契約

端末価格 値下げ後価格 分割支払い
43,560円 27,060円 752円×36回

割引きプランは、端末購入割引プランで16,500円割引になります。

②他社からののりかえ(MNP)

端末価格 値下げ後価格 分割支払い
43,560円 27,060円 752円×36回

割引きプランは、はじめて購入うサポート・端末購入割引プランのふたつを合わせて16,500円割引になります。

③契約変更(foma⇒iPhone7)

端末価格 値下げ後価格 分割支払い
43,560円 27,060円 752円×36回

割引きプランは、はじめて購入うサポート・端末購入割引プランのふたつを合わせて16,500円割引になります。

契約変更とは、3Gのfoma携帯を使っている人がiPhone7へ変更するプランです。

スマホやガラケーから機種変更する場合は、④の機種変更の値下げ価格になります。

④機種変更

端末価格 値下げ後価格 分割支払い
43,560円 32,560円 904円×36回

割引きプランは、SPECIAL割引プランで11,000円割引になります。

11,000円割引はオンラインショップ限定の割引き価格のため、ドコモショップや家電量販店で機種変更をした場合この価格にはならないため注意をしてください。

値下げ価格については、終了日については発表はまだなく在庫が無くなるまでです。

機種変更の場合でもドコモのiPhoneの値下げ価格は大きいので早くに在庫が無くなる可能性が高いです。

購入を考えている方は在庫切れになる前に機種変更してください。

iPhone 7は端末割引きプランの「スマホおかえしプログラム」対象外機種です。

対象外機種のためプログラムに加入することはできないのですが、スマホおかえしプログラムって何かと知りたい方はこちらをご覧下さい

auのiPhone7値下げ価格

AUオンラインショップ iPhone7 価格情報

引用元:auオンラインショップ

auのオンラインショップでは「iPhone 7の取り扱いはしていません。」という内容の文章がオンラインショップで掲載されています。

掲載の通り、iPhone7はauオンランインショップでは販売終了しています。

端末価格 アップグレードプログラムEX適用時
32GB 64,800円 41,760円
128GB 76,320円 47,520円

iPhone7の値下げ価格はこちらです。

iPhone7を購入するためには、auショップや取扱店に在庫があれば購入は出来ます。

ただ、ショップでもiPhone7の購入のための予約をすることができません

iPhoneでできるのは、iPhoneXS・iPhoneXS MAX・iPhoneXRのみです。

iPhone7の購入を考えている方は、在庫が本当にあるのか1店舗ずつショップに問い合わせして下さい。

オンラインショップで購入できない現状を考えるとiphone7を置いているショップは少ないと思われます。

iPhone7を検討している方は、価格も維持費もそこまで変わらないためiphone8の購入を検討をしてはどうでしょうか。

au公式サイトで他の端末を検討する方は
au公式サイトはこちら

ソフトバンクのiPhone7値下げ価格

iphone7 ソフトバンク

ソフトバンクでは、32GBのみ値下げ価格になって販売を再開しました。

端末価格
32GB 44,640円 販売中
128GB 99,360円 販売終了
512GB 99,360円 販売終了

ソフトバンクでは、iPhone7は32GBのみショップで販売でしたが、12月21日オンラインショップで値下げ価格になって販売を再開しました。

端末価格が、87,840円⇒44,640円になりました。

132GB・512GBは販売終了をしています。

分割払い

・24回払い 1,860円×24回
・48回払い 930円×48回

48回払いを選択した場合、トクするサポートをつけることができます。

が、ほぼ半額の値段でiPhone7が購入できるのでかなりの値下げではないでしょうか。

また、オンラインショップならショップに比べて頭金などの手数料がかからないためiPhone7を実質安く買うことができます。

安く買いたい人は、オンラインショップで在庫が無くなる前に購入をしてください。

ソフトバンクでiPhone7値下げ価格・在庫チェックする方は
ソフトバンクiPhone7在庫確認はこちら

ワイモバイルでiPhone7値下げ

iPhone7 ワイモバイル

ワイモバイルでiPhone7 32GB・128GBの値下げをしています。

機種代金定価 機種変更 新規・MNP
32GB 44,640円 37,440円 25,199円
128GB 55,440円 48,240円 36,000円

事務手数料+3,300円かかってしまうのですが、販売中のドコモ・ソフトバンクに比べて端末価格が大幅に安いですよね。

ワイモバイルでもこの価格は『Yahoo!モバイルオンラインストア』の価格です。

Yahoo!モバイルオンラインストアは、WEBのみのネットショップです。Yahoo!モバイルオンラインストアで購入した場合も、契約はワイモバイルになるため困ったことがあったらワイモバイルショップで手続きをしてもらうことができます。

ワイモバイルでもネットショップはあるのですが、iPhone7の価格はYahoo!モバイルよりも高いです。

さらに、Yahoo!モバイルでは5のつく日にスマホ(iPhone7含む)を契約すると2,555円相当の『PayPayボーナスライト』のキャンペーンを開催しています。

なのでiPhone7を購入するならダンゼンYahoo!モバイルオンラインストアがおすすめです。

ワイモバイルでは、ドコモ・ソフトバンクでは販売終了してしまったiPhone7 128GBを手に入れることができます。
2台目で安いスマホを探している方は購入を検討してみてはどうでしょうか。

