iPhone 7と8徹底比較!2022年今から買うならどっちがおすすめ?

iphone7 iphone8 比較

iPhone7とiPhone8を比較し、2022年に買うならどっちがおすすめなのかを検証します。

2021年、Appleは最新モデルiPhone13シリーズを発売しました。

しかし、iPhone13シリーズや2020年モデルiPhone12は高性能化によって価格が大幅に高くなったのも事実。

そこで注目したいのが低価格化が進んだiPhone 7やiPhone 8です。

特にiPhone7の価格は魅力的ではないでしょうか?

でも、iPhone7は2016年9月発売なので5年以上前に発売されたので・・・

と迷っている方に

そんな方に2022年の今から買うならiphone7とiphone8どっちがおすすめか、何が違うのかなどを紹介します。

iphone7・8を購入を考えている方は参考にして下さいね。

iPhone7・8・6とサポートやアップデートの面からいつまで使えるのか調べました。

iPhone7 8いつまで使えるのか解説
iPhone6 いつまで使えるのか

【auオンラインショップ限定キャンペーン実施中】
・購入&応募した人全員キャッシュバック
・対象機種購入で最大22,000割引!
・SIM単体契約ならau PAYキャッシュバック
\キャンペーン詳細は公式で/

>>auオンラインショップはこちら<<

iphone7と8違いは何?スペック比較表でまとめ

iPhone 7とiPhone 8を比較すると主な違いは次の通りです。

  • ディスプレイがTrue Toneに対応しているかどうか
  • プロセッサ
  • ストレージ容量

iPhone 7とiPhone 8のスペックをまとめると以下の通りとなります。

スマホの場合は横スクロールして下さい。

iphone7iphone8
ディスプレイ4.7インチ4.7インチ
True Toneディスプレイ
高さ138.3mm138.4mm
67.1mm67.3mm
厚さ7.1mm7.3mm
重さ138g148g
カメラ1200万画素1200万画素
バッテリー最大12時間最大12時間
SIMnano-SIMnano-SIM
プロセッサA10A11
ストレージ容量32GB・128GB64GB・256GB
カラー4色4色

スペック表を見るとiPhone7とiphone8のスペックで大きく違う箇所がたくさんあるわけではありません。

新機種のiphone13 PROとiPhone7ならば大きく性能がアップしましたが、iphone8と7で比較表で見てしまうと同じように見えてしまいますが、発売から数年経っているため実際の目で見ると技術の進歩を感じられます。

違いを比較するのと一緒に、同じ機能でもiphone7・8について理解度も深まり購入の参考になるため便利機能の場合は詳しくその機能を説明します。

サイズ・重さは大きくは変わらない

iphone7 8 サイズ比較
iphone7とiphone8のサイズ(大きさ)や重さについて比較すると大きな違いはありません。

サイズですが

・iPhone7 138.3 x 67.1 x 7.1
・iPhone8 138.4 x 67.3 x 7.3

と言った形でiPhone8の方が若干大きめです。

とは言ってもそこまで目に見える大きさの違いではなく、カバー(ケース)もiphone7とiphone8で同じものを使い回せるなんてレビューもあるぐらいのサイズ違いです。

※もちろんカバー(ケース)によっては若干のズレなどはあるので鵜呑みにしないで購入する時は専用のケースを買って下さい。

重さは
・iPhone7 138g
・iPhone8 148g

とiPhone8の方が少し重くなっています。

これはiPhone8は背面パネルにガラスを採用していることで若干重みが増しているんですね。

とは言っても10g程度の差なので「重い」と感じる違いではないので、そこまで気にする必要はありません。
ガラス素材になったことで光沢のある美しいデザインになったという口コミも多く、比較的高評価を受けているのもiPhone8の特徴ですね。

