ドコモ「ahamo(アハモ)」とau「povo(ポヴォ)」を比較!何が違う?どっちがおすすめか

2021年1月13日にauから新しい料金プラン「povo(ポヴォ)」が発表されました。

発表された料金だけ見ると1ヵ月の料金がドコモの「ahamo(アハモ)は2,980円」と比べるとauの「povo(ポヴォ)は2,480円」です。なのでauのpovo(ポヴォ)方がお得なように感じますよね。

しかし、それぞれの新料金プランの内容が違う部分があります。

今回は、2021年3月に提供開始されるドコモの「ahamo(アハモ)」とauの「povo(ポヴォ)」を比較何が違うのか、どっちがおすすめか解説します。

ドコモの「ahamo(アハモ)」と、auの「povo(ポヴォ)」どちらも情報が全部公開していないため、現在わかってる情報のみで比較をしています。

 

ahamo(アハモ)とpovo(ポヴォ)料金プラン比較表まとめ

ahamo(アハモ)とpovo(ポヴォ)の比較をすると以下のようになります。

ahamo(アハモ)povo(ポヴォ)
サービス開始時期2021年3月2021年3月
月額料金2,980円2,480円
利用可能データ量20GB20GB

+200円で24時間データ使い放題

データ量追加料金500円/1GB500円/1GB
超過時速度1Mbps1Mbps
ネットワーク4G/5G4G/5G

(5Gは2021年夏対応予定)

音声通話1回5分以内の通話無料

5分超過時は30秒あたり20円

<オプション>

かけ放題:1,000円

30秒あたり20円での有料通話

<オプション>

5分通話無料:500円

かけ放題:1,500円

契約チャネルWebのみWebのみ
契約事務手数料無料不明
MNP転出手数料無料不明
海外ローミング82の国や地域で月額料金内で利用可能検討中
キャリアメール非対応非対応
テザリング追加料金なし追加料金なし

ドコモのahamo(アハモ)とauのpovo(ポヴォ)表で見比べると、結構似たような部分が多くて似たプランだと思ってるのではないでしょうか。

同じ所もあるのですが、違いもあるので詳しく次の項目から説明をします。

ahamo(アハモ)とpovo(ポヴォ)プラン内容違いを比較

ahamoとpovoのプランの内容について比較していきましょう。

 

ahamo(アハモ)のメリット・デメリット

ahamo(アハモ)メリット

  • オプションなしで5分以内通話無料
  • 契約事務手数料・MNP転出手数料が無料
  • 追加料金なしで海外82の国や地域で利用可能
  • 先行エントリーして契約するとdポイントがもらえる

 

ahamo(アハモ)デメリット

  • 通話を使わなくても5分以内通話無料込みの料金
  • データ量使い放題オプションがない

ahamo(アハモ)を契約するだけで、5分以内通話や海外ローミングなどが無料で利用できるので、他に何かオプションを付けることなどせず使えるのが便利です。ただ、不要な人にとっては、「いらないからその分安くしてよ!」と感じるかもしれませんね。

 

アハモの公式お知らせはこちら

povo(ポヴォ)のメリット・デメリット

povo(ポヴォ)のメリット・デメリット

povo(ポヴォ)のメリット

・オプションでカスタマイズできる

・月額料金が安い

・+200円で24時間データ量が使い放題になる

 

povo(ポヴォ)のデメリット

  • 5Gに対応するのが2021年夏頃
  • 事務手数料・MNP転出手数料が現時点ではどのようになるのかが不明

povo(ポヴォ)は、ahamo(アハモ)と違って、基本料金が安い分自分の欲しいものをオプションで付けていくという料金プランになるので、ただ20GBのデータ量の利用ができれば良いという人は安く利用できるのでおトクなプランです。オプションで24時間データ量が使い放題になる点もahamoにはなくて面白いオプションだと思います。月末あと残り1日なのに20GB超えてしまった、1Mbpsの速度では不便だという場合に1GBではすぐデータ量を使い切ってしまいますが、24時間データ量使い放題を選択すれば動画もゲームも不自由なく使えて便利ですよね。