Yahoo!モバイルオンラインストア
iPhone7の在庫・キャンペーンを確認する方は
Yahoo!モバイルオンラインストアはこちら

AppleはiPhone7値下げではなく販売終了


先に書いたようにiPhone7はAppleストアでは値下げはなく販売終了です。

iPhone7は2016年9月16日に販売してからすでに3年経ちましたので、在庫がなくなってしまうのも当然ではないでしょうか。

毎年iPhoneは新シリーズが発売されているので、前のモデルを在庫として置いておくことが難しくなってるから自動的にiPhone7がAppleストアでは販売終了になってしまったではないでしょうか。

ドコモも今ある在庫がはけたら販売終了の可能性が高いです。

在庫が少ないのかもしれません、だから機種変更ではiPhone7の値下げをしないのでMNPのみにしたっていう可能性が高いです。

iPhone7を購入を考えている方は販売終了になる前に購入をしてください。

値下げまで待てないiphone7をお得に購入するなら

値下げまで待てない、5,000円くらいの値下げでは意味では待てないという方におすすめがオンラインショップでの機種変更です。

ドコモ・au・ソフトバンクならネットで機種変更をすることができます。

直営でネットで販売しているため、時間とお金を節約・無駄にしないで機種変更ができます。

どんな節約・無駄がないのかというと

①時間的の節約

24時間いつでも購入できる
・待ち時間がない

キャリアショップで機種変更をすると、待ち時間が長いですよね。ヒドイとせっかくのお休みが1日ショップにいて潰れることになります。
また、キャリアショップなら営業時間が決まっています。それもオンラインショップならないので24時間好きな時間に機種変更することができます。

②お金の節約

・頭金、お持ち帰り価格が無料

画像のような写真を見たことがありませんか。
頭金・お持ち帰り価格
頭金が無しだと思ったら変わりに、お持ち帰り価格という名前を変えて頭金と同じ内容の手数料をとられるんです。

この頭金は拒否することもできない理不尽な契約になっています。

頭金価格はショップや量販店によって金額が違うため、5,000円~10,000円かかります。

それがオンラインショップなら頭金お持ち帰り無し支払わなくて良いのです。iPhone7を値下げ価格で買っても頭金を支払ったら意味がないですよね。

なので、時間的・経済的メリットは両方とも高いです。

③送料が無料

iPhone7 配達している車
オンラインショップで購入すると送料がかかるという問題も各キャリアショップとも機種変更の場合無料でできます。

メーカーによっては2,500円以上と送料の上限を決めている所もありますが、機種変更の場合2,500円はかかるので送料は実質無料と考えて良いのではないでしょうか。

④ショップ・自宅受け取り場所が選べる

ショップ 自宅 iPhone7 受け取り場所
受け取りもキャリアショップ・自宅と選ぶことができます。
なので新しいiPhoneやスマホを買ったけどデータを移動できないや操作がわからないと不安な時はキャリアショップにお届けにすることができます。

※auでは、機種によって自宅のみ、ショップのみで受け取りがあるため購入する時はどこで受け取ることができるか確認して下さい。
ただし、ショップで受け取りにしてもお金の決済はオンラインショップでするためショップ受け取りにしても頭金や余分なお金はかからないので安心して受け取って下さい。

⑤困った時・不明点もすぐに相談できる

実店舗のドコモショップやauショップやソフトバンクショップのメリットは困った時に相談することができることですよね。

オンラインショップで機種変更の手続きをしていたら、途中で操作がわからなくなってしまった。

そんな困った状況の時もショップではなくオンラインショップでもすぐに相談できます。

相談の仕方は、チャット相談です。
ドコモオンラインショップ チャット
ドコモオンラインショップのチャット画像ですが、ドコモだけでなく各キャリアチャット相談ができるようになっています。

だから、オンラインショップでの操作に困った時や端末についてのお悩みも問題なく解決することができます。

なので、機種変更をオンラインショップでやってみるとあっけなく簡単にできるのと驚いてしまいますよ。

ドコモ
★ドコモオンラインショップで機種変更をする方は
ドコモオンラインショップはこちら

★ドコモオンラインショップで機種変更どんな流れなのか知りたい方は
ドコモオンラインショップ機種変更の流れ・やり方

au
★auオンラインショップで機種変更をする方は
auオンラインショップはこちら

★auオンラインショップの機種変更がどんな流れか知りたい方は
auオンラインショップで機種変更流れからデータ移行まで!

ソフトバンク
★ソフトバンクオンラインショップで機種変更をする方は
ソフトバンクオンラインショップはこちら

★ソフトバンクオンラインショップのメリットやデメリットをもっと知りたい方は
ソフトバンク機種変更はオンラインショップがおすすめな理由

ワイモバイルのヤフーモバイルストア

★ワイモバイルのYahoo!モバイルオンラインストアで機種変更する方は
Yahoo!モバイルオンラインストアはこちら

-iPhone(アイフォン), ドコモ(docomo)
-, ,

Copyright© Happy iphone , 2020 All Rights Reserved.