画面サイズ

ちなみに画面のサイズに関してはiphone7とiphone8のどちらも4.7インチと違いはありません。
サイズに関しては先に挙げた外観サイズも画面のサイズもiphone7とiphone8のどちらも大差はないと思って問題ないでしょう。

iPhone7の画面保護フィルムなどが余っている人は、それをiPhone8にも使っているなんて話を聞くこともあるので、もしiPhone7からiPhone8に機種変更しようとしている人にとっては嬉しいものですね。

iPhone7・8ディスプレイの違い

iphone7 iphone8 ディスプレイ

ディスプレイは両機種ともにRetina HDディスプレイを採用しており、解像度、コントラスト比、最大輝度に違いはありません。

iPhone8からTrue Toneディスプレイになっていて、これはセンサーによって周りの光を感知/分析して、液晶の色合いを変化させる機能です。

この機能は色々な環境下(例えば黄色っぽい電球の部屋だったり)で画面が見やすいように調整してくれる機能です。

なのでiphone8以降、他の端末機種に比べて画面が見やすいといわれているのです。

バッテリー持ちはiPhone8

アップルの公式サイトでは、iPhone7とiPhone8は同じ稼働時間とされていますが、ニュースサイトのPhoneArenaが測定をした結果、iPhone7が7時間46分のバッテリー稼働、iPhone8が8時間37分のバッテリー稼働とされていて、実際には、iPhone8がバッテリーか稼働においては優れていると考えられます。

iphone8 ワイヤレスチャージャー
また、iPhone8からはワイヤレス充電が可能となったので専用のパットを購入すれば、Lightningケーブルに接続する作業なしに、置くだけで充電可能になりました。

iPhone7・8をチェックする

ドコモオンラインショップはこちら

auオンラインショップ在庫確認はこちら

ソフトバンクオンラインショップはこちら

カメラ機能はiPhone8

カメラは両機種ともシングルカメラで大きな違いはないですが、細かな変更点が、写真撮影とビデオ撮影ではあります。

・iPhone7


・動画撮影スローモーションの場合1080p(120fps)
・4Kビデオ撮影が30fps

・iPhone8


・動画撮影スローモーションの場合1080p(120fpsまたは240fps)
・4Kビデオ撮影が24fps・30fps・60fps
※fpsはフレームレンジのことで、1秒に30枚の写真を重ねて動画にしている状態を30fpsといいます。

 

iPhone8では24fps・30fps・60fpsでの撮影ができるようになったので、動画も細かいのから軽いのまで多岐に渡って撮影できるようになりました。

また写真の場合、(感覚的な部分ですが)iPhone7よりもiPhone8の方が発色がよく綺麗に見えるようになったという意見が多いです。

Twitterを見てると同じような感想が多いです。

なぜかというと、iphone8から自動HDRに変更されたからです。iphone7でもHDRが搭載されていたのですが8から自動で撮ってくれるようになったのでiphone側で判断してくれるからなのです。

sim 格安シムは注意

iphone7とiphone8のsimサイズの違いですが、これも両者ともに同じ「Nano-SIMカード」を使っています。

ただし格安SIMでiPhoneを使おうとしている人は注意が必要です。

アップルのSIMフリー端末であれば問題ありませんが、ドコモやau、ソフトバンクなどキャリアのiPhoneを使う場合には基本的にSIMロック解除などの手続きが必要になります。

この辺りは説明すると長くなりますし既にご存知の人も多いかと思うので省きますが、もし通常の機種購入ではなく格安SIMを挿し込んで使おうとしている場合にはよくチェックしてから購入するようにしましょう。

・iphone7とiphone8もsimのサイズは共に「Nano-SIMカード」
・格安SIMを使う場合にはSIMロックの解除などが必要なケースが多い

ということを覚えておいて下さい。

プロセッサ・チップ違い

iphone7 8 エンジン 比較
iPhone8のほうがプロセッサはスペックが高いです。
プロセッサはiPhone7がA10 Fusionチップ、iPhone8がA11 Bionicチップです。

スマートフォンなどの携帯電話には、プロセッサと呼ばれるチップが搭載されています。
端末の心臓でもあり、一番重要な部品であると言えます。

A11 BionicチップはA10 Fusionチップと比べてニューラルエンジンになった他高効率コアは最大70%高速になり、高性能コアも最大25%高速になっています。

