※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

Galaxy Z Fold 5とZ Fold 4を比較!違いは?どっちを買うべきか

Galaxy Z Fold 5とZ Fold 4を比較して、違いをまとめたページです。

Galaxy Z Fold 5は日本市場にて発売中。旧モデルであるZ Fold 4と比べてかなりの違いがあります。

Z Fold 4とGalaxy Z Fold 5どっちを買うべきかも紹介しますので、ぜひ最後までチェックしてください。

各キャリアでGalaxy Z Fold 5チェックする方は

ドコモ公式オンラインはこちら

au公式オンラインはこちら

auからスマホの新機種
Xperia5V・TORQUE G06・AQUOS sense8・Xiaomi 13Tがぞくぞく発売開始
auの発売新機種についてはこちら

店舗・量販店で待たず購入する方は
auオンラインショップで今すぐ購入はこちら

Galaxy Z Fold 5とZ Fold 4を比較した違い

Galaxy Z Fold 5とZ Fold 4を比較した違いは、おおきくわけて3つあります。Galaxy Z Fold 5とZ Fold 4のマイナーチェンジだがかなりの進化で、おおきな違いは3つです。

特徴 Galaxy Z Fold 5 Galaxy Z Fold 4
ヒンジ構造 改良されたヒンジ構造。ディスプレイ間の隙間がなくなり、美しさと機能性が向上 従来のヒンジ構造
CPU性能 Snapdragon 8 Gen 2 for Galaxy搭載。発熱が少なく、性能向上 前世代のCPU
価格 Galaxy Z Fold4と同じ価格 -

1つ目は、ヒンジ構造の改良が挙げられます。これにより、ディスプレイ間の隙間がなくなり、見た目の美しさだけでなく機能性も高まっています。2つ目はCPU性能の向上です。Snapdragon 8 Gen 2 for Galaxyが搭載され、これにより発熱が少なくなり、性能も向上しています。

3つ目は、価格がGalaxy Z Fold4と変わらないことです。これらの理由から、Galaxy Z Fold4を選ぶ必要はないと言えます。

改良されたヒンジ構造により、Galaxy Z Fold 5はディスプレイ間の隙間がなくなり、デザインと機能性が向上しています。また、新しいSnapdragon 8 Gen 2 for GalaxyのCPUが搭載されており、これにより発熱が少なくなり、性能も向上しています。

これらの改善点にも関わらず、価格はGalaxy Z Fold4と変わらないため、Z Fold 5がコストパフォーマンスに優れた選択肢と言えるでしょう。

Galaxy Z Fold 5とZ Fold 4デザイン比較

Galaxy Z Fold 5とZ Fold 4デザイン比較ですが、ヒンジの設計に関して、Galaxy Z Fold5はフレックスヒンジ(水滴型)が採用されており、一方Galaxy Z Fold4ではU字型のヒンジが使用されています。

全体的なデザイン面での大きな変更はないものの、ヒンジの構造がフレックスヒンジ(水滴型)に変わったことにより、Galaxy Z Fold5を閉じた際のディスプレイ間の隙間が消えています。

つまり、デザインの観点から見て、Galaxy Z Fold5とGalaxy Z Fold4との間で最も大きな違いはヒンジの構造にあります。

特徴 Galaxy Z Fold 5 Galaxy Z Fold 4
ヒンジの設計 フレックスヒンジ(水滴型)が採用され、ディスプレイ間の隙間が消え、デザインが洗練された。 U字型のヒンジが使用されている。
ディスプレイ隙間 フレックスヒンジによりディスプレイ間の隙間がない。 ヒンジの構造上、ディスプレイ間に隙間が存在する。
カメラデザイン Galaxy Z Fold4のデザインを踏襲。 以前のモデルと同じカメラデザイン。

新型のGalaxy Z Fold5では、フレックスヒンジ(水滴型)が導入されており、これによりディスプレイ間の隙間が一掃されました。

具体的には、ディスプレイの一部が内部に収まるようなデザインが採用され、これにより隙間が改善されました。これは見た目の美しさを向上させるだけでなく、隙間からゴミが入り込む心配も軽減します。この変更はGalaxy Z Fold5の大きな進歩の1つといえます。

なお、以前からGalaxy Z Fold5の背面カメラのデザインが煙突型になるという噂があったものの、今回のモデルではGalaxy Z Fold4を踏襲したデザインとなり、特筆すべき変更はありませんでした。

