iphone7 iphone8 比較
2018年新商品のiphone、iphonexs max・iphonexs・iphonexrが発売されました。

それに伴って、iphone8やiPhone7など発売中のiphoneが値下げになりました。

正直、新商品のiphoneは値段が10万円以上するから購入ができない・・・。でも、iphoneは欲しいという方に最適なのがiphone8・7などの過去に発売された機種です。

そんな方が多いからか、発売から1年以上経っている今でもiphone8は人気の機種です。

iphone8・7が発売された時なら比較レビューなどがあったり周りの人で多く持っている方がいたので聞きやすかったけど、新機種が発売された今新機種に機種変更をしている人が多く感想などが聞きづらいですよね。

そんな方に2019年の今から買うならiphone7とiphone8どちらの機種が良いのか、何が違うのかなどをわかりやすく比較します。

iphone7・8を購入を考えている方は参考にして下さいね。

iPhone7とiPhone8の違いは何?スペック比較表

それでは早速iPhone7とiPhone8の違いについて解説していきます。

iphone7 iphone8
ディスプレイ 4.7インチ 4.7インチ
高さ 138.3mm 138.4mm
67.1mm 67.3mm
厚さ 7.1mm 7.3mm
重さ 138g 148g
カメラ 1200万画素 1200万画素
バッテリー 最大12時間 最大12時間
SIM nano-SIM nano-SIM
ストレージ容量 32GB・128GB 64GB・256GB
カラー ブラック・シルバー・ゴールド・ローズゴールド シルバー・ゴールド・
レッド
・グレイ

スペック表を見るとiPhone7とiphone8のスペックで大きく違う箇所がたくさんあるわけではありません。

新機種のiphoneXRとiPhone7ならば大きく性能がアップしましたが、iphone8と7だとそこまで大きな違いがありません。

違いを比較するのと一緒に、同じ機能でもiphone7・8について理解度も深まり購入の参考になるため便利機能の場合は詳しくその機能を説明します。

大きさ・重さ比較

iphone7 iphone8 サイズ 重量 比較
iphone7とiphone8の大きさや重さについて比較していきましょう。
まず大きさですが
・iPhone7 138.3 x 67.1 x 7.1
・iPhone8 138.4 x 67.3 x 7.3
と言った形でiPhone8の方が若干大きめです。

とは言ってもそこまで目に見える大きさの違いではなく、カバー(ケース)もiphone7とiphone8で同じものを使い回せるなんてレビューもあるぐらいのサイズ違いです。

※もちろんカバー(ケース)によっては若干のズレなどはあるので鵜呑みにしないで購入する時は専用のケースを買って下さい。

重さですが
・iPhone7 138g
・iPhone8 148g
とiPhone8の方が少し重くなっています。

これはiPhone8は背面パネルにガラスを採用していることで若干重みが増しているんですね。

とは言っても10g程度の差なので「重い」と感じる違いではないので、そこまで気にする必要はありません。

ガラス素材になったことで光沢のある美しいデザインになったという口コミも多く、比較的高評価を受けているのもiPhone8の特徴ですね。

画面サイズ

ちなみに画面のサイズに関してはiphone7とiphone8のどちらも4.7インチと違いはありません。

サイズに関しては先に挙げた外観サイズも画面のサイズもiphone7とiphone8のどちらも大差はないと思って問題ないでしょう。

iPhone7の画面保護フィルムなどが余っている人は、それをiPhone8にも使っているなんて話を聞くこともあるので、もしiPhone7からiPhone8に機種変更しようとしている人にとっては嬉しいものですね。

カメラ

iphone7とiphone8のカメラですが、違いはほとんどありません。

iPhone6SからiPhone7の場合は色々とスペックアップしましたが、iphone7とiphone8ではカメラ性能にほとんど違いは見られません。

違いを挙げるとすれば
・iPhone7 動画撮影スローモーションの場合1080p(120fps) また4Kビデオ撮影が30fps
・iPhone8 動画撮影スローモーションの場合1080p(120fpsまたは240fps) また4Kビデオ撮影が24fps・30fps・60fps
と言ったところでしょうか。

動画でスローモーション撮影や4K動画撮影を多用する人はiPhone8の方がおすすめですね。

また動画ではなく写真の場合、(感覚的な部分ですが)iPhone7よりもiPhone8の方が発色がよく綺麗に見えるようになったという意見が多いです。

Twitterを見てると同じような感想が多いです。

劇的なスペックの変化がなくてもいろいろな性能が上がって、いろいろな要因が重なって画質が良くなっているのではないでしょうか。

sim

iphone7とiphone8のsimサイズの違いですが、これも両者ともに同じ「Nano-SIMカード」を使っています。

ただし格安SIMでiPhoneを使おうとしている人は注意が必要です。

アップルのSIMフリー端末であれば問題ありませんが、ドコモやau、ソフトバンクなどキャリアのiPhoneを使う場合には基本的にSIMロック解除などの手続きが必要になります。