少し残念なのは、2021年3月のサービス提供時に5G通信が対応していないという点です。5Gに対応するのは2021年夏頃の予定なので、それまでは5Gを利用している人は今のプランのまま使わなくてはならないことになります。

auのpovo(ポヴォ)公式サイトはこちら

ahamo(アハモ)とpovo(ポヴォ)の料金プランから違いを比較

やはり、料金について一番気になるところだと思います。料金について比較していきましょう。

 

ahamo(アハモ)の基本料金・オプション料金

基本料金2,980円
通話オプションかけ放題:1,000円
データ量追加料金500円/1GB
その他

ドコモのahamo(アハモ)は、基本料金の中に5分以内通話無料が含まれています。なので、ちょっとした5分以内の電話をかける場合には、通話料を気にしなくても電話をかけることができて便利です。意外と何か予約をしたい時や問い合わせの電話をしたい時に5分以内通話無料が付いていると嬉しいですよね。

 

povo(ポヴォ)の基本料金・オプション料金

基本料金2,480円
通話オプション5分通話無料:500円

かけ放題:1,500円

データ量追加料金500円/1GB
その他+200円で24時間

データ使い放題

auのpovo(ポヴォ)は、シンプルな料金プランです。ドコモのahamoのように5分以内通話無料は付いていないので、必要であればオプションで付けることになります。電話をほとんどかけないという人にとっては、無駄なものが付いていないのでその分おトクになりますね。

さらに、たった200円の追加料金で24時間データ使い放題になるというのも魅力的です。ドコモのahamoにはないオプションになります。注意が必要なのは、「データ使い放題24時間」を付けてから24時間は使い放題になりますが、回線が混雑していたり動画視聴の場合は通信制御があるようです。

 

ahamo(アハモ)とpovo(ポヴォ)おすすめはどっち

ドコモのahamo(アハモ)とauのpovo(ポヴォ)似たようなプランではありますが、同じように見えてそれぞれのプランに特徴があることが分かったのではないでしょうか。

おすすめはどっちかというと人によって違います、それぞれのプランのオススメな人はどのような人なのか紹介します。

 

ドコモのahamo(アハモ)がおすすめな人

ドコモのahamo(アハモ)がオススメ人

  • 海外利用が多い人
  • 5分以内通話が多い人

海外82の国と地域で追加料金なしで利用できるのは、海外によく行く人であれば嬉しい点だと思います。今は新型コロナウィルスの関係で海外には行くことができませんが、新型コロナウィルスが治まった時に仕事や旅行などで海外に行くことが増えれば、とてもおトクな料金プランといえます。

通話に関しては、5分以内通話が無料で利用できることは安心感があります。就職活動などで短時間の電話が多かったり、お店や病院などに電話したい時など無料通話が付いていないと少しの電話でも有料になってしまいますが、ahamoであれば気にしないで問い合わせなどの電話をかけることができて便利です。長く電話をすることが多いのであればオプションを付けることもできるので、自分の利用に合わせて選ぶことができます。

ahamo(アハモ)公式サイトはこちら

 

auのpovo(ポヴォ)おすすめは人

povo(ポヴォ)がオススメな人は、

    • 不要なものはいらないシンプルなプランが良い
    • 電話を全くしない
    • データ利用中心

povoは、電話に関してはなにも付いていないので、少しでも電話をかけたら有料通話になります。

なので、電話は全くしない、電話をかけてもLINE通話しか使わないなどという人は通話オプションが不要なので基本料金だけで利用ができます。

そうなると、ahamoよりも安く利用ができます。必要に応じて、5分以内通話無料やかけ放題のオプションを付けることもできるので、好きなようにプランをカスタマイズできるのは嬉しいプランだと思います。

本当にシンプルな料金プランを求めている人にはオススメなプランです。

 

auのpovo(ポヴォ)公式サイトはこちら

 

ahamo(アハモ)とpovo(ポヴォ)関連

ドコモのahamo(アハモ)はデメリット・メリット

ドコモのahamo(アハモ)いつから?先行エントリー・料金プラン

ahamo(アハモ)の機種変更・対応機種|iPhone・iPad対応?機種の注意点まとめ

アハモ(ahamo)安いお得なの?ギガホ・ギガライトとの違いを比較解説!おすすめな料金プランも

auのpovo (ポヴォ)機種変更・対応機種・端末|iPhone・Android対応使えるのか

-au(エーユー), ドコモ(docomo)
-, , , , ,

Copyright© Happy iPhone , 2021 All Rights Reserved.