2023年もiPhone一括0円で買えるのか最新情報まとめ

2023年にiPhone一括0円で買えるのか最新情報をまとめました。

結論からいうと、2019年電気通信事業法が改正され、キャリアショップでは一括0円iPhoneを見つけることはかなり難しくなりました。しかし家電量販店では一括0円iPhoneがたまに販売されています。

本記事では各家電量販店の一括0円iPhoneの販売状況をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

2023年にiPhone一括0円で買うのはかなり難しい

iPhone一括0円は消えて、現在お目にかかることはほとんどありません。

数年前までは、各キャリアともiPhoneの一括0円+高額キャッシュバックを実施していましたが、最近は見かけないと感じている方も多いのではないでしょうか。

2019年、電気通信事業法が改正され、端末代金の大幅な割引が禁止され、最大2万円の割引となりました。

そのため、大量に購入しても0円引きというのは少なくなってきています。ただし、完全になくなったわけではなく、機種変更や3G回線からの乗り換えは制限の対象外です。

家電量販店なら一括0円のiPhoneを変えるかもしれない

家電量販店では、iPhoneの一括0円キャンペーンがたまに行われています。

家電量販店では店舗独自のキャンペーンを実施しており、購入金額全額0円など、お得にiPhoneを購入することができます。

Twitterで一括0円iPhone情報を得るのが一番

0円iPhoneのお得な情報は、Twitterでチェックしてください。家電量販店のキャンペーンもTwitterで発信されることが多いので、お得な最新情報を簡単に手に入れることができます。

iPhoneを一括0円で購入できるのはどこ?

iPhoneを一括0円で購入することは可能なのか、家電量販店4社の情報を調査してみました。なお、キャリアでは一括0円で買うことは不可能なので割愛しています。

ケーズデンキは過去に一括0円iPhoneあり

最新の情報は得られていませんが、過去に何度かiPhoneの購入キャンペーンで一括0円ということがあったようです。

ヤマダ電機は条件付きで一括0円iPhoneあり

ヤマダ電機は条件付きで一括0円をたまに提供しています。また、9,800円の一括払いという情報もあり、店舗によってキャンペーンの内容は異なるようです。

エディオンはiPhoneSEの一括0円あり

エディオンでは、2022年4月から、iPhoneSEの一括0円という情報があります。

ノジマは乗り換えで一括0円iPhoneあり

ノジマでは、2022年3月にMNPで乗り換えると、iPhoneが一括0円で買えるというコメントが複数ありました。

iPhone一括0円とは別にお得に購入する方法

iPhoneをお得に購入する方法は、一括0円とは別に複数あります。それぞれの方式について、以下に詳しく説明します。

キャリアの割引プログラムを利用する

キャリアが提供する端末割引プログラムは、一定の契約期間後に端末を返却することを条件に、iPhoneを最大で半額近くまで割引して購入することができるものであります。

キャリアによって、24回払い、48回払いを選択でき、割引額も異なります。

4キャリアの端末割引プログラムを利用すれば、iPhoneをほぼ半額で購入することができます。iPhoneは、端末割引プログラムを利用した場合、楽天モバイルで購入するのが最も安くなります。

なお、乗り換えでiPhoneを購入する場合、キャンペーンを多く利用することで安く購入できる場合があります。乗り換えの前に各キャリアのキャンペーンを確認しましょう。

現在お持ちのiPhoneと交換する

新しいモデルほど下取り価格が高いので、次のiPhoneをお得に購入することができます。各キャリアとApple StoreのiPhoneの下取り価格を調べたところ、Apple Storeの下取り価格が最も高いことがわかりました。

新型車が発売されたり、発売から時間が経過すると下取り価格は下がります。最新の情報をご確認の上、お取引をお願いいたします。iPhoneに傷や故障がある場合は、下取り価格が下がりますので、ご注意ください。

古いモデルを購入する

毎年、iPhoneの新機種が発売され、その際に前機種の価格が下がります。いまの機種より古い機種であれば、仕様もそれほど変わっていないので、コスパよくiPhoneを購入することができます。