Galaxy Z Fold 5とZ Fold 4のカラーバリエーション違い比較

色のバリエーションはGalaxy Z Fold5ではファントムブラック、クリーム、アイシーブルーの3色があり、一方Galaxy Z Fold4では4色の展開があります。これらはグレイグリーン、ファントムブラック、ベージュ、そしてバーガンディー(ただしバーガンディーはグローバル版のみ)です。

また、色の選択肢に関しては、Galaxy Z Fold4は4色があり、Galaxy Z Fold5では3色の展開ですが、日本版では色の展開が限られる可能性があります。

特徴 Galaxy Z Fold 5 Galaxy Z Fold 4
色のバリエーション - ファントムブラック - クリーム - アイシーブルー - グレイグリーン - ファントムブラック - ベージュ - バーガンディー (グローバル版のみ)
特徴的な色 アイシーブルー(美しい色調が印象的) バーガンディー(グローバル版のみで特徴的)
日本版の色の展開 3色展開だが、アイシーブルーは日本版では選べない可能性あり グローバル版のバーガンディーは日本版では選べない
購入の注意点 アイシーブルーが欲しい場合は海外版を検討する必要があるかもしれません。 バーガンディーはグローバル版を購入する必要がある

一方、色のバリエーションについては、Galaxy Z Fold4が4色展開だったのに対して、Galaxy Z Fold5は3色展開となりました。Galaxy Z Fold5の中で特に目立つ色は間違いなくアイシーブルーです。その美しい色調が印象的です。

ただし、日本版では色の選択肢が制限される可能性があるため、もしアイシーブルーが欲しい場合は海外のサイトで購入する必要があるかもしれません。

Galaxy Z Fold 5とZ Fold 4のサイズ違い比較

Galaxy Z Fold5とGalaxy Z Fold4の寸法を比較したところ、開いた状態ではGalaxy Z Fold5の寸法は高さ154.9mm、幅129.9mm、厚み6.1mmで、一方、Galaxy Z Fold4の寸法は高さ155.1mm、幅123.1mm、厚み6.3mmで、わずかながら違いがありますが、ほとんど同じ大きさと言えます。

端末が閉じている状態でのサイズ比較では、Galaxy Z Fold5の幅が67.1mm、厚みが13.4mmであるのに対して、Galaxy Z Fold4は幅67.1mm、厚みが15.8-14.2mmとなっています。

特徴 Galaxy Z Fold 5 Galaxy Z Fold 4
開いた状態の寸法 - 高さ: 154.9mm - 幅: 129.9mm - 厚み: 6.1mm - 高さ: 155.1mm - 幅: 123.1mm - 厚み: 6.3mm
閉じた状態の寸法 - 幅: 67.1mm - 厚み: 13.4mm - 幅: 67.1mm - 厚み: 15.8-14.2mm
重量 253g 263g
サイズ・重量の特徴 - フレックスヒンジ(水滴型)の改良により薄くなった - 10g軽量化 - 2.4mm厚い - 10g重い

この違いは、ヒンジ構造がフレックスヒンジ(水滴型)に改良され、端末の面と面が完全に密着するようになったことにより、Galaxy Z Fold5が2.4mmも薄くなっています。

その結果、折りたたんだ時の持ちやすさは大きく改善されていると考えられます。

さらに、重量についてもGalaxy Z Fold5はGalaxy Z Fold4の263gに対して10g軽い253gとなっています。このような薄型化と軽量化は、Galaxy Z Fold5の大きな進化点の1つとなっています。