また、A11Bionicチップからニューラルエンジンを新しく内蔵したことで、画像や音声の処理に長けている人工知能ですので、より処理速度が良くなっています。

ストレージ容量は大きく違う

iphone7


・32GB
・128GB

iphone8


・64GB
・256GB

iphone7とiphone8の大きな違いはこのストレージ容量です。

ストレージ容量とは、撮った写真や動画を保存する容量のことです。

iphone7が発売されて写真や動画を見る方が増えてきたので32・128GBでも足りない方が多くいらっしゃるようです。

そんな声を受けて、iPhone8は容量が増えて64GB・256GBが登場したのです。

2018年以降の新機種iphoneではさらに容量が増えたのが発売されました。

今までiphoneやスマホを使っていて、258GBでも容量が足りないという方はiphoneXSやXRも購入検討して下さい。

iphone8とiphoneXS違いは何か比較しました。
iPhone8とiPhoneXS違いは?サイズ・価格は?分かりやすく比較

カラーバリーエーションを比較

★iphone7
iphone7 カラーバリエーション

ブラック・シルバー・ゴールド・ローズゴールドの4種類です。

★iphone8
iphone8 カラーバリエーション

シルバー・スペースグレイ・ゴールド・レッドの4種類です。

iPhone8から背面もガラスが使用されることになり、iPhone7のジェットブラックのように、背面が艶のある色に変更されました。

そのため、ブラックがスペースグレイに変更されていたり、背面の色が全体的に薄くなっています。

 

ドコモ・au・ソフトバンクではiphone8のカラーのレッドが販売終了しています。

Appleストアでは、レッドは元々販売されていません。

なので、iphone8のカラーで購入できるのは3種類に今なっています。

iphone8のカラー人気色は何かを調べました
iphone8人気の色は?4種類のカラーを比較!

価格・今から買うことができるか

2022年現在、Appleストア・キャリアともにiPhone 7/iPhone 8ともに販売は終了しています。

iPhone7iPhone8
Appleストア××
ドコモ××
au××
ソフトバンク××

Appleストア

AppleストアではiPhone8・iPhone7どちらも販売終了しています。

iphone7

32GB50,800円
128GB61,800円

上記価格は、最終価格になります(税別)。

iphone8

64GB52,800円
128GB57,800円

上記価格は、最終価格になります(税別)。

AppleストアでiPhone7とiPhone8の価格を確認する方は
Appleストアはこちらから

ドコモ

iphone7

 

機種変更その他の契約
32GB32,560円27,060円

ドコモもiPhone7の販売を終了しています。

上記価格は、最終価格になります(税別)。

iphone8

ドコモもiPhone8の販売を終了しています。

64GB58,520円
256GB発売終了

上記価格は、最終価格になります(税別)。

以前はドコモでiPhone7を購入のdocomo withというプランがありました。

ドコモのdocomo withは総務省の分離プランの影響で終了してしまいました。

端末購入割引きが大きかったので、お財布の負担が軽くなると大人気でした。終了する前にdocomo withでiPhone7を購入すれば良かったと後悔する方もいるくらいです。

ドコモのiphone7とiphone8価格・在庫をチェックする方は
ドコモ公式オンラインショップはこちら

au

auオンラインショップではiphone7/iPhone 8ともに販売を終了しています。

iphone8

auオンラインショップ 64GB

64GB58,320円(販売終了)
256GB販売終了

上記価格は販売終了前の最終価格になります。

auの公式サイトでiphone7・8在庫確認する方は
auオンラインショップ在庫・価格確認はこちら

ソフトバンク

ソフトバンク
ソフトバンクもiPhone7/iPhone 8ともに販売を終了しています。

iPhone7

32GB44,640円
128GB販売終了

上記価格は販売終了前の最終価格になります。

iphone8

64GB63,360円
256GB93,600円

上記価格は販売終了前の最終価格になります。

ソフトバンクでiphone7・8在庫・価格確認する方は
ソフトバンクオンラインショップはこちら

ワイモバイルでiPhone7の価格

ワイモバイル

ワイモバイルのiPhone 7の販売価格は、32GBが39,600円・128GBは50,400円でした。

ただし、2022年現在すでに販売を終了しています。

ワイモバイルオンラインストアで購入の場合契約条件によって機種割引きがあります。
・機種変更:7,200円割引
・新規契約・のりかえ(プランS):12,240円割引
・新規契約・のりかえ(プランM/R):15,840円割引

