一括1円iPhoneが買えるお店は?なぜ1円で買えるのか仕組みも解説

一括1円iPhoneが買えるお店をまとめたページです。

一括1円iPhoneが買えるお店は家電量販店です。キャリアショップで一括1円iPhoneをみかけることはほとんどありません。

本記事ではiPhoneがなぜ1円で買えるのか仕組みも解説するのでぜひ参考にしてみてください。

iPhoneを一括1円購入できるお店は?

iPhoneを一括で1円で購入できる場所を解説します。

家電量販店や一部のスマートフォンショップでiPhoneが1円均一になるキャンペーンを実施

ヨドバシカメラやヤマダ電機などの家電量販店では、iPhoneの1円均一キャンペーンがよく行われています。対象機種はiPhone13、iPhone12(miniシリーズ含む)、iPhoneSEなので、1回限りの1円案件を狙うなら、家電量販店へ。

繁華街など客層の多い店や、集客が見込める土曜・日曜・祝日に実施するケースが多いようす。しかし各種規制により1円一括払いの店舗が若干減少しているため、早めの行動をおすすめします。

iPhoneの大幅値引きは、過去に何度も規制の対象になっています。現在の状況がいつまで続くかは不明です。

キャリアのオンラインショップでは通常適用されない

オペレーターのオンラインショップや格安SIMでは、その年の割引モデルの特別セールがよく行われています。

楽天モバイルは、特にiPhoneの安さで有名です。楽天モバイルのオンラインショップでは「端末購入プログラム」があり、時期によっては30,000ポイント以上の楽天ポイントを獲得することも可能です

楽天モバイルは、近隣のショップに1円iPhoneがなかったり、条件が厳しかったりする場合に、格安でiPhoneを購入できるのが魅力的です。

割引と組み合わせて一括1円でiPhoneを購入する方法

iPhoneが一気に1円で買えるのは、複数のキャンペーンを併用することで単価を下げているからです。

そのため、iPhoneはキャリアのアウトレット(店頭)でしか、購入金額全額1円などの破格の値段で売られていないです。

割引キャンペーンには、ドコモなどの通信事業者が行うものと、販売店が自ら行うものがあります。

まずは、各キャンペーンの詳細と、iPhoneを一気に1円で購入できる事例を解説しています。

通信事業者主催のiPhoneキャンペーン

ドコモ、au、ソフトバンクなどのスマートフォン事業者は、さまざまな割引サービスを提供しています。対象端末を購入するだけで一定の金額を割り引くケースや、特定の条件下で割引を行うケースなどがあります。

特に、1円という単価で購入するためには、iPhoneの買取プログラムの利用がほぼ必須であることは重要なポイントです。

25ヶ月目(一部のプログラムでは24ヶ月目)に期限内に返却すれば、残金(定価のほぼ半額)の支払いが免除されます(返却期間はキャリアによって若干異なります)。

例えば、10万円のモデルであれば、5万円ほどが無料になるので、他の割引と合わせて残りの5万円を差し引けば、一気に1円で販売することが可能です。

iPhoneの価格はモデルによっては10万円を大きく超えることもありますが、こうした各種割引をうまく活用することで、全体として1円という価格になる仕組みになっていると言えます。

購入プログラムの内容は各社で若干異なるので、申し込む際に確認することが大切です。

家電量販店・販売店でのユニークなiPhoneキャンペーン

家電量販店や携帯電話ショップ(店頭)で行われているオリジナルキャンペーンをご紹介します。しかし、小売店独自のキャンペーンであれば、それほど複雑なことはありません。

1円iPhoneの場合、「全キャリアのキャンペーン適用後の金額の1円になるまで本体価格を値引きする」という内容です。

なお、販売店が独自に設定するキャンペーンであるため、「対象機種」「割引額」は販売店によって異なる場合があります。

ただし、「乗り換え(MNP)なし」などの割引条件を満たさない場合や、iPhone購入プログラムを利用しない場合は、1円にはならないです。

したがって、一般論として「1回1円」と記載されていても、いくつかの条件があることに注意が必要です。条件が合えばお得なので、ぜひ利用してみてください。

iPhoneを1円で一括購入する注意点

iPhoneを1円で一気に購入する注意点を紹介します。

キャリアプランとセットで契約する必要がある

iPhoneのシングル1円は、キャリアプランとセットで契約することが前提です。

乗り換えや特定プランへの加入による割引が適用されるため、端末のみの購入では1円にもなりません。

しかし、1円も払いたくないという方は、iPhone単体で購入することも可能です。その場合、キャリア割引(最大22,000円)は適用されませんが、販売店独自のキャンペーンはしっかり適用されます。

