※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

楽天モバイルのデメリット:通信速度・サポートなどの欠点を解説

楽天モバイルのデメリットをまとめたページです。

楽天モバイルは、価格破壊を目指す格安スマホ市場に参入し、多くのユーザーに利用されています。しかし、その低価格にはデメリットが潜んでいることを知っておく必要があります。

本記事では楽天モバイルのデメリットについて、通信速度、エリア・サポート・サービスなど多角的に詳しく解説します。

楽天モバイル通信速度に関するデメリット

楽天モバイルは、月額料金が安くても通信速度に問題があることがあります。その理由を、以下の3つのポイントで詳しく解説します。

通信速度の制限

楽天モバイルでは、一定の通信量を超えると通信速度が制限されるというルールが設けられています。この制限がかかると、インターネットの閲覧や動画の視聴などがストレスフルになることがあります。

しかし、データ通信量を抑える方法や通信速度制限がかからない時間帯を活用することで、快適な通信を維持することができます。

エリアによる速度差

楽天モバイルは、独自回線を利用していますが、実際に利用できるエリアは限られています。特に、地下やビルの中などでは通信が不安定になることがあり、通信速度が低下することがあります。

エリアによる速度差に対処するためには、事前にエリアマップを確認し、カバー範囲内であることを確認することが重要です。なお、通信環境の改善に向けて楽天モバイルも基地局の増設や通信品質の向上に努めています。

混雑時の速度低下

楽天モバイルは、低価格であることから、多くの人が利用しています。そのため、混雑時間帯には通信速度が低下することがあります。

特に、大型イベントや駅などの混雑地帯では、通信がストップすることがあるため注意が必要です。

なお、混雑時の速度低下に対処するためには、通信量の多いアプリやサービスをオフピーク時に利用する、Wi-Fiを活用するなどの方法があります。

楽天モバイル通信エリアに関するデメリット

楽天モバイルは、利用できるエリアに制限があることがあります。その理由を、以下の3つのポイントで詳しく解説します。

未対応エリアの存在

楽天モバイルは、利用できるエリアが限られていることがあります。そのため、旅行先や出張先などで、楽天モバイルのサービスを利用できないことがあります。

未対応エリアに対処するためには、事前に楽天モバイルのエリアマップを確認し、利用予定地域のカバー状況を把握することが重要です。

また、長期滞在先では、現地でのWi-Fiサービスや一時的なデータ通信プランを検討することも有効です。

室内での電波状況がよくないときがある

楽天モバイルは、独自回線を利用していますが、建物の中など、電波が届きにくい場所があります。そのため、室内での通信速度が低下することがあります。

楽天モバイル自体も、室内での電波状況の改善に向けて、基地局の設置や通信品質の向上に取り組んでいますが、室内での電波状況を改善するためには、窓際や電波の届きやすい場所で通信することや、Wi-Fiを利用することが効果的です。

5G対応エリアの限定性

楽天モバイルは、5G対応エリアが限られています。そのため、高速な通信を求める場合には、他のキャリアを利用する必要があります。

しかし、楽天モバイルは5G対応エリアの拡大を目指しており、今後も5Gエリアの拡充が進められることが予想されます。

最新の5G対応エリア情報については、楽天モバイルの公式サイトやエリアマップで確認することができます。

楽天モバイルテザリングに関するデメリット

楽天モバイルでは、テザリング機能を利用して、スマホの通信を他のデバイスで共有することができますが、以下の3つのポイントでデメリットを解説します。

速度制限や通信容量の制約

楽天モバイルでは、テザリングを利用する場合には、通信速度や通信容量に制限があります。そのため、動画のストリーミングや大容量のファイル転送など、重い作業を行う場合には不向きです。