 

具体的には

32GB

端末価格が39,600円なので割引きされると
・機種変更の場合:32,400円
・新規契約・のりかえ(プランS)27,360円
・新規契約・のりかえ(プランM/R)23,760円

128GB

端末価格が50,400円なので割引きされると
・機種変更の場合:43,200円
・新規契約・のりかえ(プランS)38,160円
・新規契約・のりかえ(プランM/R)34,560円

で購入することができます。

さらに、ワイモバイルオンラインストアなら事務手数料0円で購入ができ、対象者限定の割引きプランがあるのでお得に購入したい方はオンラインストアで購入をおすすめします。

ワイモバイルオンラインストアで
iPhone7の価格在庫確認する方はこちら

iPhone 7とiPhone8は中古品を探す必要あり

iPhone7とiPhone8は販売が終了しているため、中古品を探すしか購入する方法がありません。

中古品を購入できる店としては、イオシスじゃんぱらなどが有名です。また、次の項目で詳しく紹介しますが、「ソフトバンク認定中古品iPhone」もおすすめです。

iPhone8を購入するのであればソフトバンク認定中古品がおすすめ

これから中古でiPhoneを購入するのであれば「ソフトバンク認定中古品iPhone」がおすすめです。


(画像出典 : ソフトバンクオンラインショップ )

「ソフトバンク認定中古品iPhone」は、ソフトバンク認定の「良品」「初期化済み」のiPhoneです。

ソフトバンクによる整備・クリーニングが行われているほか、バッテリー残量80%以上という基準があるので、これから購入する方も安心です。

ただし、販売されているのはiPhone 8・iPhone X・iPhone XR・iPhone XSのみで、iPhone 7の取り扱いはありません。

例えばiPhone 8の場合、通常の販売価格は21,480円。乗り換えの場合はweb割が適用されるので、わずか480円で購入可能です。

(画像出典 : ソフトバンクオンラインショップ )

ソフトバンク認定中古品iPhoneはオンラインショップ限定です。

ソフトバンク公式オンラインはこちら

2022年の今からiPhone 7・8の購入が問題ない理由

iphone7・8 大丈夫という女性
iPhone7・8を2022年の今から購入しても安心して使うことができます。

iPhone 7に搭載されているプロセッサはA10 Fusion、iPhone 8に搭載されているプロセッサはA11 Bionicです。
また、iPhone XS、XS Max、XRにはA12 Bionicというプロセッサが搭載されています。

やはり「速度とか最新型に比べてかなり遅くて使い物にならないんじゃないの?」と思われる方も居るかも知れませんが、A10 FusionもA11 Bionicもまだまだ現役で使うことができると言えます。

Apple側もA10 Fusionでも十分満足のいく動作をすると見込んでいるのだと感じます。

荒野行動やPUBGなどの対人型の動作が重いゲームはそろそろ厳しくなってくるかも知れませんが、重い動作のゲームや作業などをしない人にとっては十分です。

また、2021年に公開された最新のiOS14がiPhone7/iPhone 8ともにサポートしている点も大きいでしょう。

先述の通り、最新の無印iPadやiPod touchにもA10 Fusionが搭載されているのでスペック的には問題がないのでしょう。
しばらくの間はアップデート対象端末から外されることはないと安心してiPhone7も使うことができます。

iPhone 7やiPhone 8と同じボディを採用したiPhone SE3(第3世代)が発売されるみたい。

⇨iPhone SE3発売日・スペック・価格まとめ

iPhone7と8はいつまで使える?OSアップデート・サポートや修理は?

iphone7 iphone8 どっちを買うのがいいのか

iphone7 iphone8 比較

iphone7とiphone8を2022年どっちを買うのがいいのではiPhone8です。

違いを比較すると
iphone7とiphone8を比べるとカタログのスペックという面からみるとそこまで違いがあるように見えませんが、カメラ機能であるように実際に写真を撮ると1年で技術が進歩や他のスペックが向上しているため相乗効果でスペックが高くなっています。