ただし、「待ち時間が長い」「品切れと言われた」という報告も多いので注意が必要です。

ショップからすれば、キャリアとの契約が伴わなければ、単に値引き分だけ損をすることになる。いろいろな理由をつけて、ほとんど販売を拒否しているような対応をされることもあります。

iPhone買取プログラムを適用しないと一括で1円ももらえない

iPhoneの1円という単品価格は、各事業者が提供する「端末購入プログラム」の利用が前提となっています。

指定月(25ヶ月目(一部番組は24ヶ月目))に端末を返却すれば額面と同額になりますが、返却が遅れたり、そもそも返却しなかったりすると、最終的な一括価格は1円にはならないのです。

例えば、ドコモタイムなら「かえっこプログラム」で、iPhone 13(128GB)を購入後24ヶ月目に返却すると、68,640円の割引が受けられます。

一方、24ヶ月目に返却がない場合は、68,640円をさらに24回に分けて支払うことになります。なお、iPhoneの一括払い1円は、端末購入プログラムの利用が条件となる。購入プログラムは複雑なので、不安な方はお店で丁寧に説明してもらいましょう。

不要なサービス契約やオプション付きになる

ショップによっては、「ショップ別割引」の適用条件として、不要なサービスやオプションへの加入が必要な場合があります。

AmazonプライムやHuluなどの有料動画配信サービスへの加入が必要な場合もありますので、事前に規約をご確認ください。

いくら携帯電話の価格が下がっても、それなりにお金がかかるオプションに加入させられたら、足が遠のいてしまいますよね。また、無料サイトに登録したり、不要なアプリをインストールしたりと、配信停止に手間がかかるケースもありますので、注意が必要です。

携帯電話回線契約を伴う場合の割引は、最大22,000円割引(ポイントやキャッシュバックとの交換は20,000円割引)までの法定上限があります。

22,000円割引キャンペーンがすでにオペレーター公式割引で適用されており、独自の店頭割引で携帯電話回線を契約することが割引の条件となっている場合は、違法行為となります。

販売店は、オプション契約や携帯電話回線の契約とは無関係の条件にして、割引を適用させようとする(必ず自分で適用条件を確認し、しっかり判断してください)。

iPhoneの1円購入を理解して購入しよう

iPhoneを1円で一括購入することは、大々的に展示されている金額に目を奪われがちですが、いくつかの割引を組み合わせて使う複雑な仕組みになっています。

賢く使えばお得ですが、割引が適用される条件やデメリットをよく理解した上で購入するようにしましょう。

場合によっては、キャリアオンラインショップでより安く、より甘い条件で購入できることも珍しくありません。損をしないためにも、iPhoneを安く買いたい時に簡単に確認できるオンラインショップでの特典や店頭価格を必ず確認しておきましょう。

最新iPhone情報

iPhone14発売日・スペック・価格・最新情報まとめ
iPhone14待つべきか・iPhone13かうべきか
iPhone14指紋認証つく・つかないまとめ
iPhone14カラー・新色・人気カラーまとめ
iPhone14サイズ・重さ・画面サイズまとめ
iPhone14機種変更キャンペーン最新情報!お得に機種変するには?
iPhone14(Plus/Pro/Max)値下げ時期いつ?安くなる時期も解説

iPhone 15発売日いつ?予約開始日・値段・スペック・最新情報まとめ
iPhone15 待つべきか?iPhone14買ってもいい理由も解説
iPhone 15在庫・入荷状況!ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルの在庫確認方法も解説

iPhoneを本体だけ購入するデメリットは?買えるキャリアも紹介

-iPhone/iPad

Copyright© Happy iPhone , 2023 All Rights Reserved.