Galaxy Z Fold 5とZ Fold 4のスペック比較

Galaxy Z Fold 5とZ Fold 4のスペック比較をまとめます。まずは両機種のスペックを表にまとめましたので、こちらをチェックしてみてください。

項目 Galaxy Z Fold5 Galaxy Z Fold4
CPU Snapdragon 8 Gen 2 Snapdragon 8+ Gen 1
メインディスプレイ 7.6インチ, 1,812x2,176, 1~120Hz 7.6インチ, 1,812x2,176, 1~120Hz
カバーディスプレイ 6.2インチ, 904x2,316, 48~120Hz 6.2インチ, 904x2,316, 48~120Hz
バッテリー(mAh) 4,400 4,400
RAM(GB) 12 12
ストレージ(GB) 256/512/1TB 256/512/1TB
リアカメラ 50MP広角+12MP超広角+10MP望遠 50MPメイン+12MP超広角+10MP望遠
フロントカメラ 4MP内側+10MP外側 4MP内側+10MP外側
サイズ(開, mm) 154.9 x 129.9 x 6.1 155.1 x 130.1 x 6.3
サイズ(閉, mm) 154.9 x 67.1 x 13.4 155.1 x 67.1 x 14.2-15.8
価格(ドル) 1,799 1,799
重量(g) 253 263
ヒンジ フレックスヒンジ(水滴型) U字型
カラー ファントムブラック, クリーム, アイシーブルー グレイグリーン, ファントムブラック, ベージュ, バーガンディー
最大輝度(nit) 1,750 1,300
急速充電 最大25W 最大25W
ワイヤレス充電 対応 対応
防水機能 IPX8 IPX8
生体認証 指紋, 顔認証 指紋, 顔認証
Sペン 対応(スロットなし) 対応(スロットなし)
SDカード 非対応 非対応
イヤホンジャック 非搭載 非搭載

Galaxy Z Fold 5とZ Fold 4のディスプレイ性能比較

Galaxy Z Fold5とGalaxy Z Fold4のディスプレイ性能を比較すると、基本的なスペックは同一ですが、画面の最大輝度に違いがあります。

両機種ともAMOLEDディスプレイを採用しており、メインディスプレイ(内側)は7.6インチ、解像度は1,812x2,176(QXGA+)、リフレッシュレートは1~120Hzの可変で、カバーディスプレイ(外側)は6.2インチ、解像度は904x2,316で、リフレッシュレートは48~120Hzの可変となっています。

ただし、画面の最大輝度については、Galaxy Z Fold4が1,300nitであるのに対し、Galaxy Z Fold5は1,750nitと、明るさが向上しています。これにより、明るい屋外での視認性が向上しています。しかし、Galaxy Z Fold4の画面も十分に明るく、視認性は高いと言えます。

従って、Galaxy Z Fold5とGalaxy Z Fold4の選択において、このディスプレイ性能の違いは大きな判断材料とはならないかもしれません。その他の要素、例えば、新しいSnapdragon 8 Gen 2 for Galaxyの搭載やカメラの画像処理技術の進化など、全体的なスペックや機能のバランスを考慮することが重要です。

Galaxy Z Fold 5とZ Fold 4のプロセッサの違い

Galaxy Z Fold5とGalaxy Z Fold4の間で最も大きな違いの一つは、CPUの性能にあります。CPUは端末の"脳"とも言える部分で、その性能が端末の処理速度や省エネ性能に直接関係します。

Galaxy Z Fold5はGalaxy向けにカスタマイズされた「Snapdragon 8 Gen 2 for Galaxy」を搭載しています。一方、Galaxy Z Fold4は1つ前のモデルである「Snapdragon 8+ Gen 1」を搭載しています。

Snapdragon 8 Gen 2は、その処理速度と省エネ性能で非常に高い評価を得ており、Galaxy Z Fold4と比較するとCPU性能が18%、GPU性能が32%、NPU性能が25%も向上しています。つまり、CPUがSnapdragon 8 Gen 2になっただけでも、その進化は大きいと言えます。

Galaxy Z Fold 5とZ Fold 4のメモリ・ストレージ容量比較

RAM(メモリ)とROM(ストレージ)については、Galaxy Z Fold5もGalaxy Z Fold4も同じで、RAMが12GB、ROMが256GB・512GB・1TBから選べます。

ただし、日本版では一部のモデルしか取り扱われない可能性があるため、ストレージの容量が選べないかもしれません。その詳細は今後の発表を待つ必要があります。

ちなみに、RAMとはデータの一時保管場所のことで、大きければ大きいほどマルチタスクの処理性能が向上します。Galaxy Z Foldシリーズでは大画面を活かして、マルチウィンドウを使った複数アプリの操作を多く行うことでしょう。

そのため、RAMの性能は非常に重要になります。12GBのRAMは最上級モデルであるGalaxy S23と同じ容量で、十分に大容量なRAMが搭載されていると言えます。

Z Fold 4とGalaxy Z Fold 5のバッテリー容量比較

Galaxy Z Fold5とGalaxy Z Fold4のバッテリー性能を比較すると、容量や充電のスペックは変わらないと予想されます。両機種のバッテリー容量は4,400mAhで、急速充電は最大25W、ワイヤレス充電も同じく対応しています。

しかし、バッテリー容量が同じだからといって、その使い勝手が同じであるとは限りません。バッテリーの持ち時間は、容量だけでなく、そのデバイスの省エネ性能にも大きく影響されます。

