ドコモでガラケーを通話メインにするといくら?オススメガラケーを探してみた!

昔からガラケーで電話をしていた方にとって、ガラケーの存在は無くてはならないものです。

これほどスマホが普及してきた中でも、いまだにガラケーを愛用している方がいるというのは、ガラケーの魅力や需要があるという証拠です。

ガラケーは、スマホと比べても電池が長持ちしますし、衝撃にも強いというイメージがありますね。

確かにスマホの場合には、満タンに電池を充電しても、少なくとも夕方には電池がなくなりかけているというのが、普通です。

しかしガラケーの場合には、2,3日電池が持つのはもちろん、機種によっては1週間ほど持つものもありますね。

やはりガラケーにはガラケーの魅力があるので、タブレットは持っていても通話はガラケーという方がおられるのも納得です。

そこで、ドコモでは通話をガラケーでする場合いくらくらいになるのか、プランを探してみましょう。

ドコモで購入できるガラケー端末も紹介します。

ドコモのガラケーのプランとは?

ドコモで契約できるケータイのプランは以下の通りです。

・カケホーダイプラン 月額2200円

・カケホーダイライトプラン 月額1200円

・シンプルプラン 月額980円

それぞれのケータイプランの特徴を理解しておきましょう。

カケホーダイプラン

これは国内通話が24時間無料で行えます。

そして月額2200円というのは、2年定期契約をしていている時で、2年定期契約が無い場合は、月額3700円になります。

これに追加して、spモードという月額300円のオプションを契約して初めてインターネットに接続できます。

インターネットに接続するのは、spモードの他にもデータプランを契約する必要があり、一番安いものでデータSパックになり、3500円になります。

2GBのデータ通信ができ、通話料は無制限で、月額6000円が毎月支払う必要がある利用料になります。

カケホーダイライトプラン

カケホーダイライトプランの場合には、カケホーダイプランに比べて通話が少ない方にオススメできるプランになります。

月額料金は1200円です。5分以内の通話が無料になるこのプランは、短い通話が多い方にぴったりのプランになります。

こちらも2年の定期契約が条件になっており、そうでない場合には2700円が基本使用料になります。

5分を超える通話の場合には、30秒で20円の通話料がかかるので、5分を超える通話には注意が必要です。

一人で使う場合には、インターネットに接続するのに先ほどのspモード(300円)が必要になります。

さらにパケットパックがデータSパック(3500円)の場合に必要なので、合計すると5000円が月額料金になります。

シンプルプラン

こちらのプランは月額980円と安くなっているのですが、シェアプランやウルトラデータLパックや、ウルトラデータLLパックなどの契約が必要になります。

どちらかというと、メイン回線というよりは、子回線をシェアプランで追加するという使い方がメインのプランになります。

例えば、シンプルプランの980円と、パケットパックシャアオプションの500円、そしてspモードの300円が最低の月額使用料になります。

合計すると1780円がガラケーを使う際の最低の月額使用料になります。

仮に一人で使うとなると、基本プランの980円と、パケットパックのウルトラデータパックLプラン6000円、さらにspモードの300円がかかるので、7280円になります。

テザリングに対応しているケータイもあるとはいえ、ケータイでここまでのデータを使うのも考えにくいので、シンプルプランのおススメはシェアプランでの子回線としての使い方です。

スマホと比べると通話料金はいくら?

スマホを使う場合の、一番安いプランはいくらになるでしょうか?

先ほどのシンプルプランというのは、スマホの場合でも契約できるので、同じ料金でスマホを使うことができます。

最低月額は1780円になります。

もちろんこれは、他のドコモ回線があるのが条件ですが、スマホでも安く持つことが可能です。

もしデータ通信をもう少しし、通話もするのであれば、カケホーダイライトプランとデータSパック、さらにspモードを合わせて5500円の使用料になります。

先ほどのシンプルプランと比べると、月額料金が一気にあがりますね。

ドコモのガラケーを選ぶなら?

ドコモのガラケーを選びたいなら、2018年4月時点では2つの選択肢があります。

AQUOS ケータイ SH-01J

こちらのケータイの特徴を一言でまとめるならば、今まで通りの使いやすさと言えます。

使いやすいケータイの形、800万画素のカメラ、テザリングにも対応していてパソコンなどの機器を接続することも可能です。

防水防塵、耐衝撃の性能も高く、おサイフケータイなど決済に便利な機能も搭載しています。

ケータイといえども、使いやすい機能は満載しているので、ガラケーもまだまだ現役なのですね。
AQUOS ケータイ SH-01Jの注文はこちらから↓
AQUOS ケータイ SH-01J購入ページ

P-smart ケータイ P-01J

このケータイは、通話音質とメール操作のしやすさにこだわった防水ケータイで、初心者にも使いやすいデザインになっています。

ボタンの文字が大きくて、見やすいので操作もしやすく、画面の文字も大きくすることができ、快適に操作ができます。

安心応答機能があるので、知らない相手や非通知の着信の際にメッセージを送信し、相手が誰なのかを確認できます。

年配の方が使いやすい機能があるので、遠く離れているところでもしっかり使ってもらえるので、子供たちも安心して連絡を取れます。

P-smart ケータイ P-01Jの注文はこちらから↓↓
P-smart ケータイ P-01J購入ページ

まとめ

ドコモでも、選択肢は少なくなっていますがガラケーを契約することは可能です。

ガラケーを選択する場合は、端末としての魅力、その他には年配の方に使ってもらうという事が理由として考えられますね。

ドコモのガラケーはどちらのニーズを満たしているので、やっぱりガラケーを使いたいという方でも、問題なくガラケーを選択できます。

もしドコモケータイを考えているなら、ドコモオンラインショップからの申し込みをお勧めします!

ドコモの二つのケータイの比較も簡単にできますし、機種も決まればすぐに申し込みができます。

通常の店舗の場合は、どうしても混みあってしまったりして、自分の番になるのを待つ必要がありますね。

でもドコモオンラインショップなら、いつでも好きな時に注文できるので、時間の節約になります。

しかも機種変更の場合には、事務手数料が必要なくなりますし、通常なら必要な頭金もドコモオンラインショップなら必要ありません。

頭金は、上記の2機種の場合は、実質負担額が0円になっているので、必要ありません。

それでも機種変更の手数料が要らないという事と、すぐに注文できるというのは、大きなメリットになりますね。

ドコモのガラケーを考えているなら、やっぱりドコモオンラインショップからの注文が便利です。ドコモオンラインショップからお得に、そして便利に注文してみてくださいね。

ドコモオンラインショップはこちらから↓↓

ドコモオンラインショップ


 

コメント