やはり気になるのはiOSアップデートが確実にiPhone 7の方がiPhone 8より早く打ち切られることが予測できることです。

A10 Fusionを搭載しているiPhone 7より一つ新しいA11 Bionicを搭載しているiPhone 8の方がもちろんキビキビと動いてくれますし、寿命も長いです。
どんどんアップデートで進化をとげていくiOSに先についていけなくなるのはiPhone 7の方なのは確実です。

たしかにiPhone 7は価格が安いのですが、寿命という観点で長く使うことを考えれば結果iPhone 8の方がお得になります。

iPhone7・8機種変更お得にするならオンラインショップ

オンラインショップ

ドコモ・au・ソフトバンクのiPhone7・8を機種変更はどこでしていますか。

時間もお金も節約・無駄にしないでできるのは各キャリアのオンラインショップです。

オンラインショップだとどんな節約・無駄がないのかというと

①時間的の節約・いつでも好きな時間に購入

・日本全国24時間いつでも購入できる
・待ち時間がない

キャリアショップで機種変更をすると、待ち時間が長いですよね。ヒドイとせっかくのお休みが1日ショップにいて潰れることになります。
また、キャリアショップなら営業時間が決まっています。それもオンラインショップならないので24時間好きな時間に機種変更することができます。

②お金の節約

・頭金が0円無料

画像のような写真を見たことがありませんか。
頭金 お持ち帰り 手数料
頭金が無しだと思ったら変わりに、お持ち帰り価格という名前を変えて頭金と同じ内容の手数料をとられるんです。

この頭金は拒否することもできない理不尽な契約になっています。

それがオンラインショップなら頭金が無し支払わなくて良いんのです。

なので、時間的・経済的メリットは両方とも高いです。

③送料が無料

オンラインショップで購入すると送料がかかるという問題も各キャリアショップとも機種変更の場合無料でできます。
メーカーによっては2,500円以上と送料の上限を決めている所もありますが、機種変更の場合2,500円はかかるので送料は実質無料と考えて良いのではないでしょうか。

④ショップ・自宅受け取り場所が選べる

受け取りもキャリアショップ・自宅と選ぶことができます。
なので新しいiPhoneやスマホを買ったけどデータを移動できないや操作がわからないと不安な時はキャリアショップにお届けにすることができます。

※auでは、機種によって自宅のみ、ショップのみで受け取りがあるため購入する時はどこで受け取ることができるか確認して下さい。
ただし、ショップで受け取りにしてもお金の決済はオンラインショップでするためショップ受け取りにしても頭金や余分なお金はかからないので安心して受け取って下さい。

⑤困った時・不明点もすぐに相談できる

実店舗のドコモショップやauショップやソフトバンクショップのメリットは困った時に相談することができることですよね。

オンラインショップで機種変更の手続きをしていたら、途中で操作がわからなくなってしまった。

そんな困った状況の時もショップではなくオンラインショップでもすぐに相談できます。

相談の仕方は、チャット相談です。
ドコモオンラインショップ チャット
ドコモオンラインショップのチャット画像ですが、ドコモだけでなく各キャリアチャット相談ができるようになっています。

だから、オンラインショップでの操作に困った時や端末についてのお悩みも問題なく解決することができます。

なので、機種変更をオンラインショップでやってみるとあっけなく簡単にできるのと驚いてしまいますよ。

 

ドコモ
★ドコモオンラインショップで機種変更をする方は
ドコモオンラインショップはこちら

★ドコモオンラインショップと店頭を比較
ドコモオンラインショップと店頭どちらが安いのか比較

au
★auオンラインショップで機種変更をする方は
auオンラインショップ在庫・価格確認はこちら

★auオンラインショップのメリットやデメリットをもっと知りたい方は
auオンラインショップでiPhone機種変更流れ

ソフトバンク
★ソフトバンクオンラインショップで機種変更をする方は
ソフトバンクオンラインショップはこちら

★ソフトバンクオンラインショップのメリットやデメリットをもっと知りたい方は
ソフトバンク機種変更はオンラインショップお得な理由

当サイト人気記事

iPhoneやスマホについて最新情報をTwitterで流していますもしよかったらフォローしてください。

-au(エーユー), iPhone/iPad, ソフトバンク(softbank), ドコモ(docomo)
-, , , , ,

Copyright© Happy iPhone , 2022 All Rights Reserved.