たとえば、Apple Store価格:iPhone 12(128GB)の場合、発売時:99,880円(税込)、2022年5月以降:92,800円(税込)です。

生産終了モデルであるiPhone 12を選べば、発売時より7,080円(税込)安く購入することができます。最新機種が必要ない場合は、型番の小さい機種を選ぶことで、割安なiPhoneを購入することができます。

格安SIMカードとスマホをセットで購入する

格安SIMに乗り換えれば、月々の利用料を抑えることができ、維持費を抑えることができます。

格安SIMの多くは、最新のiPhone 13シリーズを扱っていませんが、iPhone 12シリーズやiPhone SE(第3世代)を購入することは可能です。オペレーターに厳しくない方、最新機種を必要としない方におすすめです。

中古のiPhoneを購入する

この方法は、とにかく安いスマホが欲しいという方におすすめです。

中古のiPhoneは、1台1台キズや状態が異なるので、購入前に本当に触ってみることをおすすめします。質の悪い商品を手に入れないためにも、ニコマスやゲオなどの大手中古スマホ販売店を利用しましょう。

iPhoneを一括0円で購入する際の注意点

iPhoneを一括0円で購入する場合、いくつかの注意点があります。

有料コンテンツへの加入が必要のときがある

iPhoneを一括0円で購入すると、有料コンテンツへの加入を求められることがあります。

契約後、有料コンテンツの削除を忘れた場合、月額料金が発生します。契約時に有料コンテンツへの加入が必須であるかどうかを確認し、もちろん解約のタイミングも聞いておくとよいでしょう。

外し忘れが心配な方は、有料コンテンツへの加入が不要なショップで、1回限り0円のiPhoneを購入することをおすすめします。

解約金を支払わなければならないときがある

0円iPhoneを一括購入するために他キャリアに移動した場合、契約解除料が発生する可能性があります。

また、MNP転出手数料がかかる場合がありますので、契約状況をご確認の上、転出を行ってください。

iPhoneの一括0円と実質0円の差

iPhoneの一括0円と実売0円の違いは何なのか、参考までにまとめておきます。

一括払い0円とは本体代金が0円

iPhoneの一括0円は、本体代金が0円ということです。iPhoneをタダでもらうのと同じなので、iPhoneの代金が毎月引き落とされることなく、月額料金が安くなるのが特徴です。

iPhoneは無料なので、いつ解約しても端末代金はかかりません。

実質価格0円は月々の利用料金から同額を割り引く

実質0円割引とは、iPhoneを分割払いで購入する際に、月々の利用料金から同額を割り引くというものです。

毎月端末代金を支払うため、残金を完済する前に機種変更やアップグレードをすると残金を支払う必要があります。

iPhoneの一括購入0円がかなり難しい

0円iPhoneのワンタイム販売は、規制によりかなり減少していますが、時期によっては実施しているショップもありますが、家電量販店での導入も可能です。最新情報はTwitterでご確認ください。

なお、生産終了モデルや中古のiPhoneをお得に購入することができます。iPhoneの1回限りの0円割引のほか、各キャリアの割引端末や機種落ちの端末を購入するとお得になりますが、Twitterでお得な情報をゲットして、格安でiPhoneを購入しましょう。

最新iPhone情報

iPhone SE4(第4世代)待つべきか?SE3(第3世代)買うべきか?買わない方がいいか解説
iPhone SE4(第4世代)発売日・予約開始日いつ?スペック・価格・画面サイズ・ホームボタンなど最新情報まとめ
iPhone SE4 (第4世代)在庫・入荷状況!ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルの在庫確認方法も解説

iPhone14発売日・スペック・価格・最新情報まとめ
iPhone14待つべきか・iPhone13かうべきか
iPhone14指紋認証つく・つかないまとめ
iPhone14カラー・新色・人気カラーまとめ
iPhone14サイズ・重さ・画面サイズまとめ
iPhone14機種変更キャンペーン最新情報!お得に機種変するには?
iPhone14(Plus/Pro/Max)値下げ時期いつ?安くなる時期も解説

iPhone 15発売日いつ?予約開始日・値段・スペック・最新情報まとめ
iPhone15 待つべきか?iPhone14買ってもいい理由も解説
iPhone 15在庫・入荷状況!ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルの在庫確認方法も解説

-iPhone/iPad

Copyright© Happy iPhone , 2023 All Rights Reserved.