この辺りは説明すると長くなりますし既にご存知の人も多いかと思うので省きますが、もし通常の機種購入ではなく格安SIMを挿し込んで使おうとしている場合にはよくチェックしてから購入するようにしましょう。
・iphone7とiphone8もsimのサイズは共に「Nano-SIMカード」
・格安SIMを使う場合にはSIMロックの解除などが必要なケースが多い
ということを覚えておいて下さい。

バッテリー

iphone7とiphone8のバッテリーを比較すると下記のようになります。
・iPhone7 1,960mAh
・iPhone8 1,821mAh

バッテリー容量だけで見るとiPhone8はiPhone7よりも140mAh程度少なくなっています。

ですがバッテリーの持ちは両者ともに下記の通り同じになります。

・連続通話時間:最大14時間
・インターネット:最大12時間
・ビデオ再生:最大13時間
・オーディオ再生:最大40時間

なぜならiPhone7のA10チップからiPhone8の高効率なA11チップにグレードアップされているため、バッテリー容量は若干減っているものの電池持ちはほとんど変わらないのです。

iPhone7からiPhone8へ機種変更を考えている人は「毎日の電池持ちが悪くなるのかな」と不安を感じている人もいるかもしれませんが、バッテリー容量が変わっても(そもそも少しの差しかありませんし)高効率なチップセットに変わっているので両者ともに電池持ちは大差ないと思ってもらって問題ないでしょう。

ストレージ容量

iphone7:32GB・128GB
iphone8:64GB・256GB

iphone7とiphone8の大きな違いはこのストレージ容量です。

ストレージ容量とは、撮った写真や動画を保存する容量のことです。

iphone7が発売されて写真や動画を見る方が増えてきたので32・128GBでも足りない方が多くいらっしゃるようです。

そんな声を受けて、iPhone8は容量が増えて64GB・256GBが登場したのです。

2018年発売の新機種のiphoneはさらに容量が増えたのが発売されました。

今までiphoneやスマホを使っていて、258GBでも容量が足りないという方はiphoneXSやXRも購入検討してあどうでしょうか。

iphone8とiphoneXS違いは何か比較しました。
iPhone8とiPhoneXS違いは?サイズ・価格は?分かりやすく比較

価格・今から買うことができるか

iPhone 7もiPhone 8も旧モデルなので在庫があれば手に入れることはできますが、販売先によっては完売して販売終了している所もあります。

売っているのかと価格について調べました。

Appleストア

Appleストアではiphone7・8どちらも買うことができます。

iphone7

32GB:50,800円(税別)
128GB:61,800円(税別)

32・128GBどちらも販売しています。
分割払いも対応。

iPhone 7Plus もAppleストアでは販売中です。

iphone8

64GB:67,800円(税別)
256GB:84,800円(税別)

64・256GBどちらも販売しています。
分割払いも対応。

iphone8Plus もAppleストアでは販売中です。

ドコモ

iphone7販売終了

iphone7 ドコモ
ドコモではiphone7が販売終了しています。

iPhone 7Plus も販売終了しています。

iphone8

iphone8 64GB

★機種変更
・販売価格 88,776円
・24回分割払い 毎月3,699円
・月々サポート 2,889円(24回)
・実質価格 19,440円

★新規(追加)契約
・販売価格88,776円
・24回分割払い 毎月3,699円
・月々サポート 2,889円(24回)
・実質価格19,440円

★MNP(乗り換え)
・販売価格 10,368円
・端末購入サポート購入で月々サポートはなし
・24回分割払い 毎月432円
・実質価格10,368円

iphone8 256GBは販売終了しています。

ドコモのiphone7・iphone8公式サイトチェックする方は
iphone7・8ドコモオンラインショップはこちら

ドコモでiphone8・8 Plus販売終了についてさらに詳しく調べた結果はこちらのページにまとめました。
iphone8・8 Plus在庫なしでドコモオンラインショップで販売終了は本当なのか調べた!