これを解決するためには、Wi-Fi環境を活用したり、通信速度制限がないプランを選ぶことが効果的です。

安定性の問題

楽天モバイルのテザリングは、安定していないことがあります。特に、多くの人が利用する時間帯や、通信エリアの電波状況が悪い場合には、通信が途切れることがあります。

安定性を向上させるためには、オフピーク時に使用するか、Wi-Fiを活用することが有効です。

楽天モバイルサポート・サービスに関するデメリット

楽天モバイルのサポート・サービスにもデメリットがあります。以下の2つのポイントで解説します。

カスタマーサポートの質

楽天モバイルのカスタマーサポートは、利用者から不評を受けることがあります。特に、問題解決に時間がかかることや、対応が不十分だったことが報告されています。

カスタマーサポートの質を向上させるべく、フィードバックを受け止め、改善策を講じることが求められます。

オンラインサポートへの依存

楽天モバイルでは、オンラインサポートが主体となっています。そのため、電話やメールなど、人と直接話すことができないことがあります。

また、オンラインサポートでも、問題解決に時間がかかることがあるため、不便を感じるユーザーもいます。

オンラインサポートの改善には、チャットやメールでの対応を迅速かつ適切に行うことが重要ですが、それらの改善が求められます。

楽天モバイル端末・キャンペーンに関するデメリット

楽天モバイルでは、端末やキャンペーンにもデメリットがあります。以下の2つのポイントで解説します。

端末の選択肢の制限

楽天モバイルは、端末の選択肢が他のキャリアに比べて少ないことがあります。特に、最新の高機能スマホを利用したい場合には、他のキャリアを選択する必要があります。

この問題に対処するために、楽天モバイルは積極的に取り扱い端末のラインナップを拡充し、ユーザーのニーズに応えられるよう努力が求められます。

端末購入時の割引・キャンペーンの限定性

楽天モバイルでは、端末購入時に割引やキャンペーンを利用することができますが、その条件が厳しいことがあります。

また、割引やキャンペーンが限定的であることもあるため、他のキャリアに比べて魅力的ではありません。割引・キャンペーンの改善には、条件を緩和し、幅広いユーザーに適用できるようにすることが重要です。

まとめ:楽天モバイルのデメリットを総括

楽天モバイルは、価格破壊を目指すべくスマホ市場に参入していますが、その低価格にはデメリットがあります。

通信速度の制限やエリア・カバレッジの制約、テザリングの不便さ、サポート・サービスの質の低さ、端末・プラン選択の制限などが挙げられます。

これらのデメリットを把握した上で、利用を検討することが重要です。また、楽天モバイルが改善策を打ち出すことで、これらのデメリットを解消していくことが期待されます。

自宅にいながらお得に購入できる

楽天モバイルストアはこちら

※自宅にお届け待ち時間なしで購入

楽天モバイル最新機種情報

楽天モバイルを申し込みキャンセルしたい!再申し込みできるのかも解説
楽天モバイルのSIMや製品が届かない原因まとめ!準備中のまま発送されない時の対処法も解説
楽天モバイルの入荷待ちはどのくらい?入荷通知の設定方法も解説
楽天モバイルの審査は2種類!審査なしのケース・審査落ちメールの有無・審査時間まで解説
楽天モバイルに申し込みできない時にすべきことはこれ!エラー原因や解決方法も解説
楽天モバイルは端末のみ購入ができる!手順・購入できる製品・買えない場合の対処法も解説
楽天モバイル在庫切れ!在庫・入荷状況まとめ。在庫復活・時間いつか入荷待ち解説
【2024年】楽天モバイル新機種まとめ!発売日いつ?価格予想機種も紹介
楽天モバイル機種変更の裏ワザ5選!お得に機種変更するには?
楽天モバイル機種変更はesim対応製品だとどうなる?初期設定方法も解説

楽天モバイル新規契約の完全ガイド:手順と必要なもの
楽天モバイルでキャリア決済をする方法!利点と注意点も解説
楽天モバイルのeSIMへの切り替え方法は?メリット・注意点も解説
楽天リンク徹底解説!使い方から特徴まで紹介
ソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換えガイド
楽天モバイルSIMのみ契約のメリットと手順

楽天モバイルの通話なしデータ専用プランを徹底解説!通話なしだと料金・申し込み方法は変わる?
楽天モバイルの通信エリアの確認方法は?どれくらい広いのか
楽天モバイルを使い続ける6つのメリット

auはeSIM使える?オンラインショップ・店舗で解説

auの通信速度が遅い理由と対策

-楽天モバイル

Copyright© Happy iPhone , 2024 All Rights Reserved.