Galaxy Z Fold5では、新しい「Snapdragon 8 Gen 2 for Galaxy」チップが搭載されています。このチップは発熱が少なく、より省電力性能が高いと評価されています。これにより、Galaxy Z Fold5は同じバッテリー容量であっても、Galaxy Z Fold4よりも長持ちする可能性があります。

また、急速充電やワイヤレス充電機能は両機種ともに25Wの急速充電とワイヤレスバッテリー共有に対応しています。これにより、充電の便利性は向上しています。

Galaxy Z Fold 5とZ Fold 4のカメラ性能を比較

Galaxy Z Fold5とGalaxy Z Fold4のカメラ性能と機能を比較すると、基本的なスペックに変更は見られません。

両機種のリアカメラは、5000万画素の広角レンズ、1200万画素の超広角レンズ、そして1000万画素の望遠レンズという、トリプルカメラ構成です。

一部のリーク情報では、Galaxy Z Fold5には1200万画素の望遠カメラが搭載されるとの情報がありましたが、最終的にはGalaxy Z Fold4と同じスペックが搭載されました。

フロントカメラについても、Galaxy Z Fold5とGalaxy Z Fold4は、カバー部分が1000万画素、フロント部分が400万画素と同一のスペックを備えています。

Galaxy Z Fold 5とZ Fold 4 カメラ新機能の比較

レンズ性能が同じであっても、Galaxy Z Fold5には「Snapdragon 8 Gen 2 for Galaxy」が搭載されているため、チップセットの違いにより、画像処理技術が向上している可能性があります。このため、Galaxy Z Fold5はより高画質な写真や動画を撮影できる可能性があります。

それゆえ、カメラ性能だけを見れば、Galaxy Z Fold4からGalaxy Z Fold5へのアップグレードに大きな意味があるわけではないかもしれません。しかし、全体的なパフォーマンス、特に画像処理技術の向上を重視するなら、Galaxy Z Fold5が推奨されます。

Galaxy Z Fold 5とZ Fold 4 SDカード・イヤホンジャックの比較

Galaxy Z Fold5とGalaxy Z Fold4のSDカードとイヤホンジャックの対応状況を比較した結果、両機種ともにSDカードスロットとイヤホンジャックは搭載していないことがわかりました。

これは現代のスマートフォンの設計傾向を反映しており、多くのメーカーが機体の薄さや防水性能を向上させるため、またはクラウドストレージの普及に伴い、SDカードスロットやイヤホンジャックの省略を選んでいます。

Galaxy Z Fold5でも、内部ストレージの容量が増加し、Bluetoothイヤホンの利用が一般的になるなどの背景から、これらの端子は省略されています。

この点はユーザーのニーズによりますが、大容量のデータを持ち歩きたい、有線のイヤホンを使いたいといった要望があるユーザーにとってはデメリットと感じるかもしれません。

一方で、スマートフォンの薄さやデザイン、防水性能の向上を求めるユーザーにとっては問題ないかもしれません。ユーザーは自分の使用状況に合わせて選ぶべきです。

Galaxy Z Fold 5とZ Fold 4 Sペンの比較

Galaxy Z Fold5とGalaxy Z Fold4のSペンに関する対応状況を比較すると、両方のモデルともにSペンを使用することは可能ですが、スマートフォン本体にSペンを収納するためのスロットは提供されていないことがわかります。

Sペンは多くの機能を提供しており、文字や絵を直接画面に描くことができます。また、写真撮影の際のシャッターボタンとしても使用することができます。これらの機能性から、一度Sペンを使用すると手放せないというユーザーも多いです。

しかし、Galaxy Z Fold4でSペンの収納スロットが提供されていないことから、持ち運びに困るというユーザーからの声も多く聞かれました。そのため、Galaxy Z Fold5でSペン収納スロットが提供されることが期待されていました。

しかし、Galaxy Z Fold5でもSペン収納スロットは提供されていません。これはおそらく、折りたたみ式のスマートフォンであることから本体デザイン上の制約があったものと考えられます。

Sペンを持ち運びたいユーザーは、Sペンを収納できるケースを購入するなどして対応することが必要です。これにより、Sペンを使用する利便性を維持しつつ、スマートフォンと一緒に持ち運ぶことが可能になります。