au

iphone7販売終了

auオンラインショップiphone7販売終了

auオンラインショップではiphone7が販売終了

iphone8 64GB

auオンラインショップ 64GB

iphone8 64GBはレッドだけ販売終了しています。
ゴールド・シルバー・スペースグレイは販売中です。

iphone8 256GB販売終了

auオンラインショップiphone8 256GB

iphone8 256GBはauオンラインショップではすべてのカラー販売終了です。

auオンラインショップではiphone7・8が販売終了している機種があるので注意して下さい。

auの公式サイトでiphone7・8を確認する方は
auオンラインショップはこちら

ソフトバンク

iphone7はショップのみ購入

iPhone7 ソフトバンク
ソフトバンクではiphone7はショップのみでオンラインショップでは購入できません。

iphone8

iPhone8 ソフトバンク
iphone8Plusは、ソフトバックショップのみでオンラインショップでは購入することができません。

iphone8は64GB販売画面
iphone8は64GBのみ発売されて上記の画像通りレッドは販売されていません。

ゴールド・シルバー・スペースグレイは販売中です。

ソフトバンクでiphone7・8を確認する方は
ソフトバンクオンラインショップはこちら

まとめ

iPhone 7を確実に手に入れるにはAppleストアかソフトバンクショップでしか手に入りません。

iphone7とiphone8を比べるとカタログのスペックという面からみるとそこまで違いがあるように見えませんが、カメラ機能であるように実際に写真を撮ると1年で技術が進歩や他のスペックが向上しているため相乗効果でスペックが高くなっています。

なので、iphone7とiphone8と悩んでいる方はiphone8をスペックの面からおすすめします。

ただし、iphone8のカラーでレッドとなるとau・ソフトバンクでは販売終了になっているため、ボディカラーをレッドと希望している方はiphone8ではなくiphoneXRを購入検討してみてはどうでしょうか。

iphoneXRのカラーは何色が販売されているのかチェクする方は
iphoneXR色選びで迷わない!人気のおすすめカラーは何色?

iPhone7・8機種変更おすすめはオンラインショップ

ドコモ・au・ソフトバンクのiPhone7・8を機種変更はどこでしていますか。

時間もお金も節約・無駄にしないでできるのは各キャリアのオンラインショップです。

オンラインショップだとどんな節約・無駄がないのかというと

①時間的の節約・いつでも好きな時間に購入

・日本全国24時間いつでも購入できる
・待ち時間がない

キャリアショップで機種変更をすると、待ち時間が長いですよね。ヒドイとせっかくのお休みが1日ショップにいて潰れることになります。
また、キャリアショップなら営業時間が決まっています。それもオンラインショップならないので24時間好きな時間に機種変更することができます。

②お金の節約

・頭金が0円無料
・つけたくないオプション加入無し

画像のような写真を見たことがありませんか。
頭金オプション有り画像
頭金が無しだと思ったら、変わりにオプションに加入しないといけない。
オプション加入しないなら頭金を払わないといけなかったりそれを拒否することもできない理不尽な契約になっています。

それがオンラインショップなら頭金は無し、オプションは自分で選ぶことができるので何も選ばないこともできます。

なので、時間的・経済的メリットは両方とも高いです。

③送料が無料

オンラインショップで購入すると送料がかかるという問題も各キャリアショップとも機種変更の場合無料でできます。
メーカーによっては2,500円以上と送料の上限を決めている所もありますが、機種変更の場合2,500円はかかるので送料は実質無料と考えて良いのではないでしょうか。

④ショップ・自宅受け取り場所が選べる

受け取りもキャリアショップ・自宅と選ぶことができます。
なので新しいiPhoneやスマホを買ったけどデータを移動できないや操作がわからないと不安な時はキャリアショップにお届けにすることができます。

※auでは、機種によって自宅のみ、ショップのみで受け取りがあるため購入する時はどこで受け取ることができるか確認して下さい。
ただし、ショップで受け取りにしてもお金の決済はオンラインショップでするためショップ受け取りにしても頭金や余分なお金はかからないので安心して受け取って下さい。

⑤困った時・不明点もすぐに相談できる

実店舗のドコモショップやauショップやソフトバンクショップのメリットは困った時に相談することができることですよね。

オンラインショップで機種変更の手続きをしていたら、途中で操作がわからなくなってしまった。

そんな困った状況の時もショップではなくオンラインショップでもすぐに相談できます。

相談の仕方は、チャット相談です。
ドコモオンラインショップ チャット
ドコモオンラインショップのチャット画像ですが、ドコモだけでなく各キャリアチャット相談ができるようになっています。

だから、オンラインショップでの操作に困った時や端末についてのお悩みも問題なく解決することができます。

なので、機種変更をオンラインショップでやってみるとあっけなく簡単にできるのと驚いてしまいますよ。

 

ドコモ
★ドコモオンラインショップで機種変更をする方は
ドコモオンラインショップはこちら

★ドコモオンラインショップのメリットやデメリットをもっと知りたい方は
ドコモオンラインショップで機種変更はおとく?メリットとデメリットは?

au
★auオンラインショップで機種変更をする方は

auオンラインショップはこちら

★auオンラインショップのメリットやデメリットをもっと知りたい方は
au機種変更はオンラインショップが販売店を上回る驚異のメリット4選

ソフトバンク
★ソフトバンクオンラインショップで機種変更をする方は
ソフトバンクオンラインショップはこちら

★ソフトバンクオンラインショップのメリットやデメリットをもっと知りたい方は
ソフトバンク機種変更はオンラインショップが実店舗よりおすすめなメリット6選