Galaxy Z Fold 5とZ Fold 4 生体認証の比較

Galaxy Z Fold5とGalaxy Z Fold4の生体認証機能を比較すると、両機種ともに顔認証と指紋認証をサポートしていることが分かります。

具体的には、両機種ともに側面の電源ボタンに内蔵された指紋センサーを用いた指紋認証が利用できます。また、顔認証もサポートしており、状況に応じて顔認証と指紋認証を使い分けることができます。

例えば、マスクをしているときや手袋をしているときなどは顔認証を、手が濡れているときなどは指紋認証を使用するなど、利用シーンに応じた認証方法を選択することが可能です。

そのため、生体認証の機能に関しては、Galaxy Z Fold5とGalaxy Z Fold4の間には大きな違いは存在しません。これは、両機種がユーザーに安全かつ便利な認証方法を提供するための、Samsungの一貫したポリシーを反映しています。

Galaxy Z Fold 5とZ Fold 4 防塵防水機能の比較

Galaxy Z Fold5とGalaxy Z Fold4の防水防塵性能を比較すると、両機種ともにIPX8の防水規格に準拠していることがわかります。これは最高等級の防水規格で、水深1.5メートルで最大30分の耐久性を示しています。したがって、日常生活における水分に対する懸念はほぼありません。

しかしながら、防塵性能については、どちらのモデルも具体的な防塵規格を持っていません。

これは、折り畳み式スマートフォンの構造上、ヒンジ部分に粉塵が侵入しやすいという課題があるためです。そのため、埃や砂などの微粒子のある環境では注意が必要となります。

しかし、これらの機能は日常生活での使用に十分対応しており、ほとんどのシチュエーションでユーザーのニーズを満たすことができます。

Z Fold 4とGalaxy Z Fold 5どっちを買うべきか

Galaxy Z Fold5はあくまでマイナーアップデートですが、その内容は価値があるものです。価格はGalaxy Z Fold4と同じで、Galaxy Z Fold4の価格は発売時から変わっていません。

それゆえに、特に理由がなければ、急いでGalaxy Z Fold4を購入するよりも、Galaxy Z Fold5を待つ方が良いと考えます。

しかし、必ずしも全員がGalaxy Z Fold5を待つべきとは限りません。その理由として、Galaxy Z Fold4が型落ちになると価格が下がる可能性があるからです。

それぞれの特性を考慮に入れ、Galaxy Z Fold5を待つべき人と、Galaxy Z Fold4を選ぶべき人を次に見てみましょう。
高い完成度を求める人にはGalaxy Z Fold5を待つことをお勧めします。

具体的には、ディスプレイ間の隙間が気になる人、より高性能な端末を求める人、最新のモデルに魅力を感じる人です。

Galaxy Z Fold 5ではなくZ Fold 4買うべき人は

Galaxy Z Fold5は、確かに細部の改善が中心となっていますが、そのマイナーアップデートには価値があります。もちろん、その価格は前モデルのGalaxy Z Fold4と同様で、Fold4の価格はリリース時から一貫して据え置かれています。

このように考えると、特別な理由がない限り、Galaxy Z Fold4の購入を急ぐよりも、新たなGalaxy Z Fold5のリリースを待つことをお勧めします。

ただし、すべての方がGalaxy Z Fold5を待つ必要があるわけではありません。その理由の一つとして、Galaxy Z Fold4の価格が旧モデルとなることで下落する可能性があるという点が挙げられます。

高い完成度を望む方々には、Galaxy Z Fold5のリリースを待つことをお勧めします。例えば、ディスプレイ間の隙間が気になる方、更なる高性能を求める方、最新のモデルに魅力を感じる方などが、その対象となります。

各キャリアでGalaxy Z Fold 5チェックする方は

ドコモ公式オンラインはこちら

au公式オンラインはこちら

当サイト人気情報

Galaxyへの機種変更!データ移行の方法を解説
Galaxy S23の口コミ・レビューまとめ
Galaxy Z Fold 5在庫・入荷状況!ドコモ・auの在庫確認方法も解説

iPhoneおすすめしない機種・おすすめは?iPhone買うならどれ
ドコモオンラインショップ クーポン 機種変更確認方法

iPhone 15発売日いつ?予約開始日・値段・スペック・最新情報まとめ
iPhone15 待つべきか?iPhone14買ってもいい理由も解説
iPhone 15在庫・入荷状況!在庫確認方法も解説

iPhoneは256GB必要か?128GBでは足りない?512GBは多すぎるのか解説

iPhoneは128GBと256GBどっちにすべき?ベストな容量の選び方は?

-Galaxy

Copyright© Happy iPhone , 2024 All Rights Reserved.